FC2ブログ

ケツメイシ 「聖なる夜に」PV  (2007年の作品)

クリスマスシーズンになりましたね。
クリスマスといえば、田中圭君が出演した ケツメイシの「聖なる夜に」のプロモーションビデオ、大好きでした。
以前も鈴虫ルームで語った事があるのですが、この作品は私の好きな圭君出演PV・DVDドラマのベスト3に入ります。

検索してみたら、この作品が作られたのは、何と今から丁度10年前の2007年!!
もう10年の月日が流れたのか!とびっくり致しました。 圭君、まだ23歳だったんだ、若かったですね~。
曲も良いし映像も良いし、感動してしまって目頭が熱くなった事も。
このPVが見たくて、カラオケに行った時に、歌えもしないのに「聖なる夜に」を入れたりもしました。 

「聖なる夜に」のPVについて振り返ってみたいと思います。 
ざっくりとストーリーを説明しますと、  ※鈴虫の勝手な想像,思い込みがかなり入っています。

(おそらく)先輩社員達に無理やりキャバクラに連れてこられた新入社員。(←圭君)
そのうち、盛り上がる先輩達からほっとかれて一人ポツン。
そこへ、彼の相手をする為に一人のキャバ嬢登場。
彼は、隣に座ったそのキャバ嬢に一目惚れ。←彼女をボーっと見つめる圭君の、口を開けた表情が良い。

それからは彼女に会う為にキャバクラに通う彼。 どこか場違いな雰囲気の、初々しい彼に彼女も好感を持っていったようです。
初めてのデートにこぎつけた彼。 おそらく高級志向であろう彼女の為に、彼なりに事前に色々とリサーチし、
(新入社員だし、まだまだ薄給だろうに)奮発して高級レストランでディナーというコースを提案する彼に、彼女は笑って「いいから、いいから。」と。
彼女のお気に入りのラーメン屋に入って、美味しそうにラーメンをすする彼女に惚れ直す彼。 ←圭君がラーメンをすする場面で、ラーメンが輪っかになってて少し面白かったのですが、これはたまたまなのか意識してやったのか。

ある日のデート中、公園内でクリスマスの日までイルミネーションイベントをやるという看板を見た2人。
イベントが行われるのは夜の12時まで。
クリスマスといえば、キャバクラは書き入れ時。 行きたいけど無理だねという雰囲気になった2人ですが、
彼女は、大丈夫、行けるから!と。 そして彼女の方から指切りげんまん。

当日。 案の定、接客で忙しい彼女。(※キャバ嬢達は皆、サンタガールのコスプレ。)
公園で待っているであろう彼の事を思い、気もそぞろの彼女。

そんな彼女に、酔った中年の客が少々不機嫌に。慌てて取り繕う彼女。
勤務途中、彼に12時までには必ず行くから待っててね、と連絡メール。
そうこうしている間に、誤ってコップを倒してしまい、客のズボンを濡らしてしまいます。
同僚達が場をとりなしてくれて、その場は何とか収まるのですが、
ずっと心ここにあらずだった彼女が、店長(←たぶん。)に「ちょっとこっちに来て。」と言われ・・・。

謝る彼女に、なんと店長(←軽くトナカイのコスプレしてます)が、「彼の所へ行っといで。」と彼女にコートを差し出します。
店長の後ろで同僚達が「行っちゃえ、行っちゃえ。」と応援。 おそらく、店長が彼女を行かせてくれるのには、同僚の口添えもあったのでは。 ←現実には稼ぎ時のクリスマスに、勤務中のキャバ嬢にデートに行かせてくれる店長はいないかもしれませんが、PVの店長と同僚達の優しい心遣いに毎回ジーンときておりました。

皆の厚意に感謝しながら、彼の待つ公園へとただひたすら走り続ける彼女。 真っ赤なサンタのコスプレの上に、コートを羽織っただけの格好で。

一方、彼の方は・・・
割と早い時間から公園に来た彼。彼女へのクリスマスプレゼントを持っています。
イルミネーションイベントをやっている事もあって、公園はたくさんの人であふれかえっています。
園内で売られているクリスマスケーキも飛ぶように売れています。

彼は、この後の彼女との幸福なひと時を思ってか、他の幸せそうなカップルを見ながら穏やかな笑みを浮かべています。 ←この優しい微笑が好き。
寒い中、ベンチに座って待つ彼。 どんどん時間が過ぎていきます。
途中、公園内で売られているケーキを買いに。 最後に二つほど残ったケーキの小さい方を買った彼ですが、サンタのコスプレをしたケーキ売りの男性から大きい方のケーキを渡されます。 違いますと言った彼に「いいから。」と笑顔で。 深く頭を下げてケーキを受取る彼。

ベンチに座る彼の周りを行きかうたくさんの人々。
そして、周りには誰もいなくなり・・・
ついに12時になってしまい、イルミネーションが消されてしまいます。
一瞬ガックリしますが、すぐに「まあ、仕方ないか。」というように笑みを浮かべる彼。

その時、彼の前に息を切らした彼女が。
すまなさそうな表情の彼女に、彼は優しい微笑を。
そして、ケーキを見せながら「メリークリスマス。」←私の乏しい表現力では言い表せないのですが、この場面や、彼女に泣きながら抱きつかれた時の圭君の表情がとても良くて。 絶対彼女はジーンときたな。と思ってます。きっと、彼女は彼のこういう優しい所にも惚れたのだと鈴虫は思っています。

涙を流して彼に抱きつく彼女。 彼は「どうって事ないから。泣かないで。」 と、とても優しい。

その時。 消えていたイルミネーションが点灯されて驚く2人。

気づくと目の前に、先程のケーキ売りのサンタのコスプレの男性。 笑顔を浮かべた彼は、実は本物のサンタクロースだったのかっ?
サンタさんが消えた後、更には雪まで降ってきます。 幸せな2人はイルミネーションの前で互いに軽くキス。
クリスマスの奇跡!

◆   ◆   ◆
・撮影時の情報について、ほとんど忘れてしまっているのですが、確かロケは横浜で行われたと思います。 撮影時は10月頃だった,かな? まだそんなに寒くない時期だったと思います。圭君が着ている淡いベージュ?のコートがとても似合ってると思いました。
・相手役の彼女は、調べてみたらファッションモデルの高橋京子さんでした。やはりスタイルが良いですね。
・キャバクラの客のおじさんの演技がとてもリアルで、本当によっぱらいを使ってたんじゃないのか?と思うほど。定番の、頭にネクタイ。(笑)
・最初の方に出てきた、クリスマスプレゼントを嬉しそうに抱えた可愛い男の子が、圭君の小さい頃に少し似ていると思いました。
そういや、あれから10年経ってるから、もう高校生位なのかな?
・圭君の表情、特に笑顔がとっても良かったです。 遅れてきた彼女に、露ほども怒りを見せる事なく、天使の微笑の圭君。なんていいコなんだっ!!   2人は本当に素敵な、お似合いのカップルでした。  お幸せに~。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード