スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重・イオン津南ショッピングセンター トークショー

2006年10月15日 (2006年10月16日 レポ)

10月15日、三重県津市のイオン津南ショッピングセンターサンバレーにて田中圭君のトークショーがあり、行って来ましたのでレポします。 

*   *   *
トークショーは午後2時から屋外の駐車場で行われました。(約30分間。) 収容人数が多い為、特に整理券は配られませんでした。 
暑い事もあってか、トークショーの前には会場内で飲み物なども販売されていました。
この日はとても良い天気で、気温は25度を越えていたのではないかと思います。

いよいよステージ左横から圭君登場。
あれ?なんだかうつむきかげんのような。 で、第一声が「すみません。」 え?なんで?
この日の圭君の服装は、胸のあたりに白いプリント付きのダラっとした黒い長袖シャツ、下はこげ茶色のだぼっとしたチノパン(?)
スウェードっぽい薄茶色の靴。 で、今日のペンダントはクロスに見えたけど「ピストル」だそうです。

圭君の「すみません。」は、今日の服装が(圭君の私服)、もっとまともな?服装でなかったのが申し訳ないって気持ちの表れのようです。
当日、トークショー関係者(?)からこの服装について不評だったみたいで。
いや、充分だよ、何着てもカッコイイよ、圭君。

今回の圭君は、前回の千葉の時に比べてテンション低めのように思えました。
お客さんがおとなしめだったので、それに合わせたのかもしれません。
日差しがまぶしくて暑かったせいもあるかも。 風も吹いていて、圭君の長めの前髪がなびいてそれも気になったようです。
圭君は時々マイクを両手で持って話していたのですが、その様子がすごく可愛く見えました。
圭君、自分は話している時に時々かむクセに、トークショー中に1回司会者がかんだら「カミましたね。」とか言って突っ込んでました。(笑)

◇    ◇    ◇
司会者からアクセサリーは色々付けているのかと聞かれ、
圭「アクセサリーはネックレスしか付けないんですよ。 指輪も持っているんだけどしないし。」

今のドラマの前は『タイヨウのうた』に出ていて9月の半ばまで撮影をしていたという話になって
“メガネキャラ”の話題になりました。
圭君は視力はとても良いそう。視力は左右とも1・5だそうです。
ダテメガネは持っているけどあまり掛けないし、普段メガネを掛け慣れないので、最初の頃、みんなと一緒に激しく動き回って何度もメガネを落としてしまったそうです。初日からメガネに傷をつけてしまったと言ってたかな? スペアと合わせて2つのメガネを使い分けていて、
遠めに映るシーンはスペアメガネ、 アップで映る時は汚れてない方のメガネを掛けていたそうです。

『僕の歩く道』の話。
動物園の飼育係の三浦役の圭君、今の所衣装は作業着のみ。
圭「キャップをこう、後ろ向きにかぶって。」←ジェスチャー付き。
いつか作業着ではない格好でも登場したいようで、もし作業着でない服装だったらどんなのだろうと思っているそうです。
時間や日付が変わった設定で、他の役者さんが「衣装替えしまーす!」とスタッフさんに言われて着替えている間も(動物園の園長役の大杉漣さんにしてもネクタイを替えたり。)圭君だけは着替える必要がないのでボーっとしていて手持ち無沙汰?
そういう空いた時間はどうしているか司会者に聞かれて、圭君は台本を読んでいると答えていました。

主演の草君は、撮影中でない時でも役に入っている時があって、そういう時は声を掛けたりし辛いそうです。
そうでない時の草君は、「ヨッ!」って言いながら圭君に向かって親指を立てて手をグッと突き出したりなんかして、圭君も「ヨッ!」って言いながら同じポーズで答えたりしているそう。
圭「国民的アイドルの(国際的なスターの、と言ったかも・・・)スマップの一人とこんな事をしてるんですよ!」 
たぶん、圭君にとって超・カンゲキ!な事なんだろうと思います。

その次だったか、最後の方でだったか忘れたけど、司会者から出演作品の紹介。
『東京大学物語』が今月19日に発売。(内容には触れていないし、圭君、今回は顔が赤くなってません。)
『バックダンサーズ!』。上映が終わった所もありますが、まだ公開されている所では是非、観て下さい、と。
28日に公開される『虹の女神 Rainbow Song』。圭君は出番は「ちょっと。」と連呼していました。

◇    ◇    ◇
司会者が考えてきた質問のコーナー。 順番はメチャクチャで、覚えている事だけ。

司「好きな季節は?」
圭「夏です。」

司「好きな果物は?」
圭君、「果物ぉ~?」と予想外の質問だったようで、その時の表情が面白かった。
圭「今の季節は梨ですね。」
司「夏だったら?」
圭「夏だったら桃です。」
ここで、“えっ、桃が夏?”という空気が流れたので、
圭「桃って夏の終わりですよね?」
司「冬だったら?」 ←けっこうしつこくこの質問をする司会者。
圭「冬はイモです。」←イモは果物じゃないしー。 この質問、嫌になったのか? 会場は受けてます。
司会者から甘いものは好きなんですかと聞かれ、圭君は和菓子が好きだと答えていました。
司会者が「鬼まんじゅうとか?」と聞いたけど知らないようだった圭君。
司会者は、誰でも知っているものだと思ったようで驚いたようです。実は私も知りませんでした。
(見た目は、蒸しパンの上に細かく切ったサツマイモがたくさん載っているようなものなのかな。)

司「好きなスポーツは?」
圭「バスケットです。プレイしたり、ルッキングしたり(笑)」
実際に試合を見に行く事はなくて、TVでNBAを見る位のようですが。

司「暇な時は何をしていますか?」
圭「漫画喫茶に行ってます。ネットも出来るし。」
今読んでいるコミックは『はじめの一歩』。(ボクシング漫画だそうです。)
元々この漫画は読んでいたんだけど、1巻から読み直し始めているみたい。
司「ボクシングは好きなんですか?」
圭「いいえっ、僕は殴ったり殴られたりするのは大っっっ嫌いなんで。」←圭君、かなり強調して言っていました。

司「癖はありますか?」
圭「お腹を触ることです。」
圭君は小さい頃からお腹の弱い子だったそうで、「正露丸」は必需品だったとか。
“いつも正露丸を携帯している高校生”だったようです。
司「でも、ここではまだ全然お腹を触ってませんよね?」
圭「ここでこんな事は出来ないじゃないですか。(笑)」と、言いつつ、お腹を撫で回す仕草をしていたように思います。
圭「電車に乗っている時はよくお腹を触っていますね。」

司「得意な料理は?」
圭「豆腐ステーキです。」

司「なりたかった職業は?」
圭「これはよく聞かれるんですけど、板前さんです。 高校時代おすし屋さんでバイトしていて、親方(って言ってたかな?)によくしてもらって、包丁さばきも教えてもらったりして。でも、某番組で料理が出来ない事がばれちゃいました。(笑)」
※追記「親方」ではなくて「大将」だったかな? 某番組とは、「チューボーですよ!」の事です。
司「でも、豆腐ステーキが得意って・・・」
圭「あれはただ切って焼くだけだから。」(・・・って言ってたような。)

司「好きな曲は?」←カラオケでよく歌う曲は?だったかもしれません。
元々圭君は「コブクロ」の曲が好きだったようで、「笑っていいとも!」のテレホンショッキングにコブクロの二人が出ていてよけい好きになったと言ってたように思います。
今はコブクロの『Milion Films』を携帯の着メロにしているそうです。 (歌ってもいる。)
知っている人が少ないのか会場の反応がイマイチだったので、圭君がこの曲をちょっと小さめの声で少しだけ歌ってくれましたが、上手いし美声でした。圭君の歌声をもっと聴きたかったです。

司「あだ名はありますか?」
圭「小さい時からずっと“圭”です。 年上の女性(?)からは“圭くん”って呼ばれたりする事もあるんですけど・・・」 
“圭くん”は呼ばれ慣れないような感じ。
このごろ、女性から「田中圭!」ってフルネームで呼ばれる事もあるのだとか。

司「よく見るTV番組は?」
圭「バラエティしか見ないですね。それこそ草君の出ている“ぷっすま”とか、“ガキの使い”とか。」
司会者から、もっとバラエティに出たら?というような事を言われ、いやいや・・・って感じだったけど会場からは拍手が。

司「野球は見ますか?」
圭君、プロ野球は全然見ないし、ひいきのチームもないと言った後、
ハッとして小声でぼそぼそと司会者の女性に聞いてます。
東海地方の三重県で人気のチームは「中日ドラゴンズ」だと教えてもらったようで、
圭「中日ドラゴンズです!!」←大声で。 会場ウケてます。
司「ドラゴンズが優勝した事を知ってますか?」
圭君、一瞬沈黙の後「は、はい。」

司「メールで顔文字とか使いますか?」
圭「基本使わないんですけど、マネージャーさんとメールをする時は、僕は(携帯は)ドコモなんですけど、何か悪い事をした時には、文の最後に“ごめんなさい。”の顔文字を使います。(笑)」
こういうヤツですね。→  m(__)m

終了時間も迫ってきて・・・
圭君、マネージャーさんに言いたい事があるようで。
圭君は朝が弱いので、マネージャーさんに電話で起こしてもらっているみたいです。
圭君は渋谷(渋谷駅?)の近くに住んでいるそうで、「渋谷に6時半に集合!」なら、6時に起きれば充分間に合うそう。
圭「僕は男なんで、支度もすぐに終わるし、6時15分に起きたい所なんですよ。でもマネージャーさんは5時半に電話を掛けてくるんですよ!」
起こされるのが早すぎて、二度寝をしてしまう危険性があるようで。 
この場でマネージャーさんにこういう事を言ってしまった事で、後が怖そうな圭君でした。(笑)
※追記 すみません、「6時15分に起きたい所→6時15分に家を出たい所」のようです、他の方から教えて頂きました。

来週第2話が放送される『僕の歩く道』で
圭「僕、“チクってんじゃねーよ!”って言ってますからね。 是非、“チクってんじゃねーよ!”を流行らせて下さい。(笑)」

ずっと反応がおとなしめだったファンに、(地方だと、こういう感じだと思いますが。)
圭君、「三重は大人しくて品の良い方が多いですね。」と。
最後にファンに弾けてもらいたかったようで、
圭「僕と“イェーイ!!”ってやって下さい!」
圭君、ピースサインを突き出して「イェーイ!!」 
会場のファン(私含む)、同じくピースサインで「イェーイ!!」

圭君、自分で振っておきながら、照れちゃったというかその後しどろもどろになり、(そういう所が可愛いんだけど。)最後も「すみません!」と言って手を振りながら笑顔で舞台横へ消えて行きました。

※うろ覚えなので、違っている所もかなりあると思います。
「だいたいこんな感じだった。」という事でよろしくお願いします。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。