スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子育てプレイ」の話など。

田中圭君の『X DAY』の宣伝活動も終わり、先週からNHKドラマ『第二楽章』が始まり、映画『図書館戦争』の公開も27日に控えています。(番宣もいくつかあるようですね。)
5月には舞台『バブー・オブ・ザ・ベイビー ―UNDEAD OR UNALIVE―』の上演。

そんな中、やーっと『X DAY』を観てきました。(^^A;)
岩月君かっこいい~。 伊丹刑事とのイヤミ合戦(←前記事でコメントしてくれた方の言葉を借りました)が面白いー。
ラストは「えっ? これで終わりなの?」と思ってしまいました。
2時間弱の上映時間はあっという間に感じました。 もっともっと観ていたかったな。

「相棒」シリーズが続く限り、ドラマの方でも岩月君の姿を見る事が出来そうで、楽しみです。

専門的な用語がさっぱりわからず、
携帯の赤外線受信が出来ない伊丹刑事に強い仲間意識を持った私です。
(あ、でも、私は赤外線受信は出来るぞ。・・・たぶん。)
伊丹刑事役をやってる時は怖~い顔つきの川原さん、バラエティに出ている時の、照れた顔が可愛くて・・・
彼のプチファンになったかも。(笑)

*   *   *
5月10日金曜日から、東京・下北沢の本多劇場で『バブー・オブ・ザ・ベイビー ―UNDEAD OR UNALIVE―』が上演されますが、
出演者は圭君の他に福士誠治君、大口謙悟さん、田口浩正さん、池田鉄洋さん。
発表があった時に、
『子育てプレイ』のメンバーじゃん!!嬉しい~と思ったファンも多かった事でしょう。

舞台を観ようと思っていて『子育てプレイ』を未見の方は、レンタルされているので観ておくと舞台が何倍も面白くなるかも? 
舞台でも赤ちゃんが出てくるようだし、(←タイトルから想像。)
『子育てプレイ』に “ゾンビ” の回があったし、きっと池田さんに閃くものがあって、今回の舞台になったのでは?と勝手に思っております。
で、今回は『子育てプレイ』について、紹介&感想のようなものをお話ししようと思います。(※ネタばれもあります。)


『子育てプレイ』は2009年の春から全12話で深夜に放送されたのですが、最初は関西地方だけでの放送でした。
私はテレビで放送されたのを観る事はなく、DVD-BOXを買ってその時に初めて観ました。

登場人物は、圭君・福士君・大口さん・田口さんの4人のみ。(※池田さんは演出・脚本)
一応?圭君が主演です。
第6話から毎回ゲストが登場して、「相棒」の角田刑事こと山西惇さんも意外な役でゲスト出演しております。
《補足》 ゆうたクンは、かわゆいお顔のアップのシーンは別撮りで、普段は赤ちゃんの等身大の人形です。

舞台は、東京のど真ん中にある豪華マンションの一室。
ワンシチュエーションドラマで、基本的にはリビングルーム(と、たまにベランダ)しか映りません。
そのマンションの一室は弁護士の小山田(田口さん)が所有し、男限定で同居人を募り、結果、大学准教授の轟木(福士君)と旅番組ディレクターの山本(圭君)とホストの氷室(大口さん)の4人でルームシェアして暮らしています。

4人はそれまで全くバラバラの生活をしており、あまり交流もなかったのですが・・・
ある日、部屋の前に男の子の赤ちゃん(ゆうた)と「あの時の子です。宜しくお願いします。」という置き手紙があり、それぞれ身に覚えのある4人は、共同で初めての子育てをする事に・・・というお話です。


最初のうちは、ワンシチュエーションドラマという、ちょっと特殊なドラマの為もあってか、スタッフや4人のキャストが手探りな感じでイマイチしっくりしないような部分もあるように感じたのですが、
4人の息が合ってきて、エンジンかかってきました!! その後はどんどん面白くなっていきました。 

私は特に、福士誠治君の轟木役が面白かったです。 福士クンって、こんな面白い人だったんだと思いました。(トークも面白いし。)
福士君と、これまた面白い田口さんとの絡みはサイコーでした。

だけど、私が一番面白くて楽しかったのは、4人が揃っている場面。
なんだかんだと毎日楽しそうで、このままずーっと4人で暮らしちゃいなよ、と思いました。

テンパってばかりの、4人の中では弟的な存在の山本クン(圭君)が可愛い。
基本的にハーフパンツ姿で、ほとんどすね毛の目立たない少年のような圭君のおみ足が、可愛さを強調している感じ。(いつも思うけど、圭君の足首の辺りは折れそうなくらい細いのね。)

『子育てプレイ』は、ちょっと気持ちが沈んでいるような時に見ると、元気が出てくるドラマだと思います。
4人の掛け合いが面白くて楽しくて、又この4人でドラマを見れたらいいなと思いました。
番組収録後の、4人のオマケトークも面白かったです。
圭君の、今まで知らなかったプライベートな話も聞けましたし。


『子育てプレイ』のDVD-BOXを買おうかと思っている人の為に、特典ディスクの内容を簡単に紹介します。

☆第13話・・・脚本はナシで、4人におまかせ。展開がどうなっていくのか、誰にもわからない。 ぶっつけ本番の演技が面白いです。
☆スペシャルオマケトーク
☆メイキングムービー
☆アウトテイク集・・・NGなどで、本編では使われなかった映像集
☆田中圭の突撃楽屋訪問・・・圭君自らビデオカメラを持って、楽屋の三人(田口・福士・大口さん)をそれぞれ訪問し、取材。
☆リアル子育て・・・4人が子育てに対する指令に従い、それぞれ子育てを体験! ゆうたクン役を演じた赤ちゃんを相手に、子育て体験。
詳しくは言いませんが、圭君の赤いエプロン姿がキュート♪
スポンサーサイト
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。