舞台『夢の劇-ドリーム・プレイ-』 の話など。

かな~りお久しぶりです。
田中圭君の舞台『夢の劇 ~ドリーム・プレイ~』を観に行ってきたのでその話をしようと思いますが、
まず最初に、 以前、旧・鈴虫ルームに恋文日和試写会のレポを提供して下さったナツミさんから、レポをこちら(現・鈴虫ルーム)へ移しても良いとのお言葉を頂いたので、この記事の一つ前に、当時のままそっくりこちらに移してアップしました。 過去記事なので、コメント欄は付けておりません。

「恋文日和試写会」といえば、 原作者のジョージ朝倉さんの関係者の方が、試写会の様子を面白おかしくレポして下さっていて、しかも圭君の事をすっごく良く書いて下さってファンとしてはとても嬉しかったので紹介します。
直にアドレスを貼るのは良くないかなと思いますので、検索キーワードを。
「恋文日和 めがね会」で検索すると、たぶん一番最初位に出てきます。 

*    *    *
(少々ネタバレがあります。)

公演は、2016年4月12日~30日まで 神奈川県横浜市のKAAT神奈川芸術劇場(※プレビュー公演含む。) 
5月4日・5日 長野県松本市のまつもと市民芸術館
5月14日・15日 兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センター
で行われました。

今回の舞台は松本で行われるという事で、4日・5日の二日間とも行きたかったのですが、
あいにく4日は都合が悪かったので松本公演は5日のみ行き、
(舞台を2回観に行きたい私は)あと一回は横浜まで行って平日の昼間の回を観てきました。
松本公演の4日(行けなかった日)にアフタートークがある事を知った時は、ガビーンでした・・・(涙)


まつもと市民芸術館で圭君の舞台を観るのは2回目です。 
一回目は「幻蝶」。 この時は主ホールでの舞台で、今回は実験劇場。
横浜の時と同じく、客席は三面、すり鉢状になった所(と言っていいのかな?)の底にあたる部分にステージが組まれる形で、
私が今まで見てきた舞台ではこういう形式のは初めてで斬新でした。ステージは広いし、見やすいし。 
(舞台を観にいかれなかった方でも、公式サイトの写真を見てもらえれば様子がわかりますよね。)
→ 夢の劇ドリーム・プレイ公式

舞台での生演奏も初めてだし、 バレエやダンスを目の前で見るのも初めてかも。
オーケストラの生演奏付きの無声映画を観た事はありますけどね、むか~し、日本武道館で。
映画のタイトルは「ナポレオン」。

お話は予想通り難しかった~。
セットの形も抽象的だし、一人で何役かこなすし、次々と(唐突に?)場面が変わるし、全然ついていけない~!
でも、途中で(“夢の劇”なんだから、夢の話か~? なら、脈絡がなくても、理解できなくても仕方がないのか。)と思い、 気持ちが楽になりました。

夢といえば、私は眠りが浅いのか、よく夢を見ます。 (朝起きるとたいていの内容は忘れてるけど。)
この舞台の中で、「今までずっと開いた事がないドア」 「一つしかない通路で待ってるのに、何年も会えない恋人」
というエピソードが出てくるのですが、 これと同じような内容の夢をこれまでに何度見てきたことか。
この先には何があるのかわからないまま、待っている人には会えないまま目が覚めてしまう。
舞台を見ていて、 まるで自分の夢の中のようで・・・もやもやするというか、すっきりしないというか・・・
この閉塞感を何とかして!!って感じでした。 

話が逸れましたが、 舞台の内容を理解しようとするのはやめて、目の前で繰り広げられる演技や華麗な踊り、圭君の麗しいお顔の観賞、場面が変わる時の、素早く華麗な小道具・大道具の移動(←出演者がやります。)などを楽しみました。
玉置玲央さんの「ビクト~リア!」の台詞は、今も頭の中でリフレインしています(笑)。
長塚圭史さんが演じる弁護士の、寸足らずのズボンもツボでした。
圭君、舞台の後半はずっと厚いコートを着ているので暑そうで、顔に汗をかきながらの熱演でした。
ビジュアルがすっごく綺麗だと思ったんだけど、多少は舞台用メイクをしてたのかな?
してなくても綺麗だけど。 笑

カーテンコールの最後位で(3回目?) 圭君はお参りする時みたいに両手を合わせて深く礼をしていました。
圭君の舞台、又松本で観れて嬉しかったです。
圭君の次の舞台「かもめ」も、まつもと市民芸術館でも上演されるので嬉しいです。
実際、観にいけるかどうかは別として。
上演前に配られたチラシの中に、 かもめ@まつもと市民芸術館のチラシがあり、テンション上がりました~。

恋文日和試写会 生・圭君レポ  《ナツミさん提供》 ※2004年11月25日

11月17日に『恋文日和・完成披露試写会(舞台挨拶付き)』が行われたのですが、ナツミさんが試写会に応募して見事当選!!うらやましい~。
当選の知らせはメールで来たそうですが、半端じゃないメルマガに埋もれ、危うく当選メールを見逃す所だったそうです。危ない、危ない。(^^A;)
ナツミさんがBBSで報告、その後一部手直しして下さったレポを鈴虫が代筆致します。

**********************************

11月17日(水) 18:30~21:00すぎ 新橋・ヤクルトホール

舞台挨拶の前に、原作者・ジョージ朝倉さん登場。
若くてスラリとした人で、ちょっとびっくり。アルトで静かに話す方でした。
次は、「ラブレター応募」のグランプリと審査員特別賞の発表。
グランプリは村川絵梨さん、特別賞は中越典子さんが朗読。

さぁ、いよいよ監督&出演者のみなさんが登場!
舞台に向かって左手から、「あたしをしらないキミへ」「雪に咲く花」「イカルスの
恋人たち」「便せん日和」の方々が並ぶ。
合計13人で、圭くんはちょうど真ん中あたり。おお、よく見えるぅ~^^
初めて見る生圭くん。・・・か、可愛い・・・(早くも壊れ始める私)

この日の圭くんは、上はブルーのちょっと大きめのチェックのオーバーシャツでした
が、
よく見てみると前はボタンではなくおそらくファスナー? 首の下10センチくらい
まで閉じてました。
インナーは黒のTシャツ、首にシルバーのチェーンらしきものが光っていましたが、
ペンダントかどうかは不明。
下はダボダボのジーンズ。靴は少し茶っぽいベージュで、光沢がなかったのでス
ウェードだと思います。
ただ靴の後ろがダボダボジーンズで隠れて見えなかったので、
舞台に上がり裾をめくって「どれどれ」と確かめたい衝動にかられました(こらこら)髪はラーメン屋(浜田様撮影の)の時より短いかな?

「雪に咲く花」チームは須賀大観監督、小松彩夏さん、圭くんの3人。
圭くんも男の子としては顔が小さい方だと思うけど、小松彩夏さんの顔の小ささには驚きでした。
その横に立つ須賀監督の頭がでかく見えちゃったけど、多分監督が平均的日本人サイズだと思われます。

いよいよ圭くんの挨拶です。
「・・・・・・・・・・・」
すいません。圭くん、すごく真面目な挨拶したんですが、全然覚えてません(汗)
ホケ~~っと見とれていました。多分よだれは流していなかったと思いますが、私、壊れてました。
でも最後に一段と大きな声で言った「よろしくお願いしまっす!」という声で、はっ!と我に返りました。
ただ聞き終えた瞬間 「圭君、なんて真面目で良い子なのっ(涙)」と思ったのは確かです。
  
その後、玉山鉄二さん&塚本高史さんのイカルス兄弟のお笑い挨拶。
そこでおかしそうに笑う圭くん。おお、可愛すぎるぞ、キミ。

個人的にツボだったのは、「便せん日和」の大倉孝二さん。やっぱりおかしい^^
やだ。圭くんもやっぱり笑ってる^^; いやん。やっぱり可愛い。
(この辺しゃべってる人の声は聞こえているけど、目は圭くんしか見てないので他の人のレポはできません)

左から順番に一人一人挨拶が進みましたが、人数が多いせいかマイクが2本用意されていたんです。
圭くんの挨拶が終わって、次のイカルス監督・永田琴恵さんからは新しいマイクが使われました。
みなさんの挨拶が終わって、自分が持ち続けていたマイクをスタッフさんに渡す時、
司会者の女性が
「ありがとう。田中君」  田中君、田中君、田中君。(←私の頭の中では、田中君エコーです)

この後マスコミの撮影などがあり、天国のような時間は終わりました。
最後に誰よりも深々とお辞儀をした圭くん。多分110度くらいコウベを垂れてたと思います。
身体柔らかいのかな??

       ☆     ☆     ☆

この後、「恋文日和」試写。
圭くんの色々な表情が見られました。
私は圭君が大写しになるたびに、いちいち反応してしまって、
何かといえば暴れたがる右手を、「まぁまぁ落ち着け」とずっと左手が抑えつけてる状態でした。(自分でも意味がわかりません)
今日見てみたら、右手の甲に赤あざができてました。ただ観ていただけなのに、すごく緊張していたようです・・・^^;
圭くんが雑誌のインタビューでも挨拶でも言っていましたが、「心が温かくなる」本当にそんな映画でした。

       ☆      ☆      ☆

今回のレポは、圭くんが初めて主演した映画の、それも舞台挨拶という事で、
記念的な意味もあるので、ゆみ♪ちゃん、由ちゃん両方のBBSに報告したいと思います。
どちらかのサイトさんにしか顔を出していない圭君ファンもいらっしゃるので、同じ内容になってしまうけどお許しくださいね^^  

***********************************

圭君の舞台挨拶の内容を覚えていられる方がすごいですって~。
圭君はとても緊張していたのでしょうね、圭君の声が震えていたようだと報告して下さった方もいますし。
(圭君、頑張れ、頑張れ。)と心の中でつぶやいていたファンも多かったのではないでしょうか。
ナチュのレポを読むと、生・圭君がいかに可愛かったかよ~~く伝わってきます。
残念ながら、司会者の女性の言った「ありがとう。田中君」は、私の頭の中でWBのシンクロ公演中に告白したタナーカに対して花村さんが言った「ありがとう、田中君。」に変換されてしまいます。(涙)
こんな記念に残るレポを鈴虫ルームにアップする事が出来てとてもうれしく思います。
ナツミさん、貴重なレポをどうもありがとうございました。
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード