『王様のブランチ』 圭君2時間生出演

8月30日のTBS『王様のブランチ』に午後から田中圭君がドラマ『魔王』の番宣でゲスト出演しました。 せいぜい10分程度の出演かと思っていたのですが、仕事から帰って録画したのをチェックしたら圭君は2時間ずっと出ずっぱりで、私は全部は見ていません。(汗)

ブランチ内に色々なコーナーがあるのですが、紹介される映像の右上に小さく、モニターを見ている圭君の顔が時々映ります。
とても詳しくはレポできませんので、圭君の主なトーク場面だけザーッとレポします。
いつものように圭君がトークしている時はかなりの身振り付き。
※『魔王』の多少のネタバレもあります。

◆  ◆  ◆
圭君は優香さんと斉藤慶太君の間に座っています。
圭君が、慶太君の言う事に軽く突っ込んだりする場面もあり、けっこう二人は打ち解けている感じでした。

圭君は薄青のストライプシャツの上にパーカー(鮮やかな青色、上部はグレー)を着ています。
※圭君と言えばパーカーですね♪ 

優香さんから『魔王』で葛西均を演じていらっしゃいます、田中圭くんでーす!と紹介され、
自分も拍手をして頭を下げながら「よろしくお願いしまーすっっ!!」といつものように元気いっぱいに挨拶する圭君。

谷原「ブランチのスタジオ、久しぶりですよね?」
圭「はい!」
(はい!に続くコメントを期待してたのに? “はい!”だけで終わったので谷原さん達から笑いが。)
圭君は多少笑顔を浮かべちょっといたずらっぽいような顔つき?
優香「ブランチにはかなり縁がありまして、7回目のご出演なんですよ。」
圭「そんなに出させて頂いているんだー!・・・みたいな。」←軽く何度も頷きながら。
谷原「(ビデオ出演ではなく)生で来て頂いたのは3回目か4回目なんですね。」
優香「そうなんですよねー。」
圭「よろしくお願いします!」←あちこちに向かって頭を下げながら。

◆  ◆  ◆
『魔王』の次回放送のダイジェスト映像が流れます。バックには嵐が歌う主題歌「truth」が流れている為、シリアスな場面が続くのに、曲に合わせて体をリズミカルに左右に軽く振る圭君の映像が右上に。
不倫相手の麻里さん(吉瀬美智子さん)が夫の典良(劇団ひとりさん)に頬を強くひっぱたかれるシーンだけは、圭君は口を開けて(ちょっと変顔?)“わおー、痛そー、お気の毒に・・・”みたいな表情をしております。

*  *  *
次回のダイジェスト版を見終えて、
おおーっ! と感動したようにうれしそうな表情で拍手し続ける圭君。
谷原・優香「魔王、おもしろーい!」
谷原「どうなってくるんですか?」
圭「そうすねー、10話・・・次の回では、先週の放送でついに同級生・・・忍成君が演じている宗田って男がついに殺されてしまって、それを巡って、自分が演じる葛西と、葛西の会社の周りにいる石坂さん(石坂浩二さん)や劇団ひとりさんらを巻き込んで話が展開されていくのが次の回なんですけど、なんと言っても次の回は成瀬弁護士(大野智君)が石坂さんに自ら告白をするシーンがあるんですよ。」
谷原「おおー!言っちゃうんですかー。」
圭「ついに、あるすごい事を急にドーン!!と言っちゃうんですけど、僕、台本読んでて“ここで言うのかーーー!!”(←すごい力を込めて、目を見開いて)と思って・・・」
谷原・優香「ええー?!」
圭「けっこう、これから・・残り2話か・・・すごいですよ。」
優香「楽しみですねー。」
谷原「はいそれではこれから2時間よろしくお願いします。」優香「お願いします。」
圭君、ペコリ。

◆  ◆  ◆
女王様のお買いもののコーナー。 はしのえみさんが毎回お姫様の格好でお買い物をするのですが、今回は柔道家の井上康生さん(シドニーオリンピック金メダリスト)と結婚したばかりの、東原亜希さんと一緒にお買い物。その映像の紹介の前に

はしの「現在24才の田中圭さんは、ちなみに結婚願望とかは?」
圭「自分は結婚願望というのは特に考えてないんですけど、つい最近友達から急に、来月結婚するっていう電話がきて、僕、友達で初めてなんですよ、結婚する友達が。だからなんか、あ、そうなっちゃってきたの?みたいな。」(そろそろそういう年頃になってきたっていう意味でしょうね。)
優香「友達が結婚すると(自分も)したくなったりとか?」
圭君ちょっと首を傾げるようにして「・・・今の所ないですけど・・・はい。」

*  *  *
ラフォーレ原宿内のお店で姫様(はしのさん)は自分のセクシーポーズ画像(笑)をプリントしたTシャツを作ってもらって《姫様セクシーTシャツ》、それをスタジオで公開したのですが
はしの「今日は特別にですね、このセクシーTシャツを田中圭さんにプレゼントでーす!」(笑)
圭君、ありがた迷惑なんじゃないかぁー?
困ったような笑顔で?ありがとうございます、と受けとってTシャツを広げながら
圭君、斉藤君に向かって「いつ着ようかな~。」(笑)
斉藤「現場に着ていって。」
圭君、Tシャツを体にあてて「現場に着て行きます。」
※姫様の胸の部分から上(もちろん、姫様の扮装)のアップの大きな画像がプリントされてて、セクシーに?人差し指を半開きの唇にあてて軽く噛んでいます。
圭君、「いいですよねー。」「ありがとうございます。」とか言ってるけどこのTシャツを着ていくのはかなり勇気がいるだろうな。なんか罰ゲームみたいで可哀想。←こらこら。

◆  ◆  ◆
北京オリンピック・フェンシングで銀メダルを獲った太田雄貴さんに斉藤祥太・慶太君が挑戦するコーナーが始まる前。

谷原「田中君はもしオリンピック選手と対決出来るとしたらどんな・・・」
圭「僕はあれですね、ボルト選手!」
(※北京オリンピック・陸上男子100メートルで9秒69の世界新記録で優勝)
谷原「ボルト選手?(笑)」
圭「対決って言うか、勝てっこないんですけど(笑) ちょっと比べたいですよね。」
谷原「走ってみたいね。」
圭「走ってみたいですね、すごかったですもんね。」←ちょっとコーフンしたように。

◆  ◆  ◆
デートMASTERのコーナーでは英玲奈ちゃんが大槻ケンヂさんとデートしたのですが、映像を見る前に

谷原「圭君も以前デートで参加してくれましたねえ?」
圭「はい、英玲奈さんと・・・」
英玲奈「ありがとうございます。」お互いに頭を下げる二人。
圭「いや、もう、ステキな時間をありがとうございました。」←真面目な顔つきで深く頭を下げる圭君
(※以前の二人のデートはレポしていますので、よかったら読んでみてください。)

◆  ◆  ◆
番組の最後。
プレゼントクイズの問題は
はしの「本日、午後の2時間お付き合いして下さったゲストはどなただったでしょうか?」
1 田中圭(ケイ)さん 2 田中L(エル)さん 3 田中M(エム)さん
圭君、「田中Lさん」で(んんっ?)という顔になり笑い出し、「田中Mさん」で顔をクシャクシにしています。

谷原「2時間お付き合い頂いていかがでしたか?」
圭「ああ、もう楽しかったです、ありがとうございます。」
谷原「この秋には実は、演劇・・・舞台の方を・・・」
圭「ああー、そうなんです、はい。」
※ここで、「偶然の音楽」のポスターが映ります。 前方に仲村トオルさんが立ち、後方に足を大きく開いてイスに座っている圭君が。

圭「“偶然の音楽”という舞台が世田谷のパブリックシアターであるので、」
優香「どんなお話なんですか?」
圭「なんか、男と男が偶然出会った事によって運命が変わっていく、その偶然は必然なのか、必然は偶然なのか、みたいな感じです。」←少し力を入れて語っています。
谷原「頑張って下さい。」
圭「ありがとうございます。」←皆に頭を下げながら。
優香「魔王もあります。」
圭「魔王ー!!」←力を入れて。
優香「ありがとうございます。」
圭君のアップで終了。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇
『魔王』の話 その4

第1話から葛西と麻里は既に不倫の関係にあったので、どういういきさつで二人がそういう関係になったのかわからず、
葛西が大きなリスクを冒してまで麻里と不倫するはずがない、もしも葛西の方から麻里に近づいたとしたら、葛西にも何かしら芹沢家に対する恨みなどがあって、その為に麻里を利用しようとしているのかとも思っていました。
まさか、葛西があれほどまでに麻里を愛していたとは・・・

車の中の二人の別れのシーンでの、葛西が言った「おやすみなさい、“奥様。”」のセリフには、思わず目頭が熱くなってしまいました。

そしてラストの、麻里をかばって「あの人を巻き込まないで・・・犯人は俺だ・・・」と、すがりついた直人の体から泣きながら崩れ落ちていく葛西の姿には涙・・・。
これから葛西はどうなるのでしょう。

それにしても、留置場にいる場面の憔悴している圭君はとてもカッコよく見えました。
『魔王』での圭君のスーツにメガネ姿はとっても気に入ってたんですが、たまにメガネを外すと新鮮でいいですねー。(^^)

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ほしこさん、こんにちはー、ありがとうございます。

成瀬にしてみたら、しおりに恋をしてしまった事は、復讐計画を実行する上で大きな誤算だったんだろうな。しおりちゃんが泣くシーンは本当に切ないです。

>それと、ひとりさんが連行されたとき、直人を見つめる目も印象的でした…
私はこのシーン好きなんです。何度も繰り返して見ました。
怒りと、何かを訴えたそうな悲しげな表情が入り混じっていたように感じました。
最終回はどうなるのでしょうね・・・。

吉瀬さんは化粧品?だったかのCMで知ったかな。綺麗な人ですよね。
結局ひとりさんは麻里さんの夫役なのに、ラブラブシーンの撮影が全然なくてお気の毒でした。(笑)

>魔王の公式HPのしおりちゃんの動画、見ましたか?
見ましたー、ありがとうございます。
うちのPCは動画を見るとフリーズするので見るのを避けているんですが、魔王公式の動画は大丈夫だったので何度も見ました♪
違和感ありますよねー。(苦笑)
たぶん二人が言ってるビスケットって、「マンナ」ってやつじゃないかな。 うちの子達が小さい頃にも食べさせてました。

明日から「キャットストリート」に圭君が出ますね。 圭君の出番はそんなに無さそうな感じかな?かなり興味深い内容だし続きが楽しみなドラマです。

No title

鈴虫さん、こんばんは!お邪魔します。
いやー、10話の展開もすごいなぁ、と圧倒されました。
ひとりさん、最終回はなんかやらかしそうですね…
わたしは、なんかしおりちゃんが印象的で。
成瀬さんを想って、たくさん涙を流すのが切なくて。
それと、ひとりさんが連行されたとき、直人を見つめる目も印象的でした…
最終回、どうなっちゃうんでしょうね…

>麻里さんが、社長夫人ではなくて会長の娘(直人のお姉さん)で、
愛のない政略結婚が決まっていて、葛西とはそういう意味で許されぬ恋とかだったら応援したかったんだけど。
…そう来ましたか!
それも…いいなぁ(萌)
それこそ昼ドラですね。
魔王と別でぜひ!TBSさん!(笑)
なんか最近吉瀬さんが気になって。
ヒロインをつとめる10月のドラマ、チェックしてしまいそうです。
働きマンのときも大人の魅力を放ってて気になってましたけど、
今回でますます気になる存在になりました。

魔王の公式HPのしおりちゃんの動画、見ましたか?
見てなかったら、ちょいネタばれですが、
葛西さんの格好でいつもの元気はつらつ圭くんだったので、少し違和感です(笑)
ビスケットと圭くん…(萌)

No title

ほしこさん、ありがとうございます!!熱く語れてうれしいです。

第10話の話もしてるので、もしまだ見てないなら10話を見てから読んでください♪
(ついでに、レポの“魔王 第9話”と書いてあったのをコソッと直しました。)

圭君インタビューは+act miniのvol.2に載ってるんですね!読み応えがありそうだけど、この辺では+act を置いてある書店はあっても、+act miniの方は見かけた事がなくて・・・2、3書店を見てみたけどみつかりませんでした。
情報ありがとうございます! もし見つける事が出来たらチェックしてみます。

10話は劇団ひとりさん(典良?)が可哀想で。
斉藤直道さんのプチファンだった私はひとりさんにも感情移入しまして。
事件に関わったメンバーでもないひとりさんがあんな事になり、復讐のターゲットの一人である葛西だけがあれだけの事で済んだらやっぱり圭君ファン以外の人には納得いかないでしょうね。(^^A;)
宗田の事件の実行犯が誰なのかを知ったら生き地獄ではあるだろうけど。 もしかしたら葛西は自ら死を選ぶのかも?とも思っています。

取調室の憔悴した葛西君が何か幼く可愛く見えました。
葛西のセリフには胸を打たれたけど、あの純愛が不倫でなかったらどんなによかったか。 

麻里さんが、社長夫人ではなくて会長の娘(直人のお姉さん)で、
愛のない政略結婚が決まっていて、葛西とはそういう意味で許されぬ恋とかだったら応援したかったんだけど。
でも、そうだったら脅される材料にはならないし、魔王のストーリーとしては成り立たないね。
純愛物ドラマだったら成り立つかも。 ←それこそ昼ドラかしら?

No title

鈴虫さん、こんばんは!
またまた失礼します。
わたしのむさ苦しいほどの熱い語り・妄想に(笑)返信ありがとうございます!
嬉しいです☆

不倫のいきさつはわたしも気になります。
全然イタくないですよ!
圭くんはインタビューで「絶対に麻里さんから来てると思う」って言ってました。
「最初は抵抗したと思うけど、でも抵抗できずにそのままコロっといったんじゃないか」なんて。
違うある雑誌では「惚れたもん負けですよ」とも。
そんな感じもしますよね。

あ、逃げるというのは、もちろん今までのストーリーを考えての展開予想というのもあるんですけど、
別で、完全に自分の中で勝手に繰り広げられている妄想の展開でもあります(笑)
とにかくわたしはふがふがです、あの二人には!(怪)
生田くんがはなまるに出たときの二人のコメント出演を見て、
ひとり「ぬおおおおおお」と脳内絶叫したことは秘密です(笑、バレバレ)

ちなみに参考にした圭くんのインタビューは、
+act miniのvol.2に載ってました。
この本の特集テーマがサスペンスで、魔王が巻頭にどーんと特集されてます。
インタビューも大野さん、生田くん、涼子ちゃん、圭くん、忍成くん、ひとりさん、
さらにプロデューサーさんや演出家の方まで載ってて、どれも読み応えがあって興味深いものでした。
他にも撮影風景やタロットについても載っていて、
すごく充実した内容で大満足でしたよ。

ラストまでどういう展開になるかまったく分からないですねー。
一瞬たりとも見逃せないですよ。
…ということで、ちょっとがっつき気味のほしこでした、失礼いたしましたー☆(番組締め風に)

No title

ほしこさん、又熱く語りに来て下さってありがとうございます。
私も熱く語りますぜっ!

私は『魔王』公式のインタビュー程度でしか圭君が語っている事を知らなくて(又は、チェックした情報も忘れてる私・・・汗)、ほしこさんが教えてくれた事には“ほぉー。” でした。

暗く、重い過去の秘密を共有する友人という事で“腐れ縁”というのは納得です。

不倫の事を宗田に知られる前から、葛西が宗田に対して今一歩の所で強気になれなかったのは、弱気な所があったから中学時代から宗田に逆らえない関係だったのかもですね。

しかし、家宅捜索の時に、葛西の部屋に中学時代の4人組の写真が飾ってあったのにはなにか切ない気持ちになりました。
なんだかんだ言っても、葛西にとっては皆大切な友人達だったのかな・・・。

>次回、麻里さんが葛西さんの深い愛に気づくようなので、
なんかそのまま2人でどこかへ逃げちゃえばいいのに、って思います。 そのストーリーをぜひスピンオフで!と密かに願ってたり(笑)

最初は、葛西が復讐されても自業自得だと思っていたんですよ。
しかし、8話・9話で・・・あまりにも切なすぎて。
個人的には葛西には二人でどこかへ逃げて欲しい気持ちがあるけど、それは世論が(←おおげさだよ。)許さないんじゃないですかねぇー。
宗田のセリフを借りれば、
「てめぇばっかりいい思いしやがって!!」ですし。 (^^A;)

私は、なんで二人が不倫をする事になったのか、そのいきさつをスピンオフで見てみたいでーす。 (私の方がイタいかも。)

No title

鈴虫さん、こんばんは!
またまたお邪魔します。

>宗田から、「昔から直人のパシリだったもんな。」と言われるシーンがあった
確かにそんなこと言ってましたよね。
葛西さんのことだから、なかなか直人から離れられなかったんじゃないですかねー。
あくまでわたしの想像ですが…。
圭くんもインタビューで葛西さんの人物像として、
「半分腐れ縁で来て、その中でうまく4人の舵取りをしていたのでは」と言ってました。
「ちょっと気が弱いのか自己主張もせず」とも言ってましたね。

わたし、葛西さんと麻里さんのシーン好きなんです。
次回、麻里さんが葛西さんの深い愛に気づくようなので、
なんかそのまま2人でどこかへ逃げちゃえばいいのに、って思います。
そのストーリーをぜひスピンオフで!と密かに願ってたり(笑)
…イタい妄想ばかりで大変です(苦笑)

>シリアスな葛西を見たばかりで「ブランチ」の元気いっぱいの圭君を見たら、なんかすごいギャップがあって・・・
圭くんの魅力のひとつですよね。
わたしはこれでもっと圭くんが気になって、今やイタい妄想までできるようになりましたから(笑)
ほくほくした気持ちをくれてありがとう、ですよホントに。

No title

ほしこさん、いらっしゃ~い。
鈴虫ルームをごひいきにして下さってありがとうございます、うれしいです♪
ここを覗いて下さる方がいるだけでも充分嬉しいんですけど、コメントを頂けるとなおさら嬉しいですから。
(※ web拍手をして下さっている方々にも感謝しています。 このブログを読んで、気に入って下さっている方がいるんだと思うと励みになります。)

この夏は、雷やら豪雨やらで大変でしたよね。
我が家も何度も停電に。(涙) 怖いくらいの雷や豪雨も何度かありました。 

楽しみにしている『魔王』の放送中に停電なんて、それこそショックですよね。 圭君ファンにとっては大事な大事なラストシーンが無事に見れて、なによりでした。

>スーツが乱れてて、色っぽいなぁセクスィーだなぁとか思いました
いやあ、イタくなんてないです! 
多くの圭君ファンがそう思ったんじゃないですかー?
私はリアルタイムで見ていた時は特にそう思わなかったんだけど、(汗)
録画したのを見直していて、ネクタイ無し、シャツはズボンから出ていて裸足・・・・なんかセクスィー(←ほしこさんのマネ)なんじゃない?って思いましたもん。

まあ、留置場に入れられている時にキチッとした格好はしないんだろうけど・・・たぶん留置場に入れられる時は自殺防止の為にネクタイとかズボンのベルトとか没収されるんじゃないかと思うんですよね。だから必然的にああいう姿になるんでしょうね。
でも、今までずっとスーツをビシっと着こなしていたからなのか、あの姿はかなりセクスィーに見えました。(笑)

余談だけど、中学時代の葛西も、芹沢達3人と違って学ランのホックを上まで全部キチッととめてて、彼の真面目さがさりげなく表現されていると思いました。
でも、なんで真面目で誠実そうな彼があの不良グループ?にいて一緒に山野をいじめていたんだろう。宗田から、「昔から直人のパシリだったもんな。」と言われるシーンがあったけどその辺の話が出てきてないし。

前日にシリアスな葛西を見たばかりで「ブランチ」の元気いっぱいの圭君を見たら、なんかすごいギャップがあって・・・(^^)
当たり前なんだけど、葛西じゃなくて、まんま圭君なんですよね。(笑)
役に入るとああも別の人間になってしまう圭君、すごいですー。

No title

鈴虫さん、こんばんは!
最近がっつきすぎですね、すみません…ほしこです。

ドラマの時間帯、うちの地方は大雨と落雷がものすごかったんです。
途中2回ほどプチ停電になって、一瞬見れなかったりもしました…
画面が戻ったときには直人が頭下げてて、「なんで頭下げてるの?」ってなりました(苦笑)
雷が怖くて、なかなか身を入れて見るのに大変でしたけど、
葛西さんの愛は充分に伝わってきました。
わたしも留置所の葛西さん、かっこいいと思いました!
スーツが乱れてて、色っぽいなぁセクスィーだなぁとか思いました、イタイですね、はい(笑)
ブランチもワイプで映ってるの見て、「その顔、素すぎるーーーー」ときゃわきゃわでした。
金土日の3日間出演キャンペーン、これで残暑を乗り越えられそうな気がします(笑)
ゲリラ豪雨も怖くありません(笑)
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード