「道草」の圭君 〈2008年 1月放送〉

2008年1月20日と27日の2回に渡って、田中圭君が出演したテレビ東京系列の「道草」という番組が放送されました。
NEXCO中日本の提供で、CMを除いたら3分も無いような短い番組です。
NEXCO中日本が管理する高速道路・有料自動車道路を出演者がドライブし、沿線の観光をするという内容のようです。(※圭君が出演した回しか観てないので詳しくはわかりません。)

この番組もトーク部分はあまりなくて映像で観せる番組なので、難しくて今までレポして来なかったのですが、こんな感じの番組でした、という程度に紹介しておきたいと思います。

◆  ◆  ◆
圭君がドライブしたのは中央自動車道で、行ったのは八ヶ岳方面。
画面に登場するのは圭君だけで、(お店の人はチラリと映ります。)スタッフは映っていないし声も入っていません。
圭君は、横浜ナンバーの白い車を運転していました。フォルクスワーゲン?

八ヶ岳について。
八ヶ岳は長野県と山梨県にまたがる標高3000メートル級の山脈で、八ヶ岳のすそ野には清里・蓼科・野辺山などがあり、圭君の住む東京の都心から車で2時間ほどで行ける高原リゾート地です。 圭君が行ったのは冬なので、初夏~秋に行けばもっと楽しめると思います♪
長野県に住む私にとって、八ヶ岳周辺は馴染みともいえる場所なのですが、圭君が立ち寄った店・施設へ私はまだ一度も行った事がありません。
今回圭君が行ったのは清里エリアのようです。

私は、八ヶ岳へは主に登山で行っています。
ついでに言っときますと、八ヶ岳の中で今までに私が登った事があるのは、編笠山・西岳・硫黄岳・天狗岳・丸山・中山・八柱山・茶臼山・縞枯山・北横岳・蓼科山です。
ちなみに、八ヶ岳といいますが、峰が八つしかないわけではありません。
3000メートルを超える峰はなく、一番高いのは標高2899メートルの赤岳です。

*  *  *
1月20日放送
ナレーション〈今日は、ドラマ・映画で活躍、その優しい演技に心癒される俳優・田中圭さんが道草します〉
※映画『凍える鏡』の中のいくつかの場面の写真が映し出されます。

青空の中、中央道をドライブする圭君。カメラは助手席側から圭君を撮っています。圭君は、あたりまえだけど運転中なので道路の前方を見ながら語ります。
圭「今日は天気が良くて。ちょっと寒いですけど、なんか外が寒ければ寒いで車の中に入った時に(肩をすくめて)おお、さぶい、あったけ~。みたいな。そういうのもけっこう好きなんで。今日は僕の中で絶好のドライブ日和ですね。」 ←「おお、さぶい、あったけ~。」の部分、圭君のやる「北の国から」の田中邦衛さんのマネに近いカンジ。

ナレーション〈舞台のオフに気分転換。彼は、ドライブなんて久しぶりだと、嬉しそうに笑っていた〉
※舞台というのは、「死ぬまでの短い時間」の事だと思います。「道草」の撮影が行われたのは2007年の11月の終わりか12月と予想。
顔をクシャクシャにして笑う圭君の横顔。 圭君のほっぺたの笑いジワがチャーミング。

圭君の前方に高い山脈が。
圭「おお!見えてきた。八ヶ岳!!」
※最初にちらっと正面に見えたのは、山の頂上付近に雲がかかっていてよくわからないけど、八ヶ岳ではなくて南アルプスかも。
圭「あれだ、あれだ、八ヶ岳。 でけ~。」※中央道の右前方に八ヶ岳が。
圭「すっごい、てっぺんにちゃんと雪が。残ってる。僕、八ヶ岳初めてなんで、ちょっと近づいてみようと思います。」

小淵沢インターで降りる圭君。料金所の手前で、「南アルプス!」とちょっと変声の圭君の声?が入るのですが、
スタッフに「左前方に見えるのは南アルプスです。」とか言われたのかな?

まってろ!八ヶ岳! 
八ヶ岳のすそ野の木立の中の道をドライブ。
圭「まずはちょっと、良い感じの喫茶店で一服でもしたいですねえ。ないかなあ。」車を走らせながら周囲をキョロキョロ。
圭「結構ねえ、得意なんですよ、そういうの見つけるの。」

一軒の店の前に車をとめて降りる圭君。 左手にえんじ色のダウンジャケットを持っています。
圭君は黒のラインの入った短めのグレー系のパーカーを着ています。

圭君が入ったのは・・・ パンとケーキの店 Joichi
圭「こんにちは~!」 店の人「いらっしゃいませー。」
店内の写真が何点か映ります。

窓際の丸いテーブル席に座る圭君。頬杖をついて窓の外の景色を眺めています。 
お店の人が圭君の頼んだパンと紅茶を運んできます。
圭「あ、ありがとうございます。」
目を見開いて焼きたてのロールパン?を美味しそうに食べる圭君。
食べながらカメラに向かって目をくりっとさせていたずらっぽい表情と言うか、「おいしい~!!」顔。

圭君のナレーション〈あったかい紅茶と店長こだわりの手作りパン。優しい温度に癒されながら僕はちょっと早めの昼食をとった。〉

再び車を走らせる圭君。
圭「いやあー、ちょっとJoichiのパンが予想以上に美味しくて、テンションが少し上がってきました。」
ここからカメラは引いて、谷合いに架けられた橋の上を走る圭君の車を映します。
圭「次、どこ行こっかなあ。 星が見たいんだよな。」

圭君のナレーション〈僕は予定を変更して夜まで過ごす事にした。まあ、そこはしょうがないですよね。〉

*  *  *
1月27日放送
木立の中を走る車。
圭「最近全然車を運転出来てなかったんで、今日は久しぶりの運転でちょっとテンションが上がってます。」
一瞬室内ミラーに映る、憂いを含んだような圭君の顔が素敵。  間近に迫る八ヶ岳。

ナレーション〈八ヶ岳の麓で気分転換。彼は高原の坂道をゆっくりしっかり登っていった〉
途中に展望の良さそうな場所が。大きなモニュメントが見えています。私は行った事がないのでわからないけど、もしかしたら「まきば公園」という所かも。
圭「ちょっとこの辺に寄ってみますか。」

ただ、ただ、広かった
車を停め、ダウンジャケットを羽織りながら歩く圭君。 周囲には雪が数センチ積もっています。
圭「おおー!! おお、すげえー! なんじゃ、ここは。」
圭君の目の前に広がる雄大な景色。

圭「自然、すげー。 ・・・しぜん、すげー!! 」←柵にもたれかかり、両手をパンツのポケットに入れて叫ぶ圭君。 圭君の脇から、遠くに富士山も見えています。

この施設内にある売店でしょうか、試食のコーナー?で、パンにイチゴジャムをつけて食べる圭君。
圭「うん、イチゴが・・・生きてる。」
ちょっとカッコつけてみて、照れて後ろを向いて吹き出す圭君。
※本編が始まる前にチラリと映った場面で、圭君が梅ジャムをつけて食べて、“酸っぱい顔”をして「すっぱい・・・。」と言ってます。

圭君のナレーション〈無邪気にはしゃいでる僕を、でっかい八ヶ岳が笑ってた。〉

再びドライブ。
圭「星が見たいんだよなー。」

次の場面では、圭君は建物の中の巨大なオルゴールの前に立っています。
圭「すぅっげー・・・」
萌木の村 HALL of HALLS
ここにはたくさんのオルゴールが。
圭君は一つの大きな手回しオルゴールのハンドルを回してみます。音楽が流れて感激する圭君。
曲は「大きな古時計」

夜。
ここも萌木の村の施設内かな。
頭には毛糸の帽子(?)を被り、ダウンジャケットを着込んで外を歩いています。(ちょっと怖い顔。)
おもむろに・・・
圭君、「よしっ!」と、ある地点まで来て空を見上げます。
圭「ほらね。」     綺麗な星空。バックには、オルゴールの「見上げてごらん夜の星を」が流れます。

圭君のナレーション〈八ヶ岳は、最後に大きなプレゼントをくれた。僕は、嬉しさも忘れるくらい ただ、ただ、空を見上げていた。〉

圭君の周りのイルミネーションが綺麗。 圭君の近くにはたき火が燃えています。
ズボンのポケットに両手を突っ込んで空を見ている圭君。
圭「自然、すげー。」←今度は、つぶやくように。
いきなり、薪がはじけてバチバチっと大きな音が。 びっくりして後ずさる圭君。
そして、圭君が時々おどけてやる仕草、たき火に向かって「かかってこい!」のポーズ?(笑)

◆  ◆  ◆
圭君が運転した中央自動車道は私自身何度も運転しているし、八ヶ岳は好きで何度も行っているので(主に登山で。)「道草」で圭君が来てくれて嬉しかったのですが、
圭君の「八ヶ岳初めてなんで。」の発言には、(やっぱりな~。)とちょっと寂しく思いました。
と、いうのは、以前圭君が「海辺のドライブが好き。」と言っていたからなのです。
どうも、今までの圭君の発言によると、海が好きであんまり山岳部には興味がないみたいなんですよね。(いや、興味がないとは言ってないけど、山の話をしないから。)

私の住む長野県には海がありませーん。 山ばかりです。 
まあ、高い山はいっぱいあります、長野県は「日本の屋根」ですから。 北アルプス・中央アルプス・南アルプス・八ヶ岳・浅間山・御嶽山・・・

都心から車で2時間程で行けるのに八ヶ岳エリアへ行った事がないって事は、よほど山岳地帯には興味がないのかしら、圭君は。
もしかしたら圭君は、スキーなどのウインタースポーツや映画・ドラマの撮影以外では長野へ来た事はないのかな。

この番組の出演をきっかけに、圭君には山岳地帯に少しでも興味を持ってもらえたらいいな。と思った鈴虫なのでしたー。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

さちさん、いらっしゃ~い。

えー、宝物なんて、やめてくださいよー。そんな事を言われたらそりゃー(本心では)嬉しいけど、やっぱ恥ずかしいです・・・(#^.^#)

>特に他の人は省いても圭君の事は細かくレポしてくれる所なんか熱烈な圭君ファンの私には最高にありがたい。感謝
わはは! 本当は他の人の事もちゃんとレポに入れたいんだけど、ただでさえ長い私のレポが壊滅的に長くなり、しかも要点をまとめる事が苦手でいつもダラダラと書いてるので、何を言ってるのかよくわからないものになると思うので仕方なくというかー。 ←何を言おうとしてるのか全然わからん。

お仕事中に書きこんで大丈夫でしたか?(笑)
>昨日書き込みしてたら途中で電池切れになってマジ悲しかった。
ありゃー、なんだか申し訳ないです。
私は携帯でネットをするのはほとんど圭君モバイルだけなんでわからないんだけど、ネットをするとかなり使っちゃうんでしょうねー。

「アバター」は面白かったですよね!
実を言うと、仕事で忙しいとはいえ、圭君はとっくに「アバター」を観に行ってたと思っていたから、ブログを読んでびっくりでした。
圭君より先に「アバター」を観に行った事に多少優越感を持っている鈴虫でっす。( ̄ー ̄)

以前から、圭君はよく「皆さんから元気をもらっています。」と言ってるけど、私も皆さんやさちさんのコメントには本当に元気をもらっています。これからも宜しくお願いします!

さちさんのお友達にもよろしくー。


◆   ◆   ◆
※たまにしか言えていませんが、ブログ拍手をして下さっている方々もありがとうございます! 皆さんから元気をもらっています!!

道草 懐かしいよね~

私も圭君の運転してる姿大好きです。
ちなみに私は圭君なら何をしていても好きですから。盲目のファンですから(笑)
だけど鈴虫さんは本当にレポがじょうずだよね~
私達圭君ファンにとって鈴虫さんは宝物ですね。
特に他の人は省いても圭君の事は細かくレポしてくれる所なんか熱烈な圭君ファンの私には最高にありがたい。感謝

今会社のお化け部屋で書き込みしてます。
社長1人で倉庫なんて呼んでるけど屋根裏で暗くて狭くて汚くて書類を整理する人が辞めて私がやるはめになってめったに行かなかったけど誰も近づかないのでメールしてます(笑)

其から圭君のブログ読んだ後アバター観に行きました。
3Dというのを初めて観ました。
アバター凄く凄く良かったです。
もうめちゃくちゃ良かったです。
圭君に感謝です。

圭君のスゲーの事を友人とここの書き込み読んでたら友人が私に「ちなみに私は田中圭マジかっこよくない」の連呼だそうです(笑)

昨日書き込みしてたら途中で電池切れになってマジ悲しかった。

中々書き込み来れないけど鈴虫さんのレポや皆の書き込みに元気を貰ってるさちでした。

No title

けろよんさん、いらっしゃ~い。

海の次は山で~す。
スキーで長野へ来られた事があるのは個人的に聞いておりましたが、おじいさまの実家が信州なのですね。
けろちゃんのルーツは長野だとは! ちょっと嬉しいです♪

ペーパードライブ暦何年だか、包み隠さずおっしゃいなさいな。i-239
都会だと、公共交通機関が発達しているから、自分で車を運転する必要がないんですよね。(駐車場も値段が高いし。)
私のように田舎に住んでいると、たいていの人は車を運転するし、 車も一家に一台ではなくて、1人に一台は普通です。

「アバター」を観に行ったんだね♪
いえいえ、別に謝らなくていいですよぉ~。
私だって「絶対字幕版で見るべきだ!」なんて思っていないしー。

>それから、いかにも私は「龍馬伝」見ていますよん^^
だよね?(^^)
しほりちゃんが演じる、龍馬伝の佐那さんは佳乃ちゃんとは全く役柄が違って、きりっとしてかっこよかったです。

>私は最初、「まっすぐな男」の佳乃ちゃんをあまり好きになれなかったんです(これはですねー、熊沢くんに一方的に思われる設定がうらやましすぎて気にいらないからではなくて・・・まぁそういう思いも少しは(だいぶ?)ありますが、
ぎゃはは!笑った。 だいぶあるに違いないっ!!

>最初のうちは佳乃ちゃんがどういう女の子なのかよくわからなくて、良さがわからなかったからです
そうそう!私も。
だいたい、熊沢君は最初から佳乃ちゃんが好きという設定だったけど、好きになったきっかけのエピソードとかをドラマの中に入れてくれた方が、ストーリーにもっと厚みが出たと思うんだけどなー。

この間の熊沢君はかっこよかったですね!(#^.^#)
次回で終わっちゃうなんて寂しいです・・・。


◆   ◆   ◆
★レポの中で圭君が見上げて「ほらね!」と言った時に映った星座は、自信がないので書きませんでしたがカシオペア座かも。
Wの形になっていたので。
なんせ私は星座にはとんと疎くて、冬のオリオン位しかわからないので・・・あ、あと北斗七星も。 (^^ゞ

No title

鈴虫さん、みなさん、こんばんはー♪
海に潜った気分(私は潜れないけど)の次はドライブ気分♪
私も男の人が、というか圭くんが運転してるとこ見るの大好きです^^
特に私は、運転できないから余計に*^^*(免許は持ってるけど、ペーパードライバー歴・・・おーっと危ない危ない、私の歳がまるわかりになるようなすごい年数を書いてしまうところだった^^;)

ちなみに私は、今まで言う機会を逃していたけど、スキーはもちろん、それ以外でも何回も長野は行ったことあるし、実は私の父方のおじいちゃんは長野出身で、おじいちゃんの実家は長野にあるんです。おじいちゃんはもう亡くなってしまったけど、けろよんのルーツは長野だったんですよ~^^。

アバターのこと、どうもありがとうございました。
よしっ、吹き替えだ!と思って早速見に行ったんだけど、吹き替えはいい時間がなくてね~、迷ったんだけど早く見たかったので結局字幕にしてしまいました(じゃあ聞くな!って怒んないで~><)。
でも、鈴虫さんに字幕が見えにくい場所があるって聞いてたので、席は慎重に選んだし、吹き替えの方がいいということをわかってて納得の上でということで。
やっぱり、見始めてすぐに「吹き替えの方が良かったな」とは思ったけど、それほど字幕の多い映画じゃないのでなんとか大丈夫でした。
しかし今度から、3D映画は、よっぽど字幕で見たい積極的理由(例えば出ている俳優さんがすごく好きで、声が聞きたいとか)がない限り、吹き替えで見ようと思いました。字幕がなんか浮かんでる感じで見にくいし(これはつい2、3日前に新聞にも書いてあった)、3Dだから映像に集中したくて、字幕読む時間が惜しい感じがするんですよねー。

それから、いかにも私は「龍馬伝」見ていますよん^^
私は最初、「まっすぐな男」の佳乃ちゃんをあまり好きになれなかったんです(これはですねー、熊沢くんに一方的に思われる設定がうらやましすぎて気にいらないからではなくて・・・まぁそういう思いも少しは(だいぶ?)ありますが、それよりも単純に、最初のうちは佳乃ちゃんがどういう女の子なのかよくわからなくて、良さがわからなかったからです)。
でも「龍馬伝」の佐那さんがすごく良かったので、同じしほりちゃんが演じてるからという理由で、なんかもうとにかく佳乃ちゃんまですごく良く思えてきて、佳乃ちゃんていい子じゃん!って思うようになりました(私が佳乃ちゃんを好きになった理由は「まっすぐな男」関係ナシ?)。ありがとう「龍馬伝」!これで何の迷いもなく熊沢くんの恋を応援する気持ちになりました!この間の熊沢くんは、もう、カッコ良かったですよね~*^^*

No title

私も、自分がレポしたから「とびっちょ」の名を覚えてたんだけど、そうじゃなかったら記憶になかったと思います。(^^)

「鼻をほじりながら」は、あの時すごくウケたからよく覚えてたんだよねー。 
あんな事をいうのはパー子位しかいないだろう、と思って旧・鈴虫ルームを覗いて見たらやっぱりでした e-456 ・・・わはは、失礼しましたi-201

うんうん、懐かしいねー。(しみじみ。)

No title

あーーーーーーー!!!
わかったわかった!!てか思いだした!!
「とびっちょ」は、あのお店かぁ☆☆
ひゃー懐かしいっ(笑)
ありがとー☆☆^^

「ほじりながら」・・・(爆)
誰もほじってないんだけどね!^^;
本当、、失礼いたしましたm(_ _;)m 苦笑。

はぁ・・・♪ 懐かしいねぇー(笑)

No title

パー子さん、こっちの方でもいらっしゃ~い。
二つの記事にコメントして下さってありがとうございます♪

山の説明は、読んでくれている圭君ファンのほとんどはわからないと思います。(笑)
中には山に興味がある人もいるかと思って一応書いておきましたー。

パー子は前にも男の人の運転姿が好きだって言ってたよね。
『冗談じゃない!』の中で圭君が車を運転した時だったかな?

圭君って色んなドラマの中で何度も車を運転しているけど、それ以外の番組では「道草」が初めてかなあ。しかも運転シーンが長いし。

>てか、また「すげー」しか言ってないしっ(爆)
そうそう! レポの為に久々に「道草」を見たんだけど、
(これも、“すげー!”ばっかしじゃーん。)って思いました。(笑)

>・・・・・江の島の「とびっちょ」??? そんなの出てきてたっけ?(苦笑)
あ、『タイヨウのうた』の中では、とびっちょはたぶん出てきてないと思う。
以前「王様のブランチ」で圭君特集をやって、ブランチ娘が『タイヨウのうた』の撮影現場へ行ったんだけど、その特集の時にとびっちょに入ったんだよ。 

一応、参考までに私がその時にレポしたのを。 圭君の自宅を訪問するのがあるやつです。 
http://alpsringo.blog95.fc2.com/blog-entry-18.html

で、私も↑をザーッと見直してみたんだけど、確かパー子がこの記事にコメントしてくれた時に
「鼻をいじりながら」が「ほじりながら」に見えたと言ってたのを思い出して、旧・鈴虫ルームに確認に行ったらやっぱりそうでしたー。わはは~!!
(≧▽≦)

No title

・・・鈴虫姉やんによる、前半の山説明が全く分からないけれど(爆)
これまた懐かしいねぇ~~♪♪

男の人の運転姿が大っっっ好きな私としては、
かなり嬉しい番組でございましたm(_ _)m 笑。

あのお店のパンも、美味しそうだったなぁ・・・
思い出しただけでお腹すいてきた(苦笑)

てか、また「すげー」しか言ってないしっ(爆)

難しいレポ、お疲れ様でした♪
いつもながら尊敬します^^;

・・・・・江の島の「とびっちょ」???
そんなの出てきてたっけ?(苦笑)
覚えとこっと♪(笑)

No title

ナツミさん、いらっしゃ~い。

わお!
まさかこの記事にナチュが顔を出してくれるなんて思っていなかったから、よけいに嬉しいです。 
私の頭の中で、なぜか【神出鬼没】という言葉が浮かびました。
今度ナチュが鈴虫ルームに顔を出してくれるのはいつになるのかな?(笑)

ほんとーにお久しぶり! お元気そうでよかった♪

>関東平野には山らしい山はないからね~。
だろうねー。
長野県の山は、冬は雪が積もって山登りが難儀になるので、
東京まで行って三つ星マウンテンの高尾山辺りに登ったりしてるよ。 

>ちょっとドライプでも…って時は、やっぱり海にする傾向はあるね。
やっぱそうなのかー。関東に限らず、ちょっとドライブというと海に行くケースが多いんだろうねー。

えっと、海の無い県は少なかったはず。
調べてみました。 東の方から
栃木県・群馬県・埼玉県・山梨県・長野県・岐阜県・滋賀県・奈良県
の8県のようです。 

>そういえば山の近くで育った友人は、山見えた方が安らぐって理由で山の近くに自宅買ってたね。
私も、山が見えない所にしばらく居ると心が休まらないです!
用事なんかで東京の都心へ行ったりすると全く山が見えないから、早く信州へ帰りたくなります。
フランクフルトで暮らしている時の(アルプスの少女)ハイジのような心境です。
「アルムの山へ帰りたい!!」と・・・e-440

おお、「とびっちょ」。
私も江の島へは何回か行ってるんだよ。
で、圭君が行った「とびっちょ」で、私も圭君が食べた生しらす丼を食べようと思って一度行ってみたんだけど、すごい人気で約2時間待ちだったかな?
数時間後には長野へ帰らなければならなかったので諦めました・・・(涙)  やっぱ、夏場だったと思います。
機会があって、夕暮れ時まで江の島にいる事があったら、富士山を見てみたいです。 ありがとう♪

長野県にも富士山のビューポイントは何ヵ所もあるけど、
私が好きなのは手前に諏訪湖、後方左手に八ヶ岳とそのすそ野、右の遠方に富士山・・・。 で、やっぱ夕暮れ時が素晴らしいかな。 (^^ゞ
神奈川・江の島から見る富士山と同じくらいの遠さかもね~。

No title

お久しぶり~^^
こんな番組があった事、全然知らなかったよ。
レポしてくれてありがとう~~♪

関東平野には山らしい山はないからね~。
ちょっとドライプでも…って時は、やっぱり海にする傾向はあるね。
日本で海がない県は長野・埼玉・奈良…あと岐阜にはあるんだっけ?
やっぱり海の方が手っ取り早いかな~。
そういえば山の近くで育った友人は、山見えた方が安らぐって理由で山の近くに自宅買ってたね。

去年江ノ島に行った時『とびっちょ』で生しらす丼食べたよ。
私は生が苦手なので、正確には旦那が食べたんだけど(私はしらすのかき揚げでした)
「タイヨウのうた」の時、圭くんが上半身裸で食べてたよね^^;
江ノ島行ったら寄ろうと思ってたんだー。

夕暮れ時になるとあの橋から、富士山のシルエットが見えるの。
ちょうど行った時は頭の方だけポコッっと浮いてる感じで、可愛かったよ。
お近くまでお越しの際は、是非ご覧になってください。
以上、神奈川観光のお誘いでした(あれっ?)

PS:夏は渋滞で死んでしまうので、ちょっと時期をはずしてねv-238
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード