舞台『夢の劇-ドリーム・プレイ-』 の話など。

かな~りお久しぶりです。
田中圭君の舞台『夢の劇 ~ドリーム・プレイ~』を観に行ってきたのでその話をしようと思いますが、
まず最初に、 以前、旧・鈴虫ルームに恋文日和試写会のレポを提供して下さったナツミさんから、レポをこちら(現・鈴虫ルーム)へ移しても良いとのお言葉を頂いたので、この記事の一つ前に、当時のままそっくりこちらに移してアップしました。 過去記事なので、コメント欄は付けておりません。

「恋文日和試写会」といえば、 原作者のジョージ朝倉さんの関係者の方が、試写会の様子を面白おかしくレポして下さっていて、しかも圭君の事をすっごく良く書いて下さってファンとしてはとても嬉しかったので紹介します。
直にアドレスを貼るのは良くないかなと思いますので、検索キーワードを。
「恋文日和 めがね会」で検索すると、たぶん一番最初位に出てきます。 

*    *    *
(少々ネタバレがあります。)

公演は、2016年4月12日~30日まで 神奈川県横浜市のKAAT神奈川芸術劇場(※プレビュー公演含む。) 
5月4日・5日 長野県松本市のまつもと市民芸術館
5月14日・15日 兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センター
で行われました。

今回の舞台は松本で行われるという事で、4日・5日の二日間とも行きたかったのですが、
あいにく4日は都合が悪かったので松本公演は5日のみ行き、
(舞台を2回観に行きたい私は)あと一回は横浜まで行って平日の昼間の回を観てきました。
松本公演の4日(行けなかった日)にアフタートークがある事を知った時は、ガビーンでした・・・(涙)


まつもと市民芸術館で圭君の舞台を観るのは2回目です。 
一回目は「幻蝶」。 この時は主ホールでの舞台で、今回は実験劇場。
横浜の時と同じく、客席は三面、すり鉢状になった所(と言っていいのかな?)の底にあたる部分にステージが組まれる形で、
私が今まで見てきた舞台ではこういう形式のは初めてで斬新でした。ステージは広いし、見やすいし。 
(舞台を観にいかれなかった方でも、公式サイトの写真を見てもらえれば様子がわかりますよね。)
→ 夢の劇ドリーム・プレイ公式

舞台での生演奏も初めてだし、 バレエやダンスを目の前で見るのも初めてかも。
オーケストラの生演奏付きの無声映画を観た事はありますけどね、むか~し、日本武道館で。
映画のタイトルは「ナポレオン」。

お話は予想通り難しかった~。
セットの形も抽象的だし、一人で何役かこなすし、次々と(唐突に?)場面が変わるし、全然ついていけない~!
でも、途中で(“夢の劇”なんだから、夢の話か~? なら、脈絡がなくても、理解できなくても仕方がないのか。)と思い、 気持ちが楽になりました。

夢といえば、私は眠りが浅いのか、よく夢を見ます。 (朝起きるとたいていの内容は忘れてるけど。)
この舞台の中で、「今までずっと開いた事がないドア」 「一つしかない通路で待ってるのに、何年も会えない恋人」
というエピソードが出てくるのですが、 これと同じような内容の夢をこれまでに何度見てきたことか。
この先には何があるのかわからないまま、待っている人には会えないまま目が覚めてしまう。
舞台を見ていて、 まるで自分の夢の中のようで・・・もやもやするというか、すっきりしないというか・・・
この閉塞感を何とかして!!って感じでした。 

話が逸れましたが、 舞台の内容を理解しようとするのはやめて、目の前で繰り広げられる演技や華麗な踊り、圭君の麗しいお顔の観賞、場面が変わる時の、素早く華麗な小道具・大道具の移動(←出演者がやります。)などを楽しみました。
玉置玲央さんの「ビクト~リア!」の台詞は、今も頭の中でリフレインしています(笑)。
長塚圭史さんが演じる弁護士の、寸足らずのズボンもツボでした。
圭君、舞台の後半はずっと厚いコートを着ているので暑そうで、顔に汗をかきながらの熱演でした。
ビジュアルがすっごく綺麗だと思ったんだけど、多少は舞台用メイクをしてたのかな?
してなくても綺麗だけど。 笑

カーテンコールの最後位で(3回目?) 圭君はお参りする時みたいに両手を合わせて深く礼をしていました。
圭君の舞台、又松本で観れて嬉しかったです。
圭君の次の舞台「かもめ」も、まつもと市民芸術館でも上演されるので嬉しいです。
実際、観にいけるかどうかは別として。
上演前に配られたチラシの中に、 かもめ@まつもと市民芸術館のチラシがあり、テンション上がりました~。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

記事のアップから30日が経ち、管理人の承認待ちになりますので
コメントの投稿受付を終了させてもらいます。
ありがとうございました!

No title

けろよんさん、いらっしゃ~い。

>難しい上に、舞台上でお話が進んでいる時に、お話には直接絡まず隅の方にいる圭くんのことが気になって、ついつい圭くんを見ちゃうから、余計にお話が頭に入らないんですよね~。
ギャハハハハ~、同感、同感。
でも私は、他の皆さんの熱演に集中して、圭君の方はごくたま~にチラ見程度でしたよ。 ←ホントかよ。

へー、圭君が横に座った事があるんだ。 いいな~。そりゃドキドキですよね。
この時間が永遠に続いて欲しいって思うよね。(^^)

お、けろちゃんも「とと姉ちゃん」観てるのか。
私も坂口さんが演じる星野さん、 ほんわかして癒されるし、好きだったんです。
土曜日の放送(11日)のあのシーンで、恥ずかしながら号泣してしまいました・・・(照)

坂口さんも「かもめ」に出るのがすごく嬉しい。
私は坂口さんは、ドラマ「コウノドリ」で初めて知りました。
この時は、坂口さんはそれほど注目してなかったんだけど、
ちょっと小生意気で、空気読めない所もあるけど、なんか憎めない新人医師という役どころだったような。

「とと姉ちゃん」で気になって検索して、圭君と同じ事務所だと知りました。
圭君と坂口さんの共演(競演)が楽しみです。

鈴虫さん、みなさん、こんにちは。
お久しぶりです(^^)

私も行って来ました。夢の劇。
今回は用事があって珍しく楽日には行けなかったんですが、3回見ましたよー。

難しかったですね。
難しい上に、舞台上でお話が進んでいる時に、お話には直接絡まず隅の方にいる圭くんのことが気になって、ついつい圭くんを見ちゃうから、余計にお話が頭に入らないんですよね~。

今回3回とも比較的前の方の席だったので、圭くんが気になる気になる。
途中で圭くんが客席の通路に座った時、私その横の席だったことがあるんです。
圭くんを真横にして、なんだか圭くんと一緒に観劇してるような気持ちになってドキドキでした~。

他にも、圭くんが隅の方で、バケツに入ったスライムみたいなものをネチャーネチャーといじっているのがよく見えたりとか…って全然お話に集中してないですよね( ̄∇ ̄;)

「かもめ」も楽しみですね。
星野さん(@とと姉ちゃん)も出るんですよね。いつもすごく癒されるので星野さん大好きでした。
事務所の後輩坂口くんとの「かもめ」での共演は、とても楽しみです。
今回私は東京だけでなく、相模原にも行ってみようかな、と考えてます。

ではまたねー

No title

みぃさん、いらっしゃ~い。
おお~、みぃちゃん。 顔を出してくれて嬉しいよ。
今も鈴虫ルームを覗いてくれてたんだね、ありがとう。

アフタートークも楽しめたんだね、いいなあ。
松本では、圭君は最後のカーテンコールで両手を合わせて深々とお辞儀してたなあ。(口元には笑みが。)

私も近頃は予算の都合上(笑) 公演を観るのは2回だけです。
「夢の劇」は、たまたま松本の4日の日は都合が悪かったので、1回は横浜まで遠征して観たんだけど、
劇場が違うと雰囲気とか色々違って新鮮でした。

そういえば、まつもと市民芸術館ではモニターで「夢の劇」の練習風景が上映(?)されてたんだけど、横浜でも西宮でもやってたのかな?

「かもめ」は公演場所がたくさんあるから、関西や中部地方の人はどこへ行こうか迷うかもね。
私も、松本で観たいけど、 まだ先の事だしどうなるかわからないな~。

11月の半ば過ぎの長野県は初冬だし、 朝の気温が氷点下になる時もあるし、
もし松本に来るなら暖かい格好でね♪ (って、気が早すぎるか。)

お久しぶりです☆

鈴姉~こんにちは~☆

“夢の劇”もまつもと公演があるので、行かれるのかなぁどうなんだろ~とソワソワしていたら、西宮公演も終わりあっという間に6月に・・・
私は西宮で2公演観たよ^^最近は予算の都合上(笑)、たくさんの公演はみれなくなったけど、やっぱり西宮でもう1公演みれば良かったな~と後悔したり笑 とても素晴らしい公演だった+理解するのに2公演じゃ足りなかったというのが主な理由。。

そして、西宮は唯一、三面ではなかった(関西は中々そういう機会がなく)ので、他府県でもみたいなぁ、という欲望も。

だけど、本当に夢の劇みられて良かったです!!
あかりちゃんも堂々として素晴らしかったしね^^
西宮は、演者さんが客席で演じることはなかったけど、もちろん圭くんもステキでした~☆☆
アフタートークやカーテンコールではお茶目な圭くん健在でした^^☆彡

“かもめ”も今からどうしようか(どこに行こうか)迷い中!!
かもめも、まつもと公演あるよね♪まつもとにも一度行ってみたいなぁ、土日だしねぇ^^実現するかはわからないけど。。
その前にチケット確保できるかだね笑

鈴虫ルーム、中々顔出せなくなったけど、更新はいつも楽しみにしています^^☆

No title

桔梗さん、いらっしゃ~い。
又、鈴虫ルームに顔を出してもらえて嬉しいです♪
久々~の更新なのに、中身がスカスカなんですけど・・・(汗)
(※こんな内容でも、たくさんの方からブログ拍手頂いて感謝、感謝です。)

桔梗さんも、横浜公演に行かれたのですね。
私も、物語の内容は難しかったので、主にそれ以外(笑)で楽しみました。
圭君を間近で見れたのが、一番嬉しかったかな?

「かもめ」も楽しみです。
生演技を見てみたいと思っていた役者さんが何人も出場されるので、テンション上がりました。

>また、日記楽しみにしてます!
そう言ってもらえてありがたいです。
今度の更新が、何ヶ月先になるかわかりませんが、(←す、すみません・・・。)
もし良ければ たま~~~に鈴虫ルームを覗いて下さいな。

待ってました。

更新楽しみに待ってました!\(^o^)/
私は横浜のみ1公演行きました。

正面の最前列でしたが、ちょっと内容は難しいなって思いましたが、ダンサーと生演奏と役者さんの演技とすべて良かったです。圭君が近くにきた時はドキドキしてしまいました。\(//∇//)\


かもめ も楽しみですよねー。
満島ひかりさんも大好きなので。

また、日記楽しみにしてます!

No title

ココアさん、いらっしゃ~い。 (←このセリフ言うの、久々だなあ~。)

はーい、横浜にも行きましたー。
おもちゃ箱の世界! 表現が上手いですねー。(^^)
公式見ると、横浜と松本の舞台の客席は三面だったけど、西宮は正面のみだったみたいですね。
2会場とは演出とかが結構違う感じになったのかな?

>もちろん演じている役者さんも目で追いながらも、どこを見て良いのか見所満載のお芝居でしたね。
そうなんですよ。 どこを見てたらいいの?って感じで、あっちこっち目がキョロキョロ。疲れました(笑)
どうせなら、圭君の本格的なダンスも見たかったなあ。

主演の早見あかりさん、 私は朝ドラ「マッサン」のマッサン(玉山鉄二さん)の妹役で初めて知ったのですが、
確か初めての舞台でいきなりの主演、2時間ほぼ出ずっぱりで長台詞、大変だったろうな、すごいなあと思いました。

2回とも正面の席だったので、1回は違う面から見たかったなと、
良席だったのにすごく贅沢な事を言ってます。(最前列と、前から2番目。)

そう、次の舞台もラッキーな事に松本であるんですよ。
次回の公演は「かもめ」公式ページに書いてありますが全部で7ヶ所位かな?
かなりの長丁場になりそうですね。

鈴虫さん、みなさん、こんばんは〜

夢の劇、鈴虫さんは松本かな〜と記事のアップ待ってましたよ!
横浜にもいらしてたんですね。

私は横浜に行きましたが、こういうスタイルの舞台は初めてで、おもちゃ箱の世界を覗いているような楽しさがありました。
それにしてもダンサーの方たちのスキルの高いパフォーマンスに驚かされました。

もちろん演じている役者さんも目で追いながらも、どこを見て良いのか見所満載のお芝居でしたね。

最初に観た日、正面右端でしたが、いきなり長塚さんがまっすぐ私の方を見て歩いてきて、私の足元の脇に、街並みの一つを置いたのです。えっ、ここも舞台?私も背景の一つ?とびっくり。そのあと次から次へと役者さんが何かしら大道具やらを持ち、履けてくるのにかなり動揺しました。もちろんプロンプターの圭くんも。
白井さんは履けながら転倒されて、それも心配でした。(´・_・`)


たしかに一度だけではもったいない舞台でした。
後半の詩人さんの言葉、最初に観た時より日を重ねて強い言葉に変わったように思いました。

横浜楽でもスタオベできてうれしかったです。

次の舞台も、松本であるんですね〜
圭くんもすっかりお気に入りの劇場になりそうで、ちょっとうらやましいです。










プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード