ハンサムな大学生

今年は春が早く来ましたね~。
お花見を楽しまれた方も多いと思います。
私の住んでいる地域はまだ桜は咲いていませんが、いつもより早く開花しそうです。

圭君ファンの皆様にちょっとお話したいプチ嬉しい出来事がありましたので更新します。

先日、長野県諏訪市にある、とある施設に用事で夫と行ったついでに、今まで何度か訪れた事がある「諏訪湖間欠泉センター」に寄りました。
たまたま間欠泉が吹き出る時間に近い事を知り、それまで施設内で時間をつぶそうと思いました。

間欠泉センターに入った時、2階に諏訪圏フィルムコミッションがロケで協力したした映画・テレビ等の展示があるとの案内板があるのに気づき、見る事にしました。 (※常設展示のようなので、開館している時はいつでも見られると思います。)

行ってみてびっくり。 部屋は結構広く、 諏訪でロケされた映画・ドラマ・プロモーションビデオ等の作品の展示物がたくさん。 有名な所では、映画「テルマエ・ロマエ2」・「永遠の0」・「八日目の蝉」など。
ロケの様子を写した写真パネルとか、出演者のサインもズラ~リ。

その中で・・・田中圭君も出演したドラマ「それでも、生きてゆく」のコーナーには目が釘付け!
圭君のサイン色紙もあったのでテンション上がりました。
色紙には「諏訪圏F.Cさんへ 田中圭  それでも、生きてゆく」と書かれていました。
圭君のサイン色紙の隣には、「残念な夫。」でも共演していた倉科カナちゃんのサイン色紙。(笑)

驚いたのが「それでも、生きてゆく」のコーナーに、ロケで使われた小道具として、最終回の霊園のシーンで使われた深見家のりっぱなお墓も置いてあった事。
綺麗な花(造花)も飾られていました。

で、墓石の上には、「釣船ふかみ」のメニュー表が置かれていましたー。
ちなみに、手書きで書かれたメニューの内容は、定食・丼物・麺類・がそれぞれ何種類かと、一品物としてチャーハン(400円)
飲み物がウーロン茶(200円)、オレンジジュース(200円)
値段はかなりリーズナブルでした。
メニューの中にある、深見定食、深見そば・うどんを是非食べてみたいと思いました。(^^)

墓石は本物かと思ったら、「木製なので寄りかからないで下さい」と注意書きがあり、良く見たら確かに木で出来てる。
パッと見、本物にしか見えません、素晴らしい。

「それでも、生きてゆく」関連では、他に最終回で出てきた「手紙の木」(おみくじを結ぶように木の枝に手紙を結んだ)と、三蓉根湖(釣舟ふかみがある湖。)周辺の案内看板や釣舟ふかみの看板等が展示されていました。

「それでも、生きてゆく」の舞台は静岡という設定だったと思いますが、 ロケの大半は長野県諏訪圏で行われました。
夫の実家から徒歩数分の所でもロケが行われ、エキストラ募集があった時に応募しようか少し迷った事もあります。
ロケ参加者の中に圭君の名前が無かったし、ロケに参加するには仕事を休まなくてはいけないので応募しませんでしたが。

ドラマのロケで使われた場所には私にとってお馴染みの所も多いのですが、
三芙根湖として撮影された入笠湖は行った事がなくて 後でロケ地巡りで行きましたが、静かでとても良い所でした。

◆    ◆    ◆
圭君がチラリで出演した映画「いま、会いにゆきます」のコーナーもあり、
ロケで使われた廃工場のセットの一部が展示してありました。


展示室の中央には、諏訪でロケされた色々な作品の台本があって自由に閲覧できるようになってて、
「それでも、生きてゆく」と、圭君がチラリで出演した映画「いま、会いにゆきます」の台本もあって私はコーフン!

「それでも、生きてゆく」の台本は第一話と最終話のがありました。
台本の最初の方のキャストのページに、 
日垣(深見)耕平(26)  田中圭の文字を確認。
CMのスポンサーの企業名も書いてあって(ほぉ~)と思いました。


映画「いま、会いにゆきます」の台本は、
圭君の演じる役が「ハンサムな大学生」とだけ書いてあって、役者名(=田中圭)の名前はありませんでした。
圭君、ハンサムな大学生役だったんだ~。(笑)
ちょっと、こそばゆいような・・・

その脚本の、圭君の登場箇所だけ書き出します。
(この映画で圭君が出演したのはワンシーンのみですが、ある意味、すごく重要な役回りです。)


※ネタばれになるので、見たくない方は* * *の部分は飛ばして下さい。


*   *   *   
主人公の巧(中村獅童さん)が、澪(竹内結子さん)に会いに東京の大学へ行った場面。


(大学の)校舎から出てくる、澪。
巧「・・・・・・」
一歩前に出ようとするが、止まる。
ハンサムな男の子が、(澪に)傘を差し出した。
「ありがとう。」と笑顔で一緒の傘に入る、澪。

巧「・・・・・・」
巧の声(やっぱり自分じゃないんだ、澪の恋の相手は・・・そう思ったんだ。)


*   *   *   

ロケ展示には、
WOWOWで放送された「地の塩」のコーナーもあり、
(発掘現場は山梨県の設定でしたが、ロケは長野県で行われました。)
主演の大泉洋さんと、鈴木浩介さんのサインがありました。

・・・・実は、この展示を見にいったのは一ヶ月以上前でして。(^^ゞ
記事を書き始めたのはいいが、途中で面倒になってしまって、ずーっと放置していました。
今日、ようやくアップする事が出来ます(汗)


今月の16日からの連続ドラマ「アイムホーム」に圭君が出演しますねー。
アイムホーム公式サイト
私はキムタクのドラマはそんなに観た事がないんだけど、
「アイムホーム」は観ようと思っていたドラマなので、圭君が出演する事がわかって楽しみ倍増です!

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード