スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月9の田中圭君

怒涛の田中圭君祭ですねー。
単発ドラマ「所轄魂」、 映画「図書館戦争」の番宣と特別企画のドラマ、月9・・・スカパーのドラマもありますし。
録画しておいて、未だに見れてないものもあります。

「図書館戦争」のブック・オブ・メモリーズの小牧さん、良かった~
正直、私は戦争においての戦闘シーンはあまり好みじゃないので、このドラマ編のような感じの展開がいいなと思いますが、
なんせタイトルが「図書館戦争」だし、戦闘シーンが多くなるのは当然ですよね~。(^^A;)

今、絶賛公開中だという「図書館戦争 ザ・ラストミッション」、観たいけど、時間が取れなくてまだ・・・。
WOWOWで又放送するだろうし、(←前作も放送されたし、ザ・ラストミッションのナビ番組もやったし。) 
映画館で観れなくても、ま、いっか~。 ←こらこら。


今期は月9の『5→9 ~私に恋したお坊さん~』にレギュラー出演。
やった!!!

昔ほど「月9」のブランド感は無くなったかもしれませんが、
そこは、腐っても月9。(←すみません・・・)  圭君が出演するのはまことにうれしいです♪
圭君、今回は英会話学校の講師役。 英語のセリフ頑張って~。


今までに圭君が出演した月9を(ゲスト出演含む。)書き出してみました。(敬称略)
※ストーリーに差し支えないと思われる程度にネタばれしています。

★2005年『スローダンス』 
妻夫木聡・深津絵里・広末涼子・藤木直人
圭君の役名→長谷部幸平  妻夫木君の親友役
圭君初めての月9出演。
この作品については、後で少しだけ詳しく語りたいと思います。

★2009年『ヴォイス〜命なき者の声〜』 (第4話ゲスト出演)
瑛太・生田斗真・石原さとみ
圭君の役名→五十嵐富士夫  生田クンの高校時代の親友役
〈鈴虫のプチ感想〉
圭君の迫真の演技が素晴らしかった! 回想シーンは切なくなりました。

★2011年『私が恋愛できない理由』
香里奈・吉高由里子・大島優子
圭君の役名→長谷川優  香里奈ちゃんの元恋人で、職場の同僚役
〈鈴虫のプチ感想〉
まさか、圭君が月9でヒロインの相手役を演じるとは!!
しかも、ヒロインは今も彼に恋愛感情を持っている。 今後二人はどうなるのか・・・。
圭君、かなり美味しい役でした。
月9で、ヒロインの相手役をするという事で、圭君はビジュアルに気を遣い、それなりに努力したそうです。
確かにかなりのイケメンに。 月9仕様になってたと思います。

★2013年『ビブリア古書堂の事件手帖』
剛力彩芽・AKIRA
圭君の役名→笠井菊哉  ビブリア古書堂に出入りするようになった、せどり屋の役
〈鈴虫のプチ感想〉
私は原作を全く読んでないし、予備知識なしで見てました。
物語途中の、あの展開にはすごく驚かされました! ・・・これ以上語るのはやめておきます(^^)

◆   ◆   ◆   ◆
先ほども書きましたが、思い入れのある「スローダンス」については、プチ感想ではなく、
少々長く語りたいと思います。

圭君がレギュラー出演した連ドラ作品で、特に思い入れのある作品を五つあげるとしたら、
「ウォーターボーイズ」 「汚れた舌」 「スローダンス」 「僕の歩く道」 「魔王」 かな。
やはり、最初の方の作品が印象に残っています。

「ウォーターボーイズ」はもちろん別格です。この作品で圭君のファンになったから。
(圭君は準レギュラーで、出番はそれほど多くはなかったですけど。)

圭君がウォーターボーイズに出た後、チラリ時代が続き、
(もしかしたらこのまま消えてしまうかもしれない)という不安が常にありました。
だから、「汚れた舌」でレギュラー出演が決まった時、すごくすごく嬉しかったです。
汚れた舌は、内館牧子さんの脚本で、ドロドロ系。
圭君は可愛くて、色っぽくもあって、毎週ドキドキしながら見てました。

「汚れた舌」は2005年の春ドラマで、その後すぐの夏ドラマ、しかも月9にレギュラー出演するというニュースを知った時には、天にも登る気分でした。 また、毎週圭君が見れる! しかも、月9!
(スローダンスの次は、すぐに秋ドラマ・僕の歩く道に出演。)

「スローダンス」での圭君のファッションは、作業着(圭君演じる幸平は、親が経営する自動車修理工場で働いているという設定)以外は、ほぼポロシャツ姿で、(←鈴虫の記憶によると、8割方横縞。)
たまには違う服装も見たいと毎回思ってました。(笑)
後半の方ではかっこいいスーツ姿も見れましたけどね。 

みのちゃんに恋する幸平(圭君)は、可愛くて可愛くて、まるで仔犬のようでした。
ドラマにレギュラーで出演、しかも以前から演技で憧れていた妻夫木君の親友役。
青春群像的なドラマでもあったし、本当に圭君は楽しんでやってるように感じました。

「スローダンス」に出演した頃から、仕事がなくなるかもと・・・いう不安は消え、順調に行き出したように思います。
そういう意味でも、このドラマは思い入れがあります。

スローダンスの主題歌は、福山雅治クンの「東京」。真夏のけだるさも少し感じられて、結構好きな曲でした。
そして、福山雅治クンといえば、ドラマ「ウォーターボーイズ」の主題歌「虹」。 この曲も好きだったな~。 
そういえば、福山クンは「ウォーターボーイズ」にちょっぴり出演してます、声だけですが。(笑)

余談ですが、私は圭君のファンになるまでは福山雅治クンがちょっと好きでした。(←今もちょっと好き。)
と言っても、ファンというほどではなく、 福山クンが出てるからこのドラマ見てみようかな~。といった程度で、ネットで検索したりとかいう事はありませんでした。
※幕末物は好きじゃないのに、大河ドラマの「龍馬伝」を観てたのは、福山クンが主役の坂本龍馬役で出てたからでっす。

福山クンが、私が圭君のファンになったきっかけの「ウォーターボーイズ」の主題歌を歌ったのも、何かの縁なのかなあと勝手に思う鈴虫なのでした~。
スポンサーサイト
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。