王様のブランチ 圭君生出演

2007年5月26日放送 TBS※一部地域のみ (2006年5月28日 レポ)

5月26日の「王様のブランチ」に田中圭君が生出演しましたのでレポします。
谷原章介さん⇒谷 優香さん⇒優 小林麻耶アナウンサー⇒小

*  *  *
谷「日曜劇場冗談じゃない!からステキなゲストの登場です。」
優「今、最も織田裕二さんを間近で見ている人、田中圭さんでーす!」
圭君、両手を後ろに回してスタジオに登場。「おはようございまーす。」ペコリと挨拶。「よろしくお願いします!」
この日の圭君は髪をセットしてるし、なんか“綺麗な圭君”でした。

谷「田中さん、ドラマも後半戦突入という事ですが、撮影はどこまで進んでるんですか?」
圭「今丁度9話を撮り始め・・・撮り終わりぐらいなんですけれども、まだ次の10話、最終回の台本が出来ていないので、ちょっと最後どうなるのかさっぱりわからないという・・・」
谷「でもドラマってね、そういう所ありますよね。結末わかんないってのは。」
圭「はい。」

谷原さんから、圭君がこの間VTRで出演した時(※織田裕二プレゼンツ・冗談じゃない話)あこがれの織田君を前にとても緊張気味だったけど、撮影の合間、織田君と最近はどういう話をしているのか聞かれ、
圭「おかげさまで、この間の企画、あれ以来おかげさまで仲良くなれたんで・・・」
谷「その前は緊張してあまり話せなかったんだ。」
圭「緊張して、そうすね、何話していいかわからないし、目も見れなかったんですよ。」←ちょっと顔をしかめるように。
谷「そうなんですか。」
圭「ちょっとドキドキしちゃって。」
谷「じゃあこのブランチとのコラボ企画のおかげで話が出来るようになってよかったですねぇ。どんな話をされてるんです?」
圭「そうですね、明日放送第7話で結婚指輪がちょっとキーになるお話なんですけど、織田さんと指輪の話をしていたら、今の子は誰にでも指輪をあげるんかい、みたいな事を言われまして、」
谷原さんから軽いツッコミが入り、
圭「こんな言い方はしてないんですけどねっ(笑)そんな風に言われて、いやそんな事はないですよ、と。結婚する相手とかいう訳ではないかもしれないですけども、やっぱり大切に思っている人にはあげたくなるもんじゃないですかって言ったら、あんまり昔も今も変わらないんだねー、なんてそんなあったかい話をして」 (笑)

◇  ◇  ◇
小「そんな織田さん、田中さんなんですが、明日の放送ではある事が原因で衝突してしまうんです。気になるダイジェストを田中さんのナレーションによる友田君目線で追ってみましたのでご覧下さい。」
    冗談じゃない!~友田聡の物語~
◆圭君のナレーション付きの友田君出演場面が流れます。スタジオの圭君も画面の右上に小さく映ってます。照れる感じでもなく真面目な表情で見ています。(いや、照れてるんだろうけど、意外と冷静な感じで見てたので。)

大学の建物から出てくる友田。
《俺、友田聡・ハタチ。大学で幸せなキャンパスライフを過ごしていたある日、もう冗談じゃない出来事が起こっちゃったんです!》
絵恋から「結婚しちゃった。」と言われ
《なんと、付き合ってたはずの同級生、絵恋が、け、け、結婚したって言うんです!!(涙)》
友田「え~~~~~~~~~ぇっっ!!!」
絵恋の携帯に友田が電話を掛け、圭太が出たので慌てて切る友田。
《相手は高村圭太という冴えない40男。なんでこの男なの?俺の方が爽やかだし、優しいし、絵恋の事理解してるのに・・・俺のエンジェル絵恋よ、何故なんだ~~~!》
友田「俺達付き合ってたよね?」絵恋「そうなの?」
友田「だ、だってキスしたじゃん。」絵恋「したけど、挨拶でしょ?」
《フランス育ちの絵恋にとってキスは挨拶代わり。純情な俺のハートはどうなっちゃうのー?ねえ、エレーン、絵恋ってばぁ~。(泣)》
高村の勤めるレストランへ行き、圭太を睨みつける友田。
《もちろん、絵恋への想いをすぐにたち切る事なんか出来ないわけで。》←お、今度は『北の国から』の純か?
絵恋「圭太、ちゃんと働いてた?」
友田「どうだろ、笑顔がわざとらしかったー!」
大学の授業中、「絵恋のだんなって、真面目そうに見えてけっこう女好きなんじゃないの?」と絵恋にいじわるする友田。
《嫌味のひとつも言いたくなるの。皆さんわかってくれますよね(半ベソ)》
バーで酔って倒れ込む絵恋を抱きとめる友田。
《しかーし!人生悪い事ばかりじゃないっ!明日の放送では俺と絵恋が急接近しちゃうんです!》
目が覚めて下着姿で友田の部屋のベッドから起き上がる絵恋。
《何とっ!(嬉)》
キッチンに行っていた友田、振り返って「おはよ。」
《絵恋が俺の家に来ちゃったよ。ついに逆転ホームランかっっ!!》
指輪の事が元で家を飛び出した絵恋を追いかける圭太。
《でも、一夜を共にした事はもちろんこの人にもばれちゃうわけで。》
友田と会う為に大学へ行った圭太。
圭太「昨日絵恋が・・・」
友田「家に泊まりましたよ。」 「昨日何もなかったと思ってるんだ。」
圭太「はい。」
友田「何、その自信はー!」
圭太「もし君と何かあったんなら 絵恋は僕の所には帰ってこない。」
ちょっと怖い表情で振り返って圭太を見る友田。
《絵恋はやっぱり圭太の元へ帰っちゃうの?! どうなっちゃうの、俺。明日の放送が気になるよー!》

◇  ◇  ◇
圭君の顔がアップになり、真面目な表情で何度も頷くようにしています。
谷「(織田さんと)ぶつかってましたねー、素晴らしいナレーションで。」
いえいえというようなジェスチャーの圭君。
谷「憧れの織田さんとの激突の演技は如何でしたか。」
圭「そうすね、もうこれ第7話なんですけど1話から6話まで織田さんと絡んだシーンがワンシーンしかなくて。で、ほとんど初めてちゃんとお芝居、会話したんですけど・・・カッコイイすねぇー。」←カッコイイの所は感情を込めて。

谷原さん、ブランチリポーターで、「冗談じゃない!」に出演中の立川絵理ちゃんに
「現場での田中君っていうのはどうなんですか?」
絵理ちゃん、まず圭君に向かって手を振って「こんちはー。」
圭君もいたずらっぽい笑顔で絵理ちゃんに手を振ります。
絵理「本番が回るともちろん真面目にやってるんですけど、本番始まる前のテストなんかでは友田君は色んな方法で私達の話を覗き見したり、隠れて見ようとしたり聞いたりしてるんですけど、色んなバリエーションで面白い顔をしたり面白い方法でコソコソしたりしているので・・・」
圭「コソコソ・・・(笑)」
絵理「樹里ちゃんはいっつも笑わされています。」
谷「そういうのっていいですよね、色んなの試せるっていうのはね。」
優「楽しそうー。」

◇  ◇  ◇
小「初めてブランチのスタジオに来て下さった田中さんなんですが、実は谷原さんと優香ちゃんに小さな悩みを相談したいという事なんです。」
優「小さな悩み?」
圭「小さな悩みです、ハイ。」
小「答えて頂けますか?」
谷「いやー、あの、その種類によりますけどね。」(笑)

圭君の悩みは『僕はいつもドラマの待ち時間を上手に使えなくて困っています、いったいどのようにすれば充実した時間が過ごせますか?』
小「ちなみに田中さんは普段はどうやって過ごされているんですか?』
圭「皆とお話しするか、あと寝ちゃうんですよ。10分とか微妙な時間でもちょっと寝ちゃうんでちょっともったいないというか、なんかもっとないかなーというご相談なんですけど。」

優香ちゃんは寝てるかゲームをするか寝てるか(笑)で、谷原さんはスタッフ友達をいっぱい作ると仕事もしやすくなるので良いと思うと言ってました。
圭「お友達作り・・・」
ブランチのレギュラーメンバーのはしのえみさんは寝てるかゲーム。(ニンテンドーDS)
えみ「でも、やっぱり寝ますね。」(笑)
圭「やっぱり寝る感じですか・・・」
小「参考になりましたか?」
圭君が答える前に、優香ちゃんが ビリーズブート(?)がいいんじゃないですか?と言い出し、スタジオはちょっと盛り上がりました。
圭君は知らないみたいで小林麻耶アナが「後でDVDを・・・」と言ってました。
(※体を鍛えるエクササイズ? 流行っているそうだけど私も知りませんでした。)
同じくレギュラーで圭君と年が近い斉藤慶太君は、待ち時間は寝てるか一人でブラブラ散歩したりしていると言ってました。
優香「参考になったかどうか。」
谷原さん(?)「お力になれなくて申し訳ない。」
圭君、何度も頭を下げながら「とんでもないです。」

◇  ◇  ◇
優「田中さんが演じる友田聡君が今後どんな活躍を見せてくれるんでしょうか、楽しみですがメッセージを最後によろしくお願いします。」
圭「はい、物語も佳境に入ってきて明日ついに7話の放送になるんですけども、樹里ちゃん演じる絵恋のわがままをいちいち怒る事なくすべてに健気にリアクションを取ってきた友田君に・・・」
圭「ついに明日!こう・・・やっときたか見せ場!みたいなね。」←“ついに。”と“やっときたか見せ場!”は声を大にして。それまではずっと淡々と話していた感じだったので、突然熱くなった圭君に周りはウケてます。
圭「やっと友田君は明日から大活躍なんで、是非とも見て頂きたいっっ!!と。」
優「強めにきましたね。」
はしのさん(かな?)「急に熱くなりましたね。」
圭「はい、すみませんでした。」ペコリと頭を下げて。
小「田中さん大活躍の、大注目の日曜劇場冗談じゃない!第7話は明日9時からの放送です。お見逃しなく。」
圭君、頭を下げながら「はい。」
谷「田中圭さん、今日はありがとうございましたー。」
圭君、周りに座っているメンバーに頭を下げ、最後に拍手しながら正面のTVカメラの方を見て一瞬おどけた表情をして軽くペコリ。

*  *  *
指輪の話題で、前に圭君が出演した大塚愛ちゃんの「金魚花火」のショートストーリーを思い出しました。 圭君が左手の薬指に指輪をしているのを見て(※指輪をした圭君の手がアップになる。)、愛ちゃんが辛そうな表情をする場面があるのですが、
私はてっきりこのストーリーの中の圭君は婚約しているのかな?と思って娘に話したらカップルで普通にペアで指輪を買うよと言われ、そういうものなのかと思ったものです。
生放送だったし緊張もあったのかな、割と淡々としている印象の圭君でしたが、最後は熱くなって圭君らしさが出たように思いました。(笑)

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード