スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブコメプレミア上映会  《けろよんさん提供》

9月25日から、田中圭君出演の映画『ラブコメ』が公開されますが、それに先立って9月14日に舞台挨拶付きプレミア上映がありました。
けろよんさんから、その時のレポを提供してもらいましたので、アップさせて頂きます。

★★★追記★★★
けろよんさんが25日の初日舞台挨拶にも行かれて、コメント欄でその時の様子をレポして下さっているので、是非ご覧ください!
★  ★  ★
9月14日(火)、新宿バルト9で行われた、ラブコメ舞台挨拶付き先行プレミア上映会に行ってきました。
上映前の挨拶だし、席も後ろの方だったので、覚えていないことも多いのですが、「チェイス」が放送されて以来の圭くんは、舞台や映画撮影に忙しく、私たちが圭くんを目にする機会が少ないので、ちょっとでも様子をお伝えできたら・・・と思い、できる限りでレポします^^

司会は映画パーソナリティーの伊藤さとりさん(圭くんのブログにも書いてありましたね)。
まず監督とキャストが登場する前に、今回の上映会は、お客さんの中にマスコミは入っていなくて、オフィシャルカメラとテレビカメラが1台ずつあるだけだという説明がありました。

また、LISMO配信と連動していて、両方見るとより楽しめるという話があり、この配信のプロローグドラマを見ている方どれくらいいますか?と聞かれ、見ている人は手を上げてました。
両方見るとより楽しめる、という話なんですが、(私もauユーザーなので見てるんですが)見れない方のために言うと、確かに映画にないシーンがドラマにあったりはするんですが(でも圭くん出演シーンでドラマにあって映画にないシーンはそれほどないような・・・)、映画だけで十分楽しめます。ドラマの方は、北乃きいちゃん演じる涼子の目線で進められているというのと、(涼子目線なので)きいちゃんの出番は多くなっている、というのが特徴です。圭くんファンなら、このドラマ見れなくても、そんなにがっかりすることないかな、という気がします。


さて、いよいよ監督とキャスト登場。
私は主演の香里奈さんから登場かな?と思っていたのですが、キャストでは圭くんが1番に出てきました!(並びの関係ですけど)
茶色のスーツの圭くん、超格好いいです!!(今回の役のイメージよりカッコいい雰囲気でした)
左から平川雄一朗監督、圭くん、香里奈さん、北乃きいちゃん、渡部篤郎さんの順で並んでいます。
私の席は後ろの方だったけど、思ったより圭くんは近く、顔がはっきり見えるというほどではないけど、表情はよくわかりました。

まず最初にキャスト1人ずつの挨拶です。
香里奈さん、きいちゃんの次が圭くん。
「田中圭です」と言ったあと、全く間をおかずにそのまま圭くんが話し始めてしまい、ちょっとしてから(観客がやや戸惑っている状態なのを感じたのか)、「今ぼく自分でみなさんが拍手するタイミングをこわしてしまいましたね」と言ってました。(圭くんの次が渡部さんの挨拶だったんですが、渡部さんは圭くんの反省を生かすかのように、最初に客席に向かってていねいに大きくお辞儀をして、みんなから大きな拍手を受けていたのでおもしろかったです)
圭くんは「みなさん、恋してますか?・・・だからどうだって話ですけど~」と話し、恋したくなるような映画だというようなことを言ってました(いまいちうろ覚え)。「やわらかーい、あたたかい映画になってると思います。1時間40分くらいですかね(と監督に確認しながら)、楽しんでください。」(※正確には1時間33分です)

香里奈さんが、司会の方に「真紀恵について、自分自身と似ているところと違うところはどんなところですか?」と質問されたとき、圭くんが監督と顔を見合わせながらにやにやしていたので、香里奈さんから「何笑ってんの?」と突っ込まれてました。
ちなみにこの質問の香里奈さんの答えは、似ているのはキャピキャピしていないところで、似ていないのは、映画の中の真紀恵のある行動について、自分だったらこんなことはしない、と答えていました。

圭くんは、「初恋の人を17年間思い続ける、草食男子を演じた」ことについて質問され、17年間思い続ける気持ちは難しいけど、「『真紀恵を好きだ』っていう気持ちはずっと持ってやってました」と自信がある感じで答えてました。
また、美晴を演じるにあたり、セリフとセリフの間などに、自然に出てきたもの(言葉とか)は出していったし、(そういうアドリブにも)香里奈さんはこたえてくれた、と言ってました。そういうアドリブは、特にどのシーンということではなく、随所にある、と監督も話していました。

香里奈さんと圭くんが、お互いの印象を聞かれ、考える香里奈さんに対して、圭くんは「どう?」という感じで両手を広げてポーズを取り、圭くんらしい、おちゃめな一面を見せてくれました。
香里奈さんは圭くんのことを「ナチュラルで(と言ってたような気がする)、自分の演技に対してちゃんとこたえてくれてやりやすかった」というようなことを言い、圭くんは「香里奈さんとは何回か共演してるけど、今回初めてカメラが回っていないところでも楽しくお話させてもらいました」と話し、香里奈さんに「それじゃ話してなかったみたいじゃん」と軽く不満そうに言われたんですが、圭くんは「今まで相手にされなかったので」とにこやかに話していました。

途中で司会の伊藤さんが「この中で配信のプロローグドラマ見ている方、もう一度手を上げてもらえますか?」と言ったので、再び見ている人が手を上げたんですが、圭くんは「ほぉー」(こんなに見てくれてるんだ)っていう感じの表情で、客席を見てくれました。

私は、圭くん以外の出演者の話をあまり覚えていないんですが・・・印象に残ったのは、監督によると、渡部さんは撮影に入る前に原作を読んできたそうで、(すごくテンションの高い役なんですが)「ああ、このテンションね」とすごく役をわかって演じてくれたそうです。
私も、プロローグドラマを見ていて、渡部さんがあまりにも見事に原作の雰囲気を表現されているので、とても面白いし、すごいなーと思っていたんですが、原作を読まれていたということに納得するとともに、こんなに上手に表現できるなんてすごい、と改めて驚きました。


最後にもう一度キャスト1人1人からと、監督からの話がありました。
圭くんは「ここにいる男性が見終わったあと、『女の子を口説こうかな』と思えるような、『よーし!美晴よーし!』と思えるようなラストになってると思います。」と、いつもこの映画のことを男性に見て欲しい映画だと言ってる圭くんらしく、今回も男性に向けてメッセージを送っていました。

監督からは「コメディなので、低い目線で見てください。そうすればきっと笑えると思います」というコメントがありました。

客席に向かって5人がお辞儀をし(いつものように圭くんはひときわ大きくお辞儀をしていました)、ステージを降りるときもう一度圭くんは客席に大きくお辞儀をし、舞台挨拶は終わりました。


この上映会の前に別の場所で行われた完成披露会見の様子は、ネットのニュースなどでも見れますね。
出演者たちの衣装も、上映会と完成披露会見は一緒です。
この舞台挨拶でも、最後にオフィシャルカメラとテレビカメラに向かって撮影が行われていたので、写真が見られるといいんですけどね。



さて、映画「ラブコメ」についてですが、これから公開なので詳しくは書きませんが、笑いあり、胸がきゅーんとするシーンありの、素敵な映画になっています。
それに、これは真紀恵と美晴の2人が中心のストーリーなので、当然ながら圭くん出演シーンも多いです。
こういうラブストーリーが苦手な人でなければ、圭くんファンならきっと楽しめると思います!

◆  ◆  ◆
今回は、圭君は渡部篤郎さんのマネをしなかったのかな~。

>香里奈さんに「それじゃ話してなかったみたいじゃん」と軽く不満そうに言われたんですが、圭くんは「今まで相手にされなかったので」とにこやかに話していました。
あーこれ、圭君の冗談かもしれないけど、なんとなく香里奈ちゃん⇔圭君は私の中ではそんなイメージでした。
『牛に願いを』の克也(圭君)と美帆子(香里奈ちゃん)の関係みたいに。(笑)
香里奈ちゃんが圭君の事を「ナチュラルで」的な事を言ってたのなら嬉しいです。

(※関係ないけど、私は数年前に香里奈ちゃんが主演した連続ドラマ『だいすき!!』を観ていたのですが、このドラマで柚子を演じる香里奈ちゃんが好きでした。 香里奈ちゃんのイメージと真逆の役を好演していたと思います。)

けろよんさんが圭君の舞台挨拶(※映画の)を見るのは、今回が初めてなんだそうです。
しかも、今回の舞台挨拶は上映の前なので、
私の少ない経験から言わせてもらえば、舞い上がる&トークの内容が頭の中からパーっと消えまくる・・・なのですが、
なんでけろよんさんは余裕でこんなに詳しくレポ出来るのかっっ!! 
圭君の様子が目に見えるようです。(^^)  
あー、いかにも圭君らしい言い方だな、と思ったり。

しかも感想やお知らせ的な事まで入れて下さって。
auユーザーでなくても充分楽しめるとの事、安心しました。
けろよんさん、素晴らしいレポをありがとうございました!!
スポンサーサイト

名古屋観光ホテル 田中圭トークショー

8月29日(日)、愛知県名古屋市の名古屋観光ホテル・那古の間で田中圭君のトークショーがありました。
私も行ってまいりましたので、覚えている範囲でレポしてみたいと思います。  相当うろ覚えですが。(汗)
違っている所や、こんな事も言ってたよ!というのがあれば教えてもらえると嬉しいです。(後で補足や訂正をしたいと思います。)
いつものように、圭君の言った言葉は「だいたいこんな感じだった」という事でお願いします。
名古屋でご一緒した方々、とっても楽しかったです、ありがとうございました!

*  *  *
那古の間はとても広くてきらびやかな所で、綺麗なシャンデリアがたくさん下がっていました。
正面のステージには二つの椅子と小さなテーブル。(水が入ったストロー付きのペットボトルが二つ置いてあった。)ステージの両脇の壁にスクリーンが下がっていました。
トークショー中はこの二つのスクリーンにトークの様子が映し出されたので、後ろの方の人も圭君の表情とか良く見えたのではないかと思います。
観客の椅子は横に50席位かな、司会者の女性によるとこの日は500人位来たそうです。
開演は夕方5時30分の予定でしたが少々遅れて始まり、終わったのが7時ちょっと過ぎくらい。全部で1時間半くらいだったと思います。


まず、司会者の女性が現れ、圭君のプロフィールを。  その後圭君登場かと思ったら、
「まずこちらをご覧ください。」との事で会場が暗くなり、スクリーンにこの秋公開の圭君出演映画『ラブコメ』と『七瀬ふたたび』の予告が映されました。
私は、皆が予告を見ている間に圭君がどこからかサプライズ的に登場するのかな~?と思っていたけど、予告が終わった後に司会者から紹介されてステージ向かって右側から普通に現れました。

暗い中、登場する圭君にライトが当てられ、圭君は大げさに?両手でまぶしい!というポーズを。
ファンはキャーキャー大騒ぎ。「カッコいいー!!」と叫ぶ声があちこちから聞こえます。
今回はホテルでのトークショーだからか、白いドットが入った黒のスーツ姿で格好良く決めていました。


最初の方だったと思いますが、司会者から「今日一番遠くから来たと思う方、手を挙げて下さい。」
と言われ、手を挙げて司会者から当てられた人が
「北海道からです。」とか「福岡からです。」と答えていました。後、鹿児島だったか、熊本だったか、長崎だったか、九州から来た人が。・・・(忘れました、すみません。)
この日の為に遠くから来た人がいて、圭君は感激していたようです。

司会者の女性から、名古屋には来られた事がありますか?というような質問をされ、
圭君は「官僚たちの夏」の撮影では来た事がありますが、それ以外は・・・とちょっと口を濁す感じでした。
実は、1年前の秋にも圭君はトークショーで名古屋に来ています。
名古屋・エスカのトークショーレポ↓
   http://alpsringo.blog95.fc2.com/blog-entry-100.html

しかし、今回の名古屋観光ホテルのトークショーのチケットなどに「名古屋初!」と書いてあるし、前にも名古屋に来た事があるとは言えなかったのかも・・・(あくまでも鈴虫の想像です)

司「名古屋で気に入った食べ物は?」←名古屋名物で食べたものがありますか、だったかも。
圭「ういろうです。 ういろう、好きです!」

司「名古屋の人の印象は?」
圭君は、「ラブコメ」でいうと香里奈さんと、もう一人誰だったかな、名古屋出身だと言っていて、掴もうとする仕草付きで「掴めない。」(笑)と言っていました。(掴みどころのない、という意味かな。)
★もう一人の俳優さんは、佐藤二朗さんだそうです。

仕事の話。現在、今秋上演される舞台「ガラスの葉」の稽古中。1日8時間稽古して、合間に撮影があり忙しそう。

9月の25日から公開される「ラブコメ」と10月2日に公開される「七瀬ふたたび」について司会者から聞かれて圭君が紹介しました。
「ラブコメ」で圭君が演じる美春(みはる)は17年ぶりに再会した女性に恋をする純な役のようで、
(その前に演じていた)舞台「裏切りの街」の役では(圭君がどんな風に言ったか覚えていませんが)彼女が居ながら人妻と浮気を繰り返す堕落した役。
で、「ラブコメ」の台本を読んだら今度の役は・・・
「ピュアかいっっ!!」 ←台本を下に叩きつけるようなジェスチャー。会場大ウケ。
※もちろん、実際には台本を叩きつけたりはしてないと思います。
「ラブコメ」では「裏切りの街」の時とは真逆の役だそうです。

「七瀬ふたたび」で圭君が演じるのは予知能力者。
圭「予知能力者なら、危ないからそこへ行くのはやめろ!」とか止めたりしますよね?(止めようとするジェスチャー。)
しかし、圭君が演じる了(岩淵了)は、そういう事をしないのが腑に落ちないとずっと思っていたそうです。

舞台「ガラスの葉」は難しいというような事を言っていました。
圭「僕は台本は字面ではなく、流れで覚えるんですよ。」
しかし、「ガラスの葉」はそういう訳にはいかないようです。
(※以前圭君が圭モバイルで、自分のセリフの量が半端ないような事を言っていました)
台本を見て・・・
「パニック!!」 またまた台本を叩きつける仕草。会場大ウケ。

他には
司「健康管理に気をつけている事は?」
圭「うがい、手洗いしかやっていないんですよ。」
圭君は風邪をひきやすいと言っていて、撮影が終了してふっと気が抜けた時に熱を出したりする事があると言っていたかな?うがい・手洗いはしっかりやっているようです。

司「休みの日は何をしていますか?」
圭「友達と遊びに行ってカラオケをしたりします。」※すみません、カラオケと言ったのは覚えているけど、「遊びに」とは言ってなくて「飲みに」だったかも。
圭君は休みの日は1人で居たくなくて、誰か(暇な)友達を見つけると言っていました。

司「最近のマイブームは?」
圭君、ちょっと考えてたかな?
圭「東野圭吾さんの作品が好きで読んでいます。」
最近では「プラチナデータ」を読み、その後(その前だったかも)に「放課後」を読んだそうです。

司「今後、演じたいお話のジャンルは?」
圭君、しばらく考えたけど出てきません。
圭「来るものは拒まず、です。」
司「それなら、やりたい役はありますか?」
圭君、しばらく考えて
圭「ヤンキーをやってみたいですね。こういう役をやった事がないんで。」
以前、どこかのトークショーでも圭君は「クローズ」に出たかった、と言っていましたが、
今回も事務所の先輩の小栗旬君も出ているし自分も出してほしいというような事を言っていました。
(※この映画は、圭君の所属事務所が制作しています。)

他に、司会者からスタイルが良いけど鍛えているのか(又は運動をしているのか)聞かれたけど、何かしたいけど時間がなくて特に何もやってないと言っていたと思います。
司「ダイビングは?」
圭「今は、やってないですね・・・」
圭君のプロフィールの特技の所に「スキューバダイビング」と書かれているのは、「ウォーターボーイズ」のボーイズが皆特技の所に「シンクロ」と書かれるのと同じです(笑)と言っていました。

後、何の撮影の時だったかな、年下の俳優さんから「ゴツイですねえ。」(←体つきが。)と言われ、ショックを受けてダイエットしたような事を言っていたと思うのですが、良く覚えておりません(汗)


デビュー10周年企画
《圭君モバイルで、圭君の役者生活10周年という事で、「イケメン俳優」「癒し系俳優」などのカテゴリーがあるけど圭君らしい俳優としてのネーミングを!という事でトークショーの直前にマネージャーさんから募集がありました。この日、絞られた4点から入場者の拍手の多さによって決められました。》

圭「僕がバラエティなんかに出る時、若手イケメン俳優という括りで紹介されるんですよね・・・。(笑)」
圭君は“若手”というのも、(年齢的に)そろそろどうかと思っているらしいけど、「イケメン俳優」と言われるのはどうも居心地悪そうでした(笑)
ちなみに、マネージャーさんからは(※スタッフさんから、と言ったかも。)「甘えん坊俳優」と言われたそうです。

マネージャーさんのブログにも書かれているように、「等身大俳優」というネーミングに決まりました。
但し、圭君が自分で周りに「僕は等身大俳優です。」と言って回るのは何だし(笑)、自分の中でそういう気持ちでやっていきたいというような事でシメていたように思います。

※他の三つは、
・コンブ俳優→噛めば噛むほど味が出る昆布と同じっていう意味だったかな。
・セクシーリップ俳優→圭君の魅力的なプリプリの唇。 圭君は、「よく、タラコ唇と言われます。」と言ってました。
・声感俳優→声が良いとか、セクシーだとかいう意味だったかな?
これ以外にも司会者がいくつか紹介したのですが、中に「知覚過敏俳優」ってのがありました(笑)
この夏に放送された『ぐるぐるナインティナインSP』を見ていないであろう司会者には、何でなのかわからなかったみたいですが。(^^)
司会者が、何で知覚過敏?という反応だったので、
圭君が「僕、知覚過敏なんです。」と言っていました。

圭君は、応募されたネーミングの中に「ナチュラル」とか「自然(派)」俳優というのがあったのが嬉しかったそうです。


トークショーが始まる前に入場者が圭君への質問を紙に書いて箱に入れたのですが、圭君が箱から3名分選びました。

・『田中圭は本名ですか?名づけの理由は?』
ここは、事前に圭君について調べてきていた司会者が「私、知ってます!私が答えていいですか?」
司「(田中圭という字は)左右対称で、裏表がないようにという事で付けられました。」

圭「(自分の名前は)ハンコが作りやすいです。」(笑)
共演の年下の俳優さんに「田中圭」は芸名のように装ってからかい、「え、田中圭って本名じゃないんですか?」と言われる事もあるみたいです。
★ランウェイ☆ビートで共演している加治将樹君だそうです。

・『1日の睡眠時間はどれくらいですか?』
圭「6時間が理想なんですけど・・・。僕は朝寝るんですよ。30分とか1時間とか。」
その後仕事へ行った時、それだけの睡眠時間だと
圭「ガスが切れるので・・・」
休憩時間などにちょこちょこと寝るみたいです。 寝つきが良くて、どこでもすぐ寝られる圭君。
でも、そうやって昼間こまめに寝てしまうので、その代わりに家に帰ってから寝られない、みたいな。

・『ゴルフは上達しましたか?』
圭君は仕事場でもゴルフのスイングをやっていると言っていたかな?だから声を掛けられる、と。
でもあんまりやってないみたいです。
前は声を掛けられたら「ゴルフ始めました。」と答えていた圭君。
今は「ゴルフやってるの?」と声を掛けられると「でも、下手ですけど。」とか付け加えるようです。
司会者からスコアを聞かれて、答えたくなさそうだった圭君。「ここで言わなきゃダメですか?」
しぶしぶ「130です。」と。
※ゴルフをやった事がない私は、このスコアがどういうレベルなのかわかりません。


台本読み合わせ
抽選で選ばれた4名が、圭君と「ラブコメ」・「七瀬ふたたび」の台本のセリフ読み合わせ。
圭君は「ラブコメ」で演じた美晴、「七瀬ふたたび」の了のセリフを。 選ばれた4人は、映画のヒロインのセリフを読みます。
「ラブコメ」では、圭君はこの映画に出演している渡部篤郎さんのマネ?を何度かしていました。(笑)
(※ドラマで見る渡部篤郎さんの動きとか独特の雰囲気・・・って言えばイメージが湧くでしょうか?)

「ラブコメ」でも「七瀬ふたたび」でも、読み合わせの時に、圭君は所々面白可笑しく演じたりしていましたが、映画で自分が演じる役にすーっと成りきっていたりして、さすがだなあと思いました。

「七瀬ふたたび」の読み合わせの時、圭君の役は「了」なんですけど、
進行役の司会者が「はい、(次のセリフは)了。」と言った時に、
圭「石川遼」とボソッと言ってウケていました。


お楽しみ抽選会
抽選で15名の人に、「ラブコメ」や「七瀬ふたたび」のポスターやパンフ、台本、鑑賞券、スタッフTシャツなどのプレゼント。(すべて圭君のサイン付き。)
更に、1名にこの日の為に圭君が左手に付けていたブレスレットをプレゼント。
今回プレゼントが当たった人の中に、娘に連れられてきたというお母さん、お姉さんと来たという男性、お姉さんと妹が2人とも当たった幸運な姉妹がいました。
そして、ブレスレットが当たった人(だったと思います)は、なんとこの日が誕生日。
今までで一番嬉しい誕生日です、と言っていたと思いますが、本当にその通りだと思いました。


最後に、告知など。
「ラブコメ」
圭「今日ここに来て下さってるのは女性の方がほとんどですけど、特に男性に観て欲しい映画です。」
「七瀬ふたたび」
圭「SFです。」←これしか言わなかった。
「ランウェイ☆ビート」※公開はまだ先だし、この時ではなくて最近のお仕事についての話の時に言ったのかも。
圭「高校生役で、僕が高校生役をやるのはこれで最後になるかもしれないんだけど、自分では高校生役はまだイケるかな?と思っています。」←まだ出来ますって。

内容は覚えてないんですけど、「ガラスの葉」の事も言っていたと思います。

BeeTV(※ドコモで見れるそうです)出演の他はしばらくドラマ出演は無いみたいです。(残念・・・)
もう少ししたら「KEIRIN」CMの新しいバージョンが流れると言っていたと思います。
★すみません!KEIRINじゃなくてカロリーメイトの新バージョンのようです。m(__)m

圭君は今日は皆さんから元気をもらえた、的な事を言っていて、
圭「今年で俳優生活10周年ですが、これからも走り続けたいので皆さん応援して下さい!」
というような事を言って、

トークショーの途中で脱いで椅子にかけていた上着をバッとカッコ良く羽織って
「バイバイ!」「バイバイ!」「ありがとうございました!」などと言って爽やかに去って行きました。

今回のトークショーは、いつにも増して圭君の顔の表情が豊かで楽しませてもらいました。
まるで百面相のようでしたが、それをレポで表す事が出来なくて残念です。

◆◆◆追記◆◆◆
コメント欄で教えて頂いた情報を、★マークを付けて補足・訂正しましたので宜しくお願いします。
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。