ラブコメプレミア上映会  《けろよんさん提供》

9月25日から、田中圭君出演の映画『ラブコメ』が公開されますが、それに先立って9月14日に舞台挨拶付きプレミア上映がありました。
けろよんさんから、その時のレポを提供してもらいましたので、アップさせて頂きます。

★★★追記★★★
けろよんさんが25日の初日舞台挨拶にも行かれて、コメント欄でその時の様子をレポして下さっているので、是非ご覧ください!
★  ★  ★
9月14日(火)、新宿バルト9で行われた、ラブコメ舞台挨拶付き先行プレミア上映会に行ってきました。
上映前の挨拶だし、席も後ろの方だったので、覚えていないことも多いのですが、「チェイス」が放送されて以来の圭くんは、舞台や映画撮影に忙しく、私たちが圭くんを目にする機会が少ないので、ちょっとでも様子をお伝えできたら・・・と思い、できる限りでレポします^^

司会は映画パーソナリティーの伊藤さとりさん(圭くんのブログにも書いてありましたね)。
まず監督とキャストが登場する前に、今回の上映会は、お客さんの中にマスコミは入っていなくて、オフィシャルカメラとテレビカメラが1台ずつあるだけだという説明がありました。

また、LISMO配信と連動していて、両方見るとより楽しめるという話があり、この配信のプロローグドラマを見ている方どれくらいいますか?と聞かれ、見ている人は手を上げてました。
両方見るとより楽しめる、という話なんですが、(私もauユーザーなので見てるんですが)見れない方のために言うと、確かに映画にないシーンがドラマにあったりはするんですが(でも圭くん出演シーンでドラマにあって映画にないシーンはそれほどないような・・・)、映画だけで十分楽しめます。ドラマの方は、北乃きいちゃん演じる涼子の目線で進められているというのと、(涼子目線なので)きいちゃんの出番は多くなっている、というのが特徴です。圭くんファンなら、このドラマ見れなくても、そんなにがっかりすることないかな、という気がします。


さて、いよいよ監督とキャスト登場。
私は主演の香里奈さんから登場かな?と思っていたのですが、キャストでは圭くんが1番に出てきました!(並びの関係ですけど)
茶色のスーツの圭くん、超格好いいです!!(今回の役のイメージよりカッコいい雰囲気でした)
左から平川雄一朗監督、圭くん、香里奈さん、北乃きいちゃん、渡部篤郎さんの順で並んでいます。
私の席は後ろの方だったけど、思ったより圭くんは近く、顔がはっきり見えるというほどではないけど、表情はよくわかりました。

まず最初にキャスト1人ずつの挨拶です。
香里奈さん、きいちゃんの次が圭くん。
「田中圭です」と言ったあと、全く間をおかずにそのまま圭くんが話し始めてしまい、ちょっとしてから(観客がやや戸惑っている状態なのを感じたのか)、「今ぼく自分でみなさんが拍手するタイミングをこわしてしまいましたね」と言ってました。(圭くんの次が渡部さんの挨拶だったんですが、渡部さんは圭くんの反省を生かすかのように、最初に客席に向かってていねいに大きくお辞儀をして、みんなから大きな拍手を受けていたのでおもしろかったです)
圭くんは「みなさん、恋してますか?・・・だからどうだって話ですけど~」と話し、恋したくなるような映画だというようなことを言ってました(いまいちうろ覚え)。「やわらかーい、あたたかい映画になってると思います。1時間40分くらいですかね(と監督に確認しながら)、楽しんでください。」(※正確には1時間33分です)

香里奈さんが、司会の方に「真紀恵について、自分自身と似ているところと違うところはどんなところですか?」と質問されたとき、圭くんが監督と顔を見合わせながらにやにやしていたので、香里奈さんから「何笑ってんの?」と突っ込まれてました。
ちなみにこの質問の香里奈さんの答えは、似ているのはキャピキャピしていないところで、似ていないのは、映画の中の真紀恵のある行動について、自分だったらこんなことはしない、と答えていました。

圭くんは、「初恋の人を17年間思い続ける、草食男子を演じた」ことについて質問され、17年間思い続ける気持ちは難しいけど、「『真紀恵を好きだ』っていう気持ちはずっと持ってやってました」と自信がある感じで答えてました。
また、美晴を演じるにあたり、セリフとセリフの間などに、自然に出てきたもの(言葉とか)は出していったし、(そういうアドリブにも)香里奈さんはこたえてくれた、と言ってました。そういうアドリブは、特にどのシーンということではなく、随所にある、と監督も話していました。

香里奈さんと圭くんが、お互いの印象を聞かれ、考える香里奈さんに対して、圭くんは「どう?」という感じで両手を広げてポーズを取り、圭くんらしい、おちゃめな一面を見せてくれました。
香里奈さんは圭くんのことを「ナチュラルで(と言ってたような気がする)、自分の演技に対してちゃんとこたえてくれてやりやすかった」というようなことを言い、圭くんは「香里奈さんとは何回か共演してるけど、今回初めてカメラが回っていないところでも楽しくお話させてもらいました」と話し、香里奈さんに「それじゃ話してなかったみたいじゃん」と軽く不満そうに言われたんですが、圭くんは「今まで相手にされなかったので」とにこやかに話していました。

途中で司会の伊藤さんが「この中で配信のプロローグドラマ見ている方、もう一度手を上げてもらえますか?」と言ったので、再び見ている人が手を上げたんですが、圭くんは「ほぉー」(こんなに見てくれてるんだ)っていう感じの表情で、客席を見てくれました。

私は、圭くん以外の出演者の話をあまり覚えていないんですが・・・印象に残ったのは、監督によると、渡部さんは撮影に入る前に原作を読んできたそうで、(すごくテンションの高い役なんですが)「ああ、このテンションね」とすごく役をわかって演じてくれたそうです。
私も、プロローグドラマを見ていて、渡部さんがあまりにも見事に原作の雰囲気を表現されているので、とても面白いし、すごいなーと思っていたんですが、原作を読まれていたということに納得するとともに、こんなに上手に表現できるなんてすごい、と改めて驚きました。


最後にもう一度キャスト1人1人からと、監督からの話がありました。
圭くんは「ここにいる男性が見終わったあと、『女の子を口説こうかな』と思えるような、『よーし!美晴よーし!』と思えるようなラストになってると思います。」と、いつもこの映画のことを男性に見て欲しい映画だと言ってる圭くんらしく、今回も男性に向けてメッセージを送っていました。

監督からは「コメディなので、低い目線で見てください。そうすればきっと笑えると思います」というコメントがありました。

客席に向かって5人がお辞儀をし(いつものように圭くんはひときわ大きくお辞儀をしていました)、ステージを降りるときもう一度圭くんは客席に大きくお辞儀をし、舞台挨拶は終わりました。


この上映会の前に別の場所で行われた完成披露会見の様子は、ネットのニュースなどでも見れますね。
出演者たちの衣装も、上映会と完成披露会見は一緒です。
この舞台挨拶でも、最後にオフィシャルカメラとテレビカメラに向かって撮影が行われていたので、写真が見られるといいんですけどね。



さて、映画「ラブコメ」についてですが、これから公開なので詳しくは書きませんが、笑いあり、胸がきゅーんとするシーンありの、素敵な映画になっています。
それに、これは真紀恵と美晴の2人が中心のストーリーなので、当然ながら圭くん出演シーンも多いです。
こういうラブストーリーが苦手な人でなければ、圭くんファンならきっと楽しめると思います!

◆  ◆  ◆
今回は、圭君は渡部篤郎さんのマネをしなかったのかな~。

>香里奈さんに「それじゃ話してなかったみたいじゃん」と軽く不満そうに言われたんですが、圭くんは「今まで相手にされなかったので」とにこやかに話していました。
あーこれ、圭君の冗談かもしれないけど、なんとなく香里奈ちゃん⇔圭君は私の中ではそんなイメージでした。
『牛に願いを』の克也(圭君)と美帆子(香里奈ちゃん)の関係みたいに。(笑)
香里奈ちゃんが圭君の事を「ナチュラルで」的な事を言ってたのなら嬉しいです。

(※関係ないけど、私は数年前に香里奈ちゃんが主演した連続ドラマ『だいすき!!』を観ていたのですが、このドラマで柚子を演じる香里奈ちゃんが好きでした。 香里奈ちゃんのイメージと真逆の役を好演していたと思います。)

けろよんさんが圭君の舞台挨拶(※映画の)を見るのは、今回が初めてなんだそうです。
しかも、今回の舞台挨拶は上映の前なので、
私の少ない経験から言わせてもらえば、舞い上がる&トークの内容が頭の中からパーっと消えまくる・・・なのですが、
なんでけろよんさんは余裕でこんなに詳しくレポ出来るのかっっ!! 
圭君の様子が目に見えるようです。(^^)  
あー、いかにも圭君らしい言い方だな、と思ったり。

しかも感想やお知らせ的な事まで入れて下さって。
auユーザーでなくても充分楽しめるとの事、安心しました。
けろよんさん、素晴らしいレポをありがとうございました!!

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ココアさん、こんにちは~。

ホットペッパーゲット良かったですね♪
あの内容で値段がタダとは実にオトクだと思いました。
圭君の爽やかな笑顔がステキ☆

1人の相手を思い続けた年数は4年半か~。
たぶん、高校生時代から20歳位までの頃までじゃないかなあ・・・と思う鈴虫なのでした~。

雑誌情報ありがとうございました!

鈴虫さん、皆さんこんにちは。
おかげさまで、上京した際に Hot Pepper見つけました♪
塚本君と二人で並んでも負けてない、営業用スマイルの圭君!
参加者のコメントで、
「映画と雰囲気が別人!カッコよかった~」とありました(笑)

雑誌情報です。
プラスアクト(二宮君表紙)に見開きで、ランウェイ☆ビートの撮影レポートで圭君載ってます!

高校生役…と思ってましたが、ワンダくんはもしかしたらおいしい役なのかな~とちょっと楽しみになりました。

昨日私も「ガラスの葉」と「ラブコメ」を観てきました!

ココアさん・さちさん、こんばんは!

★ココアさん
私もホットペッパーゲットできました!(って、ココアさんには話したけど。)
ココアさんがここで質問して、けろよんさんがどこら辺にあるのかを教えてくれなかったらゲットできませんでした。 改めて2人には感謝。
関西の圭友が言ってたけど、関西版のホットペッパーにはこの記事は載ってないんですって。

ラブコメ舞台挨拶の時の「花を持って皆で記念写真」、ラブコメの公式サイトに載ってますね♪ けろちゃんも写ってるといいんだけど。

★さちさん
初日観てきたんですねー、後5回は行くなんて羨ましい。
私はやっと昨日観てきました。後2回行く予定です。
バリーの圭君、良かったですね! ネタばれになっちゃうから、一口感想もやめときますけど。

舞台が終わった後すぐに「ラブコメ」を観る為に新宿に向かいました。
3時ちょっとすぎに世田谷パブリックシアターを出て、新宿バルト9の3時45分の回に間に合うように必死でした。
渋谷駅構内でちょっと迷いモタモタしましたが(東京メトロ副都心線なんて初めて乗るし・・・v-356
なんとか最初から観る事が出来ました!
美晴の圭君も良かったです。
何回も観たいけど、一週間しか上映しない中、(本当に短いよねぇ。)一度でも観る事が出来てラッキーでした。
私にとって「圭君デー」で、素晴らしい一日を過ごす事が出来ましたe-328

すみません、パブリックシアターの「見切り」の意味がわからないので、又の機会に良かったら教えて下さい。

初日行ってきましたよ~

鈴虫さん、皆さん今晩は。
「ガラスの葉」の初日観て参りました。
やっぱり、田中圭の舞台は最高ですね

バリー凄く良かったです。後五回は観に行く予定です。
だけど、世田谷パブリックシアターは本当に凄いと思いました。

見切りを作れる劇場ってそうそう無いですからね。

演劇と観客を本当に大切にしている姿勢が本当に凄いと思いました。

白井さんの演出はいいですね。

でも、バリーがせつなくて可哀想でした。

予約したチケット以外にも当日券が有れば観れるので仕事の都合がつけば行きたいと思ってます。

田中圭の舞台は本当に最高だね。

ホットペッパーに圭君が載ってるんですか?

そうなら、私も探さなくちゃ。

「ラブコメ」期間が短すぎだよね。

10月1日から「サヨナラの恋」やりますね。
早速beTVに登録しました。
前も圭君が出てた時だけ登録して田中圭を堪能しました(笑)

皆さんこんばんは~
けろよんさん Hot Pepper情報ありがとうございます

三軒茶屋駅なら見つけやすそうですね

舞台挨拶、ズームインを観ましたよ
写真撮影に混ざれたなんてうらやましいです
ネットの写真でチェックしなくてはですね

私もそろそろ美晴君と バリーに会いに行ってきますね

No title

けろよんさん、こんばんはー。

又新たなプチレポをありがとうございます。
美晴が普段どうしようもないかどうかは、ラブコメを未見の私はわかりませんが(^^ゞ
もし映画を観れたら、その辺も意識しながら見ようかな。

おお、写真撮影の場面はズームインで放送されたのね!
でも、客席と一緒の記念撮影とは、良い思い出になったね。
(^_-)-☆
もしDVDになるなら、特典映像にその場面が入ってるといいんだけど。
ちなみに、何度も言っておりますが、「東京大学物語」の特典映像の舞台挨拶の場面に、私の後ろ頭もちょっこし映ってるのが嬉しいです。( ̄ー ̄)

ホットペッパーの事、ありがとうございました!
私も参考にさせてもらいます♪

No title

鈴虫さん、みなさん、こんにちは。

香里奈ちゃんと圭くんのやり取りと言えば、
香里奈ちゃんが「キュンとするのはどんな時?」の質問の時、
「ギャップですね。映画の中では、美晴は普段どうしようもない感じなんだけど、いざと言うとき~」
ということを答えたら、圭くんが香里奈ちゃんの話を聞いたあとで、
「今、美晴のこと『普段どうしようもない』って言った」って香里奈ちゃんに向かって言ったのですが、
香里奈ちゃんは笑ってたけど、特に訂正する様子もなかったので、
圭くんが「ま、いいか・・」となるやり取りがありました。

あと、香里奈ちゃんが「私は真紀恵と違ってオヤジっぽいところはない」と言ったのに、
監督が「いや、香里奈さんは少しオヤジっぽいところがある」と言って、
横で圭くんが大きく何回もうなずいてた、ということもありました。

写真撮影は客席と一緒です^^
昨日朝ズームインでちょうど写真撮影のところが放送されて、席の位置からして、私は確実にこの中にいる!と思ったのですが、あまりに小さすぎて(それと一瞬だしね)どれが自分だか全くわかりませんでした。
(ちなみにズームインでは、ちょうど上の香里奈ちゃんの話が紹介されてましたが、「美晴は」というところはカットされてたと思います^^;・・・でも別に、美晴くん、普段どうしようもないってことはないと思うけどね。)


ココアさん、ホットペッパーはよく改札の近くのフリーペーパーが置いてあるラックとかにあるので(改札の中の場合も、外の場合も、両方の場合もある)、行けばわかると思うんだけど、大きい駅だとかえって見つけにくいかもしれませんね。
大きいスヌーピーの顔が表紙なので、目立つんですけどね。
渋谷や新宿でどこに置いてあるのかはよくわからないんだけど(たぶん何箇所もあると思うんだけど)、三軒茶屋駅の改札のそば(私が見たのは改札の中)にもあります。
私はラブコメ見に行った時に、新宿三丁目の駅で見つけました。

No title

けろよんさん、又々ありがとうございます!
ココアさん、いらっしゃ~い。

★けろちゃん
新しいレポとしてアップさせてもらいたい位の報告です、ありがとうございます!!

ネットの写真だと、圭君のパーマはかなりきつめでくるくるに見えたけど、実際に舞台を観に行ったらどんな感じなのか楽しみです♪

わはは!香里奈ちゃんと圭君のやり取り。すごく納得できます。
私の想像通りの2人の関係です。

>今回は入り口で私たちは1人1本ずつお花を渡されていて、最後にそのお花を手に持って写真撮影がありました。
これって、客席の人達が写ったって事ですよね。
ラブコメの公式に写真がアップされるかな?
ネットでも見れるのかも、後でチェックしてみます。

公開は10月1日までですかー!短すぎる!!
それにパンフもないのね、残念ですね。

レポ以外にも色々と情報を教えてもらえて嬉しいです。
本当にありがとうございました。

★ココアさん
「ガラスの葉」の上映時間は2時間なんですか。
ありがとうございます、どれ位なのか知りたかったので。
これなら、1回目にガラスの葉を観に行った時になんとか「ラブコメ」も観る事が出来るかも!
1日に2回も圭君を楽しめるなんて贅沢~。←観れたら、の話だけどv-356

>まさかこれだけ携帯ドラマで宣伝しておいてDVDにならないことはないですよね~
思わず笑っちゃった。 いや、しかし、私は(映画館で観れないだろうから)DVD待ちのつもりだったし、そうでなくてもDVDにならないと困る!
ラブコメを映画館で観る事が出来るファンは少ないでしょうしね。

No title

鈴虫さん けろよんさん さちさん こんばんは~♪
プレミア上映会と、初日舞台挨拶のレポや感想をありがとうございます!
圭君のしぐさや、ちょっとした言葉まで教えてもらえたのが嬉しいです。さすがファンの鏡 (^o^)/
OKが出てるのに「俺って言っちゃいました」という圭君。そんな素に近いアドリブで演技してたなんて!
けろよんさんは、バリーヘアを見たんですね。最初ちょっとびっくりしたけど、見慣れるとかわいい感じですね。
お芝居の宣伝、効果があったでしょうか(^.^)


地方在住の身ではありますが、何とか観劇の日に早めに上京して、映画も観たくなりました。
それにしても1週間ですか~ まさかこれだけ携帯ドラマで宣伝しておいてDVDにならないことはないですよね~
プロローグドラマは、あらすじばかり追っている感じで、圭君ファンには消化不良になりそうですから。

ガラスの葉 始まりましたね! 上演時間は2時間だそうですね。裏切りの街よりかなり短いので心して観なくては!
出演者の方がみんな好きなので、とても楽しみです。

あと、東京圏の方に質問なんですけど、ホットペッパーって駅とかのコンビニに普通にあるものなのですか?渋谷か新宿で分かりやすい配布場所があったら教えてもらえますか?

No title

鈴虫さん、みなさん、こんにちは。

さちさん、コメントありがとうございます。
「ラブコメ」ほんとにいいですよね~。
私も大好きです!!
実は運良くチケットが取れて、昨日の初日舞台挨拶も行ってきたんですが、
圭くんも、この映画は何回も観ていて、(何回も観れる映画だから)みなさんにもたくさん観てほしいって言ってました。

そしてさちさんの言うとおり、公開期間がホントに短くて、新宿ブルグ9の人に聞いてみたら、1週間のみの上映で、10月1日まで、とのことなので、観に行く方は、早く行ってくださいねー。


バリーの髪型で登場した圭くんは、黒っぽいスーツで一段とカッコ良かったです。
最初の方で、司会者に「田中さん髪型が変わりましたね」と言われ、
「今それいっちゃいますか?明日から舞台が始まるので。みなさん観にきてください。」
ってちょっとだけ舞台の話をしてました。
(そのあと司会者が何事もなかったかのように映画の話をしたので、圭くんも「あ、戻るんですね」という感じで、すぐ映画の話に戻りましたけど)


あと圭くんの話は、

☆今回の役で気をつけたこと
「自然に出るアドリブのときに、つい俺って言っちゃいそうになるけど、美晴は自分のこと僕って言うので、それは注意してたんですけど。でも、こういう(公的な)場では僕って言うことはあっても、普段は自分のこと俺って言うので、ついアドリブでも俺って言っちゃうことがあって、監督からも『はいOK』って言われるんだけど、『すみません今’俺’って言っちゃったみたいです』っていうことがありました。」
(監督もあまりに自然なアドリブなので、ついOK出しちゃうそうです)

☆胸がキュンとする映画なので、キュンとした経験や映画のシーンについて。
「僕の中では、香里奈ちゃんはけっこう勝気だと思っていて、『好きな人の前だとどうなの?』と聞いてみたら、『それは好きな人の前でしか見せない』って言われて、こいつやるなーと思いました。」
(ここで司会者に、「じゃあそれは田中さんは見せてもらえなかったんですね。」と言われてしまい、圭くんも「はい。まーいいですけど僕は美晴なんで。」って答えてました。)


今回は入り口で私たちは1人1本ずつお花を渡されていて、最後にそのお花を手に持って写真撮影がありました。圭くんは客席に両手を振りながら、退場していきました。

あ、それから、auの企画で、ラブコメスペシャルサポーター(抽選で、エンドロールに名前が出るという企画)に応募した人は、エンドロールチェックを忘れないでくださいね。これ当選してても、auから連絡来ませんから。


今回はマスコミがいっぱい入っていて、カメラもたくさんあったので、この挨拶の様子がネットでもいろいろ見れますね。
あと残念なのは、この映画はパンフレットとかグッズは作ってないので、販売もないそうです><


さて、いよいよガラスの葉の幕が、開きましたね。
楽しみです!

No title

さちさん、いらっしゃ~い。
一気にいくつもコメントが付いてたので、なんだ、なんだ?!と思いました。(^^)

本当に今年の夏は暑かったですよね~。
私の住む長野県は、爽やか信州、涼しい高原・・・というイメージがあるかもしれませんが(?)
長野県もそりゃぁもう、ものすごく暑かったです。 そりゃあ、東京あたりなんかと比べたらそれほどではなかったでしょうけど・・・。
我が家にはエアコンは無いのですが、いつもの年なら長くて一週間位の辛抱なんだけど、今年はキツかったです(汗)

さちさんも、ラブコメのプレミア試写会に行って来たんだねー。
熱狂的な圭君ファンのさちさんだから、久々の生・圭君にさぞかし燃えた事でしょう。
「貴方は私の灯台です。」か、上手い事いいますな~v-290
「ガラスの葉」の公演も始まり、ますます盛り上がるね♪

「ラブコメ」の上映期間は短そうですね。
「ガラスの葉」を観に行った時に観れたらいいんだけど。(こちらの方ではラブコメの上映はないし、東京へ行ったときにしか見れないから。)

またまた、すいません。

プレミア試写会じゃなくてプレミア上映会でした。
m(__)mでした。

すいません。m(__)m

「ラブコメ」の感想を書くの忘れてました。

とにかく、面白いの一言につきます。

公開期間が少し短いみたいなので無理してでも見に行った方がいいですよ。

絶対損ないですから。

可愛くて、面白くて、ちょっぴり切ない、ラブストリー
本当に観た後、優しい気持ちになれる良い映画でした。
絶対皆さん、見に行って下さい。
本当に面白いから。

私も行きました。

鈴虫さん、けろよんさん、皆さんこんばんは
ご無沙汰しました。
今年の夏は暑くて辛かったです。
本当に死にそうでした。
つくづく、働かなくていい身分になりたいと思ってしまったほど辛かったです。
でも、私の元気の源の圭君が毎日ブログを更新してくれて、其を読みながら、なんとか頑張りました。

明日から「ラブコメ」が封切りになりますね。
舞台挨拶の取れませんでした。
悲しすぎる

しかし、プレミア試写会はをゲット出来たので行って来ました。

「裏切りの街」以来の生
田中圭君

やっぱり、生・田中圭は最高でした。
やっぱり、生・田中圭は可愛くて、面白くて、ファン想いで最高ッス。

やっぱり、貴方は私の灯台です

けろよんさん、ご苦労様です。
そして、ありがとうございます。m(__)m

映画「ラブコメ」はまた映画館に観に行きます。

そしてそして、待ちに待った舞台「ガラスの葉」の幕が開きます。
もう凄く凄く凄く楽しみです。
あ~もう緊張します(笑)

No title

けろよんさん、こんばんはー。
レポの提供、ありがとうございました!

いやいや、余裕に見えますよ♪
挨拶の言葉は、記憶しておこうと思っても難しいよね。

確か、香里奈ちゃんとの共演は三回目だと思う。
最初が『僕の歩く道』で、互いに恋愛感情を持つよう事はなかったけど、同じ職場(動物園)で、ドラマの中で圭君と香里奈ちゃんの絡みはそこそこあったと思います。

お、監督のマイクのエピソードも書いてくれてありがとうございました。
圭君、その時はいたずらっぽい顔をしてたのかな~。(笑)

>時間が取れたらぜひ劇場で観てください(^-^)
ほんとに。面白そうだし、是非見たいんですけどねー。
「ガラスの葉」を観に行った時に「ラブコメ」も観る事が出来るといいんだけど、日帰りだし難しいかも・・・。

No title

こんにちは~(^^)
鈴虫さん、アップしてくださってありがとうございますm(_ _)m

全然余裕じゃないって(^。^;)。挨拶の言葉とかは、なかなか全部覚えていられないです。

共演3回目(ですよね?)にして、香里奈さんとは仲良くなれたようで、やりとりを見てても壁がないというか、いい感じで撮影できたであろう雰囲気を感じました。
それと・・・途中監督が一生懸命話しているのに、どーも何を言ってるのかよく聞き取れないなーと思っていたら、圭くんが絶妙のタイミングで「あの、監督、マイク使って話してください。」(ちゃんと監督の手にはしっかりマイクが握られていたのに、使ってなかったんです^_^;)と、突っ込みを入れるという、監督とのいい関係(?)が垣間見れる場面もありました。

私はラブコメすごく気に入ったので、圭くんにとってもお気に入りの作品になるといいのになぁと思っていたら、ブログでこの作品のことを好きだと書いていてくれたので、嬉しいです。
時間が取れたらぜひ劇場で観てください(^-^)

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード