A-Studioの圭君 (田中圭君の母校紹介?)  〈2011年12月2日放送〉

12月7日(日曜日)に、田中圭君のファンイベントが行われるのですが(3回目。)
なんと、今回の会場は圭君の母校だとか。
圭君の母校と言えば、 千葉市にある「渋谷教育学園 幕張中学校・高等学校」
偏差値がものすごく高く、全国でも10本の指に入るかという超進学校。
しかも、圭君はこの学校に中学から入ったので (※中学から入る方が、より難しい。)
圭君、ああ見えて(?)、ものすごく賢い少年だったようです。

2011年12月2日放送のA-Studioに、圭君がゲストで出たのですが、
この時司会の笑福亭鶴瓶さんとSHELLYさんが圭君の母校を訪ねたので、レポしてみようと思います。

ちなみに、圭君は以前「スジナシ」で鶴瓶さんと互角にやりあい、「鶴瓶の家族に乾杯」でもいいコンビでした。
この番組の中でも、「スジナシ」と「家族に乾杯」の話題が出ていました。
圭君と鶴瓶さんが絡むのはこれで3回目かな。
圭君が「笑っていいとも!」 にゲストで出演した時も鶴瓶さんとはちょこっと絡んだと思います。

長くなるので、母校関係の所を中心にレポしようと思います。
今までにレポした事がある内容と被る話は省略します。 

※この番組が放送されたのは、3年前の12月。 当時圭君は27歳。
この年、圭君が出演した朝ドラ「おひさま」が放送されました。

◆  ◆  ◆
鶴瓶さんが、圭君が登場する前にSHELLYさんに、圭君の事をこう話していました。
【(芸能界に)割と長い事いるんですけども、そんな雰囲気もしないし、新鮮だし、ナチュラルな男ですよね。】
さすが鶴瓶さん。圭君の事を良くわかっていらっしゃる。 圭君との会話の中でも、何度も圭君がナチュラルだと話していました。このナチュラル感が好きだとも。


圭君登場後。
鶴瓶さんが、最近舞台「髑髏城」を観に行った時、偶然隣の席が圭君と圭君の奥様だったらしくてその話を。
鶴瓶さんの奥様が、隣にいるのが圭君達だと気づき、鶴瓶さんはその時に奥様から圭君が結婚した事を知らされたそう。


鶴瓶さんとSHELLYさんは、事前に圭君と関わりのあった何人かの方と会って圭君の話を聞いてきました。
演出家の白井晃さん、圭君が通うジムのトレーナーさん、そして、圭君の母校の恩師。
インタビューの様子は、映像ではなく、それぞれ何枚かの写真で紹介されました。

圭君の母校の恩師以外の方は超簡単に。
★白井さん。
この時圭君は2012年3月に舞台「幻蝶」を控えていました。(※この時点では、圭君は共演する内野聖陽さんとはまだ会ってないと言ってました。) 
圭君は、白井さんとは「幻蝶」以外に「偶然の音楽」と「ガラスの葉」でお世話になってます。
というか、今、朝ドラ「マッサン」を観ているのですが、白井さんが役者として出ていてびっくり!!
俳優もされてたんですか、知らなかった・・・! しかも、演技がお上手で驚きました。

・・・話を戻します。
圭君は、最初の挨拶で「あぃーす!」と言ったそうで、白井さんは鶴瓶さん達の前でずっと圭君の「あぃーす!」をマネしていたそうです(笑)
白井さんは、相当圭君を気に入っているようでした。

★圭君の行きつけのジムのトレーナーの茅野さん
茅野さんによると、一番初めに圭君と話した時に、圭君は「すみません、やる気ないんで・・・」と言ってたのに、背筋のウェイトが45・5キロ、ベンチプレスも60キロをこなしたし、身体能力も抜群で、ものすごく運動神経が良かったとの事でした。
※この話については、圭君が訂正。「やる気ないんで・・・」じゃくて、「先に言っておきますが、僕は根性ないです。」って言ったらしい。

◇  ◇  ◇
いよいよ圭君の母校へ。
まずは、鶴瓶さんとSHELLYさんが圭君の母校の校門の前で撮った写真を見ながら
鶴瓶さんが、
「メチャメチャ頭の良い学校やて。東大(へ)ぎょうさん入りよんねんて。」
「友達も千葉大学の医学部とか行ってるんやろ?」→と、圭君に。 

◇  
★圭君の高校時代の恩師・船戸明彦先生
船戸先生が(圭君のクラスの)副担任としてやってきた時、圭君は廊下で
「ぼく、田中圭です、宜しく。先生、一緒に頑張りましょう。」と言ったそうなんですが、圭君覚えてないような反応(笑)

圭君は、先生によって、やる・やらないの差が大きくて、なぜ船戸先生がお気に入りになったのかは覚えていないようですが、とにかく船戸先生が教える数学だけは頑張ろうと思ったそうです。

当時、圭君が船戸先生に出したメールを鶴瓶さんが紹介。
(※メール と言ってたので、携帯メールかと思ったのですが、 船戸先生が紙・・・便箋?ノートの切れ端?を持っている画像があったので、圭君がメッセージを書いて、船戸先生に渡したのかもしれません。)
圭君が船戸先生にメッセージを送ったのは2000年7月9日。(圭君の16歳の誕生日の前日。)

*  *  *
ってゆーか (←書き出しがこれ。鶴瓶さんにメチャメチャ突っ込まれる。)
今 思ったんすけど俺
船戸先生のおかげでマジ救われましたよ。
だって先生が入ってこなかったら数学なんてやンないし。

不思議ッすよね、やっぱり人生って
人との巡り会わせなんだよね。

船戸先生に出会えた事は凄いラッキーなんだよね。
これからもよろしくお願いします。 アイラブゆーです。」 

*  *  *
このメールも全然覚えてなかった圭君。 
「アイラブゆーまで言うてんのに。」 ←鶴瓶さん。

船戸先生と出会って2ヶ月位経った時に、先生の家に行きたいと言った圭君。(これは圭君も覚えていたらしい。)
鶴瓶さん「(先生の)家に行って、
“皆でご飯食べに行きましょうよ。”言うて、“お父さんもお母さんも一緒に食べましょう”言うて回転ずし行って
お父さんとお母さんにおごらせた。
最低やろ!」 (爆笑)

船戸先生は今でも圭君の舞台は必ず観に来て下さるそうで、
圭君「そういう意味では人との出会いって大事だなと思います。」

【この船戸先生、現在おいくつなのかわかりませんが、結構若そうな感じ。親しみやすそうな先生です。 圭君の副担任としてやってきた時は、20代半ば位だったのかも。】


船戸先生に話を聞いた後、購買部の女性(←購買部のおばちゃんの事も、圭君はちゃんと覚えていました。)・教頭の小河先生・中学時代の担任の篠崎佳弘先生にも話を聞いた鶴瓶さんとSHELLYさん。

鶴瓶さん「ここの学校って割とのびのびしてるな。」 圭君「そうですね、基本的に。」
鶴瓶さん「茶髪もええねんて。基本的に、自由に。 押さえないねんて。」
学校は「自調自考」という教育目標を掲げていたそうで →【自分で調べて自分で考える。】
圭君「だから、例えば修学旅行とか研修も、先生は一切何も言わないで、自分達で斑作って行きたい所を自分達で決めて、自分達で好きに行くんですよ。」

インタビューの為に鶴瓶さん達がこの学校に行った時は授業中だったらしいですが、近くを通っても、皆(勉強に)集中していて誰一人振り向かなかったそうです。


圭君は母校の学校案内パンフレットのモデルを在学中からつとめていたそうで、
中学一年生の時のパンフレットが紹介されました。
左側に女の子、右側に自転車をまたぐ形で立っている圭君。 学校の制服を着ています。
笑顔が可愛い。 けど、鶴瓶さんも言ってたけど、この写真は中一にしてはちょっと老けて見えるかも。
髪を上げておでこ全開にしているせいか?


★中学時代の担任で、バスケット部の顧問でもあった篠崎佳弘先生
(文化祭の時に?)裁判劇(模擬裁判)をやった時、圭君はお客さんに合わせてアドリブが言えた事に感心していた。 この先生の奥様が、あの子、カッコいい。と言っていたそうです。


圭君は左右の靭帯を切ってしまい、バスケをやめてしまった。
部活をやめて目標を失っていた圭君を心配して、お母さんがオーディションへの挑戦を勧めた事が(圭君がいつも言ってるには、お母さんが勝手にオーディションに応募したらしい。)俳優デビューのきっかけになった。
高校在学中に芸能界デビューした圭君は、大学進学を全く視野に入れず、俳優の道へ進む事を決心。

鶴瓶さんから、超進学校で皆大学に行くのに、進学せずに俳優への道を選んだ事についてどうしてか聞かれ、
圭君「(バスケをやめてからやりたい事がなく、)俳優の世界に足を踏み入れたけど、仕事もなかったし、先が見えなかったけど、何か引かれるものがあったんだと思うし、何より勉強したくなかったってのがあるんですよ。」

「皆と一緒に勉強して、大学生になって、その時は周りのみんなには、例えばお医者さんになりたいとか、科学者になりたいとか、何かを発明したいとか、すごい夢がいっぱい飛び交ってるんですよ。
自分、夢がなくて、で、CMだったんですけど、たまにオーディション受かってCMやって流れたら、クラスメートとか先生とか皆見てくれるじゃないですか。 で、皆が“頑張ってよ!”みたいな事を言ってくれたのがたぶん嬉しくて、じゃあ頑張ろうかなって、ホントそんなもんで・・・。」

・・・略・・・
圭君とSHELLYさんが退場した後。
鶴瓶さんが圭君についてまとめ(?)の語りを。(※圭君は、舞台裏で鶴瓶さんの言う事を聞いています。毎回こういう構成のようです。)
鶴瓶さん「(圭君は)ものすごく人に好かれる、何かパワーを持ってんのよね。 で、人懐っこいねんけど媚びないんですよ。だからそれがナチュラルなんやろね。 それと、ええカッコしない、全く。 自分がこう見せようとか、こうであろうっとかっていうのがない。」

鶴瓶さんが、圭君に4年半ついてるマネージャーさんに「普段もあんなんなの?」と聞いてみたら、
例えば誰かに絡まれた時にスッとかわせる、そして、ここは謝った方が良いと思ったら、いつでも皆の前で謝れるというような事を言ったようです。
鶴瓶さん「そこがカッコ悪くないと。あの若さでよ、謝るんなら謝るよという覚悟はあるっていう、こいつすごいなって思うし、これからどんどんと伸びていくんやないかなと思いますね。 芸は人なりといいますからね。 田中圭、ホントに楽しみです。」

鶴瓶さんが圭君に対して感じた事、全く同感です。
鶴瓶さん、スゴイ!

◆◆◆追記◆◆◆
コメント欄にて、圭君ファンミーティングのレポを頂きました。 ありがとうございます!

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

管理が出来ない為に、承認が遅くなってすみませんでした。

今年もなかなか更新できないかもしれませんが(汗)
さちさん、今年も宜しくお願いします。

明けましておめでとうございます。

みなさん、明けましておめでとうございます。
昨年中はみなさんの書き込みを読んで感心したり喜んだり、喜んだり、とても楽しい一年を過ごせていただきました。

今年も宜しくお願いします。

と、とりあえず駄目もとで書いてみました。

No title

まもなく記事の更新から30日が経ち、コメントが投稿できなくなります。

次の更新がいつになるかわかりませんが宜しくお願いします。
本年も皆様にはお世話になりました。ありがとうございます。 
よいお年をお迎えください。

No title

さちさん、こんばんは。

三成は残念だったけど、
最期については史実通りなので、どうしようもないですね・・・
私は、三成が死ぬのは最終回より一ヶ月以上前なのかなあと思っていたので、
最終回まで登場してくれて良かったです。 そして、最期がナレーションで済んでホッとしました。^^;

いつもは官兵衛をリアルタイムで見てなかったんですけど、最終回はリアルタイムで観ました。

で、録画予約もしてあったんだけど、何故か「録画状態が悪い為、録画を停止します」とか出て、最終回が録画されていませんでした。←こんな事は滅多にないです。
なんでしょうかねえ、三成の最期を見たくないと言う私の強い想いがそうさせたのか?(^^A;)

圭君の公式にも出ていましたが、総集編もあるので録画しなくては♪

皆様から提供して頂いたファンイベントの素晴らしいレポを、
きっとさちさんが一番喜んで読んでくれてるだろうなあと思っていました。

一緒に参加した気分になれたようで良かったです。(^o^)

三成に涙しました。

皆さん、こんばんみー

石田三成等々死んでしまいましたね。
かなり史実とは違った石田三成が描かれている脚本だったから、相当戸惑った部分が多かったと思うけど、田中圭という役者は凄いなぁ~と思いました。
石田三成は、頭の良さは秀吉軍の中ではピカいちだけど、戦下手だったし、秀吉に忠義すぎたゆえの悲しい月末だったんだなぁ~と
石田三成が長政に最後に言った言葉でもう号泣してしまいました(T-T)
今日は、石田三成の無念さが胸に残って眠れそうにありません。

sanaさんレポありがとうございます。
よく、あれだけ細かく覚えていましたね。
本当に驚きました。
sanaさん自身は、楽しめたんでしょうか?
レポが気になって楽しむ事ができたのか本当に心配になるぐらいのレポだったから
本当に凄いとしか、言いようのないレポをありがとうございます。

hiromayuさんのレポも、本当に素晴らしくても、私がしりたかった内容が盛りだくさんで本当に嬉しかったです。

圭君の紹介文の内容ありがとうございます。
参加して初めて知る楽しさが伝わってきました。
それにしても、hiromayuさんも言っているように個性的で、かといって嫌みのない素直な文章で、圭君の頭の回転の良さがよくわかりますね。
圭君の芯の部分は思いやりと優しさが凄いですよね。
圭君もファンの皆さんは自慢の一つだと言ってくれる優しさ嬉しすぎますよね。

幼稚園のビデオやファンを楽しませたいというのがレポから伝わってきますね。
圭君は、身体を張ってファンイベントの用意をしてくれたんだって事が良くわかります。
圭君のブログにもファンのみんなが楽しんでくれて思い出を沢山作って帰って欲しいってその圭君の思いが伝わってきました。
ファンイベントの後、疲れがどっと出て一日中寝込んだみたいだからね。

でも、みんなの沢山の楽しかったっていうメッセージを貰って元気が出たって、そういうのファンとして本当にファンみよりに尽きるよね。

みんなのレポや感想やhiromayuさんの私情も込めてのレポは自分も参加した気分で、凄く嬉しいです。

本当に、ありがとうございました。

また、頑張ってやって行けます。
本当に、ありがとうね~(^_^)/

No title

sanaさん、こんばんは。
あれだけの大作レポを書くのは大変だったと思います。
良くあんな細かい所までしっかり覚えていられたものだと驚きました。
(給食中に流れた、圭君と鈴之助君の会話の詳しい内容とか。)
本当にありがとうございます。

鈴之助君が話してくれたエピソードの中で、圭君が鈴之助君を車で探しに来てくれたという話が、私は一番印象に残ってるかな?
(とうか、これだけしか覚えてなかったりして・・・)

> 鈴虫さんのコメントを読んで思い出したんですが、三成の資料、教室の座席に置いてありましたね。勘違いでした。
そうでしたか。 実は私、ああ書いた後に(あれ?やっぱり資料はバスで配られたんだっけ?)と思って焦ったんです。
それ位、あの日の記憶があやふやで。(^^A;)  安心しましたー。

> 圭くんオリジナルの旗印「大抵、大概、大変」
↑圭君の説明も覚えてなかった私です。(汗)

あ、それと、圭君の幼い時に出演したお宝映像の事ですが、
最初に圭君は「3歳の時の」って言ってたような気もします。
だから、sanaさんが2歳?と思ったのかも。
(覚えている方、良ければフォローを・・・)

後で圭君は「幼稚園の時の」って何度か言ってたような。
圭君が3歳って言ってたのだったら、4歳になるちょっと前位の3歳って事かな、と思っています。

こんにちは

鈴虫さん、皆さんこんにちは。
hiromayuさん、レポの補足ありがとうございます。
鈴虫さん、チャチャさん、長々レポをお褒めくださりありがとうございます。

鈴虫さんのコメントを読んで思い出したんですが、三成の資料、教室の座席に置いてありましたね。勘違いでした。

圭くんオリジナルの旗印「大抵、大概、大変」
実は最初見たときは「何これ?マイナス言葉ばっかり」と思ってしまったのです。
後で圭くんが「マイナスメッセージじゃないですよ。大抵の場合大概大変なんだから、頑張ろう、っていうプラスのメッセージです」と説明してくれたのを聞いて、なるほど、と思いました。

圭くんはどんなしんどいことでも「こんなの特別なことじゃない。普通さー」とサラっと流していつものように元気いっぱいで乗り切るんでしょうね。
だからいつも自然体なんだなー、と思いました。




No title

sanaさん、チャチャさん、hiromayuさんこんばんは。

★チャチャさん
圭君ブログの事、ありがとう。 今回は特に更新を楽しみにしていました。
そして・・・チャチャちゃんの「天使の仲間」だという言葉、みょーに納得です。 なんというか、チャチャちゃんには不思議な魅力があるんだよね。
実際にチャチャちゃんに会って、ますます好感度が上がったよ。

sanaさん・hiromayuさん、力作のイベントレポをありがとうございます!

★sanaさん
よくそれだけ覚えていられたもんだと驚きました。
私は、sanaさんのレポの3分の1も覚えてないかな~(汗)

缶ペンが配られたのがバスの中って事すら覚えてなかったです(^^ゞ
抜き打ちテストにはびっくりでしたよ、もしかしたら、田中圭先生の授業の後にテストがあるかも?とは思っていたんだけど。

お弁当は、最初にロケ弁と言ってくれれば、もっとありがたく よーく味わって頂いたのに残念。

いつも圭君のトークはMCさんがいたけど、今回はそれはなかったから圭君も大変だったでしょうね。
でも、進行は良かったと思います。 田中先生の授業の進め方も上手だったし。ちょくちょく時間が足りなくなりましたが(笑)

鈴之助君とのトークも良く覚えていましたね!
塾の先生には、「母が忘れて・・・」とか言ったんでしたっけ。お母さんのせいにして。
それにしても、塾の先生、ちょっと怖いです~。

> バス内で資料が配布されるという徹底ぶり。三成について圭くんが語ってくれる、という授業。
sanaさんのバスでは、バス内で資料が配られたんですか。 私達のは、授業時に配られました。
だから、歴史の授業は何をやるのかなーと思っていました。
まあ、三成絡みだとは思っていましたけどね。

> チャイムが鳴って入場したときは、「かなりの高齢な歴史の先生」というキャラ設定で
あー、私もすぐに池上局長だと思いました! あの動作やら喋り方やらを舞台では長い時間やってた訳ですから大変だった事でしょう。

お宝映像はすごかったですね。 幼稚園の時と言ってたから、4~6歳位かな?
ずっと前に圭君がトークショーで「小さい頃にテレビに出た事がある」と言ってたから、見たいなあと思っていたから嬉しかったです。
圭君以外の2人が喧嘩になって・・・って言ってたのですが、確かその時「おかあさんといっしょ」だって言ってたんですよ。

だから、 スタジオで皆でじゃじゃ丸・ピッコロ・ポロリ達といっしょに踊っている時の話だと思っていたら全然違いました。
※うちの子達も圭君と同じ年頃なので、私も当時 「おかあさんといっしょ」を見ていました。

圭君の歴史の授業で寝ていた(?)ファンもいて、圭君少し凹んだかもしれないけど、
まあ、きっと圭君イベントの為にコーフンして前日寝られず、お疲れだったんですよ。

それに三成に関心がなければ、心地よい圭君の声を聞きながら つい、ねえ?^^;   (あ、私は寝ておりませんよ。)

長くなるのでこの辺で。 ありがとうございました!

あ。 ちなみに私は、抜き打ちテストで1位、綱引きでも1位のCチームにいました。
私がいたから優勝できたんでしょうね、えっへん。( ̄ー ̄) ←バカ者~!!足手まといになってたのはどこのどいつだよ。

★hiromayuさん
筋肉痛で大変な所、レポありがとうございます。
私は講義室の外に貼ってあったポスターやら圭君にまつわる品々を、じっくり見られず残念でした。
私はお弁当を食べるのが遅く、食べた後はトイレの行列に並んでたので、あまり時間がありませんでした・・・(悲)

圭君のいきなりの登場、嬉しかったですね!
最初に登場した時はビシッとした感じで、教室を出る時は少し競歩っぽい?歩き方で面白かったです。

自己紹介文、ありがとうございます。
圭君が読み上げた時、私も素晴らしい文章力だなあと思いました。 でも、いくつか誤字があったのね。^^

体育の授業では、鈴之助君にも会えて良かったです。
前に、私が圭君の映画の舞台挨拶付きを観に行った時、私のすぐ近くにいた事がありました。(お友達が教えてくれた。)
舞台挨拶が終わった時だったか、圭君が鈴之助君に気づいて手を振って。

でも、鈴之助君が座っていたのが私のすぐ後ろの方だったので、なんか振り向いて彼の顔を見る事が出来ず・・・
今回は、じっくり鈴之助君のお顔を拝む事が出来ました。 背が高くてカッコ良かったです。

圭君が鈴之助君の事を「すず、すず。」と言うたびに、くすぐったい気分でした。 (←お前の名をを呼んでんじゃないから。)

綱引きは盛り上がりましたね~。
円陣を組んで、勝つと周りの子達とハイタッチをしたのが楽しい思い出の一つになりました。

hiromayuさん、こんばんは!

sanaさんに続きとても素敵なレポ...
本当にみなさん文才でわかりやすくて...
hiromayuさんのお仕事は赤ペン先生みたいな感じなのでしょうか??
私が言うのはとっても失礼ですが、頭の悪い私ですら、みなさんの頭の良さがわかります(笑)
私は子供服のお店で働いていて、嬉しいことに子供に好かれやすいのですが、しかし、私が好かれるのは子供たちに私自身も子供だと思われているのだろうと周りにたまに言われます。(薄々感じてはいましたが(笑))

子供は天使ですから!私も天使の仲間だ!と無理矢理納得させました!いま!(笑)

話それすぎて申し訳ないですが、つまり言いたかったことは、本当にありがとです!!
という、この一言です!!
前ふりが長い上に落ちがなく、全く面白味がないのに、自分で自分にうけてしまう変なやつですが今後ともどうぞ暖かい目でみてくださいませ、、(笑)

No title

鈴虫さん、皆様こんばんは。

sanaさん、さっそくにイベントの素晴らしいレポ、本当にありがとうございます!!
私も何か書きたい!とは思っていたんですが・・・
帰宅してから在宅の仕事の締切に追われ、日曜日に一日夢のような時間を過ごさせてもらった、せめてもの穴埋め?に今日は換気扇掃除を頑張り・・・クタクタで(笑)。綱引きで筋肉痛の痛みがいまだ尾を引いてるのか、今日の掃除のせいなのか(笑)。

そんなことはさておき・・・

ほとんどsanaさんのレポに追記できることが思い浮かばないのですが、

圭くんが愛した母校の様子を私の目線で書かせていただきます。

私、前のコメントで圭くんの母校はわが母校と雰囲気が似てるだなんて恐れ多いことを言いましたが・・・

さすが私立校!真っ白な外観、校舎内に入っても白、清潔感あふれる立派な校舎でした。

この日のイベントは日曜日にもかかわらず、この時期だからでしょうか、中学受験?用の模試?が行われており、バスの中でもくれぐれも移動中はお静かに・・・という注意もありました。

校舎内にはいるときに、外靴を渡されたビニールに入れ、室内履きに履き替え、6階の講義室のような教室へ。(ここはさすがに学校らしく、6階までエレベーターはなく階段で頑張って昇りました(笑))
階段の壁には素敵な絵が飾ってあったり、とある教室はギターのマークがついたお部屋、小さ目の音楽スタジオ的な教室?みたいなのもあったり・・・。お手洗いも、エアータオル完備だったり、(私立学校に通ったことのない私には)すごい!!っとびっくりしてしまいました(笑)。

教室入り口のちょっとしたスペースに、sanaさんが書いてくださったとおり、圭くんが出演した作品のポスター、びったれポスターと原作本、圭くん手作りの部員募集の張り紙とかが展示されてまして、ここは自由に写真撮影可でした。

参加者はおそらく・・・全部で240名ほどでしたでしょうか。
その講義室にちょうどおさまるくらいの人数で、まるで大学の講義をうけるような階段状になっている座席、テーブルは引き出し式になっていました。

昼食と1限目の座席、2限目座席はあらかじめ学生証に記載された指定の座席番号で、同じ教室なのにわざわざ席替えしたのは、
1限目前の方だった方は2限目は後ろへ、という不公平感をなくす気配り!!

私は勝手に、昼食が済むまでは圭くんには会えないんだろうな~っと思っていたんですが、参加者全員が着席した時に、スタッフの方の注意事項の直後に・・・

田中圭先生がいきなり登場!!嬉しかったです!!
しかも・・・sanaさんも書いてくださったように、圭くんがこの学校へ入学した当初の自己紹介文を読み上げてくれました。写真に撮ったので・・・全文紹介します。(途中いくつか誤字あり(笑))

「自己紹介 1年6組18番 田中圭
 
僕は努力家じゃありません。でもすぐにはあきらめません。自分でできる所までやって、それでもできなかったら人にききます。晩強も、全然しません。でも、一度やりはじめると止まりません。止めろといわれるまでやり続けます。発言はよくする方です。先生の話もよく聞くけど、成積は延びません。
でも、こんな僕にも、一つだけとりえがあります。それはバスケットボールです。4年連続で、全国大会に出て、メダルをもらってきました。でもおっちょこちょいなので、敵(ホントはこの漢字も誤字なんですが実在しない漢字なので再現できません)にパスすることもありました。こんな僕ですが一年間よろしくおねがいします。」

私、小6年生の作文添削を仕事でしているんですが、中学一年生でこの文章力、相当優秀だと思います!可愛い誤字(勉強を晩強って書く誤字は結構珍しい)もありますが、自己紹介としてはオリジナリティあふれ、読んでて面白いです。素晴らしいと思いました!

そして、昼食のロケ弁。普段キャストの皆さん、スタッフの皆さんが食べてるロケ弁のなかでも、なかなかお目にかかれないレベルのロケ弁を用意してくれたそうです(笑)。
鶏肉、豚肉、お魚、のり、の4種類のお弁当を事前にメールで希望アンケートを送信し、各自希望のお弁当をいただきました。

お弁当の時間の校内放送もsanaさんがレポしてくださったとおりです。鈴之助くんと飲みながらのリラックスムードの会話。sanaさんが書いてくださったエピソード以外に・・・思い出せません!すみません!!

1限目の歴史の授業のレジュメ、題目は面白かったのでそれだけご紹介します。

「石田三成年表~俺、誤解されてるので~」

圭くんの三成への愛があふれる授業でした。大河では・・・官兵衛の手柄とされているものが・・・実は三成によるものだった、だとか。黒田長政、加藤清正、福島正則を「3バカ」と言ってのける圭先生が印象的でした(笑)。

2限目の現代社会は、バスの中での抜き打ち「田中圭テスト」の答え合わせ。圭くんが芸能界に入るきっかけとなったのは何?の問の答えのVTRが、NHKスタジオパークの映像で・・・答えの5000円というワードが流れるまでが結構長く、圭くん自身「長めのVだなぁ(苦笑)」といってたのが印象的でした。

お宝映像が圭くん幼少期のお友達との映像。幼稚園の時の映像だといっていたような。GジャンにGパンの上下を着た可愛い男子が圭くんでした(笑)。お友達同志のケンカに真正面から仲裁に入るのではなく、泣いてるお友達をとにかく笑わそうと必死でおちゃらける圭少年。ホントに可愛かったです。

3限目は体育館に移動しての綱引き大会。

鈴之助くんが助っ人として登場してくれて・・・
鈴之助くんも大好きな圭くんのために、場を盛り上げようと一生懸命に楽しませてくれて、本当に仲良しなんだなぁとほほえましく思いました。生の鈴之助くん、圭くんもスリムで手長足長ですが、さらにスリムで背が高く、素敵でした。

体育館では・・・ファンの皆さん自由に動けて、圭くんに近づこうと思えばいくらでも近づけるし、実際綱引きに圭くん、鈴之助君も加わってやっていたし、他の芸能人の方だったらパニックが起きてもおかしくない状況なのに・・・

きっとこんな企画ができたのも圭くんがファンを信じてくれたこと。
そして圭くんが好きなファンにみなさまがこれまでもずっとマナーを守ってきた歴史があること、なんだろうなと・・・。
私はまだmobile歴2年なので、そのこと自体に感動しました。

すみません!!中途半端なんですが・・・
今旦那さん帰宅しまして、今日のところはここまでで失礼します!

私情ばかりはさんでの文章で申し訳ありません!!

参加された皆様、sanaさんがおっしゃる通りぜひ、追記をお願いします!!






鈴虫さん、sanaさん、こんばんは!!

sanaさん!!!レポ完璧すぎてビックリです(笑)
全て甦りました( ゜o゜)☆
とってもありがとです!!!

そして圭くんのblogがアップされております!!!
内容はまだ読まれてないかたもいらっしゃると思うので書きません!

鈴虫さん始め、みなさん、そして圭くん、!お疲れさまでした!!!!!
あ、スズノスケさんも忘れちゃいかんですな!(笑)

No title

みぃさん・チャチャさん・sanaさん、こんばんは。

sanaさん、レポありがとうございます!
すみません、sanaさんのレポへのレスは、しっかり読ませてもらってからしますね。(明日以降になると思います、ごめんなさい。)
みぃちゃん・チャチャちゃん・sanaさん、とっても楽しかったねー。

私は、集合時間が結構早いので前日の夜に東京入りして、東京駅に比較的近いホテルに泊まりました。
で、朝化粧しようとして、化粧道具一式忘れてきた事に気づいたー!!! Σ( ̄ロ ̄lll)

幸い、バッグの中に化粧直し用の口紅とファンデを入れてたので、それでうっすらと化粧を・・・
アイブローの代わりにボールペンでちょこっと眉毛を整え・・・(わはは。)

ま、私は普段から口紅を薄くつけ、後は眉毛をちょちょっとアイブローで整える程度で、基本ファンデーションは使わないし、ほとんどすっぴんに近い状態なので、
平気っちゃ平気なんですけどね。

イベントレポ

12月7日に渋谷幕張学園で行われたファンイベントに参加してきました。とても盛りだくさんだったので、全てをご報告できませんが、アウトラインを報告させてもらいます。

集合は東京駅近く。そこから5台のバスに分乗して、いざ出発しました。

[バス乗車]
バスの通路を挟んで半分が同じチームのメンバーというグループ分け。
座席は指定されていて、乗るとそこには学生証(15年K組)とチームの色別リストバンドが置かれていました。
乗車後、各自に缶ペンケースが配られ、そこには三成の旗印を真似た圭くん作成のオリジナル旗印と五七五七七の句が圭くんの筆跡でプリントされていました。

[発車]
圭くんからのメッセージ映像が流れました。
「イベントの注意事項ですが、来た時より美しく、移動中は静かに、スタッフの方の指示に従いましょう」と、いつもの明るい口調で話した後、「ここで、学校といえば、抜き打ちテストー!!田中圭テストです。時間は15分、カンニングなし相談なし、携帯なしです。」映像の締めくくりは「それでは渋幕で待ってマース。(敬礼)いや、違う違う、テストのご健闘を!(最敬礼)」手を振ってバイバイ~で映像終了。敬礼とバイバイが可愛くて、朝から萌えました。

[テスト配布]
スタッフさんが、本当にテストのように裏返しにして配布し、一斉にスタート。タイマーできっちり15分測っていました。
問題は4択でしたが、選択肢の4つ目は「ボケ」ているから実質は三択。所属事務所の名前や愛犬の名前といったおなじみの問題から、ブログの最初の写真や出演作を古い順に並べる、というコアなもの、「馴鹿」をなんと読むか、や面積を計算するガチの図形の問題まで幅広く出題されていました。

[学校到着]
授業が行われる教室は横に幅広い階段教室。座席は指定済み。入口でお弁当を受け取り座ると、イベントオリジナルTシャツが置いてありました。
Tシャツは圭くんが演じてきた役割がずらーっとバックプリントされていました。
ファンはネイビー、スタッフは濃い水色。後で判明しますが、圭くんはピンクでした。

[給食の時間]
全員着席後、圭くんが入場。
「こんにちは、楽しんでくださいみたいな定番の挨拶。でも「MCさんがいないっていうのは本当に大変です」みたいなことも言ってました。その後、圭くんが渋幕入学時に書いた自己紹介文を(先生が保管していたのか!?それとも本人?)読み上げてくれました。
そして「イベントは自分が企画したので素人だからグダグダになるかもしれないけどみんな楽しんでください」みたいなことを話して、それでは、と一旦退場しました。
ところがなぜかすぐ慌てて戻ってきたのです。で、マイクをもう一度握って「あの~ご飯の間にお昼の校内放送みたいなモノが流れるんですが、これはそんなに一生懸命聞かなくてもいいです」とちょっとしどろもどろで説明。
そして給食のお約束、「手を合わせて下さい、いただきます」の号令をかけて、再度手を振って退場しました。
MCさんがいないと、基本進行を自分がやらないといけないので、「いただきます」を忘れてちょっと慌てていた圭くんでした。
お弁当は美味しかったです。圭くんが後で説明してくれましたが、ロケ弁で出てくるお弁当の中でも「今日は特別だから」
と、美味しいものを選んでくれたようです。

[校内放送]
しゃぶしゃぶ屋さんで、同じ事務所の古株で仲のいい鈴之助さんと二人で呑みながらトークしている録音。特にテーマのないフリートークでした。
トイレに行ったりしたので、全部を聞くことはできなかったのですが、覚えているエピソードをいくつか挙げてみます。
①売れない頃に二人で派遣のバイトをしていた。ある日バイトを圭くんが寝坊して行かなかったために鈴之助さんが一人で二人分働いてきつかった。
②圭くんは鈴之助さんを事務所で一番の仲良しだと思っているけど、その理由は『俺も適当だけど、ほんとお前って俺よりいい加減だから(気楽につきあえる)』
③最近圭くんは送迎が車になったが、以前は電車で移動していた。昔は何もかもやってもらっている他の人を見て『甘えんなよ』って思ってたけど、いざ自分がその立場になると、余計なことを考えずに役作りやセリフを覚えることに集中できる。なので、これはやっぱり大事なことだな、と思うようになった。
④圭くんは渋幕を受験する前、夏頃は偏差値46しかなかったのにその後猛勉強して受験の時には70以上まであげた。それ、すごいね、と鈴之助さんに言われると、ある日塾で宿題を忘れて先生に嘘をついたらボッコボコに殴られて、それが怖くて勉強した。
放送の締めは、「すみません、これもう一杯」という追加注文の声でした。

[教室内]
時間割、クラブ、委員会、学級目標、と教室に必ずある掲示物がちゃんと貼ってありました。中でも学級目標は「のしくも、かよくも、しこくも、んこうでも、ればいい」とたなかけいで始まる5条文。
クラブと委員会の表には参加者の名前がどこかに入っている、というサービス。
この他、教室の外側には過去出演作のポスター等が貼ってあり、学校らしい「バスケット好きな人募集 田中先生まで」などのポスターから「帰宅部」の宣伝ポスターまで。
とにかく細かいところまでこだわって、楽しく「田中school」を演出してくれていました。

[1時間目:歴史]
バス内で資料が配布されるという徹底ぶり。三成について圭くんが語ってくれる、という授業。
資料は三成の人生を中心にした年表。(作成に圭くんが関わっているような感じ)
チャイムが鳴って入場したときは、「かなりの高齢な歴史の先生」というキャラ設定で、ヨロヨロ歩き、手や声は震え、喋り方もおじいちゃんそのもの。ああ、こういう先生いたなー、と。舞台「バブーオブザベイビー」の池上局長入ってました。
しばらくその感じで喋っていたのですが「ずっとこのキャラだと疲れるので、普通に戻ります」とすぐに普通の圭くんに戻りました。
まず最初に「三成のイメージ何かある人」と質問してくれて、当ててもらった人は座席表を見て圭くんが名前を見て当てる、という本当に学校の授業のようになっていました。

その時ですが、前のボードに「いくさ下手」と書いたのですが「下手」の漢字を間違えたらしく(席が後ろなので私は全然見えなかったんです)それを指摘されてかなり焦り、「何度も言いますが、田中は渋幕出身です」と笑いを誘っていました。
中身は割と真剣に三成について語っていて、政策や実績を説明しながら彼の有能さをアピールしつつ、いくさ下手と言われる部分でも本当はそうではなかった、とフォローし、人望がない、というイメージも実は作られたものである、と力説していました。あまりの力説ぶりに時間が押して、結局一番言いたかった彼の旗印の説明を端折ってしまい、ちょっと残念そうでした。
45分、ほぼ一人でしゃべりっぱなし。なお、終了はちゃんとチャイムが鳴りました。

[2時間目:現代社会]
社会、というよりバスの中でやった「抜き打ちテスト」の答え合わせ。
ここで、初出しのお宝映像が。圭くんのデビューCMを選ぶ答え合わせをしたあとに、「実はそれ以前にもうデビューしていたのです」と圭くんが2歳(?)の頃の映像が前のスクリーンに流れたのです。この動画が元々何のために作られたものなのか説明はありませんでしたが、プロらしきナレーションが入っていたので何かの放送に使われたのだと思います。内容は3人の男の子(一人は幼き圭くん)が二つのブランコをを乗るためにじゃんけんをしていて、そのうち圭くん以外の二人が喧嘩になり、一人が泣き始めます。幼いながらもこの雰囲気をなんとかしよう、と考えた圭くんが一生懸命おちゃらけながら「ジャンケーーんぽん」と盛り上げて、徐々に楽しい空気に持っていき、そのうちに喧嘩をしていた二人がまた仲良くなる、というなんともほのぼのした映像でした。
圭くんのキャラは2歳の頃から変わっていないんだ、と感激。
このテストの平均点が一番高かったチームとその得点が発表されました。最高点は圭くん発表によると89点だったけど、実際は91点の人がいました。すごいです。

最後は時間が足りなくて面積を出す算数の問題の説明を焦って端折って説明していました。
このテストの選択肢の4つ目が「岡田准一」になっている問題がいくつかあり、さらに問題の中に「このテストで岡田君ネタはいくつあるでしょう」というものもありました。
インタビユーなどで、岡田君以外についてもたくさん話しているのに、いつも岡田くんを褒めている部分ばかりクローズアップして使われて、岡田君大好きイメージがつき過ぎているので、逆にそれをネタにしてやろう、と考えたらしいです。

答え合わせをしている時も、圭くんは一人で進めていき、適度に生徒に反応を促し、「これ出来た人」「間違えた人」「え?それわざとでしょう」とコミュニケーションを忘れず、さすが、と思いました。
授業の最初に「いやぁ、本当に先生ってエライと思いました。僕『寝てもいいですよ』とか言ったけど、実際何人か寝そうになっていた人がいてて、それを見て凹みました。そう思うと、本当に高校の時とか随分先生に悪い事してたな、って思いました」と話していました。
でも、田中先生の授業はうまいじゃない、って思ったのは私だけではないハズ。

[3時間目:体育]
全員体育館へ移動。AからJまでの10チームに分かれ、綱引き大会。
試合はトーナメント制。1試合2本勝負で1勝1敗にになったら引き分けで抽選で勝敗を決めるというルール。1本やったあと、負けたチームには救済措置があり、助っ人を派遣する、というちょっとややこしいルールもありました。
きっと圭くんは「負けたチームでも諦めず楽しく参加できるように」とこういうルールを考えてくれたんでしょうね。

ここでサプライズゲストが登場。お昼の放送で登場していた鈴之助さんが、ホイッスルを鳴らしながら駆け足で入場してきたのです。
「気のおけない友達で、一番リラックスできる人に手伝いを頼むことにしました」と圭くんが言ってました。

①準備運動
鈴之助さんが「妖怪体操をやりたい!」と主張。圭くんは「ダメだよ」と言ってましたが、最後には「じゃんあウォッチッチ、の所までだよ」と折れて、全員で「ようかーーいウォッチっチ♪」のところまでやりました。
その後は普通のラジオ体操。
ところが、前で鈴之助さんと並んで見本をやっている圭くん、体操が変なんです。深呼吸のあとの最初の「膝を大きく伸ばして、背伸びのうんどーーう」の体操。膝を曲げて、伸ばした時に両手を広げるのに、圭くんは手を広げる時に膝を曲げているんです。みんなと反対。
この運動は最後の深呼吸の前にもう一度出てくるのですが、圭くんの姿を見て、みんながちょっと笑っていたので、鈴之助さんがハッと気づき、横を向いて「違うよ、こうだよ」と言ってたのですが、最後まで圭くんは反対のままでした。
あんな複雑な事する人、初めて・・・(笑)

②トーナメントの組み合わせ抽選。
このトーナメント表がまた変で、8チームは決勝まで3試合、残りの2チームは1試合やったら即決勝進出とういう不公平トーナメント。
圭くんは「いいんです、時の運だから」と。とにかく普通じゃない面白いことやって盛り上げちゃおう、というアイデアなんでしょうね。
ちなみに救済措置の助っ人は抽選で決定。助っ人に入るのは圭くんはもちろん鈴之助さんや時にはスタッフさん。圭くんと鈴之助さんの両方が入る、というラッキーもありました。

③競技スタート
綱引きはシンプルだけど、やり始めるとみんなかなり真剣。盛り上がりました。
圭君は何度か助っ人に入りました。
参加していない人は圭くんのすぐ近くにまで寄って応援できました。(ちょっと近すぎてスタッフさんに注意されたけど)
ちなみに、圭くんは助っ人に入ってもちょっと手加減したのか、はたまた本当におかしくて笑ってしまって力が入らなかったのか、あまり役に立っていませんでした。
優勝はCチーム。
なんとこのチームは抜き打ちテストでも最高平均点を叩き出したグループなのです。すばらしい。

さて、決勝戦の時にまたもや圭くんらしい優しい配慮が見られました。
Cチームはトーナメント表で有利な場所に当たったので、1戦やって即決勝進出でした。もう一方のチームは3戦やっていて、かなりの疲労を見せていました。
そこで、結局有利なはずだったCチームもスタッフチームと2本試合をやって、条件が同じになったのです。
この他、途中ちょっとルールを変更したり、と圭くんは途中途中でも一生懸命に臨機応変に対応して、できるだけたくさんの人が最後まで楽しめるように、とずーーと気を張っていたように思います。

[4時間目:HR]
①表彰式
抜き打ちテストの表彰、綱引きの表彰。綱引きは優勝チームと2位のチームの両方が表彰されました。
そして「「時の運」の表彰は、今から抽選してそれに当たったチームがいきなり優勝です」と圭くん。
「えーーーっ!!(そんな強引な)」とみんな。
「いいの、運なんだから(笑)」と再び圭くん。
で、抽選して当たったチームが「時の運」の優勝。
そのまま表彰式。表彰状はそれぞれに圭くんらしい暖かいメッセージの要素が読み込まれていて、もらえる人にとっては一生の記念モノだと思います。

②抽選会。
公式グッズ以外にも圭くんの私物も出され盛り上がりまくり。
圭くんが抽選を引いたあと、当たった人にサインをして、握手をしている間のつなぎのトークは鈴之助さんの役目。
その中での印象的なエピソード。鈴之助さんが最近飲みすぎて、それもみんなに奢ったためにお金がなくなってしまい、酔っ払って圭くんに「俺帰れねぇ」みたいに電話したそうです。
すると圭くんは車で来て「この辺に大きいやつ倒れてませんか」と探し周り、見つけて送ってくれたそうです。
それも、探すために高速を使わず時間がかかる地道を通って駆けつけてくれたそうです。
「本当に優しい、友達思いのいいやつ。お金がない頃、誕生日のプレゼントにすごく高い指輪をくれた。でも僕、3日でなくしちゃって、悪い事したなぁ」と話してくれました。
全ての品物がなくなって抽選会が一旦終了。ところがさらにサプライズが。これで終わりです、と言ったあとに鈴之助さんが「これで終わりではつまんないでしょう。みんなもっと欲しいよね。なので僕からもプレゼントです」と奥から紙袋を持ってきました。
会場は、鈴之助さんからのプレゼントかぁ・・・ちょっと微妙、という空気だったのですが、紙袋から出された物はグローブ、ゴーグル、キャップ、ゲームコントローラ、ワンピース76巻。それを見た圭くん「これ、俺のじゃん」
「きのう圭の家に泊まって取ってきちゃいました」と鈴之助さん。
圭くんが「これ使ってるグローブなのに」と少し残念そうにしたり「何で76巻?」「いや、一番読み込んでいそうな感じだったから」という二人のやり取り。コントローラーを手に「これはガチで使っているやつ。圭が握り締めてるものだからねー」という鈴之助さんのドヤ顔。そういう様子を見ていると本当に圭くんはこの事を知らなかったんじゃないかな、と思いました。まあ、事前に打ち合わせしていたとしても、サプライズ形式にしてくれてみんなを盛り上げようとしてくれているわけだから別にかまわないんですけどね。
再度抽選会で盛り上がり、本当に終了しました。

③記念撮影。
これは適当に固まって立っている状態の集団を少し上からのアングルで撮影。
そのあとはクラス写真形式でAからJのグループ別で3列にならんで集合写真。

④終わりの言葉
そのあとはもう一度集合。スタッフさんや鈴之助さん、渋幕の教頭先生に感謝の拍手などをしたあと圭くんが締めの挨拶をしてくれました。
このあたりになると、もう感動していて内容がおぼろげなので覚えている部分だけ。
「楽しんでくれていたら嬉しい」「全て手作りでやりました(プロに任せなかった)。忙しくてきつかったけどみんなに楽しんでもらいたかった。」「ドラマも始まるので応援してください」「図書館戦争では正当イケメン(岡田君)と今話題のイケメン(多分福士君)と一緒にやるわけですがイケメンという部分だけではなく、役者として勝負できるように頑張ります」(←もしかしてこれは2時間目の授業で言ってたのかも)。とか話していました。

⑤解散。Aグループの人から順番に1列に並んで体育館から退場。出口で圭くんが一人一人と片手でハイタッチをしてくれて、少しの間だけど、間近でお話できました。
機械的に流してハイタッチするのかと思っていたけど、そこは圭くん。一人一人目をしっかり合わせてくれて、話をしてくれました。ファンを大切に思ってくれる気持ちが伝わる最後でした。

[帰りのバス]
なんと、お別れメッセージ映像が流れました。事前に撮影しているので「楽しんでくれていたらいいと思います。また感想を教えてください。今日はありがとう」という内容でした。

写真と抜き打ちテストの問題用紙は後日送られてくるそうです。
抜き打ちテストは2時間目に一度返却されたのですが、再回収されました。最後の問題が「田中圭へのメッセージ」だったのですが「僕、まだそれを読んでいないので、また後で読ませてもらいます」と言ってたのでそのために回収したんだと思います。

とにかく盛りだくさんだったのでこれは端折ってのレポートです。
しかも忘れていたり抜けているところがいっぱい。
勘違いしているところもあることでしょう。
なので他に参加された方、どうかどうかフォローよろしくお願いします。

謎にコメントが消えたのでリベンジ(T_T)


鈴虫さん、みぃさん、みなさんこんにちは!!!

いよいよ明日なんですね!!!!
私は7、8と連休を取ったのですが、職場の事情により7連勤する代わりに今日から3連休になりまして(笑)
のんびり準備中です!!
肝心のお手紙が何度か誤字をし、挫折し、今は書く時じゃないのだと自分を慰め(笑)夜書くことにしました(笑)

運動の時間はチーム戦で、優勝したら圭くんからなにかご褒美が...?!と勝手に企んでがちで戦える格好かつ変な格好にならないようにと考えた結果、防寒を忘れました(笑)
だいぶ焦ってます(笑)
変な格好しないようにとか言いつつ靴に関しては小学生の時に履くタイプの上履き持参です(笑)

私は明日黄色いコートか青いコート(黄色が有力!)をきていく予定です!
22歳ではありますが、どうみても高校生にしか見えない黄色いコートを着た奴がいたらぜひ声かけてください!!!!!

明日宜しくお願い致します(*^^*)

いよいよですね!!!

みなさん、こんにちは\(^-^)/
今日、別件があるので、私はこれから新幹線に乗って東京へと向かいます。

寒さ対策や、あれやこれやと持ち物を揃えると、荷物が大量になり、結局コロコロひいていきます(汗)
しかも、ノート持参するの忘れた。。
どこかで購入しないと。

圭くんが、ノートに花丸とかつけてくれないかなぁ(笑)サインもついでに(爆)

私の知るところでは、バスは4号車まであるそうですよ。
イベントに参加される皆さん、よろしくお願いします!!

諸事情によりこのタイミングで体重が大幅増加し(サイアク!!)、ぽっちゃり?な私ですが、初対面の方もどうぞよろしくお願い致します(^o^;)

以前、圭くんが作った?星印のストラップを、ネックレスにしてぶら下げております!

私は今日の夜仕事が終わってから東京に向かいます。

イベント後は忙しくなるので、しばらく書き込み出来ないかもしれませんが宜しくお願いします。

No title

奈々さん、いらっしゃ~い。
チャチャさん、おはようございます。
チャチャちゃん、サイトへの初めての投稿、ドキドキそわそわする気持ちよくわかるよー。

★奈々さん
お久しぶりです!

A-Studioの放送がもう3年前なんて、私もびっくりでした。
渋幕は地元でも人気があるのね。 なんとなくだけど、A-Studioの放送を見て私もそう思いました。

> 圭くんは お友達が研究者になりたいとか 医学部進学とか話しているけど理系クラスだったのかなあ・・・
前から気にはなっていたんだけど・・・知ってますか?
そうですね、私も知らないけど理系クラスだったのかなあ?
少なくとも、「鶴瓶の家族に乾杯」を見た時は、英語(英会話)は得意じゃないんだろうなと思いました。(^^A;)

> 理系なら 数学教えるとか?それはないか。
イベント前にあんまり話しちゃまずいのかもしれないけど、数学の授業はありません^^

以前、千葉のお友達に圭君の母校(の前)に連れて行ってもらった時、
東京で言えばお台場のような、埋立地っぽい所という印象がありました。(かなり前なので記憶違いかもしれないけど。)
結構静かな環境だったように思います。

地震の事、心配してくれてありがとうです。
奈々さんは阿蘇に何度も行かれた事があるのね。

>穏やかな天気の日 に 火口からガスがでるので 急いで下山といわれて
自然の怖さを感じた思い出があります。
それは恐い。

日本百名山制覇を目指す方なら、阿蘇山も御嶽山も登る事になるんだけど、百名山のうち活火山は3分の1位あります。

私は百名山制覇を目指す気はさらさらないけど、
「毎年百名山に新しく一座以上登る」という目標があったんですが、もしかしたら噴火するかも、と思って登れなくなった山がいくつかあります。 (ビビりなので。)

奈々さん、今回のイベントは行けないのね、残念。
又の機会(舞台とか)にお会いしましょうね。

鈴虫さん、奈々さんこんばんは!

こんな時間に片付けたい病にかかり、スマホいじったりなんかしていたらあっとゆーまにこんな時間でございます...(笑)

奈々さん!私ここのみなさんにお仲間にいれていただいて一年ちょっと経ったのですが、なんだか懐かしくてはじめて投稿した日のコメを読んでみました☆
一番最初にお返事をくださったのは奈々さんで、当時はじめて投稿してみたものの、お返事が来るのかどうかとてもそわそわしてたのを覚えています。
そんな心配を吹き飛ばすかのように、奈々さん始め、みなさんが温かく受け入れてくださり今に至ります。

奈々さん始め、参加が難しくなってしまった方たちのためにも明日、下手な文章になるのは目に見えておりますが(笑)レポできるようにがんばります!!

御無沙汰しています

鈴虫さん A-studio レポ 有難うございます。
そして みなさんこんばんわ。
私もとても気に入った番組です

放送されたの、もう三年も前・・・というのが驚きで
圭くんの母校ほんと素敵な学校ですね。
千葉では とにかく進学率!! 県立の№1高を抜いて久しいと言われてるんだけど地元でも校風も人気あるんですよ。
今回イベントに学校を遣わせてもらえるなんて さすが!!
感激です。

私は残念ながら用事で不参加ですが、
鈴虫さんはじめ 行かれる皆さん楽しんで来てくださいね。
(これを読んでもらうときは もうイベント終了時かな・・・
コメントするのが遅くなってしまいました)

圭くんが先生!!
私もし行ったら ドキドキが止まらないかもしれません。
渋幕のバスケのユニフォームで 運動とかも見てみたいな。

圭くんは お友達が研究者になりたいとか 医学部進学とか話しているけど理系クラスだったのかなあ・・・
前から気にはなっていたんだけど・・・知ってますか?
理系なら 数学教えるとか?それはないか。

私は圭くんの素敵ボイスで朗読とかも聴いてみたいけど・・
妄想はひろがります(笑)

船戸先生のぞいてくれるといいですね~

「余談」
圭くんの母校は海岸の目の前というわけでもないけど、
あのあたり海も近いので夏は磯の香りをとても感じます。
冬だから そこまではないかな・・・。

長野の地震 鈴虫さんのところ 御無事で何よりです。
気になりながら 今頃コメントでごめんなさい。
最近 自然の災害多くてつらいですよね。
信州の山好きな親のもとで育ったので 御嶽山も
家族で登れる身近な山の印象でした。
熊本の阿蘇も何回か行きました 。穏やかな天気の日に
に 火口からガスがでるので 急いで下山といわれて
自然の怖さを感じた思い出があります。




No title

チャチャさん、こんばんは。
> 社会的なものは書くことが多そうですが、私圭くんに見とれてもはや白紙になる予感がして怖いです(笑)
おー、確かに!! 授業中は圭君に見とれてて、ノートは白紙だった・・・という方多数かも?
ちょこっと安心しましたー。(笑)

わはは、これまたチャチャちゃんのように、圭君のブログで今年ファンイベントがあるらしいとわかった時点で、圭君の為に奮発して勝負服(?)を買った方が結構いるかも。

で、イベントが決まって詳細を読んで、
何?運動を伴うイベントがあるって?動きやすい服装とな?
 Σ( ̄ロ ̄lll)   と、ちょっとガッカリかもね。

「びったれ!!!」 情報ありがとう。
実は、たぶん長野県では見れないんじゃないかな、と思ってあまり期待していませんでした。

テレビ神奈川は見れるのね。
娘が神奈川県に住んでいるので、録画をお願いしました。
リアルタイムでは見れないけど、楽しみです♪

鈴虫さん、みなさん、こんばんは!

びったれ!!!放送局決まりましたね~♪(*^o^)/\(^-^*)
テレビ神奈川、、絶望が私を襲いましたがぎりぎり見れる地域ぽいので安心しております。
もはやDVDBOXを先に出してほしいレベルです(笑)(笑)
来年1月!とってもたのしみですね!!!

鈴虫さん、皆さん、こんばんは!!

ついに詳細来ましたね!!
社会的なものは書くことが多そうですが、私圭くんに見とれてもはや白紙になる予感がして怖いです(笑)

服は結構前にイベように買ってしまい、運動あるしスカートは空気読めないかなとかひとりで勝手に盛り上がり、最終的に動きずらすぎるパンツを買ってしまいました(笑)
結局空気が読めない私です(笑)
普段スカートばかりなので、何か用意せねばと、、

sanaさん素敵すぎます(笑)
大阪のノリ大好きです(笑)
私はどちらかと言えばノリはよい方なのですが大阪の方にはやはりかなわないですね(笑)
私、ひとりで盛り上がり滑るという自称圭くんタイプなので(笑)(笑)

とにかくイベまで仕事頑張ります!!

No title

チャチャさん、こんばんは。
さちさん・sanaさんいらっしゃ~い。

★チャチャさん
圭君からの年賀状は嬉しいけど、気恥ずかしさもある私です。 (#^.^#) あまり、家族に見られたくないし。

漢字といえば・・・チャチャちゃん。
ここで言っちゃっていいのかわからないけど、
旅行会社から、やっと旅行の詳細が来たね。
圭君が先生になって授業をするんだから、当然と言えば当然なんだけど、必要な持ち物に筆記用具が。

私、普段パソコンばかりで字を書かない事もあって漢字を忘れまくり。(年のせいもあると思うけど。) 
本当に、なんでこんな漢字が書けないんだと悲しくなります。
漢字が書けなくて、ひらがなだらけの恥ずかしいノートになりそうで怖いよ~。(しかも、字が汚いし。)

★さちさん
A-Studioは結構良かったから、いつかレポ出来たら・・・と思いつつ、中々レポする事が出来ませんでした。
全部の話をレポするとすごく長くなるし、まとめるのが苦手な私はダラダラとしたレポしか書けなさそうだし・・・

今回、圭君の母校でファンイベントをやる事が決まり、 母校関係のレポだけなら出来そうかも?と思いました。

>そういえば、こちらで職場の愚痴を書いちゃいましたね~(;^_^A
すいません<(_ _)>
いえいえ、 鈴虫ルームの雰囲気が悪くなるからゲストの方にしょっちゅう愚痴を書かれるのは遠慮願いたいですが、
たまの愚痴は構わないよ。 
アドバイスは出来ないけど、愚痴を吐いた事でちょっとでもスッキリするのなら良い事だと思います。

今の仕事がさちさんに合ってるようで良かった。^^

いよいよ大河も後数回で終りますね。
昨日のはまだ観てないし、ストーリーも知らないんだけど、 
まだ三成は大丈夫だよな~(^^A;) と祈るような気持ちです。

★sanaさん
ありがとうございます。 こちらは、揺れが結構長く感じて怖かったけど、それほどではありませんでした。

A-Studioが好きって方、結構多いのね~。
中途半端な内容だけど、レポして良かったです。

わはは、大阪人らしい話に大ウケしましたよ。
大阪の人って、常にどうやったらウケるかって事を考えなければならないから、大変ですね。 ←いや、違うと思う。

私は、この話をするといつも驚かれるんですが、圭君にファンレターを書いた事もないし、プレゼントを渡した事がありません。
たぶん、ファンイベントでもプレゼントは渡さないと思います。 (用意する気、ナシ。)

だから、アドバイスは出来ませーん。 
sanaさんがいったいどんなプレゼントを圭君に渡すのか、注目ですね!! 色々悩んだ挙句、面倒になってプレゼントはナシっていう可能性もありか?

> 服装も「全身ヒョウ柄で行ったらどう?絶対目立って覚えてもらえる」とか(ギャグじゃなくて、真剣に言ってる)
大阪のおばちゃんと言ったらヒョウ柄ですよね(?)
是非是非! この服装だったら、sanaさんを見つけやすいし。( ̄ー ̄)

ファンイベントは初めてで、不安も大きい私です。
当日は宜しくお願いします。


いよいよですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鈴虫さん、皆さん、こんにちは。

鈴虫さんに地震被害がなく、とりあえず安心しました。
さて、今回のA-Studioは圭くん出演のなかでもお気に入りの一つです。だって、とっても素な圭くんが見られるじゃないですかー。
特に先生と先生の奥さんのコメントのところが気に入っています。

さて、いよいよイベントまで1週間を切りましたね。
私の周りには、残念ながら圭くんファンはいないのですが、同世代友人はそれぞれ追っかけている人がいて(ジャニーズとか韓流とか・・・)イベントに行くことは「良かったねー」と喜んでくれています。

プレゼント渡せる、って話すと「大阪から行くんやし、普通に渡してもアカン。ウケ狙いでいかな。」と色々アドバイスくれました。でもウケ狙いプレゼントなんて、職場の忘年会ビンゴの景品じゃあるまいし・・・。

それでも、大河ドラマ出演記念に「大河ドラマモノポリー」あげようかしら、とか一瞬考えてしまいました。(大阪限定商品らしいです)
大きいし、荷物になるからやめたんですけど。

服装も「全身ヒョウ柄で行ったらどう?絶対目立って覚えてもらえる」とか(ギャグじゃなくて、真剣に言ってる)後はもうピーと伏字にしなければいけないアドバイスの数々でした。

せっかく皆さんにお会いできそうなので、そんな恥ずかしいことは致しません。ご安心ください。なので、皆さん、どうかよろしくお願いします。

実は忙しくて、「官兵衛」録画溜まっているんです。
イベントまでに、全部見ていかないと・・・

それでは、皆様、ごきげんよう。さようなら。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

裏切ったのは

毛利じゃなくて、小早川だったね。

なんか、もう全然わからなくなっちゃって(;^_^A

三成が徳川家康の罠にかかり命を落としていく、悲しい結末が辛くて(T^T)

実際の石田三成は実直で、農民達にも慕われていたからね。

秀吉が死ぬ間際に家康に秀頼の事を頼んだけど、家康は、この命にかえても秀頼様を御守り致しますと約束しておきながら、大阪城をじわりじわりと壊していく様は家康の本性が怖いです。

なんか、だんだん観るのが辛くて(T^T)

鈴虫さん、さちさん、おはようございます!

さちさん謝らないでください!(笑)
私本当にあり得ないレベルのバカなので漢字の意味も分かっていません(笑)(笑)
逆に気をつかわせて私の方が申し訳ないです(T_T)
ありがとうございます!!(*^o^)/\(^-^*)

またまた、すいません<(_ _)>

関ヶ原でした(/_;)

チャチャさん、ごめんなさい。

チャチャさん、ごめんなさい。

うっかり、ネタバレ的な事書いてしまいました。

読まないでください。

すいません<(_ _)>

A・studioのレポ最高です(^^)v

鈴虫さん&皆さん、こんばんは(^_^)

圭君がバラエティー番組に出場した中でもこのA.studioは私の中では1か2ぐらいに好きな番組です。
鶴瓶さんの圭君に対する愛情が画面を通して凄く感じてきたし、鶴瓶さんの圭君評が本当に、その通りで圭君ファンの私としては凄く最高な番組です。
だから、A.studioのレポは本当に嬉しかったですよ~
鈴虫さん、本当にありがとうございます。

そういえば、こちらで職場の愚痴を書いちゃいましたね~(;^_^A
すいません<(_ _)>

そうなんですよ~
数年前に転職したんですよ~

今の仕事は私には天職かなって思います。
今のところはですが(笑)

ファンイベントもう直ぐですね~
なんかドキドキします(笑)

この前渋幕の偏差値が70以上って中学受験の事でした。
そういえば渋幕は中高一貫高ですものね。

でも、その学校を1日借りきってファンイベントやるって、なんか本当に凄くないですか?
ただただ凄いなぁ~って思いまくりなんですよ~(笑)

私も、三成の最後はナレーションで済まして欲しいと思っています。

三成は毛利の裏切りによって惨敗するんだけど、やっぱりもう最後はナレーションで終わって欲しいです。

三成が可哀想で(/_;)(ToT)(T_T)(T^T)(T-T)
こうやって書いているだけで涙が出てきます。

鈴虫さん!みなさん!こんばんは!!
今年も圭くんから年賀状届きますよー!!!!
もー待ってました(*^o^)/\(^-^*)
今年はないのかなー?(泣)なんて思っていたところだったので楽しみでしかないです(笑)
デザインも直筆メッセージも楽しみに気が早いですが来年も明るく楽しく元気よく!過ごしましょー!!

No title

チャチャさん・hiromayuさん、いらっしゃ~い。

★チャチャさん
私も曖昧にしか覚えてなかったんですが、 レポする為に録画したのを見直して思い出しました(笑)
私は手紙の内容はあんまり覚えてなくて、書き出しの言葉も結びの言葉も全然覚えてなかったよ。(^^A;)

船戸先生も、イベントを覗かれるかもね(笑)
もしかしたら、母校でイベントをしたいという事を、
圭君が一番初めに打診したのは船戸先生だったのかな?と思います。

> 私、当時、結構本気で渋幕のパンフ取り寄せようとしてました(笑)(笑)
ほぉー。
もし手に入れる事が出来たら、圭君ファンにとってすっごくレアな物だよね。
私も、圭君が学校のパンフのモデルをした事があるってのは、A-Studioの前に
何かで聞いた事があるような気がするような、しないような・・・(笑)

★hiromayuさん
今回の地震での惨状を映像や写真で見て、よく死者が出なかったものだと、本当にそれだけは良かったと思います。

旦那さんの実家が熊本なのね。 私は九州へは行った事がなくて、(沖縄はありますが。)
阿蘇山をこの目で見た事がないのですが、阿蘇山って相当大きいというか、広大な山のようですね。
もし大規模な噴火が起きたら、被害も相当なものになるのでしょうね。
早く静まってくれますように。

レポはかなり端折っちゃってるし、分かり辛くなってますが、喜んでもらえたなら嬉しいです。

旧・鈴虫ルームの記事で少し触れてるんだけど、
私は、何年か前に千葉のお友達に引率してもらって、圭君の母校を見学に行った事があります。
もちろん、外から眺めただけですが。
今回、校内に入れるのね~、スゴイ。

イベントは楽しみだけど、色々と不安も大きい鈴虫です。(^^A;)

No title

鈴虫さん、皆様こんばんは。

先日の地震、鈴虫さんとご家族がご無事でなりよりです。倒壊した家屋もあった中、死者なく被害も最小限だったようで本当に良かったです。今は・・・私の主人の実家が熊本なので阿蘇山の様子がきがかりではありますが・・・。大きな被害なく静まってくれることを祈りたいです。

ここのところ、在宅でやってる仕事が立て込んでいて、こちらにお邪魔する時間がなかったので、久しぶりにお邪魔したらビックリ!皆様の様々な情報とともに、大好きなA-StudioのレポがUPされていて、本当に嬉しいです!!ありがとうございます!!

船戸先生、本当に優しい笑顔が印象的な素敵な先生でしたよね。渋幕の話を聞いていると、わが母校ともちょっと雰囲気が似てる気がして懐かしくなります。自由な校風で文武両道というか・・・。修学旅行の話を聞いた時に特にそうそう、うちの高校もそうだった!とうなずきながら観たような(笑)。その渋幕に今度行かれるだなんて、ホントに信じられません!!

7日のイベントまでもうすぐですね。圭くんに会えるのはもちろんのことですが、素敵な圭くんファンの皆様との出会いも本当に楽しみです。ああ・・・考えるだけでドキドキしてきました(笑)

鈴虫さん、こんばんは!

懐かしいですね!!☆
曖昧にしか覚えていませんが、文章を読んでいると、あぁ!そんなことゆってた!ととてもほっこり(*^o^)/\(^-^*)
圭くんの先生へのお手紙すんごい思い出しました(笑)(笑)
ってゆーか、から入る出だしと、アイラブゆーです、で終わるメッセージ(笑)(笑)
先生、、それ圭くんからゆわれるのって死ぬほど幸せですよ?って伝えたいです(笑)
なんならイベに登場しそうですね(笑)

私、当時、結構本気で渋幕のパンフ取り寄せようとしてました(笑)(笑)
実際学生でしたし(笑)
なんか、圭くんが学校のパンフのモデルをしてるっていうのはAstudioの前に何かで聞いた気がします、、
私パンフ取り寄せようとしたの中学か高校のときだった気がするので( ゜o゜)キノセイナカ??(笑)
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード