舞台「銀河英雄伝説~初陣 もうひとつの敵」 +ドラマの話

8月1日~6日までの3日間、田中圭君が出演する舞台「銀河英雄伝説~初陣 もうひとつの敵」が東京・日本青年館で上演され、私は2回観に行ってきました。
舞台の感想的な事は、前記事のコメント欄にちょこっと語っているので、
それ以外の事を中心に書いてみました。(今更かもしれませんが。)

◆  ◆  ◆
あれは、何ヶ月も前、「バブー・オブ・ザ・ベイビー」の上演さえ始まる前の事。
いつものように圭君モバイルを覗いた時に目に入ってきた圭君の新・舞台情報に驚きました。

それも「銀河英雄伝説」。 確か、ゲームにもなっているし名前だけは知っていました。
なんか、ラインハルトだのジークフリードだの、もろ西洋のほっそりとして背の高い、美形男子を思わせる(←鈴虫の勝手な思い込み。)役名がずらずら並び、 
圭君が宝塚のような、濃くてキンキラリンの衣装にメイク、金髪の巻き毛(※ベルサイユのばらの、オスカルのイメージ。)で登場するのか?と心配しましたが、
圭君の役名の「ヤン・ウェンリー」を見て、おそらく東洋系の人物なのだろうと思い、検索してみたらそのようだったのでホッとした事を覚えております。

余談ですけど、銀河~の出演者に「橋本淳」(はしもと・あつし)という名前を見た時、
頭の中で勝手に「橋本淳」⇒「はしもと・じゅん」と変換してしまいました。
橋本クンは、「ウォーターボーイズ2」のボーイズの一人で、圭君とはボーイズ繋がりだというのに

へー、橋本じゅんさんが、宝塚メイクで金髪の、美しい男性を演じるのか~!! いや~、想像出来んなぁー。←その時の私の気持ち。

で、でも、橋本じゅんさんは3枚目のイメージが強かったのですが、「図書館戦争」で真面目な役(?)を演じている彼を見て、意外とカッコいいんだ、と思った事も事実です。(←フォローのつもり。)


「銀河英雄伝説」を検索した時に、圭君が演じるヤン・ウェンリーという役を過去に河村隆一さんが演じた事があると知り、彼のファンだった事がある私は、当時の頃を思い出して胸がキュンとなりました。(照)

私が15年以上前に河村さんのファンになった後は、ちょっと好きという程度の芸能人はいましたが(福山雅治クンとか。)圭君のファンになるまでは、特に応援する人はありませんでした。

飽きっぽい私なので、河村隆一さんのファンだったのは1年位です。(誰かのファンになっても長くて1年位。)
ルナシーのメンバーだった彼が、活動休止中にソロ活動をした時にファンになり、又ルナシーの一員に戻ってから私のファン熱が自然に消えていきました。
※とか言うと、ルナシーが好きじゃないと思われるかもしれませんが、彼のファンになってからルナシーの事を調べたらけっこう私好みの曲が多くて、ルナシーのプロモーションビデオをいくつか買いました。

河村さんのファンになったのは、彼のソロデビュー曲「I LOVE YOU」が大好きだったのがきっかけです。
その頃あちこちで流れていたこの曲がすごく気に入っていた私。
ある時、たまたま見ていた音楽番組に河村さんが出演していて、その時初めて彼の顔を知りました。
甘いマスクに甘い声。 (ルナシーというバンド名は知ってたけど、顔は知らなかった。)
そして、あの美しい曲を彼が作ったと知って即・ファンに。

彼の出ている雑誌を買ったり、彼が出演したテレビドラマ「ふたり」を毎週楽しみにしたり、彼が出したシングルやアルバムを買ったり・・・けっこう夢中でした(笑)
「ふたり」の中で流れた、スピッツの「君だけを」も好きだったなあ。

彼のコンサートのチケットをゲットしようとしたけど、開始とともにすぐ販売終了になってしまった時はガックリしました。(当時はインターネットでの販売は普及していなかったかも? 地方に住んでいたら電話でチケットをゲットするしかありませんでした。)

河村さんの話を長々とすみません。今まで、過去に私が河村隆一さんのファンであった事を知っているのは私の家族だけで、ネット上では前の記事のコメント欄でカミングアウトするまでは誰にも話した事がなかったので、この際語ってしまいたくなりました。(^^A;)


私は、圭君が出演する事で初めて「銀河英雄伝説~」を観たので、当然河村さんが演じるヤンを見た事がありませんが、私の持つ河村さんのイメージから、軍師として絶大な信頼を受け、自信にあふれ、ナルシストで、カリスマ的な要素を持った男なのでは・・・と勝手に思っています。

圭君が演じたヤンはまだ若くて、軸が定まらずちょっと自信なさげな所があり・・・
そんなヤンを圭君は好演していたと思います。

帽子を取って頭をカキカキするヤン、可愛かった~。
今回の舞台は、ラインハルトとヤンが出会う前の話で、直接二人の絡みがなかったのが残念。


*  *  *  *
ここん所、圭君不足で寂しい毎日です。
早く、演技をしている圭君をテレビで見て癒されたい!
この秋の、単発ドラマ2つと圭君主演の連ドラが楽しみです。

単発ドラマ
『事件救命医~I MATの奇跡~』
・医療ドラマ×刑事ドラマらしいですが、いったいどんな感じに仕上がってるのか楽しみ。
主演の玉木宏クンは、映画版「ウォーターボーイズ」のボーイズの一人。(主要メンバー)
私は、彼をこの映画で知りました。

玉木君は、ドラマ「ウォーターボーイズ」にも出演していますが、圭君との直接の絡みはなかったと思います。
今回、ウォーターボーイズつながりの2人の絡みを見るのが楽しみです♪
(何かと、ウォーターボーイズ中心の私。)

『神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』
・私、幼少の頃から鉄腕アトム、ジャングル大帝、リボンの騎士、バンパイヤ、火の鳥など、手塚氏の作品にけっこう親しんできました。
手塚さんは、私の好きな漫画家の一人です。

ブラックジャックも大好き。 たぶん、単行本を全巻読んでるんじゃないかな?
10代半ば頃、少年マンガ誌も読んでいた私。リアルタイムでブラックジャックを楽しんでました。
このドラマは、圭君が出ていなくても気になる作品だったかも?
「僕の歩く道」以来の、草なぎ君との共演も楽しみ。

連ドラ
『ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~』
・いったい、どのドラマに出るんだろうと思っていましたが、
予想もしていなかった、テレビ東京のドラマ。

正直に言いますと、知った時にちょっとがっくりしてしまいました。
テレビ東京は、関東住みの方なら皆見れるかもしれませんが、地方では見れる地域の方が少ないのではないかしら?
私の住む長野県も、テレビ東京が見れない方が結構いるのではないかと思います。
うちはケーブルテレビに入っていて、見る事が出来るのですが・・・。

だけど、連ドラだし、きっとDVDが出たりレンタルされたりしますよねっ。
圭君が主演というのは、すごく嬉しい♪

圭君と佐藤二朗さんは、今までに何度も同じ作品に出ていますが、二人の絡みのあった作品は少ないのではないかしら。今回のドラマでは、どうやらがっつりと絡みがありそうで楽しみです。
何より、今回のドラマでは、圭君が15歳から45歳までを演じるらしいから、楽しみ~。

・・・ただ、深夜ドラマなので、11時過ぎには寝ちゃう早寝の私は、毎回、録画したのを後で見る事になりそうだけど。
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード