TBS スジナシ鶴瓶さんの話 +圭君出演バラエティとチラリ出演映画の話

6月20日の深夜2時55分からTBSで『スジナシ』が放送されました。
田中圭君が出演した回が賞を撮ったという話はなかったのですが、笑福亭鶴瓶さんが最初に語っているシーンがありますのでアップします。(CBCで以前放送された時はこの場面はありませんでした。)
以前のスジナシレポは⇒http://alpsringo.blog95.fc2.com/blog-entry-56.html

スタジオのオーディオルームというのでしょうか、そこで1人カメラに向かって静かに語る鶴瓶さん。
「今回はですね、田中圭です。 えー、若い子は皆(彼を)知ってるんですけど、これがなっかなかテンポがあって上手いんですよ!  う~ん、こんなんは、やった事がないって言ってたんですけどねー。
僕がねー、あのー、ヘンタイにされるんですよ、この男に。サイテーですよ! 初対面ですよ!
  *
ここで、即興ドラマのいくつかのシーンが映されます。
・圭君が流しから二つのラーメン丼を持って鶴瓶さんに見せて「1人で二つ食ったんでしょ!」というシーン
・圭君が鶴瓶さんに「母ちゃんは父ちゃんの女装癖にもとっくに気がついてんの!」というシーン
・圭君が鶴瓶さんに「風呂上りに母ちゃんのブラジャー付けてほくそえんでるの見たもん!」というシーン
  *
鶴瓶さん
「僕はねー、そんな趣味が全くないのにかかわらず、あるように思われる所もイヤですね!
僕がヘンタイにされる瞬間を楽しんで頂きたいと思います。」

★  ★  ★
今回は、印象に残ってる圭君出演のバラエティとチラリ出演映画の話をしたいと思います。
まずバラエティ。

◆驚いた部門(?)では『トリビアの泉』ですね。 視聴者に向かって意味もなく微笑みかける謎の美青年って感じ?(^^A;) なんで圭君があの番組に3週続けて出たのかも謎だったし。
しかも、3週連続で出演したのに、圭君の公式のお知らせが遅かった為に2週目の放送を見逃したファン多数でした!(悲) 私はたまたま圭君が出ているとは知らずにトリビアを見ていたからまだ良い方だと思うけど。
ビビる大木さんに「出たっっ!又美少年が!」などと何度も美少年とか言われて、それはそれは嬉しかったです。(その時の圭君は青年というより、少年に見えました。)

◆バラエティと言えるのかどうかわかりませんが・・一番印象に残っているのは『心のひとつ』かもしれません。ドラマ『ウォーターボーイズ』で圭君ファンになった後、ミツカン酢や進研ゼミのCMでしか圭君を見る事が出来ず(それもたまに。) 圭君に飢えていた頃、ほぼ4ヶ月ぶりに見る事が出来た圭君。しかもアップで何度も。 この時、圭君って色が白くてとても綺麗な肌をしていて唇が赤くてけっこう美少年なんだな、と思いました。
この番組で素の圭君の姿を垣間見る事が出来たように思います。 
圭君があまりにもプライベートな事を言っているので『心のひとつ』レポには書きませんでしたが、圭君の肉親の死や、恋人に振られてまだ引きずっている話などもあり、ちょっと衝撃的だったかも。 (今だから言いますが。)
圭君のトークを聞いていて、頭の回転が速く、自然体で自分の気持ちに正直で、好感が持てる男の子だという印象を受け、ファン度アップでした。

◆最初見た時はなんだか嫌だったけど、後で好きになった『恋するハニカミ!』
そういえば、圭君と大塚ちひろちゃんのデートはハニカミアワード・ベストデート大賞の第2位に選ばれましたね。
リアルタイムで見ていた時は、バーチャルなデートとは言え圭君と女の子のデートの様子をリアルに見せつけられるのが嫌で、録画したのを全然見直しませんでした。 なんかね、息子を取られた母親みたいな気分で、ホント姑根性だったと思います(恥)
この番組が結構圭君ファンに好評のようだったのでレポしようと思い立って久々に見て、二人の初々しい、可愛いデートの様子にほのぼのさせられました。

◆とにかく笑わせてもらった・・・『スジナシ』
検証場面では笑いっぱなしでした。 レポには書かなかった部分でも笑った場面多数。 例えば、
鶴瓶さんが観客にキーワードを募集した時に、「今年で33歳になるんですけど・・・アホになって33と言う。」と言ったのを鶴瓶さんに却下され、反対に自分で「サンジューサンッッ!!」と言わされた女性の場面とか。
スジナシでは、鶴瓶さんからの攻撃に対する圭君のかわし方とか、セリフを言うタイミングとか、圭君の頭の回転の速さとユーモアのセンスには感心しきりでした。 (あそこで女装癖って・・・どうしてそーゆー展開が頭に浮かんだんだぁ?圭君よぉ。)

*  *  *
チラリ出演映画。  ※多少のネタばれあり。
圭君がチラリで出演した映画は少ししかないので、限定されてしまうんですけど。

◆『いま、会いにゆきます』
登場シーン。独特の可愛い声ですぐに圭君だとわかりました。
出番は本当に少しだけ(2シーン)なんですが、ある意味圭君は重要な役です(笑)
圭君の存在がなかったら、たぶんああいう展開にはならなかった訳で。
この映画は私の好きな邦画ベスト10に入るので、チラリでも圭君が出演した事は嬉しいです。
話が逸れますが、『いま、会いにゆきます』の主なロケ地は私の住む長野県の中・南信地域で馴染みの場所も多く、夫とロケ地巡りもしました。
主人公達が住んでいる“森”の湖は「蓼の海」(たてのうみ)と言って、映像で見るより小さくて、歩いて30分から40分位で一周できます。 綺麗な池でニジマスなどの魚がたくさん泳いでいて、釣り人もけっこういます。
静かで心が和む私の好きなスポットで、今までに何度も訪れています。
昔は冬になるとここにスケートリンクが作られたそうで、夫が小・中学生の頃には友達と蓼の海へスケートをしに行った事が何度もあるそうです。

◆『容疑者室井慎次』
圭君は回想シーンと写真のみの出演でセリフもありませんでしたが、これもある意味重要な役でした。
この映画で使われた、スーツ姿の圭君の大きな写真が気に入ってます♪
私はこの映画を観に行ってパンフを買ったのですが、最後の裏設定集に書かれている、圭君が演じた黒木孝夫の裏設定にびっくり。(彼について書かれているのはほんの少しだけですが。) 
たぶんパンフを買った人だけがわかる設定で、ネット上でいう訳にはいかないので、その内容を知りたい方は私にメールして下さい。私のアドレスを知らない方は、「管理人にのみコメントする」のシークレットコメントで自分のアドレスを書いて下さればこちらからメールします。ただし、重大なネタばれもありますし、映画を観た方でなければなんの事やらわかりませんので、この映画を既に観た方のみとさせて頂きます。 (連絡を頂いても、すぐには返事が出来ないかもしれませんがよろしくお願いします。)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

圭くん@スジナシ!

さてさて、本日5つ目!「スジナシ」の感想です♪ すっっっっっごい楽しかった!!!(笑) ただ最後の最後、鶴瓶さんがペンを取った瞬間から、2秒くらい画面が止まりました。。 「受信できません。ケーブルの接続を確認してください。」って・・・。 もう一気に脱力。。(...

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

けろよんさん、いらっしゃ~い。

『スジナシ』は面白かったでしょ~? 本当に圭君はスゴイッ!!

おお、「レポ読めて幸せ」ですか、けろよんさんにそう言ってもらえて私も幸せ。^^
『トリビアの泉』で圭君を見れたのは息子さん達のおかげですか。
私もあの番組はよく見てたんだけど、なんで三週連続で圭君が出たのか、未だに疑問に思っています。(汗)
>「謎の美少年って・・・どこからどう見ても田中圭くんじゃん」っていつも思ってました。
まだあの頃の圭君は今より知名度が低かったからねー、そう言われてもしょうがないか、と思っていました。

室井慎次の圭君は
>絶対にいなくてはならない役で、しかもすごく大変そうな役ですよね。
本当にそうですよね。 撮影は2月だか3月でとても寒く、しかも圭君はそのシーンで濡れっぱなし。 凍えてとても辛かったみたいです。
 
>またぜひいろいろ語ってください。よろしくお願いします。CMの話とかも聞きたいな^^。
ありがとうございます! 
圭君の存在を知ったのは「ミツカン酢」CMのシリーズなんです。(萬田久子さんの息子役)
その頃はもちろん圭君の名前も知らないし、ちょっと可愛い子だな、食いっぷりがいいな、位の印象だったんですけど。
ドラマ『ウォーターボーイズ』では、途中まで圭君がミツカン酢CMの男の子だと気づきませんでした。ミツカン酢のCMは圭君の素に近い元気な子、ウォーターボーイズは圭君とは正反対の、気弱で優柔不断な男の子でしたし。(笑)

ドラマだと一部の人しか見ないけど、CMだったら多くの人の目にとまるし、ファンとしても圭君が映ると嬉しいし、もっと圭君がCMに出てくれないかな~と思ってます。
そのうちCMの話もするかもー。 (^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

見ましたよ~!!

鈴虫さん、みなさん、こんにちは。

私もついにスジナシを見ることができました。
鈴虫さんが初めてレポしてくれた時、みなさんからけろよんにもぜひ見てもらいたいっておすすめされた理由がよくわかりました。
すっごく面白かったです。私も最後の最後まで笑いっぱなしでした。
圭くんはすごいですね。反応速いし、どんどん展開してっちゃうし。「ホントに頭いい人なんだなー。これからますます活躍していくんだろーなー。」って思いました(ちなみに私も「どの一言?」って思いましたよん)。

また、いろいろお話してくださって、ありがとうございます。
バラエティって、その時その時のものだし、今となっては見ることができないから、いろんな圭くんを見てきたみなさんがうらやましいです(でもレポ読めて幸せ^^)。

こんな私が唯一(唯一かい!)見ていた圭くん出演バラエティがトリビアの泉です。息子たちがすごく好きで、家にいないときは録画予約してでも見てたので、圭くんが出たのも全部見ています。
私にとってトリビアといえば、真っ先に圭くんを思い出すくらい、圭くん登場は印象的でした。何の前触れもなく出てきたからびっくりしたし、「田中圭くんが出てくるなんて、なんて贅沢なVTR!」って思ったことをよく覚えてます。
圭くんはすごくかわいかったし、いい雰囲気を出してたので、美少年と呼ばれることには大納得でしたが、「謎の」扱いだったことが私には納得いかず、「謎の美少年って・・・どこからどう見ても田中圭くんじゃん」っていつも思ってました。まだファンじゃなかったけど。

容疑者室井慎次はずっと 前にDVDで見てたんですが、まさかあの役が圭くんだったとは!という感じです。出番は少なくても、絶対にいなくてはならない役で、しかもすごく大変そうな役ですよね。
裏設定?これはぜひ教えてもらわなくちゃ♪

またぜひいろいろ語ってください。よろしくお願いします。CMの話とかも聞きたいな^^。

No title

パー子さん、いらっしゃ~い。

トラバありがとうございます!・・・ってか、
>また勝手にトラバしちゃった(笑)
を、最初「勝手にバラしちゃった」と読んでしまい、
え?え?何をバラされたんだ?あの事?それともこの事かしら?と、一瞬焦ってしまいました(^^A;) ←おバカー。
もう、どんどんトラバ行っちゃってよぉ~。(タテノリ風。) ←って言い方も懐かしい。
この夏でドラマ『ウォーターボーイズ』の放送から6年も経っちゃうんだねえ。 あの年は冷夏だったけど、WBファンにとっては暑い、いや熱い夏だったよねぇ。

いろんな話題に絡んでくれてありがとう。 
>「容疑者室井慎次」の裏設定、教えてもらったよね(笑)
パー子は知りたくなかったかもしれないけど、無理やり?教えてすみませんー。(^^ゞ

>「スジナシ」、一番ツボだったのは圭くんが言った『どの!?』です(笑)
私も、圭君の「どの?」の場面はちょっと受けたんだけど、正直私も「どの一言?」って思ったし、レポでは省略しちゃいましたー。
鈴虫的には「親父居なくなったらホント一人になっちゃう。やだよ。」みたいなセリフを、うちの子ども達に言われたらジーンとくるかも。

「トリビア」で圭君がエスカレーターから降りてくるやつは確か3週目じゃないかな?急ぐ人の為に片側を空けて乗るのは間違い、片方だけに重心が偏るから良くない、とかいうヤツだったよね。(違ってたら誰か訂正お願いします。録画したのを見直すのが面倒な鈴虫より。)

「パンセ」は、元々あまり本を読まなくて読解力も無い私は、読もうとは思いませんでした、相当難しそうなんだもん。^^;

えへへ♪

また勝手にトラバしちゃった(笑)

「容疑者室井慎次」の裏設定、教えてもらったよね(笑)
あのチラ映り(って言うのかな?^^;)の仕方は、結構好きでした。

「いま会い」も、『なんでーーーーー!!』って思うし^^;
初めてかも。圭くんが出演した場面にムカついたのは(爆)

「スジナシ」、一番ツボだったのは圭くんが言った『どの!?』です(笑)
いや、あれさ、、私も本当に「どの!?」って思ったんだよね^^;
鶴瓶さんはどの言葉に心打たれたんだろう・・(苦笑)

「トリビア」は、エスカレーターから降りてくる爽やかさが好きだったな(笑)
どの週だったか忘れたけど^^;

「心のひとつ」もイイよね♪
くぐるやつで、先生に騙されてオドオドしてる圭くんが面白かった(笑)
パスカルの「パンセ」、借りようと思って図書館に行ったんだけど、
分厚いやつしか無かったんだよねぇ。。
圭くんが持ってたような、文庫本サイズのがあったら読む気になったのになぁ(苦笑)

・・・あ、順番ぐちゃぐちゃなコメントでごめんね^^;

鈴虫姉やんが言ってた通り、スジナシ面白かったよーー!!
っていう報告でしたっ(笑)

No title

さのっちさん、いらっしゃ~い。

鷲田先生といえば、大阪大学の学長に就任された頃だったと思うんですが、夫が出張先で買って(←電車や高速バスの中で読む。)持ち帰った雑誌の表紙を見てびっくり。 表紙の写真が鷲田先生だったんです。 確かAERA(アエラ)だったと思います。
なんだか処分できなくて、しばらくとっておきました。

>でも 迷ったあげくに昨夜から観ているのが「ミラクル」
おお、そうきたか!(笑)
『miracle』も連ドラに入るのかな、4週連続の放送だったからそうなのかな。
このドラマも思い入れがあります!
圭君がこのドラマに出た頃から仕事が順調になってきたように思います。

>ちょっと気になり出した頃の映像は何となく消してしまったものも有り 今となっては本当に勿体ないことをしたと思っています。
あーわかる、わかる。 私も似たような事が。
圭君のドラマデビュー作(エキストラみたいなものだったらしいですね)は小栗旬君が主要キャストで出た『孤独な果実』という事を知った時は愕然としました。 
放送当時あのドラマを録画してあったんですが、見た後しばらくしてから消してしまったんです。もし残してあったら貴重なものになってたのに。(涙)

いつも愛読して下さってありがとうございます。
これからもマイペースでやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします♪

有難うございます♪☆

鈴虫さん みなさん こんばんは♪

鈴虫さん またまた素敵なレポどうも有難うございます。
実は私も昨日から無性に圭くんの初期の映像が観たくなり…「心のひとつ」にしようか? 「ぼくはヒロシマを知らなかった」にしようか…?と…。

「心のひとつ」は本当に貴重な番組ですね。
鷲田先生と圭くんの関係が実に素敵♪
あれ以来 私は鷲田先生のファンでもあります(笑)。

でも 迷ったあげくに昨夜から観ているのが「ミラクル」
関東のみの放送でしたが運よくお友達に見せていただきました。

ちょっと気になり出した頃の映像は何となく消してしまったものも有り 今となっては本当に勿体ないことをしたと思っています。

そんなわけで鈴虫さんのレポをいつも楽しみに読ませていただいています。

鈴虫さ~ん これからもどうぞよろしくお願いします☆
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード