はなまるカフェ  グランマーブルの話など。 《2010年 11月9日放送》

前の記事で何度か話題になったグランマーブル。(※コメント欄です。)
2010年11月9日に田中圭君がはなまるカフェにゲスト出演した時に「今日のおめざ」で紹介していたそうなんです。
見たはずなのに、覚えていなかった私・・・(汗)

それで、録画したのを見直してみました。 
どういう話題が出ていたのか簡単にレポしようと思います。

ちゃんと聞き取れなくて実際の言葉と多少違うかもしれません。(←当時の我が家は古いテレビ&レコーダーで、字幕で見れなかった。)
今更の話題もありますし、特に印象に残った話題を中心に、駆け足で紹介します。(敬称略)


《美味しい ラーメン屋さん 紹介します!!》と書いたフリップボードを持って圭君登場。
圭「おはようございます、田中圭です。 今日は美味しいラーメン屋さんを紹介します。」
服装は、薄手の水色のTシャツ+黒のカーディガン+少しゆったりとした黒のパンツ


薬丸「田中さん出演のCM、面白いですねー。」
当時放送されたカロリーメイトのCM映像が流れます。 ※「健やかなる君へ(夏)」編
続いて、当時出演したドラマ「官僚たちの夏」、舞台「裏切りの街」、映画「ランウェイ☆ビート」、
最後に映画「TAJOMARU」のクライマックスの殺陣の場面の映像。

薬丸「TAJOMARUの殺陣はかなり練習されました?」
圭「あんまり練習期間がなかったんで、実は現場入ってから撮影の合間合間にずっとやってたっていう感じで・・・。」
薬丸「やー、でも息ぴったりでしたよね、小栗旬さんとねー。」
圭「まー、はい、付き合い長いんで・・・(笑)」
薬丸「同じ事務所なんですよね?」
圭「はい、先輩です。」


今朝のおめざ
「マーブルデニッシュ メイプルキャラメル 一本1050円
グランマーブル(京都・南区)


職人さんが一本一本手作りで焼き上げた、パンでもケーキでもない、新感覚のスイーツは、ふんわりしていながらも、しっとりとした食感が特徴だそうです。(※確かにとっても美味しそう!! 圭君、バクバク食べてました。)

薬丸「何故こちらをおめざに選ばれたんですか?」
圭「最近、ここ一ヶ月間位、朝食べてるモノがこれと、ポパイさんのおにぎりなんです」(笑)
岡江「お世話になっていますよ。私達も。」
薬丸「良くテレビ局にねー。お弁当運んでいただいてますよねー。」

★「ポパイのおにぎり」の画像が出ましたが、おにぎり二つにちょこっとタクワン。おかずは、から揚げバージョンか、ゆで卵バージョンの二つで、圭君はいつもから揚げの方を選んでいるそうです。
ローテーションで、朝はポパイのおにぎりか、グランマーブルのデニッシュを食べていたそう。

皆でグランマーブルのデニッシュを食しながら・・・
岡江「このパンはいつも買っとくんですか、自分で。」
圭「自分の会社のスタッフさんが、ここの会社の方と仲良くて、お付き合いがあって頂くのが多いんですけど、たまにこっそり自分で直接頼んだりして・・・」
一同「美味しいー。美味しいー。」

薬丸君から、一ヶ月間位食べてるとの話だけど、ハマるとそれにずーっとハマるのかと聞かれ、
圭「そうですねえ、飽きないですね。」
薬丸「外食なんかでもそうなんですか?」
圭「外食でも、良く行く所にしか行かなくて、一週間で4日連続とかで同じ鉄板焼き屋さんに通ったりとか・・・」

柴田理恵「よっぽど好きだったんだ。」
圭「やー、昨日も行ったしなあ。と、行く時に思うんですけど、行ったら食べれちゃう。絶対僕、同じメニューしか頼まないんで・・・」
柴田「へー。それでずーと食べて、飽きたら全然違う方へ行く人?」
圭「でも、たぶん4年位同じメニューしか頼んでないですね。」
笑う岡江さんと柴田さん。
圭「サラダと、ハンバーグと、ガーリックライスっていう・・・」

柴田さんから家で料理するのかと訊かれ、一切しないんですよ。と圭君。


はなまるアルバム

(※圭君が撮ってきた写真です。)
《母が着ていた》
黒のデザインTシャツと、白のラインの入った紺色の短パンの写真。圭君の寝巻だそうです。
お母さんが何日に圭君の家に行くと言ってたのに、すっかり忘れていて、当日は舞台を観に来てくれたお客さんとご飯(焼肉)を食べていた圭君。
圭君の家に居るお母さんから、「いつ帰ってくるの?」と電話があって急いで帰宅。
そしたら、お母さんが圭君の寝巻を着ていた。(※お母さんは圭君の寝巻だと知ってます。)

圭君は、何でだろう?と心の中で思いつつ、(その事に触れる事なく)2人でおしゃべり。
夜10時位になっても一向に圭君の服を脱ごうとしないお母さんに、
圭君が「ん?どうしたの?」と言ったら
「今日泊まっていくから。」

圭「今まで、冗談で“今日泊めて。”と言う事はあったけど、有無を言わさず“泊まる”って言ったのは初めてだったから、あー、話したい事いっぱいあるんだなーって思って・・・。」
その日は、お母さんに圭君の寝巻を着させたまま、圭君は別のTシャツ・短パンを着て、ベッドで2人で寝たそうです。

薬丸君から、失礼ながらお母さんはおいくつかと訊かれ、
圭「30の時の子なんで、56だと思います。」(※圭君が26歳の時の放送です。)

圭君、柴田さん達から、話を聞いてると彼女っぽいよね、と言われてます。(笑)

お母さんとのおしゃべりで、ほとんど聞き役に徹していた圭君。丁度舞台期間中だったので(※裏切りの街かな。)、何度も観に行ったお母さんが、舞台について感想を話したり、「あそこのシーンは、誰々はこういう気持ちなんでしょう?」とすごい深い事を言ってくれたのが嬉しかったとか。

その後もしばらくお母さんの話が続いたのですが、簡単に。
・お母さんから良く電話がかかってくる。一旦切った後、絶対かけ直してくる。「さっき言い忘れたんだけどさ~。」
(※実は私も時々やりま~す。 特に、一人暮らしの息子に電話した時。)

・薬丸君から、親孝行してるかと聞かれ、最近だとお母さんから風呂釜が壊れたと電話がかかってきて、新しい風呂釜(の代金)をプレゼントしたようです。

・柴田さんから、お母さんに感謝している事は?と聞かれ、いっぱいあると圭君。
今は1人暮らしだけど、お母さんと一緒にいる時間が長かった圭君。最初は圭君の出ているドラマとか観て文句ばっかりだったのが(例えば、 アンタ、あのシーン泣きなさいよ!とか。)、最近はあの作品面白かったよ、とか、たまに話すとすごい深い所まで見てくれてて、新しい視点から気づかされる部分もあり、いっぱい感謝していると言ってました。

《ハマってます》
つけ麺の写真。
圭君はラーメンが好きだそうで、良く行くラーメン屋さんを紹介しました。
(※あくまでも、当時の情報です。)

・AFURI ―阿夫利―  東京都渋谷区恵比寿   圭君のオススメ→ゆず塩麺 850円
※圭君は、この店でゆず塩麺か、辛ゆず塩麺を食べるそうです。

・つけそば ぢゃぶ屋  東京都世田谷区上馬  圭君のオススメ→平打ち麺 辛味味噌900円+おじやセット200円
※たくさんの芸能人が通う店としても有名だそうで、壁にたくさんのサインが。圭君のサインもありました。

圭君曰く「飽きないんですよ。」
行く時は週に何度でも行くと言ってました。
(※私は麺好き、特にラーメン大好きなので、映像を見て、今すぐ食べたくて食べたくて仕方がなかったです。)

《どーーん!!》
アニメ・ワンピースの大きなジグソーパズルを両手で持って、得意気ってか、イマドキの言い方で「ドヤ顔」の圭君の写真。
ネットで検索してみたら、圭君が完成させたのは数あるワンピースのジグソーパズルの中で
ワンピース~ONE PIECE CHRONICLES2 (クロニクル2)という商品のようです。
縦34センチ、横102センチ。 家に飾っているそうです。

950ピースあるパズルを、
圭君は4日間弱位で完成させたそうです。
一日何時間位やったのか薬丸君に聞かれて、考えて5時間位はパズルをやってたと言ってました。

圭君は、細かい作業は大っきらいだけど、初めてジグソーパズルをやったらハマって止まらなくなって、どんどん自分の好きなキャラクターが出てくるから楽しいー!!と思いながらやったそうです。
ワンピースが大好きだから出来たけど、たぶんそれ以外のパズルだったら出来ないな、と思いながらやってたそう。
※ホントは、店に飾ってある完成品が欲しくて 「これ下さい」と言ったけどダメですと言われ、買って挑戦したらしい。

(※私も、数回ジグソーパズルをやった事がありますが、せいぜい200ピース程度? 目とか首とか疲れるし、細かい作業が苦手な私には向かないと思いました・・・。 圭君、初めてで950ピースを完成させるなんてすごい! 

《自己管理》
自宅にある、腹筋と腕立ての筋トレ(健康)グッズの写真。

この写真を見ながら、たまにやらなきゃと思いつつ、あまりやってないなと反省の圭君。
ジムに入ってないのかと岡江さんから聞かれ、
舞台をやってる時にちょいっと行ってた位と、この時は言ってました。

体のメンテナンスをしてるか薬丸君に聞かれ、疲れた時とかに良くマッサージに行くと答える圭君。
圭君は足ツボマッサージが好きだそうです。

痛くないかと柴田さんに聞かれ、痛さが実は好きだったりするんですと答えてました。
足ツボやった時の方が、疲れが取れた感じがするそうです。

そんな圭君の為に(?)カリスマ足ツボ師、Mattyさん登場。
圭君は、Mattyさんの書いた本を家で読んだ事があるそうで、本人にやってもらえる事に感激している様子。

この後圭君は、Mattyさんの説明を聞きながら足ツボマッサージをやってもらいましたが、この辺りは省略します。
マッサージされてる時の、圭君の痛がったりする様々な表情が面白かったです。


はなまる伝言版で、12月12日に圭君が出演する舞台「ラヴ・レターズ」(朗読劇)の紹介。


最後に薬丸君が、圭君宛のメールを紹介。
『複数の役柄を演じている時、役柄の切り替えや台詞覚えはどうしているんでしょうか。』

圭「色んな役柄を同時期にやる事が多くて、“良く出来るね。”って言われるんですけど、僕、意外と別の作品に入ってた方が切り替えがすごいつけられるんですよ。ひとつの作品だけだと、その役をずっと考えてるって自分で勝手に思い込んじゃうから、実は読み込みが足りなかったりとかして後で傷つく事が多くて、いっぱいやってる時の方がお互いの現場が別で、自分がいっぱいやってるからしょうがないじゃんって思わないから、こっちの現場でやってたら、こっちでもちゃんとやんなきゃとか、“二つやってるからじゃないの?” って言われたくないから、逆にすごい切り替わりがつけられるっていうか・・・」

薬丸「へー、それだけ情報を詰め込めるんですもんね。 二つの台詞をね。切り替えも出来るし。」
頷く圭君。

薬丸「本日のゲストは田中圭さんでした!」
圭君、笑顔で「ありがとうございました。」

プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード