十文字学園女子大学・短期大学 桐華祭 トークショー  《けろよんさん提供》

埼玉県で行われた田中圭君のトークイベントのレポを、前記事のコメント欄で複数の方がレポして下さいました。
そして、同時期に、けろよんさんが私にレポを送って下さいました。
当然ですが人によって視点が違いますし、“萌え~”ポイントも違いますので、
被る内容もあると思いますが、けろよんさんのレポをそのままアップさせてもらいますね。
☆☆☆

10月26日(日)、十文字学園女子大学・短期大学の学園祭「桐華祭」に行ってきました。
東京近辺で圭くんが学園祭に出るのは本当に久しぶり。(「私が恋愛できない理由」の頃の日本女子大以来じゃないだろうか?)
最近は舞台挨拶もないし、待ちに待った圭くんのトークイベントです。
久しぶりのレポなので、うまく伝えられるか不安ですが、がんばってみます。

トークショーが行われたのは記念ホールメインアリーナという、きれいで立派なホールです。
広いホールの中、椅子を並べた前の方の席(コンサートで言うといわゆるアリーナ席)はおそらく学内の学生さんや関係者、その後ろの階段状になっている席が一般席のようでした。
私は一般席の中でも比較的前の方だったので、圭くんの表情もよく見えてラッキーでした。

今回のイベントは、お笑い&トークショーで、シソンヌ、パンサー、ANZEN漫才、流れ星の4組がお笑いライブをやって(合計45分くらい)、その後圭くん登場となりました。
実は私、お笑いライブはそんなに興味なかったのですが、実際見てみたら・・・すごく面白かったです!(お笑いライブなんで面白いのあたりまえなんですが)
こんな楽しいイベントありがとう!!です。

さて、お笑いの後はいよいよ圭くんの出番です。
「こんなふうにお笑いの後っていうのは初めてで・・いやー田中圭つまんないなーって思われたらどうしようって思ってるんですけど、がんばります!」
と、お笑い芸人さんにおもしろさで張り合うかのような意気込みで圭くん登場しました。(俳優なので方向性間違ってるような気がするんだけど圭くんらしいです。)

司会の女性に「女子大はどうですか?」のようなことを聞かれ、
「前回島根に行ったんですけど、大河の影響なのか、県民性なのか、会場の2割くらいがおじいちゃんで、2割くらいがおばあちゃんで、(すみません、あと2割はけろよん忘れました。親子連れとかだったかな?)残り4割が学生さんって感じだったんですよ。だからその時はなんかゆったりした雰囲気で・・」
と、ちょっと圭くん予想外だったようなんですが、今回は若い女の子が多く、女子大って感じで、前回との雰囲気の違いを感じたみたいです。
司会の人によると、今回1200人ホールに入っているそうです。

「大河ドラマ見てる人?」と司会の人が会場に尋ねると、若い女の子が多いせいか、手を上げる人はそんなにいなくて、
「じゃあその中で岡田くん目当てに見てる人?」と聞いてもまばらで、
「じゃあ田中圭さん目当てに見てる人?」と聞くと、少ないながらも岡田くん目当てより多くの人が手を上げ、
圭くんがすかさず「うそだー。岡田くんより多いなんてー。」って言ってたけど、この会場の中は圭くんファンが多いだろうから、うそじゃないと思います(けろよんも手をあげましたよん)。
大河ドラマについては、
「石田三成はチョー小物で悪いやつなんですよ。みんな大河ドラマに出演するのは好感度を上げるためなのに、僕は好感度下がっちゃいました。この前は『人を陥れて生きていくのはやめてください』って言われちゃいましたよ。」って話してました。
でも司会者が「それ(そんなふうに悪いやつだと視聴者に思ってもらえるの)は、ここ(腕)ってことじゃないですか?」と腕をポンポンたたくしぐさをすると(つまり腕がいいということ)、
「そうなりますぅ?」とちょっと得意気にしてました。

圭くんは、役名で好きって言ってもらうことが、とにかく大好きだって言ってました(例えば、長谷川優くん大好き!みたいに)。
だから、今回の三成を大好き!と言う人はいないでしょうけど、役柄を評価してもらえることは、すごく嬉しいんだろうなーと思います。

ここのみなさんは何度も聞いてるでしょうが、デビューのきっかけについての話もありました。
オーディションの最終に残った中に、成宮寛貴くんもいた話が出ると、会場もへぇーって感じになりました。

以下、質問と圭くんの答え、思い出せる限り書きます。
司会者が用意した質問か、観客からの質問(入場時に紙を渡され、書いて係の人に渡します。箱の中にその紙が入れられ、圭くんがそれをひいて司会者が読みあげます)かはよく覚えてないので、混ざってるし、順不動です。

Q役作りはどのようにするのですか?
「役作りは特にしてないですよ。」
司会「三成もですか?(あんな悪い役なのに素のまま?という意味)」
(あわてて)「めっちゃしてますよ!」
でも、三成について調べたり、お墓参りに行ったりはしても、特に役作りはしないようで
「今回岡田くんと敵対する役なんですけど・・あ、岡田くんじゃないや、官兵衛と敵対する役なんですけど、官兵衛が岡田くんじゃなかったら、自分の役も変わってくると思います。
 いつも演じる上で決めてるのは、例えば相手役の女の子がいたら、その子に対して持っている自分の役の気持ち(好きとか、気になるとか、キライとか)を決めて、その子とどんなシーンをやっても(普通に話すシーンでもケンカするシーンでも)、その女の子に対して持っている気持ちだけは常にぶれないように演じようと思ってます。」

Q今はまっているものは?
「ジムですね。はまってるというか、やらなきゃいけないんですけど。最終的には、俺こんなに鍛えてるんだぜっていう身体になりたいんです。
 前はパーソナルトレーナーについてたんですけど、なかなかトレーナーの方と時間が合わなくて、今は24時間営業のジムに変えました。」
どうやら身体を鍛える必要のある役があるらしいんですけど、まだ言えないらしいです。

Qお気に入りの曲は?
「運転してて聞きたくなる曲が2曲あって、1つはSEKAI NO OWARIのスターライトパレード。もう1つはアナと雪の女王の生まれてはじめて、それも後の方に出てくる・・」
と言って、映画のセリフを再現しながらちょっと口ずさんでくれました。(でも私アナ雪見てないから、よくわかんなかったんだよねー。圭くん確かスマステに出た時は、まだアナ雪見てないって言ってたよね。)

Q今、緊張してますか?
「あんまりしてないです。舞台の時は、初日だけすごく緊張するんですけど2日目からは楽しくなります。
(質問者に向かって)緊張しい(緊張する人)なんですか?でも、緊張するのは悪いことではないと思いますよ。」

Q寝る時はどんな格好ですか?パジャマ?スウェット?それともその他?
「スウェットです。ジャージ? Tシャツ短パンで。冬はスウェットです、ユニクロの。」

Q今後やってみたい役は?
「探偵やってみたいですね」(これは結構即答)
いろいろ考えていたようですが、他は思い浮かばなかったみたいです。
司会「じゃあ探偵役が来るように、みなさんにも協力してもらって」
「そんなことできるんですか?」
司会「ツイッターとかで書いたり」
「あ、でも、見てる方の反応というのはあるんですよ。映画は撮り終わってから公開なんで無理ですけど、ドラマは視聴者の意見反映されることありますからね。
私が恋愛できない理由も最初は違う台本だったんだけど、みなさんの反応を聞いて変わっていったんですよ。」

Q最近しあわせだったことは?
「今いる現場がとても楽しくて、しあわせです。今の現場、ワンカット(カット割をしないで撮影すること)が多いんですよ。相棒なんかもそうなんですけど。それがすごく楽しいです。」

Q座右の銘は?
「うーん、いろいろあって。じゃあ、(質問者に)送る言葉として、これは渡辺謙さんに言われた言葉なんですけど、『Same smile same walk』いつも同じ歩調でってことです。これ謙さんが
言うと、めちゃめちゃかっこいいんですよ。」
言葉と言えば
「僕インタビューで、『海賊王に、俺はなる!!』って答えてたことがあって、これ僕のこと知ってる人だったらいいんですけど、知らない人だと「それはどんな海賊に?」みたいに真面目に返されちゃって、イタイ感じになってきたので、こういうこと言うのはやめました。」だそうです。

最後の抽選は、くじではなくて、座席番号を圭くんが好きに選んで読みあげるというスタイルでした。ブロック番号を選ぶ時「じゃあ、僕はVOICEというドラマでエビアレルギーの役をやったのでABブロックで」と圭くんが言った時がありました。VOICEのこと、けっこう前のドラマで、しかもゲストで1回のみの出演だったのに、よく覚えてるなーって思いました。あの役は、ほんとに圭くん名演技だったし、斗真くんとのシーンもすごく良かったので、圭くんの口からVOICEという言葉が出て、感慨深かったです。

圭くんは「僕は役者なので、舞台はあっても、素の自分でみなさんの前に出て、直接みなさんの顔を見て話をする機会はなかなかないので、学園祭は本当に楽しみです」
ということで、ずっとずっと、学園祭に行き続けたいようなので、私も行き続けるぞー!と思ったけろよんでした。

★  ★  ★
へー、今回はお笑いライブの後だったんだね、会場が大受けで、その余韻が残ってる時に登場・・・は本人結構辛かったかも?
圭君頑張り過ぎて、スベる事が良くあるから尚更。(笑)

今の歌謡界?に疎い私は、「SEKAI NO OWARI」というグループを全く知らず、けろよんさんのレポで知りました。
なんか、穏やかでない名前ですな。

圭君は「負けて、勝つ」で渡辺謙さんの息子役をやれた時は感激だったでしょうね。
そういえば。ドラマ「ウォーターボーイズ」の32人のボーイズの中に、リアルで渡辺謙さんの息子さん(渡辺大クン)がいたけど、皆様知ってたかしら?
当時の芸名は「新 晋一郎」だったから気づかなかった人も多いと思うけど。

「VOICE」の話は私も意外。 あの時の演技は本当にすごくて、見ているのが辛かったです。
圭君は、「次の作品に入ると、終わった作品の事は忘れる(ようにしている)」というような事を以前言ってた事があったけど、VOICEのあの役柄は強く印象に残っていたのでしょうかね。

・・・長くなってしまうのでこの辺で。 
いつもの事ながら素晴らしいレポをありがとうございました!
そして、前記事のコメント欄でレポして下さった方々、ありがとうございました!

JACCSカードCM バイク編の圭君  《2005年10月~》

田中圭君が出演したCM作品で、印象に残っているものの一つがジャックスカードのバイク編。
これもビデオテープで録画したものなので、画質が悪くなっていてレポも正確ではありません。

登場人物は、社会人の若い息子(圭君)とそのお父さん(50代後半位。)とジャックスカードの社員。
ネットで検索してみたら、お父さん役の方は「勝美史郎」という方でした。
お父さんは全くセリフがありません。表情だけの演技が良かったです。

◆   ◆   ◆
(CMでの)圭君の自宅。 手前の部屋に圭君がいて、机の前でノート型パソコンを開いて見ています。
奥の方の土間(?)では、愛用のバイクの前でお茶を飲むお父さん。

設定がわからないので私の勝手な推理ですが、
圭君の家はお父さんが自営業を営んでいるのかな? 奥の土間の所には工具を入れる(?)青いコンテナのようなものが並んでいるのが見えるし、工務店なのかもしれません。
圭君がいる部屋は、事務室も兼ねているような感じに見えます。

私の考えは全く違っていて、店ではなくて単にお父さんの趣味のバイクを置いてある車庫なのかもしれませんが、どちらにせよストーリー上あまり関係ないと思うのでこれくらいで。


部屋でお茶を飲みつつ、バイクを磨くお父さんの背中を見ながら
(おやじとすれ違い始めたのはいつからだろう・・・)とつぶやく圭君。

お父さんと何か会話をしようと思い、椅子から立ち上がってお父さんに近づく圭君。
お父さんは振り返ってチラッと圭君を見ますが、すぐに又バイクの方を向いて作業を続けます。

圭君は、お父さんと話すきっかけを失って俯きます。


スーツ姿の圭君。会社帰りなのかな?
バイク店のウィンドー越しにバイクを見て、買う決心をする圭君。

店員「では、御署名を。」
お店で、ジャックスのカードローンの申込書に記入する圭君。(※圭君、お父さんと一緒にツーリングする場面を思い浮かべてか、微笑みながら。)
名前の欄に「山田」と書いているので、苗字は山田だと判明。


圭君の家。圭君、再び、バイクを整備するお父さんの傍まで言って、
圭「おやじ、ツーリング行かない?」←この時の圭君の見た目が、幼くて可愛い。 このセリフを言う時の、頭の揺れ具合が圭君っぽいです。(笑)
お父さん、(えっ?)と驚いたような顔をしつつも、ちょっと嬉しそう。


山道をツーリングする親子。
フルフェイスのヘルメットに、レザースーツ。
※圭君がバイクの免許を持ってるって話は聞かないし、ツーリングシーンは別の人が圭君を演じていると思います。

見晴らしの良い峠にバイクを停めて並んで座る圭君父子。
圭「又来ような。」
この時の、お父さんの嬉しそうな顔が良いです。

ジャックスのナレーションが入り、
景色を眺めながらどこかの場所を指す圭君とお父さんの後姿。
圭君達がいる峠はかなり高い所で、前方には山々が広がり、素晴らしい景色です。
ここはどこなんでしょう。たぶん関東近郊だと思うのですが・・・

◇   ◇   ◇
CM中に流れる曲が、特に後半のツーリングシーンと雄大な景色の場面にマッチしていて、なかなか良いと思いました。

このCMはなんとなく「秋」のイメージがあったのですが、
圭君公式を見たら2005年の秋(10月)から放送されていて、今の時期にぴったりだと思いアップしました。

★★★追記★★★
10月26日に行われた、埼玉県の十文字学園女子大・短期大(すみません、長いので少し省略させてもらいました。)のトークショーに行かれた方が、コメント欄でレポして下さいました。 ありがとうございます! (10月28日)
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード