スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディビジョン1~miracle 第3話

2005年1月12日~2月2日放送 フジテレビ (2005年1月27日 レポ)

朝、一人バスケットコートでダッシュ練習をする秀平。出勤しようとする兄を見つけ金網越しに声を掛けます。
兄から「トライアウトに本気で受かるとでも思ってるのか?」など色々と言われ
秀平「テンション下げに来たのかよ~。」
兄「そんな事で凹むくらいならやめちまえ。」
秀平「いや、今度は絶対やめねー。」

部長に辞表を出す俊彦。
何でも一人で決めてしまう俊彦と、それを不満に思う果歩(俊彦と同じ会社に勤めている。)との間に距離が出来ていきます。

トライアウトまで後2日。
コートでストレッチをしている秀平の背中に転がってきたボールが当たり、振り向くと将生が。
将生「俺しかダチ居ねえのかよ。トライアウトに受かるかどうか皆で賭けてるんだよ。お前には受かってもらわなきゃ困るんだ。」
うれしそうな表情の秀平。 将生とバスケの練習をしますが笑顔の二人がとてもいいです。

新しい会社の面接で、西久保から“今の時期に破格の待遇で引き抜きの話が浮上したのは、前の会社の情報を流して欲しいからだ”と言われ愕然とする俊彦。

トライアウトの前日。
練習相手になってくれていた将生が、「明日受からなかったら休んだ分のバイト代、徴収するからな!」と言い帰ろうとする時、
「将生! ・・・ありがとう。」と御礼を言ってにこやかな顔を見せる秀平。 笑顔を返す将生。

この日で退職する俊彦は辞める事を後悔しています。
会社からの帰り、一人コートで生き生きと練習する秀平を、金網に寄りかかるようにしながら暗い眼差しで見つめる俊彦。
二人の立場が逆転してしまった事を象徴するかのようです。
部屋に戻り果歩を電話で呼び出し、会社のデータを取ってきてくれるように頼む俊彦。
果歩は涙を流し「別れ話の方がよっぽどよかった。」と言い帰っていきます。

バスケの練習をする秀平を見つけ佇んでいる果歩。秀平が気づいて声を掛けますが、俊彦と会っていたという果歩の様子がおかしいのに気づきます。
二人でコート内のベンチに座り、
「兄ちゃんと何かあった?」 「兄ちゃんは意外と無神経だから、何か気に障るような事言ったんじゃない?」「俺なんて人生否定されっぱなしでさ、毎日説教ばっか。でも、ある意味そのおかげで入団テストを受ける気になったんだけどね。」
「そう、明日頑張ってね。」と言い残し帰る果歩の様子が気になりながら後姿を見送る秀平。

マンションに戻り、最近様子がおかしい兄に、果歩に会った事を話し「ケンカでもしたの?」と聞く秀平に兄は「お前には関係ないだろ。」と言い、言い合いになる二人。
俊彦はイライラした感じで「よけいな口を挟むな。」と言って部屋を出て行きます。

トライアウト当日。
玄関で、秀平と朝帰りした兄が鉢合わせし、気まずい空気が流れます。
秀平「行ってくる・・・。」俊彦「・・・ああ。」
部屋に入った俊彦に、果歩から電話が。

さいたまブロンコス・トライアウト会場に着く秀平。 その表情を見ると緊張してるのがアリアリ。
バスケットシューズの靴紐を結びながらキョロキョロ周りを見て、他の人達の上手なプレーを見てかなりビビッている様子。 大丈夫か?落ち着け秀平!!
集合の声が掛かり、大きく深呼吸する秀平。そして心を決めたように駆け出します。

バスケットコートの所で果歩と会う俊彦。
果歩は、会社のデータを入れたCD-ROMを見せ、「この中にウチの格付けが入ってる。でもこれを受け取ったら私はあなたの前から消える。 私かデータかどっちか選んで。」と迫ります。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。