飲みに来ないか

(2006年3月26日 レポ)

スキマスイッチのアルバム「別冊スキマスイッチ」の中の「飲みに来ないか」のPVに圭君が出演していますが、このPV(メイキングも少し)について圭君中心に紹介しようと思います。
スキマスイッチのお二人の音声解説付きで見ると、楽しさ倍増。

「別冊スキマスイッチ」に収録されているメイキングによると、圭君の演じるサラリーマンの名は《野比ダメ太》。  彼は最近彼女と喧嘩をしてしまいました。
* * *
圭君の初登場シーンは、右横顔のアップから。耳にイヤホーンを付けます。
私は圭君の端正な横顔が好きなのですが、特に右横顔が気に入ってます。
圭君の一重まぶた(奥二重かも?)の右目が圭君の横顔をちょっと寂し気な印象にして、それが母性本能をくすぐるのかもしれません。
以前圭君が出演した進研ゼミ高校講座のCMで、返ってきたテストの点数が思わしくなくて学校の玄関の下駄箱の前でうなだれるシーンがありましたが、この時の圭君の右横顔もお気に入りでした。

スキマのアルバム「空創クリップ」を聴きながら自転車で出勤するダメ太。たぶん、この場面で聴いている曲は「飲みに来ないか」なのでしょう。
メイキングによると自転車のタイヤがパンクしているそうで、必死で自転車をこいで坂道を登ります。
駅に停めた自転車が倒れ足に当り、ホームの自動販売機ではお金を入れたのに飲料が出てこない、会社では仕事でミスがあったのか、上司に叱られ頭を下げる・・・朝からツイてない事ばかり。

営業の外回り中、公園で赤いお馬さんの遊具(下がバネになっているやつ)にまたがり、口に咥えたタバコに火をつけようとライターをカチカチやるけど全然つかず、やるせない表情で顔を上げると目の先にはブランコに座って手を繋ぐカップル。
この時の圭君のうらやましそうで寂し気な顔つきがいいんだなあ。
携帯電話を見ても彼女からの着信は無く、
“はあぁぁ・・・”って感じでお馬さんをぐーっと後ろに反らし転落。(ダメ太、落っこちた姿のまま固まっています。)

駅の自動改札では扉がバタンと閉まってしまい、営業で家庭を訪問してもすぐにドアを閉められ、別の訪問先では出てきた犬にペコペコ。

かなり陽が傾いた夕方、土手の階段に座って遠い目でたそがれているダメ太。
足元にフリスビーが落ちてきて、拾って川原の二人の青年の方へ投げ返そうとしたらとんでもない方向へ飛んで行ってしまって、青年達に又もやペコペコ。 この場面、すごく可笑しくて一番好きかも。

少し憂いを含んだような表情のダメ太が、向けた目線の先には土手に座る若いカップル。
今日1日で何度もチェックした携帯電話には、相変わらず彼女からの着信はナシ。
力なく、膝に乗せた両腕に口元を埋めるようにした圭君の寂し気な姿が可愛い。

自転車を押して土手を一人寂しく歩いていくダメ太。
スキマスイッチの二人がハコバン(※パブなどで演奏するバンド)として登場しているパブで一人でビールを飲んでいて、ふと横を見ると楽しそうにしゃべっているカップル。
この時のダメ太はうらやましそうな、というよりちょっとむかついているような表情に見えます。

自転車を押してトボトボと家路につこうとするダメ太ですが、ツイてなかった1日の最後にほんの少しだけラッキーな事が。
この時、朝からさえない表情だったダメ太が初めて笑顔を見せます。(家庭を訪問した際の営業用のスマイルは除いて。)
* * *
おそらく、カラオケBOXなどではこの場面で終わっていると思いますが、ロングバージョンという事でもう少し続きます。
1日の終わりに起こったちょっとラッキーな出来事に後押しされてか、思いきって彼女に電話をするのですがこの時の圭君のしゃべり方が実にいいんです。
「ごめんね。」(※ウォーターボーイズの頃からの圭君の得意技)の言い方が絶妙。
あんなふうに謝られたら誰でもすぐに許しちゃいそう。

どこか哀愁を漂わせながらもコミカルに演じている圭君はさすが!
紺色のスーツに淡いピンクのネクタイ姿の圭君はとてもカッコイイし、
このPV、とても気に入っていて去年の11月に購入して以来何度も見ています。

◆ ◆ ◆
「飲みに来ないか」のメイキングは、このPVの撮影開始から撮影終了(2005年9月1日~2日)までの2日間を追い、“圭君のついてない1日インタビュー”やPV未収録シーンなどもあります。
私が特に好きなのは、公園での撮影でディレクターから演技指導を受けている圭君。
圭君の知的で真剣な顔がイイです。
1日目の撮影は会社のシーンから始まり、川原の土手のシーンで終わり。 
2日目は自転車で坂を登るシーンからスタート。(2日目はスキマの二人が撮影に加わります。)
ラストのシーンの撮影で終了。 
最後にスキマスイッチの常田君と記念撮影。(大橋君は先に撮影が終了していて現場には居ませんでした。で、丸写真で参加。)
二日間とも、撮影が終わった時に圭君がスタッフや他の出演者に向かって深々とお辞儀をしているのが印象的でした。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード