舞台『バブー・オブ・ザ・ベイビー』東京公演

2013年5月10日~19日、東京・下北沢の本多劇場に於いて、田中圭君出演の舞台「バブー・オブ・ザ・ベイビー」が上演され、
私は平日の昼の回と、千秋楽の昼・夜公演を観てきました。
(東京以外では、5月28日に仙台公演があります。)
これから仙台公演を観に行かれる方は、かなりネタばれがありますので、事前にこの記事を見ない方がいいかも・・・。

主に、最初に観た時の感想を書いてます。

出演者は、圭君・福士誠治君・大口兼悟さん・田口浩正さん・池田鉄洋さんの「子育てプレイ」メンバー。
思い入れのあるメンバーの演技を、生で観る事が出来てすっごく嬉しかったです。
舞台は、私の期待を裏切らない面白さ。 笑いました!!

今回は、特に事前に舞台情報を仕入れずにいましたが、大正解でした。
あんな圭君やこんな圭君を見る事が出来るなんて・・・。
この舞台では、一人4役~5役をこなすので、体力的にかなり大変だと思います。
一幕が終わり、暗転して映像のシーンになる度に、舞台裏ではすごい事になってたんでしょうねえ。
毎度毎度の早変わりにはビックリでした。


まー、とにかく私がびっくりしたのは、圭君の池上局長。御年85歳。
舞台に出てきた時、事前に圭君がモバイルサイトで言ってたから、ご高齢の役をやるのを知ってはいたんだけど、
それでも、「あの人」が圭君だとすぐにはわかりませんでした。
消去法で、やーっとあれが圭君なんだと確信した後も、(えーっ、えーっ?!)って感じ。

圭君、動きや顔の表情、上手すぎです。 85歳にしか見えません!←褒めすぎかしら。
実を言うと、圭君のやった4役のうち、この池上局長が一番気に入ってます。(少数派でしょうけど。)
なんかもう、入れ歯を無くした後の池上局長が可愛すぎる。
「死んでは、いましぇん。」の言い方とか、もうサイコー。

私は、大江戸出版のエピソードとメンバーが一番好きかも。 もう、笑いっぱなしでした。
局長(圭君)・編集長(大口さん)・紅一点の光本さん(池鉄さん)・猿渡クン(福士君)。 ※田口さんはゾンビ役で、この場面はちょこっとの出演。(もちろん、田口さんが出てきた場面も面白かった。) 

紅茶を飲みすぎた後の編集長の怪しい動きはすごくウケました。
大口さんが演じた4役は、「子育てプレイ」の氷室クンと同じく、基本お馬鹿なキャラらしく(?)
ダンディーでロマンスなグレーの、一見知的で素敵な紳士に見える編集長も、やっぱりお馬鹿のようでした。

池鉄さん、女性キャラ意外としっくりしてます。光本さんなんか、こういう女性いそう~ってカンジ。
最終日は、ジブリ作品に出てくるキャラネタで猿渡君を攻め立て観客を笑わせていました。
(残念ながら、私はジブリ作品をあんまり観てないので、キャラの事は良く知らないのだけど、それでも面白かった。)

猿渡クン(福士君)の生真面目っぽい所が面白い。
映像場面で手紙を書いている所、緊急事態なのに、あんな形式ばった手紙を長々と書いてたのねー。(しかも、この場面で爽やかなBGMが流れてるし。)


お気に入りレベルが局長と僅差なのが・・・ももちゃんです。
私、以前から一度は圭君の女の子役が見たいと思っておりました。
きっかけは、「汚れた舌」で共演した加藤浩次さんが、テレビ誌の記事で
「ゆくゆくは、某番組の“恋のかま騒ぎ”に圭子として出てもらおうと思っています。」(←もちろん、冗談だと思います。)と言っていた事から。
圭君、女装しても可愛いだろうな 見てみたいな~。と。

ドラマや映画では無理かもしれないけど(←女装した男性役ならアリだけど)、
舞台だったら、子どもの役とかお年寄りの役とか女性の役とか人間以外の役とか、そう違和感なく出来ますもんね~。

ももちゃん、20歳。(※パンフに書いてありました。) 髪形はツインテールでメイド服。
このいでたちで圭君が登場した時、圭君の女装姿があるとは思ってもみなかった私は、もー、狂喜乱舞状態でした。
ももちゃん、可愛すぎるぅ~。(キレると相当怖いけど。)

ももちゃんとしての圭君、立ち居振る舞いとかちょっとした仕草がすっかり女の子。
足のラインがとても綺麗。同じくメイド姿の福士クンも、(意外にも)池鉄さんも足のラインが綺麗で、女の人の足みたいでした。
すね毛は剃ってるんでしょうけど。 (圭君は元々すべすべの足なので、剃る必要はなかったかも。)

圭君がビジュアル的に一番良かったのは、レストランベラドンナのシェフ役、石井。
もうすっごくカッコ良かった~。
去年の夏、同じく本多劇場で上演された「鎌塚氏、すくい上げる」で圭君が演じたモトキ様よりもカッコ良かったと思います。
石井がダクトを開けようとする時のビビり具合が面白すぎました。上手いねえ、圭君。

後は思いつくままに・・・

・最後の方の恭子(田口さん)の、生まれてくる子へのメッセージに、つい目頭が熱くなってしまいました。
まさか、この舞台にホロリとくる場面があるなんて・・・  
田口さんの初登場シーンには笑わせてもらいました。 この人は、出てくるだけで面白いかも。

・日木沢(大口さん)がダクトからゆっくり落ちて行く時、(←映像場面。)
走馬灯のように過去の日木沢の画像が出てきたのが笑えました。
一人リコーダーを吹く日木沢・・・なんだか切ない。(笑)
机の上に一輪の花が置いてある写真は、嫌がらせを受けてたのか?

・一人だけ女装姿がなかった大口さん。彼の女装姿も見たかった。

・圭君のたくましい両腕。 しっかりと拝ませてもらいました。

・今後、ゴスペラーズの「ひとり」を聴くたびに、常にあの場面が浮かんできてニヤニヤしちゃうんだろうなー。
主題曲?がカッコいいと思ったんですが、これもゴスペラーズの「1,2,3 for 5」という曲だと教えてもらいました。ゴスペラーズのイメージではなかったのでちょっとびっくり。

・結局、全登場人物のうち何人がゾンビにならずに済んだんでしょう?
メイドカフェの店長まゆ(池鉄さん)以外の3人の女の子は大丈夫だったのかな?


千秋楽の、最後から2回目のカーテンコールで、圭君が皆を代表して挨拶しました。
東京公演はすべて終わりました、ありがとうございました、という事と、
ゾンビ役として出演した武田桂さんを紹介し、彼を呼びました。

そうなんです、舞台を見ていて、(あれ?5人以外にも役者さんがいる!)と思っていました。
パンフには「ゾンビ 武田桂」と書いてありますが、圭君が最終日に武田さんも呼んでくれて良かった。
ゾンビ姿のまま現れた武田さん、圭君から「一言。」と言われ、
ゾンビの動きで「ウォォォォ~。」と一言。 会場爆笑。

最後のカーテンコールでは、池田さんが何かコメントするのかな?と思っていたら、
池田さんが「せーの。」と言って、全員で「ありがとうございました!」と言っただけでした(笑)


「子育てプレイ」からのこのメンバー、サイコー!!
是非この5人で又、ドラマや映画や舞台などで共演して欲しいです。


◆◆◆追記◆◆◆
映画『サンゴレンジャー』の先行上映会・舞台挨拶付きに行かれた方が、レポを提供して下さいました。
ありがとうございます!

◆◆◆追記その2◆◆◆
大千秋楽の仙台公演に行かれた方が、その様子を報告して下さいました、ありがとうございます。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

hiromayuさん、こんばんは。

バブーの東京公演から一ヶ月経ってるのか、早いなー。
私も、未だに舞台の色々なシーンが浮かんできます。
一ヶ月経って、一番頭に浮かぶシーンは何故か、まゆだっだかにスマホを窓から投げ捨てられて、
「エクスペリアぁぁぁぁぁーーー!!!」と叫ぶ日木沢の姿だったりします。 ヾ(@^◇^@)ノ
あー、又バブーを観たいー!! 

舞台挨拶があった劇場で「サンゴレンジャー」観てきたんですね。
感想ありがとうございます!

佐々木希ちゃんと圭君が共演するのは、私が知っている限りでは3回目かな?
私はまだサンゴレンジャーを観てないからわからないけど、これまでの作品の中で一番圭君と希ちゃんの絡みがあるのかなーと想像しています。

彼女の演技を初めて見たのは、圭君も出演したドラマ「まっすぐな男」で、
その時は、演技力はもう少しかな~。と思ったのですが、少し前に放送された「世にも奇妙な物語」に出ているのを見て、かなり上手くなったと感じました。
実物は相当可愛いんでしょうねー。(^^)

サンゴレンジャー

鈴虫さん、皆様こんにちは。

早いものでバブー東京公演からもう一月もたったんですね。いまだに、ゴスペラーズやきゃりーちゃんの曲を聴くと舞台のワクワク感が蘇ります。

今日は久しぶりに渋谷に出てきて、サンゴレンジャーを観てきました。15日に舞台挨拶があった劇場で、その時のサイン入りポスターや、雑誌の切り抜きがちょこっと展示されている、ものすごくこじんまりした、アットホームな感じがする映画館でした。
sanaさんのレポ通り、圭くん出ずっぱりの映画で、青柳くん演じる矢島に振り回される役、そこらへんにいそうな、人当たり柔らかなお役所の職員って感じで良かったです(^^)。
青柳くんのはじけっぷりにも驚きましたが、佐々木希ちゃんがほんとに可愛く美しくて。地元の子ども達の、微笑ましい演技も可愛らしく、思って
いた以上に色んな場面で楽しめました。
なにより、ラストに夏八木さんの笑顔が映るのですが…
それはそれは素敵な、可愛らしい笑顔で、ここで涙抑えきれず…。ぐっときました。

子ども達にもぜひ、みせてやりたい映画なんですが…。夏休みまでなんとか上映続いてほしいです!!

No title

ほしこさん、いらっしゃ~い。

仙台公演の様子の報告ありがとうございます!!
しかも、初めての舞台なのに、初めての圭君・生演技(※しかも一列目)なのに、バブーを観たのは一回だけなのに、よくまあこんなに冷静に詳しく・・・。

前歯が乾く位笑いましたかー。
面白かったでしょ?
私ねえ、初めての圭君の生演技(※しかも一列目。)で、圭君のあんな姿やこんな姿を見て、
ほしこさんが鼻血吹いて悶絶してなきゃいいが・・・と心配していました。

私も、いつも千秋楽のカーテンコールの数、うろ覚えであります。^^;
大千秋楽では、全員一言ずつの挨拶があったんですね。
武田さん、最後までゾンビになり切ってたんですね。(笑)

本多劇場は、私が今までに観た東京の劇場の中で一番小さい劇場かなあ。
客席数は500位かな?
バブーを平日の昼間に行った時も、補助席まで出されていていつも満席でしたが、
仙台市民会館でも大勢のお客さんが詰めかけたようで嬉しいです。

圭君は何回も仙台へ行ってますよね。
確か、何年か前、牛タンを食べる為に車で友達と仙台へ行ったと言ってませんでしたっけ。
きっと又圭君の出演する舞台が仙台であると思います。

> ハケていく際、圭くんに…お手ふりいただいた…ような気がしました(小声)
思い込みではなく、圭君は手を振ったと思います。

東京公演でもカメラが入らなかったようだし、DVD化は無いんでしょうね。
DVDで見たいけど、残念。

> そんなこと言われたら「じゃあ再演かこのメンバーで新しい作品携えてまた仙台に来なさいよおおおお!!
観に行ってやんよおおおお!!」って燃えましたよね「逆に」!!!(←某・汚ギャル風に。笑)
私もそう思います! 是非是非このメンバーで再演と、新しい作品希望。  逆にね。 

ほしこさんが楽しめたようで本当に良かったです。

No title

鈴虫さん、みなさん、こんにちはもしくはこんばんは、ほしこです!
バブー仙台公演、行ってきましたよー!
レポっぽいことしたいと思ったのですが、
生まれて初めての舞台観劇だったのと、たった1回の公演というのもあって、
圭くんを中心にというよりは、舞台の作品そのものと、
初めてなだけに舞台観劇の雰囲気みたいなものを感じながら観ていたので、
正直、あんまり覚えていません(苦笑、汗)

鈴虫さんやみなさんが仰っているように、とてもよかったです!
本当におもしろくて笑いっぱなしでした!
笑いすぎて前歯が乾きました(笑)
最後のカーテンコール(って言うんですよね?)、
4回くらい出てきてくれたと思います(うろ覚えなので間違っていたらすみません)
大千秋楽というのと、本当におもしろかった!という会場の雰囲気が一体になって、
拍手が鳴りやみませんでした!
最後の最後に演者のみなさんがカーテンコールで出てきたとき、
イケテツさんが「あのぉ…みなさん帰らなきゃいけないと思うんで…(笑)」と言いながら、
演者全員から一言ずつ挨拶がありました。
武田さんも最初の挨拶で紹介されたんですけど、最後は何かしゃべるかなぁと思ったら、
がっつりゾンビ声で爆笑かっさらっていきました(笑)
圭くんは、ニュアンスで書きますけど、
「本多劇場の3倍くらいのお客さんに観てもらえてうれしいです」的なことと、
「1年前に舞台でここに来たんですけど、また仙台に来ます!」みたいなことを言っていました。
会場になった仙台市民会館はキャパシティが公式だと約1300で、
わたしが見た限り1階は満席、2階までお客さんがいました。
その会場がスタンディングオベーションですからね、
演者のみなさん、達成感が混じる感慨深い表情で会場を見渡してたのが印象的でした。
ハケていく際、圭くんに…お手ふりいただいた…ような気がしました(小声)
もうこうなったら思い込みでもいい!だって楽しかったもの!!と言い聞かせてます(笑)
たくさん笑って元気が出ました~。
あ、挨拶の時にイケテツさんがはっきりと「DVD化はありません」と言いました…
ぼっちゃんも「舞台は生で観るのが一番!」と一言。
そんなこと言われたら「じゃあ再演かこのメンバーで新しい作品携えてまた仙台に来なさいよおおおお!!
観に行ってやんよおおおお!!」って燃えましたよね「逆に」!!!(←某・汚ギャル風に。笑)

もっと書きたいことあるんですけど、長くなるのでこの辺で…
局長…視界に入って来過ぎで、笑いが止まらなくてもう大変でした、最高でした(笑)
ではでは長文失礼しました~。

No title

sanaさん、いらっしゃ~い。奈々さんこんばんは。

★sanaさん
大阪での「サンゴレンジャー」先行上映の舞台挨拶のレポ、ありがとうございます!
それと、気遣いありがとうございます。
皆さんにレポして頂いても、いくつかの話題にしか反応出来ずに心苦しく思っております。
(長くなっちゃうしね。)

sanaさんの記憶力と、レポ力の凄さにはいつもながら羨ましく思っております。
私なんて、バブーの千秋楽のカーテンコールで圭君が言った言葉すらちゃんと覚えてないんですから。(^^ゞ

圭君、かなり大阪へ行ってますねー。
私が初めて圭君の舞台を観たのは大阪だったし、(圭君の初舞台の、死ぬまでの短い時間 です。)

圭君のトークショーの為に何度か大阪へ行ってるし、大阪で関西の圭友とも交流出来たし、大阪の人は親切だったし、
楽しい思い出ばかりで個人的にも思い入れがあります。
(でも、私の住んでいる所から大阪へ行くのに時間がかかるし、残念ながら今後圭君のイベントの為に大阪に行く事はないかもしれませんが。)

大阪で串カツ。圭君、今までに何度か話題にしてますね。
よほど気に入ってるんだろうな。
紅ショウガの天ぷらやカツ?
初めて聞きましたが、美味しいかも。

軍隊格闘技の話題。 sanaさんのレポ読ませてもらいながら、(ああー、図書館戦争に出た関係だろうな。)と思ったけど、
圭君がさらっと言った話に皆が強く食いついて、違う映画の話をしてい良いものかと焦る(?)圭君の気持ち、わかるような気がします。

> 岩月氏のようにキャラ立ちしていないし、小牧さんのように超素敵キャラでもない普通のどこにでもいる青年を演じている圭クンは、普通なのにキラッキラしていました。
映画は圭君の語りで進められるし、何カ所か出てくる笑顔のアップがナチュラルでとても良いです。
お~、そうなんですか。 普通のどこにでもいる青年、圭君の十八番ですね。
(※元々圭君の普通さ、ナチュラルな部分が、私が圭君のファンになった理由の一つです。)

圭君の語りで進められるんですか!
同じく石垣島で撮影された、「僕の島/彼女のサンゴ」と同じだなあ~。

グランマーブルの話。
はなまるで圭君が紹介してたんですかー!
見たと思うけど、記憶にありませんでした。(^^ゞ
(知ってるとか身近な店だったら、今度行ってみよう!!と思って覚えてると思うんだけど。)

★奈々さん
奈々さんのおかげで、曲を聴きながら舞台の余韻に浸る事が出来ました、ありがとうございます!
すごいよ、そんなに知ってる曲があるなんて。

圭君、歌が上手なのになかなか披露してくれませんよね。
以前鈴虫ルーム(※旧・鈴虫ルーム含む。)で何度か書いた事があるんですが、
ウォーターボーイズの32人のボーイズの中で、圭君がかなり歌が上手いと、他のボーイズが話していた事があります。
私は、トークショーで少しだけ圭君の歌声を聴いた事がありますが美声でした。


舞台あいさつ

鈴虫さん みなさん こんにちわ。
連日 失礼します。

私のコメント読み返したら
まだまだ誤字 山盛りで失礼しました。
ゴスペラーズの曲 『ひとり』を書いてませんでしたね
でも あれは 皆の記憶に残ってますよね
。圭くん 口動かしてるのはみえたけど
パクパクなのか歌ってるのかは 三列目の私にはわかりませんでした。
歌声聴いてみたいなあ。


sanaさん 舞台あいさつレポありがとうございます。
これだけ 覚えていたら凄いですよ!!
いつもみなさんのレポ読ませてもらって
圭君の姿目に浮かぶので嬉しいです。

おもわず 「だるま 串カツ」で飛んできました!!
(私関西出身でいま千葉に住んでます)

そうなんですよ~
『紅生姜の天ぷら カツ』は 関東の友達は 驚愕です。
エエッ ウソー と言われます。味は想像もできないみたい。

大阪でなく奈良生まれの私でさえ
子供のころから 生姜の天ぷらは身近でしたからね(*^_^*)
たまに食べたくなります。

圭くん食べてるんだ!!なんだか嬉しいです。

だるまは昔は新世界のお店だけだったと思うのですが、
今は大阪市内に結構店舗ありますね。
この前天王寺に行った帰りに寄ったら
新世界のだるまもガイドブック持った若い世代の観光客の長蛇の列で驚きました。
今の圭くんなら目立つと思います。

電車で現場行ったり 普通にマクドナルドやスタバに行ってる
圭君にとって 人気者になるとどうなんでしょう・・・
不自由なんでしょうか.

サンゴレンジャーは家の近くの映画館で上映しないので 
見に行くの悩んでたけど、 
普通の青年役は 圭くん超お得意だし、
語りを圭くん がしてくれてるのなら
是非行きます。私 圭君の語り大好きなので。
情報ありがとうございます。

グランマーブルもこんど帰省したら行ってみますね。
ホームページで場所確認しました(^O^)/
おめざでの紹介は 知り合いだからかなあと思ってました。
紹介が先で 後から仲良くは 圭君らしくて 微笑ましいです。

サンゴレンジャー舞台挨拶

鈴虫さん、皆さん、こんにちは。

バブ-オブザベイビー千秋楽、本当に良かったみたいですね。
私はまだ、どの舞台でも千秋楽を見たことがないんです。
レポを読ませてもらうと、やっぱり楽日は少し違う盛り上がりがあるようですよね。
今度は千秋楽のチケットゲットを挑戦してみようかなぁ。

奈々さん、曲まで覚えているとは凄すぎる。
おかげでもう一度楽しめました。
ここを読むと、何度でも楽しめますねーー。

さて、舞台の興奮冷めやらぬ中、昨日はサンゴレンジャーの舞台挨拶&上映会に行ってきました(^_^)v
頑張ってレポします。でもけろよんさんには到底及びません。皆さんすみません<(_ _)>

圭君のこの日のファッションは、白の半袖シャツ、黒のベスト、黒の細身のクロップドパンツ。青柳くんのストリート的なファッションとは対照的な感じでした。
すごく、似合っていました。
相変わらずのツルッツル&ほっそりふくらはぎと足首が美しかったです。

○「大阪は何度か来られていますよね」
→はい、僕は何回も。大阪は舞台でもこういう場でも独特の反応があって、よくみんなで「大阪のお客さんぽいなぁ」と話ています。笑いのポイントが違ったりするんですよね。

(司会者「すぐ、口に出して感想言いますよね。今も前の人達「うわあ、足細っ、細っ!!」ってずっと言うたはりますし」のフリに圭君笑い)

○「ベタですが、大阪と言えば?」
→串カツですね。「だるま」好きでよく行きました。(過去形、と言うことは最近は人気者になりすぎて、行きにくいのかも)いつも「生姜」食べます。
(大阪の串カツはイコール串揚げの事ですが、生姜ですか・・・(^^;)ちなみに関西は紅生姜の天ぷらやカツは普通ですが、関東出身の友人によれば、東京では珍しいとか。本当ですか?)

○「沖縄はどうでしたか」(撮影中の様子)
→天気に恵まれない事が多くて、青柳君が「この美しい海を守りたい」と叫ぶシーンで、海を見たら曇っててドーーン。『説得力ねぇー』という感じでした。(三人とも笑い)でもその待ち時間に翔としゃべったりして仲良くなれました。
(この辺りでは司会者主導ではなく三人のフリートークみたいな感じになりました)
 東京のスタジオだと、撮影なかったらお茶いこうか、とか控え室で休憩したりするけど、今回はもうしゃべるしかないんで。(「二人で散歩したよな」と青柳君)そうそう、郵便局が涼しかった。

○「え?郵便局?」
→控え室が畳の公民館の部屋みたいなところで、もちろんクーラーもあるけど暑くて、「これだったら外にいる方がいいじゃん」という話になって島を探検しました。そうしたら郵便局があって、中が涼しかったんですよね。
(このあたりは青柳君と二人で盛り上がっていました)
 ここで佐々木希ちゃんが「何でそのとき私を誘ってくれなかったんですか」と言うと、二人そろって「パズドラやってたからーー」と。
 またもや少し「パズドラ」ネタでもりあがりました。パズドラは圭クンが希ちゃんに教えてあげたのがきっかけだそうです。

○「これから新しくやってみたいこと」
→軍隊格闘技ですね。

この一言に、司会者も会場も一瞬「えっ?」という空気。軍隊格闘技?ってそんなジャンルの格闘技があるの?初めて聞くけど、という空気。
で、このあと一気に青柳くんと希ちゃんの司会者無視のツッコミの嵐が。

  青柳君「いや、そんな事初めて聞くから」
   圭君「え?そうだっけ」
  青柳君「これより前に散々取材受けてたけど、一言だって言ってないし」
    希「何か、適当っぽいよーー」
   圭君「いやいや、適当じゃないよ。ちゃんと考えてたよ」(多分本人は真剣。でも圭君のキャラで軽く見える)
  青柳君「えーーっ?ホントに?」

二人のツッコミとそれにしどろもどろに答える圭君の会話が暴走気味になってきたので、司会者もハッ、と我に返り

○「その理由はなんですか」
→え?それ言うんですか? 
 青柳君・希ちゃん・司会者「そりゃ、言わないと」「ねぇ」
 この前の図書館戦争っていう映画で、あ、他の映画の話するのも何ですけど(ここが一番引っかかっていた部分でしょうネ)そこで僕は岡田君のバディの役なんです。で、岡田君と言えば、アクションすごくて、格闘技も修斗とカリとかのインストラクターも資格もっていて、アクションバリバリできるんですよ。
 青柳君が「え?そうなの!!」と驚くと「そうなんだよーー。教えれるんだよ」と圭クン。だけどバディの僕はあんまりできないから、やっぱりバディとしてはもっとアクション出来なきゃ、と思って。
 (この辺りはブログで圭クンも「続編に向けて、鍛えます」って宣言していたので、ファンにとってはやっぱりそうか、なんですけどね)

○「やっぱりちゃんと理由あるんですね」
→はい、そうなんですよーー!!。(わりとオーバーリアクションで。ここ、可愛かったですよ (*^_^*) )
 でも他の二人は「うーーーん」と納得出来ない風。
 
この二人の暴走気味のツッコミ具合から察するに、台本(打ち合わせ)通りではなくて、本当に圭君は突然に初めてこんな話しをしたんだろうな、と感じました。
でなければ、あそこまで二人が司会者完全無視で突っ込むとは思えないので。
司会者も圧倒されて(と、いうか「軍隊格闘技、があまりにもレアすぎて、一瞬フォローを忘れた感じです)しばし主導権握れなかったです。

○これから映画を見るみなさんへの一言
(他の二人が「自然の大切さ」みたいな鉄板メッセージを言った後に)
→えーー、身体をしっかり鍛えて・・・、
 (ここで二人の「また、そのネタでひっぱるの?」的な視線そして司会者が「うわ、また暴走?」と軽く焦った事を素早く感じて)
→いや、違うんですよ。僕が言いたいのはですね・・・(ここからは圭クンもしどろもどろだったので、ちょっと上手くレポできませんが)何かをやってみようとかそう言う気持ち大切だし、自然を大事になんてわかっていても、僕だってそうですけど普段自然に接していなかったら、あんまり意識出来ないですよね。
 だから普段から出来る事しっかりとやっていきたい。(本当はもっと一生懸命にたくさんの言葉を繋いで話してくれたんですが、本人もちゃんとまとまっていなかったんでしょうネ)
 なので、みなさん(格闘技の)教室で会いましょう!(かなり強引なまとめ方)

最後にマスコミが入っていたので写真撮影をして終了しました。
退場の時、いつものように最後まで手を振り続けてくれました。

途中の暴走ぐらいから、どちらかと言えば出演者三人のフリートークみたいな雰囲気になり、司会者はちょっと焦っていましたが、すごく和やかで楽しい雰囲気でした。
私も現在息子に引かれるぐらい「パズドラ」にドハマリしているので、圭クンと繋がっているみたいでプチ幸せ。


映画は終了後、「寝てしまった」と言ってた人から「まさかレンジャーでこんなに泣きまくるとか思わんかったし(隣に座っていた女子校生達)」と両極端な感想。
私は「泣きまくる」とまではいかなかったけど、じわっと感動したし、何よりも所々の笑いのポイントは「ナイス!!」でした。笑いの持って行き方はレベル高いです。(笑いにはうるさい大阪人)
岩月氏のようにキャラ立ちしていないし、小牧さんのように超素敵キャラでもない普通のどこにでもいる青年を演じている圭クンは、普通なのにキラッキラしていました。
映画は圭君の語りで進められるし、何カ所か出てくる笑顔のアップがナチュラルでとても良いです。
ストーリーもベタな展開ですが、熱すぎない「頑張ろう系」で、爽やかに元気が出ます。
こんな言い方は作品に対して失礼なのは100も承知なのですが「圭クンプロモ」としては私の中ではかなりの上位作品です。
最初と最後の笑顔のアップが「はい、いただきました!」という感じで美味しかったです。


なお、余談ですが、このあと例のグランマーブルへお土産(自宅用と知人用)を買いに行くと、大阪らしからぬおっしゃれーーな店内に異彩を放つサンゴレンジャーのポスターが。
お店の人に聞くとグランマーブルは映画の制作委員会に入っており、制作会社のマーブルフィルムは系列会社なんですって。
「今日も社長は映画上映のインタビューを受けていますので、また良かったらそれも見て下さい」と言ってました。

「社長と田中さんはかなり親しいんです」と店員さんが言ってたので「どういうきっかけなんですか?」と聞くと「花まるマーケットで商品を紹介してもらった事がきっかけらしいです」という事です。
私、「花まるマーケット」見逃したんですよね・・・(泣)。
 
難波の繁華街(少し脇道。夜は違った意味で賑やかな場所)にあるちょっと高級感あふれるお店。
あきらかに「接待」か「高級クラブへのお土産」に使うのか、という感じで夜中12時まで営業しています。
この時も店員さんの一人が紙袋に入った商品をたくさん配達に行ってました。

舞台記事のコメント欄に、長々と違うレポ、失礼しました。
いつも他のみなさんのレポでかなり楽しませてもらっているので、少しは情報提供したかったのですが、記憶力悪いです・・・(>_<)。

あ、鈴虫さん。
またご負担になると大変なのでレスは気を遣わないで下さいね。
投稿自体を楽しみにさせていただいていますので。

No title

hiromayuさん・奈々さん、いらっしゃ~い。

★hiromayuさん

千秋楽を観る事が出来て良かったですね~。 
楽しかったですね、お疲れ様でした!

初・生圭のファンだったら、たいていは一番のお気に入りは石井君でしょうね。
( ^ー゜)b
ってか、今回の舞台が初・生圭のファンの為にも、初登場シーンのキャラが石井君で良かったかも。
圭君の初登場がいきなり局長orももちゃんじゃ、難易度が高すぎますもんね。(何の?)

そうそう、圭君の透き通るような白い肌! 過去に色々な方が絶賛しています。
以前圭君は、こういう肌に産んでくれて母に感謝していると言っていました。
圭君の声、良いですよねえ。
「ウォーターボーイズ」で圭君のファンになった私ですが、あの癒されるような声も私の好みでした。
(安田君の時は、声が高めで優しい感じだったからよけい。)

池上局長、可愛かったですよね。
個人的には、局長の髪がフサフサしていて嬉しかったです。

前の方の席で舞台を観ていると、圭君と目が合う(と思う)事がたまにあるんですよね。
実際はどうなのかわからないんだけど、ハッピーな気分になります♪

> 2回目の時は、局長の大事なものが客席に落ちてくるという嬉しいハプニングもありました。拾いたかった~!!!
ええー、そうだったんですか!
あの場面、局長の大事なもの(笑)が客席に落ちるんじゃないかと、大笑いしながらもいつも少しハラハラしていました。
舞台の縁の部分が、落ちにくい構造になっているようではあったけど。
誰が拾ったんだ? 出演者? 他の舞台関係者? 
良ければ、お時間のある時に教えて下さいな。

初見の時、ヤクザ事務所の場面が出てきた時少し引いちゃったんです。
私は暴力的なシーンが好きじゃないので。
だけど、話が進むと・・・(笑)
私はいつも、大口さんはどうかわからないけど、圭君は口パクじゃなくて(小声で?)歌ってるんだと思ってましたー。

> 5人がそれぞれ何役も早変わりし、各フロアも目まぐるしく変化するのに、ダクトを通じてきちんとつながり、物語として一つにまとまっていく様も本当に面白かったです。
そうですよねー。映像の場面の使い方、つながりがとても良かったと思います。

> 千秋楽の時に気づいたのですが、この場面で圭くん扮する石井くん、ゾンビ恭子さんが大切に抱く勇大を、何度も優しい笑顔で本物の赤ちゃんを見つめるようにしてたんです。舞台上の勇大は仕方なくお人形さんだけれども、リアルさにこだわってお芝居している、その気持ちが、また恭子さんの母性を強く感じさせてくれたんだ・・・とすごく感動してしまいました。
おおー、そうだったんですか。それは気づかなかった。
私は、まゆ(池鉄さん)が、わが子へのメッセージを残す恭子の映像を撮っている場面で、池鉄さんが持ってるスマホ(たぶん携帯じゃなくてスマホですよね)に、ちゃんと恭子が映っている!事に気を取られて、圭君の方を見ていませんでした。(^^A;)

★奈々さん
千秋楽の挨拶、池田さんが中心になって、他のメンバーに話題を振るかと思っていたら(期待していたら)、圭君が代表してだったのでちょっとビックリでした。

私も、一人4~5役、次々と変わる場面に、一回見ただけではきちんとストーリーが把握出来ませんでした。
例えば、1Fのレストランのウェイター森山(福士君。) 後で救出される展開になるのかと思っていたんだけど、そのまま忘れてて、
2回目を見終わってから気づきました。結局あのまま放置だったのかいっっ!!って。

そういや、記事で、リコーダーを吹いてる日木沢が切ないとか書いたけど、
まさか、あれは大好きな女の子のリコーダーをそっと持ちだして吹いてる場面じゃないだろうなあ。

舞台で使われている曲の紹介、ありがとうございます!
良くあれだけ調べられましたね!
舞台の、あの時の感動が蘇ってきました。

ユーチューブなどの動画サイトで、ドラマとか映画とかの映像をそのままアップするのは著作権などに触れてNGでしょうが、
奈々さんが教えてくれたのは大丈夫・・・かな?

そうそう!きゃりーの曲に合わせて踊る3人娘の事も書こうと思っていたのに、忘れてましたー!
すごく良かったです。
みい(福士君)が巨乳だったかは覚えてないのですが、ももは全体にスラーっとしていた印象しかないのでスレンダーな胸だったのでしょう。(^^)

大口さん、最終日はかなりハスキーな声になっていましたよ。
普段の大口さんと圭君の声が似てるとは思わないんですが、
ハスキーな大口さんの、つぶやくような言い方の時は圭君の声に似てるなあと思いました。

夏八木さん出演作品で、一番印象に残ってるのは映画「八つ墓村」で彼が演じた落ち武者役かな。

誤字の事は、前にも言ったけど気にしないで下さいね。
割と気づかないものですよ。(^^)

誤字 ごめんなさい

先のコメント
hiromayu
さんへ かいた

ひとつ ひとつ納得と書くつもりが
ひとう ひとう なんて 書いてました
 
いつもよく間違えて ごめんなさい。

レポありがとうございます。 私もネタバレです

鈴虫さん
みなさん こんばんわ。
未だ舞台の感激から冷めず... といっても圭くんの舞台を見た後は
いつもそうです。

鈴虫さん 早々のレポ ありがとうございます。
千秋楽 圭くん挨拶あったんですね それは なお 素晴らしい!!

今回 圭君の あんな姿 こんな姿に ビックリ!!
良い意味で興奮 してしまって一度目の観劇は 
あまり細部まで見ることができませんでした。
こうして書いてもらうと 記憶がよみがえり嬉しいです。

舞台で使われていた曲が頭を ぐるぐるめぐってる毎日です。

皆さん ご存知かもしれないけど 私が知ってた曲 
書いてみました。動画張り付けたけどいいかな。

◎オープニング 鈴虫さんはじめ みなさん ご存知の
ゴスペラーズ 「1,2,3 for 5」
http://www.youtube.com/watch?v=t4oOgRjmhnE&feature=youtu.be  
舞台の五人もこのPVのイメージですね^
だからDVDにできないのかしら・・・

◎2階 メイド喫茶 萌え ベター
(お店の名前これで良かったかしら・・)

二階 初めの場面
阿部真央「モンロー」
http://www.youtube.com/watch?v=nAO42YF4-3o

圭くん イケテツさん 福士くん 驚愕のダンス!!
きゃりーぱみゅぱみゅ 「にんじゃりばんばん」
http://www.youtube.com/watch?v=teMdjJ3w9iM

◎1階 一年後 エンディング
圭くん テーブルクロスを敷くシーンから
The Pillows 「Propose」
http://www.youtube.com/watch?v=NLon5iVnJZw&sns=tw

三階で 福士君が 手紙を書いてた時に流れた曲 や

二階から
大口くんがダクトから 落ちていくときの曲も 何か流れてたはずなんだけど 

このふたつは思いだせず 調べられなかったです。
(ああ なさけない 記憶力・・・)

圭くん
ビジュアル最高でした かっこよさに磨きがかかって。

1階 石井君のシーンで 厨房カウンターから皆を見ているシーン
で 表情が微妙に変わるのがとても上手でしたね

2階は もう 私 超お気に入りです。美脚は言わずもがな、
表情も可愛くて見とれてしまいました。
後になって イケテツさん 福士君の表情ももっと見ておけばよかったなあと。
後でネットで見たら 福士君は お胸が豊満 圭くんはぺったんこ だったそうで 
わたし 全く気づきませんでした。


あのダンスはお宝でしょ~圭くん また女装して 踊ってくれないかな・・

3階の局長は 圭くんこれも上手すぎですよ~
私も足がつりやしないかとしないかと心配でした。
私が感激した二回とも なんとか舞台の上で留まってたけど
いつかは入れ歯が客席に飛ぶんじゃないかと
.・・・やっぱり 飛んだんですね~

私も 最初は ただのおっさんにみえていた 田口さんが
ほんとうに 母性あふれる女性にみえてきて 感動でした。
考えてら あり得ない 思いっきり コメディイなんだけど
下品にならず 愛を感じさせるなんて イケテツさん 凄技だと思いました。

大口くんは ハスキーな美声なのに 声がよく通り
舞台で又見たいと思っちゃいました。
ロマンスなグレー も やくざもお似合い
きっと かっこいい おじさまになりそうです。

とにかくもっと見たい舞台でした。

hiromayu さんが 3回の観劇で感動 ほんと良かったですね~。
コメント読んで私も
ひとうひとう納得 うんうん と頷いてしまいました。

私の個人的な意見だけど
映像の圭くん 表情の演技も素敵だし 大好きだけど、
舞台だと 輝きが ずっと ずっと増すように思うんです。
舞台見れば見るほど 田中圭にはまるというか

高揚感が半端ないんですよね~
これからも 感動していきましょうね よろしくお願いしますね。

サンンゴレンジャー は 共演の 名優 夏八木勲さんが
亡くなられたので
別の意味で マスコミにまた取り上げられるかもしれませんね。
圭くんも夏八木さんの演技が素敵だと話していましたし。

舞台の興奮は冷めやらないので またお邪魔するかもしれません。
では また

ネタバレだらけです!

鈴虫さん、皆さまこんばんは。

大興奮の夢のような先週一週間のつけがまわり、千秋楽が終わってダッシュで家路にたどり着いてからは、家事育児、在宅ワークに追われてました。。。
ようやく仕事がおわった!とおもってお部屋をのぞいたら、鈴虫さんのレポ!!!嬉しすぎます!

私は当初2回観劇の予定が、急きょ本多での千秋楽のチケットをお譲りいただいて・・・。初めての圭くんの舞台観劇で3回も観ることが出来て、幸せすぎました!!!

初めてみた生の圭くん、第一印象は、パンフのイケテツさんのコメントにもありましたが、私が小さい頃から憧れていた、透き通るような白い肌!もちろんスタイルもお顔立ちも本当にかっこよかったのですが、つやっぽさ、色っぽさにやられました・・・。(舞台の始まりがシェフの石井くんだったから特に!)
生の圭くんの声も、素敵でした。最初っからテンション高く、早口でセリフを叫び続け、森山さんのナイフに怯え、熊田ゾンビを必死に押さえつけ、ダクトと格闘する圭くん、大変だっただろうなぁ…。

その後、池上局長の登場には本当にビックリ!あんな可愛らしいおじいちゃんがもし、近所にいたら毎日子供達連れて遊びに行きたくなりそうです。1回目観た時の席が、舞台を前としたら左端の前から4列目だったのですが、局長が急に私の方向へじっと目線をむけて・・・!!「えっ?どうして??」っと思ったら目線の先はラジオでしたっ!(つまり、ラジオの方向にちょうど私が座っていたわけですっ)ドキッとさせられました・・・。

2回目の時は、局長の大事なものが客席に落ちてくるという嬉しいハプニングもありました。拾いたかった~!!!

局長の生まれたての小鹿のような、日常生活ではありえない動き!本当に体力的に大丈夫なのかな?と心配になっちゃうぐらいでした。

私が一番笑ってしまったのは、4Fヤクザ事務所の場面。ゴスペラーズの「ひとり」にのせて、噛みあう!!。しつこいくらいやってましたが、笑いすぎて涙が出ました。千秋楽の時は、大口くんも圭くんも口パクじゃなくて歌ってました・・・よね???

2F、メイド喫茶のももちゃん、回を重ねるごとに可愛さがじわじわときました!ツインテールの髪を両手でもってきめ顔するももちゃん。
本当に可愛かったです!

5人がそれぞれ何役も早変わりし、各フロアも目まぐるしく変化するのに、ダクトを通じてきちんとつながり、物語として一つにまとまっていく様も本当に面白かったです。
最後の大口くんの瞬間移動?は本当にビックリ。舞台裏はきっと、東京ガールズコレクションみたいな、ファッションショーの早着替えより大変だったんじゃないかなぁと思いました。

田口さん扮する恭子さんのユウタへの思いを語る場面、「ユウタ」と何度も呼びかける声、深い親子愛を感じて、本当に感動しました。
千秋楽の時に気づいたのですが、この場面で圭くん扮する石井くん、ゾンビ恭子さんが大切に抱く勇大を、何度も優しい笑顔で本物の赤ちゃんを見つめるようにしてたんです。舞台上の勇大は仕方なくお人形さんだけれども、リアルさにこだわってお芝居している、その気持ちが、また恭子さんの母性を強く感じさせてくれたんだ・・・とすごく感動してしまいました。

勇大の名付け親は大口くん扮する犬飼さんだったけれど、子育てプレイの時の名づけに一番こだわっていた(圭くん扮する)山本君→恭子さんの一番の味方の石井君にさせてあげたかったなぁ・・・なんて思ったりも。

バブーの5人は、まるで「嵐」みたいに、一人一人も十分に魅力があるけれど、2人、3人と掛け合ってさらにパワーが増していくような、そんなすごさも感じました。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、長文、乱文になってしまい本当にすみません!

鈴虫ルームの皆さまのおかげで、初めての舞台をこんなにも楽しむことが出来て、本当にありがとうございました!!!
これからもどうか、よろしくお願いします!!!



プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード