スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさまふれあいミーティングの圭くん(NHKふれあいホール)  《けろよんさん提供》

25日の土曜スタジオパークに、『おひさま』出演中の樋口可南子さんがゲストで出演されましたが、途中、おひさまふれあいミーティングの会場が少しだけ中継されました。
ふれあいミーティングがどんな風だったか知りたい~。と思っていたら、けろよんさんがこのイベントに行かれたという事で、レポを提供して下さいました!!  どんなに嬉しかった事かっ! 
早速けろよんさんのレポをアップさせていただきます。

◆   ◆   ◆   ◆
6月25日(土)、おひさまふれあいミ-ティングに行ってきました。
当日のゲストは、圭くん、茂樹役永山絢斗くん、タケオ役柄本時生くん、および小松プロデューサー。
土曜スタジオパークでも、この様子が生放送で少し紹介されていました。
おひさま大好きで、特に安曇野組の男性陣のファンにとっては、嬉しいイベントだったので、私の覚えてる限りで、圭くん中心にレポしたいと思います。

当日イベントは午後2時開始。
席は自由席だったんですが、事前に抽選で入場順を決めるという方法でした。
私は、すごく前の番号をひいたわけではないけれど、圭くんの表情がはっきりわかる席に座ることができました。

イベントが始まり、司会の森田美由紀アナウンサーが登場しました。
ゲスト登場前に、平原綾香さんが歌うおひさまの主題歌にのせて、スクリーンにおひさま出演者の写真が映し出されました。
この写真は、おひさまHPの「おもひで写真館」の写真に加えて、(同じ方が撮ってるんだと思いますが)おもひで写真館に載ってない写真もあって、とても良かったです。しかも出てきた写真は、真央ちゃんと今日のゲストの写真ばかり。どれも素敵な写真でした。
私が特に印象に残ったのは、春兄さんと陽子が、笑いながら仲良さそうに歩いている写真。陽子が師範学校の試験を受けに行ったシーンの時の、オフショットかな、と思います。
この後、今までのストーリーをおおまかに紹介するVTRが流れ、いよいよゲスト登場です。

司会の森田アナから紹介があり、長男春樹役の圭くんがいよいよ登場。グレーの半そでTシャツに黒ベスト。カッコいいです。
(実は圭くんはこの日、大阪で仕事があったので(にじいろジーン)、会場に到着したのはイベント開始10分前だったそうです!)
次いで永山絢斗くん、柄本時生くんが登場しました。
柄本くんはピアスをしていて、森田アナに「ピアスしてるんですね」と意外そうに言われていましたが、ファッション面では確かにタケオくんとは別人でしたが、雰囲気は終始タケオくんそのもので、すごくいい感じの人でした(すごくクールだったり、すごく饒舌だったりしたら、ちょっとガッカリしたかも)。以下、柄本くんのことは、タケオくんと呼びたいと思います。
(それから私、圭くんが永山絢斗くんとタケオくんのことをどう呼んでいたのか、全く覚えていないので、実際の呼び方と違っていると思いますが、お許しをm(_ _)m。ちなみに絢斗くんが圭くんのことを田中さんと呼んでいたのは覚えてます。)

ゲストが全員揃ったところで、土曜スタジオパークの中継が入ります。(ですから土スタで紹介されたのは、ゲスト登場後すぐの様子です)
土スタで中継が入った部分は、ご覧になった方も多いと思うので、レポは省略します。

土スタの中継が終わり、ゲストたちが着席して、トークイベントが始まりました。
左から森田アナ、圭くん、絢斗くん、タケオくん、小松Pの順番で座っています。
ここからは、順番通りではないかもしれませんが、覚えている範囲で紹介します。


★森田アナから「朝ドラに出るようになって変わったことはありますか?」と質問され、
圭くん「仕事でちょっと前に大島に行ってたんですが、おじいちゃんおばあちゃんから握手を求められました。実は、今と全然違う形(格好)でいたんですけど。」
森田アナ「全然違う形というと?」
圭くん「金髪で」
(大島とか金髪とかは、圭くんがブログで書いてましたよね。それにしても、金髪なのに春兄さんだってわかったのか、とても春兄さんには見えなかったけど春兄さんとなら握手したい!と思ったのかどちらかわかりませんが、朝ドラ効果すごいですね!)
この質問には、絢斗くんは「街で茂樹って声をかけられる」、タケオくんは「友達のおかあさんが、(柄本くんが息子の友達だと知らずに)今タケオがアツイって話してると聞いてうれしかった」と答えてました。


★小松Pからは「陽子をとりまく5人の男性が登場していますが、(和成役の高良さんはまだそんなに登場していないので置いといて)川原さんは陽子の目の前で他の女性にプロポーズしたということで、世の女性をすべて敵に回してしまったので、今この場にいる3人の男性が人気です。」というお話がありました。無事に戦争から帰ってきてほしいという声が寄せられているそうです。

また、小松Pによると、圭くんを春樹役にキャスティングしたポイントは「まず知性」だそうです。
そして「恋の話があるので、実は色気があること」。
それから「陽子に対して、”素敵な家に嫁いだな”というセリフがあるんですが、この時代の男性は普通”素敵”という言葉は言わないので、それをさらりと言える柔らかさ」。
(私はこの、小松Pの「実は色気がある」という話は読んだことあったんですが、第一に「知性」、そして「柔らかさ」というのは初めて聞いて、非常に興味深かったです。確かに圭くんは「知性」と「柔らかさ」、両方持ってるなー、春兄さん役にぴったりなんだなー、と思います。)

小松Pから茂樹役の絢斗くんに対しては「ほっとけない男子。それから歯を見せて笑った顔がすごくいい」と。
それで絢斗くんはちょっと照れてしまったみたいなんですが、圭くんが絢斗くんに「歯を見せて笑って」と言ってくれたみたいで、会場に向かって歯を見せてさわやかに笑ってくれました。確かに、茂兄ちゃんの笑顔、すごく素敵でした。


★会場からの質問コーナーもありました。
Q「ロケで行った場所で、良かった場所はどこですか?」(長野から来場した方より)
圭くんは、「一番に思い浮かんだのは松本城」だそうで、金子ノブアキくんと一緒に過ごしたりして、いろいろ思い出に残っているそうなんですが、(圭くんは他の場所にも行ってるでしょうから)ちょっと他の場所を思いつけなくてごめんなさい、という様子でした。
ちなみにこの質問に対して、絢斗くんは「道祖神のあるところ・・・」(小松Pいわく、「安曇野しか行ってないもんね」)
タケオくんは「畑しか・・・」という答えになってしまいました。

Q「自分以外の役で、気になる役は誰ですか?」
圭くん「和成」
絢斗くん「陽子たち女学校の3人組」
タケオくん「和成」
ここで圭くんが、「タケオくんが和成って言うのはたぶん僕と同じ感じなんだと思います。僕は兄として、陽子の結婚相手が気になる。タケオは幼なじみ(もちろんタケオくんにとって陽子は単なる幼なじみではないですけど)として陽子の結婚相手が気になるんだと思います。」と話してくれました。
(私は最初、圭くんが「和成」と言った時、和成が魅力的な人物だから気になるんだろうと思っていたんですが、兄目線だったとわかって、圭くんはとことんお兄ちゃんなんだなー、素敵だなーって思いました。こんなお兄ちゃんがいる陽子が心底うらやましいです。)

Q「演技するときは、(役者は台本を読んで、先に起こることがわかっているから)後の展開を考えた上で、演技しているのですか?」
圭くん「おひさまでは、先のシーンを考えながら演じている役者はいないと思います(キッパリ)。映画と違い、先にどんなシーンがあるかはわからないし、今やっているシーンだけを考えて一生懸命演じています。特に、絢斗くんはそうやって(先のシーンを考えて)演じてないし、やろうと思ってもできないと思います。」
絢斗くん「はい。いっぱいいっぱいです。」
映画だと最後まで台本ができあがっているので、「後でこういうシーンがあるからここは抑えとこう」って計算することもあるらしいのですが、おひさまに関しては、どのシーンも全力投球、というのが圭くんからも絢斗くんからも伝わってきました。
(圭くんが絢斗くんに対して「やろうと思ってもできない」って言ったのは、もしかしたら文字で読むと、イヤミとか、ウケ狙いの印象を受けるかもしれませんが、実際は大真面目で、”不器用だけど一生懸命”っていうのが伝わってくる、愛情ある言葉でした。)


★圭くんと絢斗くんは、本当の兄弟のようにすごくいい雰囲気で、春樹の大学での2人の別れのシーンのVTRも流れたのですが、
圭くんが「このシーンはすごく思い出深いシーンで、印象に残っています。茂樹の思いがすごく伝わってきたんです。」と言えば、
絢斗くんも「田中さんは須藤家のシーンでもそうだけど、ちゃんと受けてくださって、すごく安心できます。こういうところは、いいお兄ちゃんです。」と答え、
圭くん「ところ”は”?(”は”を強調)」
絢斗くん「いやいや、ところ”も”(”も”を強調)」
というような、仲良い兄弟のやりとりがありました。


★井上真央ちゃんからのメッセージVTRも流れました。
そのメッセージが流れている間、圭くんはずっと微笑みながらモニターを見ていたのですが、すごく優しいお兄ちゃんの顔をしていて、とても素敵でした。

真央ちゃんからのメッセージで、「圭くんはいつも眠そうにしている」というのがあって、司会の森田アナに圭くんが突っ込まれてましたが、
「いやいやそんなことないですよ。おかしいなー。」って圭くんはうそぶいてましたが、まー撮影以外はきっと眠そうにしてるんでしょうね^^。

真央ちゃんはどういう人か?と森田アナに質問され、圭くんは
「ほんとに素晴らしい人です。真央ちゃん自身が”おひさま”のような人です。あ、いいこと言ったなー(悦に入る)・・・」と答え、
絢斗くんに対し、「お前も言えよ、お姉ちゃんに」(!!!)と言ってしまい、あわてて訂正してましたけど、真央ちゃんと絢斗くんの普段の関係がよくわかりました。
絢斗くんもタケオくんも、真央ちゃんについてはベタ褒めで、「いると現場が明るくなる」「つらい顔は見せない」、そして口々に「おひさまのような人」と言ってました。


★観客である私たちが参加できる「おひさま検定クイズ」もありました。
全問正解者は、ゲストがこの場で書く、サイン色紙がもらえるそうです(!)。
ちなみに問題は・・・(順番はあやふやですが、1が最初で5が最後なのは間違いありません)

1、富士子おばあさまが乗ってきた車の名前は?
   <ハドソン社カスタムエイト or (正解じゃない方の選択肢はさすがに忘れました)>
2、演出で、タケオがやるように言われていたことは?
   <オドオドする or  常に頭をかく>
3、タケオが戦争に行く時、おかあさん(柄本くんの実の母でもある)が大泣きしていたが、この時柄本くんはどう思っていたか?
   <悲しかった or おかしかった>
4、春兄さんが真知子さんに贈った本の題名は?
   <智恵子抄 or ハイネ詩集>
5、タケオは戦争から帰ってきて、陽子にあることを伝えるのだけど、それは何?
   <これはこれから放送されるので、選択肢も伏せておきます>

2択だけど、1問目からハイレベル!って思いました。
会場を見渡した圭くんも、「きれいに2つに分かれてるなー」って言ってました。
さすがに4については、ほとんど(もしかしたら残っていた人全員)正解したようですが。
実は私、全問正解したんですが(!)、全問正解者が何人もいて、圭くんとじゃんけんをして最後まで勝ち続けた1名のみが賞品をもらえるということで、私は最後の1人になることはできませんでした。


★最後に、ゲストを代表して圭くんからあいさつがあり、絢斗くん、タケオくんからもひとことずつあいさつがあって、イベントは終わりました。
いつものように、深々と大きくお辞儀をした圭くんは、他のゲストとともに退場していきました。


イベントの終了予定時刻は3時半でしたが、実際に圭くんたちが退場して行ったのは4時を過ぎていました。
盛りだくさんの、本当に楽しいイベントだったので、テレビで放送して、全国のおひさまファンに届けてくれたらいいのになーって思います。


ドラマの方は、私が最も恐れていた、悲しい展開になってしまいました(涙)。
圭くん演じる春兄さんは、本当に素敵なお兄ちゃんでした。
春兄さん、ずっとずっと大好きです!

◆   ◆   ◆   ◆
へぇ~、圭君は撮影の為に金髪にしていたのに、その方達は春兄さんだってわかったのかな?すごい!

本当に、圭君は“お兄さん”なんですねー。
ふれあいミーティングの会場の中継を見ていて思ったんだけど、絢斗君も柄本君もこういうのに慣れていない感じで緊張しているようだったから、きっと圭君がフォローしたんだろうなあって思っていました。

春兄さんのキャスティングの話は、私も興味深かったです。(#^.^#)
とても悲しい展開になってしまったけど、圭君が春樹兄さん役で本当に良かった・・・!
私の中で、『ウォーターボーイズ』の安田君の次に忘れられないキャラクターになるかもしれません。

おひさま検定クイズ、もしかしたら私も全問正解かも。タケオ君の、その放送が終わったら全部の答えを教えて下さいな。
楽しいレポ、ありがとうございました!
スポンサーサイト

「鶴瓶の家族に乾杯」の圭君 ~長野県松本市~

5月6日・13日に放送されたNHK「家族に乾杯」に、『おひさま』の須藤春樹役・田中圭君が出演しました。
(松本市は、連続テレビ小説『おひさま』の舞台の一つです。)
前後編合わせて一時間半近くの長時間の放送なので、レポではなくて私がツボだった所を中心に書こうと思います。(圭君の行った所のみ。)

圭君は、鶴瓶さんとは以前『スジナシ』で共演しています。
この2人のアドリブ演技は実に面白かった!!
この番組でがっつり絡みあった2人、『家族に乾杯』でも息が合っていました。

スタジオの出演者は、笑福亭鶴瓶さん・小野文惠アナウンサー・田中圭君。
小野アナから、圭君が松本市に行きたいと思ったのは何故なのか聞かれ、松本へ撮影に行ってもとんぼ帰りで松本の事を良く知らないので、松本の事をよく知りたいと答えていました。

◆   ◆   ◆
6日放送<前編>
2月23日(水)午前11時 長野県松本市

流れは、
・圭君と鶴瓶さん、松本城のお堀の前で待ち合わせ。松本城へ毎日散歩に来るという男性と、松本ろう学校の生徒&先生と交流。生徒達がこの後市役所へ行った後になわて通りに行くというので、圭君と鶴瓶さんもなわて通りへ行く事に。
・なわて通りへ行く途中、オーストラリアから旅行で来たという女性2人と交流。
・かえるがシンボルというなわて通りへ。そこで、松本をこよなく愛する90歳になるおじいさんと、80代の奥さんと交流。(ここで又、松本ろう学校の生徒達と再会。)
・そのご夫婦が今食べてきたという、なわて通りにあるそば屋さん・弁天に入りそばを食べる。お店の人・馴染みのお客さんと交流。
・この後から2人は別行動。鶴瓶さんはお店を出た後、外を歩いていた赤ちゃんを連れた若い夫婦と交流、その後最初のマネージャーが卒業したという松本深志(ふかし)高校へ。(※長野県有数の進学校の一つです。)
・圭君は、松本ロケの時に体調を崩した時にお世話になった松本駅近くの上條医院へ。院長と面会できる時間になるまで外で待っている時に、目が合った近くの花屋さんに入り店員さん&恥かしがって半分カーテンに隠れた店長さんとおしゃべり。
圭君は、出会った人達と別れる時、両手で握手したり、とても丁寧に挨拶をしたりして、本当に好感が持てました。

松本城
★圭君、鶴瓶さんとの待ち合わせ場所、松本城の堀の方へ向かって歩きながら後ろにいるカメラの方へ振り返って。
「6階建てなんです。5重ですけど6階建てなんです。」←仕入れたばかりであろう薄い知識を振りかざす圭君。

★毎日松本城に散歩にこられる松本さん。鶴瓶さんから松本城を建てた人は誰か聞かれて
松本さん「石川数正。」「見た感じは5階ですけど、中6階。 」
ここで、カメラに向かって得意げに右手の親指を突き立ててグーの仕草何度もする圭君。(かわうぃい。)
圭「僕さっき言ってたんですよ。」

★鶴瓶さんが、松本さんに圭君は次の朝ドラの「おひさま」に出演すると言う話をした時、何度か「ひまわり」と言ってしまい、圭君が
「おひさま」です!と訂正。 口を押さえて“しまったあ~!”の鶴瓶さん(笑)
※実は私も、「おひさま」の事を何度か「ひまわり」と言い間違えた事が。ちょっと感じが似てるかも。

★勉強の為に来た松本ろう学校の生徒達に、松本城の事を説明しろと鶴瓶さんに言われ・・・
圭君、城を指しながら 「見た目は5階建てなんだけど、実は6階建てなんです!」 ←これしかない圭君。

★手話が出てくるドラマに出た事はあるか聞かれ、無いと答えた圭君。
鶴「恋愛ものとかそんなもんばっかやっとんのやろ、お前。」
圭「あんまり恋愛ものも多くはないですけど・・・」
鶴「代表作はなんや、言うてみい!」
「“おひさま”です!」 ←すまし顔で即答。
鶴「こいつ、処世術が抜群。(笑)」

★圭君はロケで3回松本に来た事があるが、松本にあまり良い思い出が無いとの事。スタジオはびっくり、私もびっくりでした。
3回のうち2回、体調をこわして病院に運ばれているとか。(腹痛と、風邪で40度近くの熱。)
※圭君は風邪をひきやすいし、お腹も弱いですもんね。以前トークショーで、正露丸が手放せない子だったとか言ってたっけ。

なわて通りへ行く途中
★外国からの女性2人連れの観光客を見つけた鶴瓶さん、圭君に「しゃべれんのか?英語。」
圭「英語・・・気合いでしゃべれると思います。」(笑)
オーストラリアから来た若い女性2人を前にして。(一人は少し日本語が話せるようです。)
鶴「お前ちょっとしゃべれや。」
圭君、右手を差し出しながら「HEY!」これだけ。
※結局、その後の会話は鶴瓶さんにおまかせ状態。圭君は英会話があまり(全く?)出来ない事が露呈しました。

その2人がこれから松本城へ行くと言った時、「5階に見えるけど6階なんです。」と英語で言いたかったけど諦めたんやろと、スタジオで鶴瓶さんに言われる圭君(笑)
圭君は、ついこの間までオーストラリアに行っていたと言いたかったそうだけど、しゃべれなくて残念そう。
(※オーストラリアへは、シルクヱビスCMの撮影で。)

弁天
★蕎麦を食べた後、いよいよ別行動。不安げな圭君が、迷子になった子犬みたいで可愛い

圭君がお世話になった上條医院
★医院の受付の人に、今日はどうされたのか聞かれて、
圭「お礼参りという事と・・・」 受付の人「お礼?(笑)」
※元々お礼参りって、お寺などで願をかけた事が叶ったらお礼に又お参りするというような意味だと思いますが、
なんか(病気が治らなかったから)医院に仕返しに行ったみたいに聞こえると思うぞ。

★患者さん達がいるので、受付の人に話す時の圭君のヒソヒソ声も好き。

◆   ◆   ◆
13日放送<後編>
流れは、
・鶴瓶さんは、松本深志高校の生徒と話している時に乱入?してきた近所の女性の家へ。その後、お蕎麦屋さん「弁天」に来ていた常連客の女性がやっているパスタ屋さん「はなぐるま」へ。
・圭君は、上條医院の院長さんとお話した後、お花屋さんの店長さんと、医院の近くで会った、マジで圭君が好きだという若い男性2人連れから勧められた服屋さん「松本忍者」へ。その後、上條医院の院長さんに勧められた、リンゴで有名な梓川地区へ。ここのリンゴ園で知り合った老夫婦の家へ。

上條医院
★院長(女性)に会う前に、スタッフにアドバイスされて、さっきの花屋に戻る圭君。買ったのは赤いカーネーションの可愛いブーケ。圭君が花を買うのは、何年も前に母の日にお母さんにあげて以来だそうです。

★圭君が、熱が39度位ある中で書いた色紙へのサイン・・・。
“風邪ひきました・・・。治してくれてありがとうです。”の文が可愛い。
圭「(このサインは)弱ってた時バージョンだったので、元気な今の僕のサインも書いていいですか?」
なぜか色紙が用意されている上條医院。料理店とかだったらわかるけど。
全文見えなかったけど、「元気になりました!! ありがとうです。」とか書いたようです。

松本忍者
★店の横の大きな看板に描かれている忍者の気持ちになって?
圭「ヘィヨー。♪オレのマキビシハンパねぇ~♪」←ラップ調で。
お店の人お勧めのネックウォーマー(2500円)をつける圭君。忍者っぽい。セクシー。(笑)
このネックウォーマーを3000円出して買い、500円のお釣りをもらった時に・・・
圭「にんにん。」←もぉー、可愛いんだからぁ~~

梓川地区 リンゴ農園
※撮影時は冬なので、もちろん木にリンゴの実はありません。

★剪定して落ちている枝を拾う手伝いをしながら・・・
夫婦から、俳優さんなのに手が汚れると言われた時、
圭「早く終わらせて、・・・そしたらごはん食べさせてもらおうと思って。 」←いきなりな圭君(笑)
家に上がらせてもらって、じっくり交流したいという必死な思いが伝わってきますけど、ストレートすぎるかもー。(まあ、そういうのが圭君の良い所でもあるんですけど。)

奥さんから、何も用意していないし困るとか、そんなうまい訳にもいかないわ。とか言われるが、「今リンゴ食べられないものですか?」と頑張る圭君。
地下に貯蔵してあるリンゴがあるらしく、だんなさんから「食べてぇ?」と聞かれ、
「食べたいです!!」←内心(やった!!)と思っているであろう圭君。
「おとうさん、リンゴ食べたいです。」 おとうさん(武田吉敏さん)「・・・うちへ行くか。」
圭君、粘りました!!

★色白の圭君に、真っ赤なリンゴが良く似合う。(#^.^#)
美味しそうにリンゴをかじる圭君。「おとうさん、うまい!!」

★しかし、圭君が食べた後に、おとうさんから「うまいずら? 洗って食べた方がいいかもしんねえな。」と言われ、「先に言って!!」と焦りまくる圭君。(笑)

★武田さんの家にお邪魔する圭君。 玄関の前で深く礼をして「すみません、お邪魔しまーす。 やったー!!」←すごく嬉しそうな圭君。
スタジオの鶴瓶さん「とうとう入った、偉い! 粘った、粘った。」

★炬燵に入って、お茶、リンゴやお菓子や奥さんが漬けたラッキョウを頂きながら御夫婦と語らう圭君。まるでお二人の本当の孫みたいで和みました。
口数は少ないけれどニコニコ笑顔の素敵なおとうさんと、とても優しそうなおかあさん。

★圭「僕、東京生まれなんだけど、田舎とかがないんですよ。だから新鮮で。すっごい久しぶりに僕コタツに入って。」

★おとうさんの信州弁に合わせて、ちょこっと信州弁が入る圭君。
武田さん「いいとこ住むにゃー、うんと給料稼がなきゃいけねえな。」
圭「稼がなきゃいけねえ。稼がなきゃいいとこ住めねえ。間違いねえ。」

★おいとまする時に圭君が、
俺の名は?と聞いたら、
武田さん「田中。」   圭「イェ~イ。(嬉)」
武田さん「(田中) えいすけか?」
ガチョーンな圭君。
圭「どっから出てきたの?えいすけって。  圭!圭!土二つ。」

◆後日スタッフがこのご夫婦に聞いた、圭君へのメッセージ。

だんなさんは最初圭君の事を、商売の人が何か売りつけにきたと思ったそうです(笑)
お二人からのメッセージも良かった。長くなるので一部だけ書きますが、「いい役者になってもらうと・・・長く。」とか、「健康で頑張ってもらうだね、愛されて。」とか。

スタジオで、「秋に収穫のお手伝いに行きますんで。」と言った圭君。ホントに行ってくれるといいなあ。

********
松本編は、当初は(確か)4月に放送されるはずでした。しかし、3月の東日本大震災の影響で6月に延期になりました。

個人的には、今放送されて良かったと思います。
春兄さんも、ついに軍医として出征してしまいました。
現代陽子の今までのネタバレナレーションによると、どうも悲しい展開になりそうで気持ちが沈んでいたのですが、「家族に乾杯」の、圭君の明るい笑顔で少しだけ救われるような気がします。
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。