ドラマ「女の一代記シリーズ 越路吹雪の生涯」の圭君  (2005年11月25日放送)

田中圭君がチラリ出演したドラマ「女の一代記シリーズ 越路吹雪の生涯」を録画したビデオテープが出てきました、懐かしい~。
テープがものすごく劣化して(涙)わかり辛いので正確ではないかもしれませんが、圭君の出演シーンだけレポしますね。


主演の越路吹雪役は天海祐希さん。 圭君は、越路吹雪の楽屋に花を届ける青年役で、1分もない登場時間です。

若い人は、越路吹雪さんの事を良く知らないかもしれませんね。
そういう私も、有名な方なので名前は知っておりますが、 私と年代が違いすぎる事もあって、シャンソン歌手という以外は詳しく知りません(汗)


圭君の登場シーンまで、ビデオを軽く飛ばしながら見ていたのですが、越路吹雪の少女時代役で、まだ若かった新垣結衣ちゃん(16、7歳位かな?初々しいです。)や、圭君と縁がある(?)谷原章介さんや「miracle」で圭君のお兄さん役だった小沢征悦さんや、原田泰造さんなど出演していてびっくりでした。

出演者や、ドラマの内容を全然覚えていなかったもので・・・汗 
当時、(いつ圭君が出るのかな?もうすぐ?) と、ドキドキしながら圭君の事ばかり気にかけて見ていたからですね、きっと。
★ちなみに、このドラマが作られた年は、「スローダンス」で初めての月9レギュラーになったり、そろそろ圭君の仕事が軌道に乗りつつあった時期です。

ドラマが始まって30分位経った所で、いよいよ圭君の登場シーン。

(字幕)昭和28年12月12日 銀座・山葉ホール リサイタル当日
越路吹雪に贈られた花(二つ)を台車に乗せて、廊下を歩く圭君登場。
圭君は花屋の店員役のようです。

画質が悪くて良くわからないのですが、灰色っぽい作業着のような服に、白いエプロン(腰から下のタイプ)を付けています。
越路吹雪の楽屋前まで来ると、花を「よいしょ。」と両手で持ちあげ、後ろ向きでお尻で押してドアを開ける形に。

画面が切り替わり、越路吹雪の楽屋内。
ドアを開けて入ったらそこに越路吹雪がいたので、口を開けて驚く表情の圭君。

越路吹雪は普段着姿でテーブルの前に座り、
左手にタバコを持ち、右手で持ち歌の「ビギン・ザ・ビギン」の日本語の歌詞を紙に書き写していました。(※気持ちを落ち着かせる為?)

圭「あ、あの、越路吹雪さんにお花です。」
越路、笑顔を見せて「あー、御苦労さま。えっと、じゃあ、そこに置いといて。」
圭「はいっ。」
笑顔で返事して、すぐに緊張したような表情になる圭君。
指を差された場所に一つ目の花を置く時、ちょっと挙動不審になりながら、大スター越路吹雪をチラチラ見る圭君。(笑)
二つ目の花を持って来た時に、
圭「あのっ、母がファンなんです、頑張ってください。」 ←圭君がよくやる、両手を後ろで組む仕草をしながら。
吹雪、優しい笑顔で「どうもありがとう。」

笑顔で一礼をして、ドアを閉める圭君。
戸を閉めて廊下に出た直後、
圭「開演5時間前なのに・・・」と、驚いた表情でつぶやきます。


以上で圭君の出演時間は終わり。 だいたい30秒~40秒位かな? 

大スターを前にしてキョどる青年の心理が、良く表れていたと思います。
時代が昭和28年なので、髪を七三分けにした昭和な髪形。
お花屋さんといえば、この年、圭君が初めてのレギュラーで出演した春ドラマ「汚れた舌」。
圭君が演じた涼野光哉は、大きなお花屋さんのおぼっちゃま。
「~越路吹雪~」を観た時、(あ、今回もお花屋さんなのね。)とニンマリしました。

◆   ◆   ◆
ここからは、圭君出演のドラマの話を。(軽くネタばれしてます。)

前の記事にも書きましたが、私は大河ドラマを最初のうちは見てても、途中からだんだん見なくなるというパターンが多いです。
主人公の少年~青年時代の、若さゆえのエネルギッシュなエピソードには関心があるけど、熟年以降になって落ち着いてくると、だんだん興味が薄れていってしまうというのが大きいのかも。

今年の「軍師官兵衛」も、岡田クンが主人公だし、たぶん圭君が出ていなくても(最初は)見ていたと思います。
官兵衛の世界にそこそこハマっていた私。
そして、「軍師官兵衛」8週目にいよいよ圭君の石田三成登場。
馴染のメンバーの中に圭君が入っている事が何か不思議な気持ち。しかも、大河の世界に溶け込んでる。
あ~、圭君、「大河ドラマ」に出てるんだ~!! と今更ながら実感して嬉しかったです。


冬ドラ「夜のせんせい」は、私の好きな役者さんが何人も出ているし、内容も結構気に入っていて毎週楽しみにしています。
クスッと笑える場面が所々にあって、ウルウルする場面もあって。
以前放送された、主演のミムラさんが先生役の連続ドラマ「めだか」も定時制の高校が舞台で、好きなドラマだったんですが、
「めだか」も「夜のせんせい」も、結構ジーンとくる場面があるのが共通しているかな。 

圭君が演じる上武クン、いけすかないヤツですね~。
でも、普段嫌なヤツが、たまに良い面を見せるとグッと株が上がるように思います。
圭君は、良い人だと思っていたら実は・・・という役がこの頃多いので、こういう嫌なヤツの方が、安心して見れるかも?


そして、WOWOWで全4回放送の「地の塩」。
実は、私はこのドラマを見る為にWOWOWに加入しようかどうしようか、迷っていました。(やっぱ有料ですしね~。)
しかも、2月~3月にかけて放送されるから、視聴料は2ヵ月分。

俳優さん達は豪華だし、ドラマ「デカ黒川鈴木」のトリオ総出演だし、(圭君・板尾さん・田辺さん)
放送が1ヶ月だけだったら、又は圭君が主役クラスで出番が多いのなら、迷わず加入してたと思うんだけど。

とりあえず、1回目は無料で視聴できるので、視聴してからどうするか決めようと思って見ました。
(とは言え、よほどの事がなければ加入するつもりでしたが。 それに、新規に加入すると、地の塩のオリジナルパンフがもれなく貰えるらしいし。)

物語が始まってすぐは、ちょっと退屈だったんだけど、話が動いてきたら俄然面白くなって、
続きが見たくなって加入決定!
音楽もドラマチックな感じでストーリーを盛り上げていると思います。
圭君演じる馬場君が、今後どうなるのかハラハラ・・・。

・以前も、圭君出演作品を観る為に一時的にWOWOWに加入した事があるのですが、
ネットでも電話でも、申し込んでから15分~20分程度で視聴できるようになるのがいいですね♪(←WOWOW加入を迷ったと言ってしまったので、ちょっと宣伝しといた。)
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード