スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドラマツアーズ」の圭君 (まっすぐな男撮影現場)

1月23日、フジテレビで「ドラマツアーズ」という番組が放送され、田中圭君も出演しましたが一部地域だけの放送だったのでどんな感じだったのか紹介したいと思います。
この番組を見た時はあまりの面白さに笑い転げたのですが、文字にすると面白さが半減してしまうのがヒジョーに残念です。(悲)
なお、BGMが大きかったりして言葉がはっきり聞き取れない場面が多く、だいたいこんな風に言っていた、という事でお願いします。

◆  ◆  ◆
「ドラマツアーズ」は、(バスに乗って)ドラマの撮影現場巡りという設定のようで、
もしもツーリストの添乗員がフジテレビアナウンサーの武田祐子さん・三瓶さん、
ツアーゲストがいとうあさこさん(もちろん、水色のレオタード姿。)と、響のみつこさん。

いとうあさこさんが出てきた時点で、(もしや、あのネタが見れるのでは!)と高まる期待。
(※去年の夏に放送された「逃走中」で、いとうさんと圭君がタッチの南と達也に成りきっていて面白かったのです。)

今回のツアーは火曜ドラマの撮影現場巡りで、まず『泣かないと決めた日』の撮影現場へ。
その次に『まっすぐな男』の撮影現場へ。

*  *  *
一行は世田谷区砧にある東京メディアシティへ。
まず、『まっすぐな男』のプロデューサーにドラマの内容を聞きに行きます。
関西テレビの吉條英希さん。 ドラマ『アンフェア』や『白い春』を手がけた敏腕プロデューサー。
ナベアツさんに似てるとよく言われるそうで、
「1、2、サンッ!!」をいとうさんに言わされてました(笑)関西弁でノリがよく、楽しそうな方です。

吉條さん「主役は佐藤隆太さんなんですけど、彼のイメージのそのまんまで自分の信じた道をまっすぐ、仕事も恋愛も行くっていうタイプの男の話で・・・」(※ここで、映像でドラマの紹介。)
いとうあさこさんが、キャッチフレーズの「大丈夫、俺がなんとかするから。」を見た時に女の心をギュッてつかまれて震えたと言い、喜ぶ吉條さん。
それで気を良くしたのか、このドラマに出たいと言い出していた、いとうさんの出演決定!
第5話にいとうさんが登場するそうです。
皆に番組グッズ(まっすぐストラップ?)をプレゼントする吉條さん。 
ドラツアMEMO
火10の吉條Pはドラマに出してくれたり番組グッズをくれる優しくオモローな人
(※実際、吉條さんとドラマツアーズのメンバーのやり取りが面白かったのですが、圭君とは直接関係ないので省略しました。)

いとう「このセリフ大好きで、もし出来れば隆太に直に言って頂きたい・・・」←呼び捨て。
吉條「なんなら直接頼んで下さい、彼に。」
武田アナ「隆太さんに会う前に・・・」
(フリップ)【まっすぐな男の共演者に会おう!】

*  *  *
一行はフロンティア建設の開発営業部のオフィスへ移動。手にはまっすぐストラップを持っています。
ミーティングルーム?の椅子に圭君と、後輩・日下英樹役の遠藤雄弥君、上司・山崎芳樹役の宇梶剛士さんが座っています。もちろん皆スーツ姿。
みつこ「雄弥、雄弥ぁ~~!!」
圭君を見てはしゃぐ、いとうさん。 お!やっぱり?
いとう「久しぶり~。」←圭君に激しく手を振りながら。
いとう「私の田中のたっちゃん!」
~アニメ「タッチ」の主題歌~
圭「お久しぶりです。」
いとう「南を甲子園に連れてってェ~。」
圭「待ってたよ!」←少し眉間にしわを寄せながら。
いとう「いや~!!」圭君の胸に飛び込もうとするけど?2人の間には会議室の机が。
机を挟んで両腕を差し出す2人。 
いとう「届かない、意外に届かない~!」
(キレて)いとう「(こっちへ)来いよっっ!!」←カモン!のジェスチャー付き。
爆笑する圭君達。

武田アナ「たっちゃんではなくて、ドラマの役どころを教えて頂いてもいいですか?」
圭「熊沢志郎という役をやらさせていただいてまして、隆太君演じる松嶋健一郎の同期であり、よきライバルでありすごい気が合う仲間と言うね・・・」
みつこ「にらめっこしちゃうの、急に。びっくりしちゃうわよね。」(※第1話で健一郎と熊沢がにらみ合い⇒にらめっこするシーンが映ります。)
圭「バッチリ見てくれてるじゃないですかー!!(笑)」

武田アナ「雄弥さんは?」
遠藤「僕は健一郎と圭君が演じる熊沢の後輩です。先輩達を逆に見守ったりとか。」
先輩がケンカしている時止めるのよねと、ジェスチャー付きで話すみつこさん。
ドラツアMEMO
先輩同士のケンカを止める
みつこ「又いつものパターンか。ってね~。」(笑)
ドラツアMEMO
先輩のケンカにウンザリしてる
手を叩いて喜ぶ圭君、遠藤君。

武田アナ「そして、宇梶さんは。」
宇梶「主人公の健一郎の上司の山崎という役でいろんな相談に乗ったり色々アシストするんだけれども、見えてる部分と見えてない部分が色々と出てくるのか・・・なっ?て。」←最後首をちょこんと傾げる可愛い宇梶さん。
みつこ「昔悪かったくせにね~。」 
いとう「(足を開いて)ソファーの座り方がこうなのよね。」(笑)
ドラツアMEMO
ソファの座り方がこう!(※第1話 両足を大きく開いて肘を乗せ、ソファにどっかりと座ってる感じの宇梶さんの映像。)

ここでいとうさん、3人に向かって
「“大丈夫、俺がなんとかするから”ってこれに胸キュンだったんですよ。もし出来るなら隆太にこのセリフを直に言って頂く事が可能じゃないかな、ダメ元でしょ?」
宇梶「大丈夫だよな?」
遠藤「大丈夫ですよ。」
圭「変な話、言った瞬間に来るかもしれないですよ。」
いとう「え~!!受け止められるか分かんなぁ~い。」

武田アナ、フリップを持って
【まっすぐな男 佐藤隆太さんに会おう!】

*  *  *
部屋を移動。 自分のデスクでパソコンを使っている佐藤さんの後姿。 
ツアーズのメンバーの歓声に、立ちあがって向き直ります。
みつこ・いとう「まっすぐ見てる、こっちを。まっすぐ見てる~!」
にこやかな顔で頭を下げる佐藤さん。

武田アナ「佐藤さん、まっすぐな男を見逃してしまった方の為に・・・」
佐藤「僕が演じる松嶋健一郎という男は曲がった事がとにかく大嫌いで、とにかく自分の筋を通すべくですね、何事にも全力投球でぶつかっていく男です。」
みつこ「だってさあー、一流会社蹴ったのよ、あの人。」
ドラツアMEMO 
主人公は一流建設会社を断っている
佐藤さん、みつこさんといとうさんがちゃんとこのドラマをチェックしている事に驚いて「すごいっすねー!」
佐藤さんが座っている後ろには、圭君・遠藤君・宇梶さんが立っています。
いとう「バス走り?バス走りすごかったね~。」←走る仕草で。
ドラツアMEMO
“バス走り”は圧巻!!(※第1話で深田恭子ちゃん演じる栗田鳴海が乗ったバスを走って追いかける健一郎の映像)
いとう「バスがさ、もし右折じゃなくて左折だったらまだ追っかけたでしょ?」(笑)
ドラツアMEMO
“左折”だったら追いついた!?
いとう・みつこさんがドラマの内容を覚えていたり、一部のセリフを言ったりしたので感激している佐藤さん達。
佐藤さん、椅子から立ちあがって「すげー! ありがとうございます。」と一礼します。

盛り上がる中・・・
武田アナ、いとうさんに小声で「何かお願いがあったんですよね?」
ドラツアMEMO
“大丈夫、俺がなんとかするから”と言って欲しいいとうあさこ
いとう「あのー、私、今年40なんですけど・・・」 佐藤「はい。」
ドラツアMEMO
「なんとかして欲しい!」という悩みを打ち明けてみる
いとう「でも、まだ1人身で暮らしてて、私これからどうなのかな、このまま一人ぼっちなのかなー。私このまま老後どうなっちゃうのかなーって、この頃本当にやるせない気持ちでいっぱいになっちゃうんですよね・・・」うつむくいとうさん。
真剣な顔でいとうさんの悩みを聞いていた佐藤さん、真面目な顔で椅子から立ち上がっていとうさんの肩に手を置き
「いとうさん。 大丈夫、俺がなんとかするから。」 ←エコー付き。
間髪入れずいとうさんが佐藤さんに抱きつき、後ろに倒れてしまう2人。
慌てて圭君達が佐藤さんの体を起こし、みつこさん達が、しがみつくいとうさんの体を佐藤さんから引きはがそうとします。(笑)
いとう「興奮しすぎて靴底が取れた!」 (取れた靴底を持って。)
圭君達、手を叩いて笑っています。
いとう「(カメラの方を指さして)今の証拠だかんねぇ!ウソはダメだよね。“まっすぐな男”だからねぇ!」
佐藤「ああ、そうすよねー。」
三瓶「どうにかしてくれるって言ったもんね。」

~ここからドラマの役に成り切って~
圭「どーすんだよ健一郎、お前!!」(右隣に立っている遠藤君の肩に手を置いて。怖い顔の圭君。)
ドラツアMEMO 
「まっすぐな男」は困っている人を放っておけない!
佐藤「けっこうねー、シリアスなねー、重大な悩みですよ、これは。」
遠藤「松嶋さん!このままじゃ彼女可哀そうですよ!」
佐藤「いや、そりゃわかってるよ!なー? どうにかしてやろうっていうさー、ここは・・・か、課長!これどうすれば良いですかねえ?」 ←課長に振る松嶋君。

宇梶「う~ん・・・まあそのー。 人に求愛する前にね、自分作りから始めた方がいいんじゃないかねっ。」←真面目くさった、穏やかな表情。
圭君、きっと笑ってるんでしょう、顔を背けて遠藤君の肩辺りに埋めるようにします。

みつこ「さすがオトナね。」
佐藤「いとうさん。」 いとう「はい。」
佐藤「自分作りから始めて下さい。」   カーン!!
圭君、遠藤君の肩を後ろから抱くようにして笑っています。 
三瓶「意外とリアルな答えが・・・。」(笑)
いとうさん、泣き演技しながら「まっすぐな男、ありがとう!!」

みつこさんも佐藤さんに悩みを。
ドラツアMEMO
「なんとかして欲しい!」という悩みを打ち明けてみる
みつこ「私、ダイエットしてるんですけども、なぜか体重だけが増えていく感じで全然ダイエット出来ないんです。どうすればいいですかねえ~?」
佐藤「いや、でもみつこさん。」 みつこ「はい。」
立ちあがってみつこさんの肩に手を置いて
佐藤「大丈夫、俺がなんとかするから。」 ←エコー。
感激するみつこさんに
「怖い!」椅子に座って縮こまる佐藤さん。
みつこ「怖いって何よ!!(怒)」←目をひんむくようにして。男の声に戻ってます。 

みつこ「なんとかしてくれるんでしょ?」
佐藤「そうすね、そうですよね。」
圭「どーすんだよ、健一郎! どーすんだよ、健一郎!!」←自分の腰に手をあてて。
ドラツアMEMO
「まっすぐな男」は困っている人を放っておけない!
佐藤「本気で考えてるよ。」
遠藤「本気ですか? なんとかすべきですよ。」←メガネに手をやって。
佐藤「いや、それはわかってるよ。 これは本当に本気で悩んでると思うから・・・課長、これどうしたらいいですかねえ?」

宇梶 「・・・。食べないでじっとしてればいいんじゃないの?」←大真面目。
大爆笑。
佐藤「食べないで、じっとして下さい。」   カーン!!
手を叩いて大笑いする圭君と遠藤君。
みつこ「ありがとう、まっすぐな男。」

武田アナ「三瓶さんは、ほんっとうに深刻な悩みがあるんですよね?」
ドラツアMEMO
「なんとかして欲しい!」という悩みを打ち明けてみる
三瓶「“もしもツアーズ”という番組に出させて頂いてるんです、毎週。」
佐藤「見てます。」
三瓶「ありがとうございます。じゃ、お気づきかもしれないんですけども、イマイチ目立てないんですけど、どうすればいいですか?」
佐藤「重たい悩みですねえ・・・」重い雰囲気になるフロンティア建設のメンバー。
圭「どーすんだよ、健一郎!  どーすんだよ、健一郎!!」
ドラツアMEMO
「まっすぐな男」は困っている人を放っておけない!
佐藤「これはさ、一番深刻な問題だぞ、今までの中で。」
遠藤「松嶋さん、ここ、重要な所ですよ。」←メガネに手をやって。
佐藤「重要な所だからなあ。どうしようかな、ホントに。課長ね、これ、どうしたらいいですかね?」

宇梶「・・・それはねー、あのー、自分のせいだよ。 」←超真面目。
圭君と遠藤君、声を出して笑い転げています。佐藤さんも顔をクシャクシャに。

みつこ「すっごい直球。 すっごい直球よ。」
一瞬、デスクに突っ伏すようにする三瓶さん。
佐藤「三瓶さん、自分のせいですよ!」  カーン!!
大爆笑。
三瓶「何でここまで来て傷つかなきゃいけないんですか。ちょっとー。」
圭「三瓶さん。僕、あの、のど飴あげます。」←自分の喉の辺りを触りながら、三瓶さんにのど飴を渡す圭君。
三瓶「優しい!! ありがとうございます。」
圭「良くしゃべれるように。」
いとう「喉のせいじゃねぇよ!」
みつこ「自分のせいだよ!」 爆笑。 圭君、遠藤君の肩を抱いて笑っています。

最後に番宣。
佐藤「まっすぐな男は毎週火曜日10時からです!」
佐藤・宇梶・遠藤・圭「是非、ご覧ください!!」
三瓶「僕、も、勉強しまーす。」←ちょっとカミながら。
みつこ「のど飴なめな、ちゃんと。」  いとう「早く!」(笑)

◆  ◆  ◆
私のレポではほんっとに伝わりませんが、面白かったー! 
クライマックスは悩み事相談の3連発。 可笑しくて可笑しくて、1人で声を出して笑い転げてました。
最初に、ある程度の打ち合わせがあったのかもしれませんが、宇梶さんの回答はアドリブだったのではと思わせました。 宇梶さんナイス!
スポンサーサイト

都のかほりスペシャルの圭君

田中圭君ファンの皆様、圭君ウィークを堪能できましたか?
私は『神戸新聞の7日間』だけはまだ見れていません。 見るのがちょっと辛い・・・

圭君祭りが終わった後も、『まっすぐな男』で毎週圭君に会えるから嬉しいです♪
そして、まだ先の話ですが、4月からもドラマ『チェイス』で圭君に会える事がわかってすごく嬉しかったです。(全6回なので短いですけど。)
5月には舞台があるから、圭君は春の連続ドラマには出ないだろうと思っていたから尚更です。

*  *  *
『都のかほりスペシャル』は一部の地域でしか放送されなかったのでレポしようかと思ったのですが、こういう、トークが少なくて映像中心の番組は非常にレポし辛くて大変です・・・(涙)
公式サイトの第3回の放送内容の所をクリックすれば、旅のだいたいの内容が載ってますのでまずそれを見ていただいて、↓  私は圭君ウォッチを中心に。

            都のかほりスペシャル公式サイト

旅人は圭君・西村和彦さん・田丸麻紀さん
スケジュールは
1日目
午前   平城宮跡  1300年を経て蘇った都 
      東大寺   大仏様を体で感じる
      新薬師寺  日本一の十二神将    
昼食   三輪そうめん山本 世界一の○○に感激
午後   正暦寺    清酒発祥は寺だった?
夕食   中国料理・杤  驚きの料理を堪能!

2日目
午前   自由行動  奈良の想い出づくり
      天王山古墳 潜入! 古墳の中は・・・
      箸墓古墳  邪馬台国、卑弥呼の墓?
昼食   しゃぶしゃぶ鹿の子 幻の生駒牛に舌鼓
午後   奈良ガラス工房  私だけのガラス細工に挑戦
夕食   リストランテ イ・ルンガ 都の贅沢! 美味イタリアン

  ◆
1日目
平城宮跡
和太鼓集団「倭」の太鼓演奏を聴いた後・・・
西村さん「平城遷都1300年祭と言う事なんですが、田中君。」    圭「はい。」
西村「奈良と言えば?」
圭「奈良と言えば! ・・・奈良と言えば大仏、鹿。」
西村「なるほど。田丸さんは?」
田丸さん「私も、あのー、大仏、鹿。(笑)」
西村「そうですかー。 お二人のイメージをすべて払拭します!」
西村「倭さんの演奏に負けないように、平城遷都1300年を我々が盛り上げていこうと思います。宜しくお願いします!」(後ろにいる倭のメンバーに向かって。)
全員で右手を挙げて「オオーッ!!」

東大寺
西村「大仏様には触れる事は出来ないんですけどね、大仏様の一部分を感じる事が出来るポジションがある。」
圭「やさしさ?」 ←素で言ってます。マジメな顔してます。
西村「何でそこだけロマンチックなんだ?」(笑)

ここで、1人目のスペシャルゲスト、大の仏像好きのかとうかず子さんと合流。
皆で大仏殿の奥へ移動。 柱に開いた一つの穴。
西村・かとう「大仏様の一部分と同じ大きさ。何でしょう?」
圭「ええと、耳の穴。」
西村「惜しい。」
圭「惜しい? あ、鼻の穴。」
かとう「当たり。」

鼻の穴と同じ大きさのこの穴をくぐり抜ければ良い事がある、と、修学旅行で奈良を訪れる子ども達の間では有名な話。

西村さん、カメラに向かって「大仏殿において、田中圭のチャレンジです。どうぞ。」
「よおーし!」とまず気合いを入れる圭君。
大人の男性でも通れるの?と思うような狭い穴に
圭君、頭と肩を入れて「いててて・・・」
西村「ナナメにね、体をナナメに。そうそう。」
圭君、片手と頭だけ穴から出して「お、なんかちょっと変な感じが。」
田丸「ちゃんと確実に出てきていますよ。」
西村「いけるよ、いけるよ。」
圭「トゥイーン。トゥイーン。」
左腕がちょっと引っかかったけど、なんとか上半身が出てきました。
圭「これ、僕出たら良い事ある・・・?」
西村「今年は良い事あります。」
圭「・・・よっしゃぁー!!」
穴から抜け出る圭君。 スリムな圭君だから出来たのかも♪
皆から「おめでとうございます。」「何か良い事ありますよ。」と拍手と共に言われ
圭君は大仏様に向かって
「大仏様、ありがとうございます!」と深々と一礼を。

ならまちの焼き鳥屋さん「とり末」で焼き鳥を食べ・・・

新薬師寺
十二神将の前で。
新薬師寺のホームページに、十二神将の画像も載ってます。
 http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku/juunishin.html

かとうかず子さんの仏像の楽しみ方、「見たまま感じたまま。感覚的に愛でる事。」に刺激された3人。
圭君が感じた事。
迷企羅(メキラ)大将⇒圭「超力持ちなんですよ、メキラは。で、どーんと何か落ちてきたけど(壁を左手で支えるような仕草をして。)軽い。みたいな。」
西村「支えてるんですか?」(笑)
圭「支えてるんです。早く逃げろよ、みたいな。」
西村「セリフ付きだ。(笑)」
「ここは俺に任せて行け!」←エコーがかかってます。
西村「何でそんなハリウッド映画的な・・・」(笑)

珊底羅(サンテラ)大将⇒圭「先輩なんじゃないですか。」
西村・田丸「先輩?」
圭「後輩がへばってるのを、“だらしねえなあ、おうおう。”みたいな。」

三輪そうめん山本
普通のそうめんの三分の一の細さだという「白髪」。
3人とも、普通のそうめんと白髪を一本ずつ両手に持って細さを確認しています。(世界で一番細いそうめんだそうです。)
圭君、白髪をぐーんと曲げても折れないのに感心している様子。
白髪そうめんを食べる3人。

正暦寺
住職の大原弘信さんから、正暦寺清酒の歴史などを聞く3人。
清酒を試飲する3人。 西村さんと田村さんがそれぞれ感想を言ってる時に黙ってちびりちびりとやってる圭君。
お酒が苦手な圭君なので、よくわからないのかも。(笑)

中国料理 杤
再びかとうかず子さんと合流して中華料理の店「杤」へ。
店主の杤康憲さんの話を聞いている時、圭君は杤さんの横に置いてある霜降り牛肉の塊の方に目が行って仕方がなかったそう。
〈サーロインの黒胡椒炒め〉の調理中、圭君は早く食べたそうに切なそうな表情をしています。
他の3人がそれぞれ食べた感想を言っている間、「うん!」という表情で頷きながら箸でバクっと食べてる圭君。←ミツカン酢CMに出ていた時の圭君っぽい? 

次に出てきたのが、ゆでたまごにソースをかけた料理。

圭君、スプーンですくいながら「つるつるする!いただきまーす。」
食べていくうちに、この卵は黄身がなくて白身だけなのがわかって驚く旅人たち。
圭「(黄身が)片寄ってんのかなーって思った。」
〈黄身なし卵の干貝柱ソース〉卵白に貝柱のスープを混ぜてもう一度卵のカラに戻して蒸すのだそうです。
最後は〈セミ海老のブラックソース〉
西村「想像を絶する食感です。」
圭「ホントだ!わ、あ、ホントだ!」←感激したように。

* * *
2日目
自由行動
まだ薄暗い中、圭君は黒いジャージを着て奈良公園内をランニング。鹿がいっぱいいます。

天王山古墳
子どものころから古墳大好きだという西村さん、古墳に歩いて向かいながらハイテンションです。
まるで子どもみたいにはしゃぐ可愛い西村さん。
対して、古墳の事を良く知らない圭君と田丸さんはローテンション。
ここで2人目の特別ゲスト登場。俳優であり、考古学研究者でもある苅谷俊介さん。

前方にある山(ちょっとした丘)が天王山古墳で、古墳の中に入ると西村さんに言われた2人、驚きます。
田丸「中って言うのは?」
苅谷さん「古墳の中の石室ですね。埋葬施設のある・・・」
圭「入っていいんですか?」
苅谷「入っていいです。」
「すっげえー!それテンション上がりますねぇ!」  ←俄然テンション上がる圭君。

古墳の入り口を前に、色めきたつ西村探検隊。
先程からテンションの高かった西村さんが田丸さんと圭君の腕を掴んで、「先に入っていい?」
嬉しそうにカメラを持って古墳に入っていく西村さん。 
中から西村さんの「おおー!おおお~!」という、感激の叫びが聞こえてきて
圭「めちゃめちゃ気になるんですけど・・・」
後ろ向きに中に入っていく圭君。入口はかなり狭い感じです。
田丸「大仏さんの鼻といい、田中君はそういう所によく入ってるよね(笑)」
元々入りたくなさそうだった田丸さんは中に入りませんでした。

石室は高さ4.2メートル、奥行き8.5mあってかなり広いです。
石棺の所へ来た時、「すっげえ!」と感動する圭君。
苅谷「石棺が大きいでしょ?」
圭「大きいです。」
苅谷「これだけの堂々たる石棺の中に収まる人ってのは並みの人じゃない。」
神妙な顔つきで頷く圭君。

苅谷さんの解説を聞き、ますますコーフンの西村さん。
西村「この先の旅、任していい?」
圭「うーん、それは困るー。」←大きな石が使われている天井を見上げながら。
西村「そう・・・」
圭「気持ちはわかりますねー。」
西村「もうちょっとここに残りたいんだよ。」
圭「わかります、すごくわかります。」
西村「あ、そうか、田丸さんが待ってるんだっけ。」
圭「はい。」

外に出る2人。
田丸「おかえりなさいー。どうでしたかー?」
西村「言葉が無くなった。 田中君が、すげー、すげー、す、す・・・」
田丸「す、で終わった。(笑)」
圭「すげぇーんですけどぉ・・・。」
西村「基本的に、古墳は男のロマンなんだよ。」
田丸「あははは、そうなんですか?」
西村「女性には悪いけど、僕達だけのものにしといてくれ。」
田丸「ちょっと分けて欲しかったですけどねー。でもそんな素敵だったんですねー、やっぱり。(笑)」

箸墓古墳
箸墓古墳を前にして。
最近の調査で、箸墓古墳が卑弥呼の墓であるという説が有力だと言う話を西村・苅谷さんから聞き・・・
圭「はあーーー!」
西村「ここですよ、ここ!」
圭「ここですねぇ!」←古墳を指差して。
西村「クライマックス来たよ!」
圭「メインですねえ。」
西村「メインが来たでしょ?
田丸「すごい感動しています、今更ながら。」
西村「だから今回わざわざ苅谷さんに来て頂いたんじゃないんですか!」

しゃぶしゃぶ鹿の子
店主の谷口利雄さんから、最初の1枚は生でポン酢につけて召し上がって下さいと言われ・・・
生で生駒牛を味わった圭君、目をつぶって椅子の背もたれにドン!ともたれかかります。「ンフフ・・・。」
田丸「笑いが出た。」
西村「田中君、笑いが出てる。何、何。」
圭「生で食べて、そのまんまスーッと消えちゃうんですけど、これをしゃぶしゃぶしたらどうなるんだろうっていう、更に次の・・・どんどん気にさせてくれる味です。」
田丸「ほんとだ、すぐにいなくなるー。お肉もびっくりする位美味しいんですけどー、ポン酢も美味しい。」
~略~
この後、溶岩焼ヘレステーキに舌鼓を打つ一行。(※ヘレとは、一般的にヒレ肉と言われてる部分かな?)

奈良ガラス工房
圭君は吹きガラスでグラス作りに挑戦。
1300度の熱で溶かしたガラスを巻き取るのが難しそう。
圭「ムズ、ムズ、ムズッ!」 
ガラスの一部が床に垂れてしまいました。 圭「あ~あ。」
溶かしたガラスがついた吹き竿を回しながら細かく砕いた色ガラスを付け、又1300度の炉の中でくるくる。

力いっぱい息を吹き込む圭君。相当大変そう。 頬の辺に汗が流れています。
作品を回しながら開けた口を徐々に広げていきます。 
最後に一晩かけてゆっくり冷まして出来上がり。
圭君が作品を冷蔵庫?に入れて、ずっと指導してもらっていた男性スタッフから
「お疲れ様です。」と言われ、
ちょっときょとんとしたような圭君、「完成?」
スタッフ「完成です。」
圭君、嬉しそうな顔でカメラに向かって「完成です!」(グー!のジェスチャー付き。)

初めてにしては、なかなか見栄えの良い素晴らしい作品が出来上がりました。
圭「やっぱりすごい新鮮だし感動したんですよ。きっとなんかその当時奈良にシルクロードを渡ってそういう文化が来た時の人達も、俺みたいにオオ~~!!ってなってたんだろうなあと思うと、ちょっとこう、嬉しかったというか・・・。」

リストランテ イ・ルンガ 
〈宇陀金ゴボウのバートフィロ包み焼き〉
圭「ゴボウの風味がすごい口を・・・」
田丸「口に入れてビックリしますよね。」
西村「これ、美味しいねー!」
~略~
〈スコットランド産キジのブロード仕立て黒トランペットとムースロン添え〉
田丸「目をつぶりたくなるようなね、ハー・・・というお味。」
西村「うわー、これ。」
田丸「色んなエッセンスの味がするんですよ。でも何かとは言えないぐらいたくさんの。」
圭「そりゃ、予約取れね―わ、って話ですよね。美味いもん!」
西村「そうだよ、これならちょっと・・・」
田丸「すごい瞬間に立ち会えてる感じがしますよ(笑)」
空極の都の贅沢を堪能する3人。

* * *
あー、こういうレポは非常に難しい!! 
話している事も所々聞き取りにくかったので、もし違っている事を書いていたら教えて下さい。
私の書き方だとあっさりしていますが、出てくる料理は皆本当に美味しそうでした。圭君達がとっても美味しそうに食べてるから、私ももう、よだれが垂れそうでした。 食べた~い。
圭君が大仏殿の柱をくぐり抜けた時、『心のひとつ』で圭君が京都に行った時に縁切り寺(安井金毘羅宮)で「願い事が叶う石の穴」をくぐった時の事を思い出しました。 鷲田清一さんに逆の方からくぐっちゃったと嘘を言われて焦りまくった圭君が可愛かったなあ。

私は、奈良へは修学旅行で一回行ったきり。
奈良にはロマンを感じるし、若い頃から憧れの土地の一つです。
この番組を見て、奈良に行ってみたくなりました。
実際には、私の住んでいる所から奈良へ行くには時間がかかるからちょっと難しいんですけど。
機会があったら是非行ってみたいです!

ネプリーグの圭君 (牛に願いをチーム 2007年7月14日放送)

あけましておめでとうございます
今年も鈴虫ルームを宜しくお願いします♪

1月は田中圭君の出演番組が目白押しですねえ。 えっと、わかる範囲で書き出してみましたが、こんな感じでいいのかな?

11日『ネプリーグ』           19:00~20:54 フジ系列(※地域によって放送日が違うようです。)
12日『まっすぐな男』          22:00~23:09 フジ系列   毎週火曜日放送
14日『853~刑事・加茂伸之介』   20:00~20:54 テレビ朝日系列 
16日『都のかほりスペシャル』     13:59~(※広域関東圏) テレビ朝日系列
16日『神戸新聞の七日間』       21:00~23:10 フジ系列 
※追記 以前『都のかほりスペシャル」の放送時間は月刊テレビ誌に載っている情報を見て書きましたが、今週発売された週刊テレビ誌(関東版)を確認したら公式サイトに書いてある通り13時59分~になっていたので訂正しました。(1月13日)

圭君祭で嬉しいけど、録画予約を忘れないようにしなきゃ・・・。
圭君出演CMの目撃情報もチラホラと圭友から入ってきています。
私は元々あんまりテレビを見ない方なので、いつ圭君CMに遭遇出来るかわかりません。
「この番組で圭君のCMがよく流れるよ。」という情報がありましたら是非とも教えてもらいたいでーす。(^^)

今月、一番始めに圭君におめにかかれる番組は『ネプリーグ』なのかな?
圭君は『ネプリーグ』にはドラマ・「牛に願いを」チームで出演していて(2007年。)今回が2回目です。
それで、前回のネプリーグはどんな感じだったか振り返ってみたいと思います。

トークも面白かったのですが、長くなってしまうので圭君とあんまり関係のない場面は省いてレポします。
ネプリーグチームが一番絡んだのはやっぱり同じお笑いのオリエンタルラジオ・中田君で、次が可愛い相武紗季ちゃん&戸田恵梨香ちゃん。そして、最初に中田君が自分と小出君は慶応大卒と紹介したのでお笑いチームが対抗心を出した小出君。 圭君はあんまり絡んでもらえませんでした(寂)
いつものように敬称は略します。

◆ ◆ ◆
ドラマ『牛に願いをチーム』
メンバーは圭君(23歳)・キャプテンの中田敦彦君(24歳)・相武紗季ちゃん(22歳)・小出恵介君(23歳)・戸田恵梨香ちゃん。(18歳) ※( )内は出演時の年齢。

ネプチューンチーム
メンバーはブラックマヨネーズの吉田敬さん・小杉竜一さんとネプチューンの原田・堀内・名倉さん。
中田君が俳優側のチームに居る事で、始終ネプチューンチームからいぢめられてました。

★ブレインタワー
・人やモノの名前を回答し、10階建てタワーの屋上をめざせ! ※制限時間は60秒
ネプチューンチームは3階まで行った所でゲーム終了。

牛に願いをチーム
中田「トランシーバー」⇒紗希「ヤドカリ」
⇒「ニコラス・ケイジ」の写真を、小出君が「メル・ギブソン」と答えて3階から落下。
小出「パレット」⇒
「知恵の輪」を恵梨香ちゃんが答えられなくて2階から落下。
「樋口一葉」を恵梨香ちゃんが答えられなくて1階のまま。
恵梨香「アーチェリー」⇒圭「タイプライター」⇒中田「アルコールランプ」
⇒「プーチン」を紗希ちゃんが答えられなくて4階から落下。そこでタイムオーバー。1階どまり。
ネプチューンチームが10ポイント獲得。

★ファイブリーグ
・答えが5文字の常識問題に1人1文字ずつ回答 5問1セットでチャレンジできるのは2回まで

ネプチューンチームが答えている時に、圭君は自分の前に座っている恵梨香ちゃんに「恵梨香ちゃん、OK?」と聞いてます。恵梨香ちゃんがちょっと前に「わかんない・・・」とか言って不安そうにしていたからかな?
恵梨香「うん、大丈夫なような気がする。 もう怖くなってきた、帰りたいー。」

ここまでで、ネプチューンチーム40ポイント獲得。
牛に願いをチーム 1回戦
席順は向かって左から1中田君・2紗希ちゃん・3小出君・4恵梨香ちゃん・5圭君。
圭君は右端なので最後の文字を答えます。

第1問 地球最南端の大陸=□□□□□大陸
回答・・・【なんきょ】で正解。
左端に座っている中田君が、「正解した時は抱き合ったりしてもいいんだよぉ。」とチームの皆に言ったら、
紗希ちゃんと小出君、恵梨香ちゃんと圭君が「イエーイ。」とハイタッチして中田君はスルー。(笑)

第2問 BGM=BACKGROUND□□□□□
圭君、「どっちだこれ?どっちだこれ?」と騒いでます。
中田「圭ちゃん、これどっちかとかある?」とツッコミ。
圭君、空中に文字を書いて「大丈夫、大丈夫。」(※この時の圭君の表情が、あどけない感じでかわうぃい~。)
回答・・・【MUSI】で正解。
(※私が思うに、圭君はKかCか迷ったのではないかと。)

第3問 1575年織田・徳川連合軍が鉄砲隊で武田軍を破る□□□□□戦い
回答・・・【なきはの】戦いで×
正解は「ながしのの」(長篠の)戦い。 
 2回戦
第1問 1秒間に5m進む時1時間で□□□□□m進む
回答・・・【1800】で正解

第2問 腹が減っては□□□□□ (空腹では良い活動ができない事)
回答・・・【戦ができ】で正解
                 
第3問 二つの立体の展開図が出ます。一つは立方体、もう一つは・・・□□□□□
回答・・・【えんちゅ】で正解

第4問 右手・左手の法則で有名なイギリスの電気工学者□□□□□
回答・・・【フイミン】で×
正解は「フレミング」

牛に願いをチームは50ポイントで、40ポイントのネプチューンチームを逆転。

★ファイブツアーズ
・常識漢字の「よみがな」を1人ずつ操作席のタッチパネルで回答 

ネプチューンチームが、「機織」に苦戦して、4人目の名倉さんが「はたおり」と入れて正解の時、
圭君は思わず「よかった、よかった、よかった。」と言って、一瞬、「牛に願いを」チームは頷きます。
ハッとして紗希ちゃん、後ろの圭君の方を振り返って「良くないよぉー。応援しちゃったー。(笑)」
ネプチューンチームはここまでで130ポイント。

牛に願いをチーム
スタートすると乗り物がすごく揺れるので、圭君は大げさにバランスを崩し体を泳がせて皆がウケてます。
最初は紗希ちゃん。 目次(もくじ)⇒岐阜(ぎふ)⇒聖徳太子(しょうとくたいし)⇒短冊(たんざく)⇒容姿端麗(ようしたんれい)⇒
騙す(だま)す⇒抱擁(ほうよう)⇒呆気・・・紗希ちゃん、これが答えられなくてアウト。
次の恵梨香ちゃんもわからずアウト。
そして圭君。呆気(あっけ)⇒燻す(いぶ)す⇒氈鹿・・・圭君わからず。 「たくわん」なんて打ってアウト。(※私もこの漢字の読みはわからなかったけど、さすがに“たくわん”ではないと思ったぞ。笑)
次に小出君。氈鹿(かもしか)・・・ファイナルクリア!100ポイント獲得!!

中田君、ネプリーグチームに向かって「全員の力を合わせてねー、」
名倉「お前、やってないやないか!」
名倉・原田「相武紗季ちゃんすごかったねー。田中君もすごかったなあ。小出君はかっこええ。」

ここまで、ネプチューンチーム130ポイント、 牛に願いをチーム150ポイント。

★ファイブボンバー
・答えが5つ以上ある常識問題を5人が順番に回答 爆弾が落ちてくる前に全員が正解すればクリア

ネプチューンチームの最後の枠が原田さんで、
「床・屋根・窓・壁・扉 5つすべて英語で答えろ」という問題で他の4人は答える事が出来て、最後に残った「屋根」を原田さんがわからず、苦し紛れにゼスチャー付きで英語風発音で「ヤネィス。」と答えて場内爆笑。(※答えはルーフ。)

牛に願いをチームの並びはファイブリーグ・ブレインタワーの時と同じで
1中田君・2紗希ちゃん・3小出君・4恵梨香ちゃん・5圭君。
圭君は最後に答えなければならず、大変そう~。

最初に「キャプテン、自信がありますか?」とナレーション担当の伊藤アナウンサーに聞かれ、
中田「自信マンサイでしょ。」と言って圭君から「マンサイ? マンサイ、ね。」とツッコミが。 
中田「マンサイ、何か可笑しかった? そこをさー、見過ごしてくれてもよくない?」(場内爆笑)
原田「田中君ねえー、」  圭「ハイ。」
原田「この枠大変だよ。」  
圭「わかりました。フル回転で行って、あの、い、いきま・・・」←最後の方はカミながら笑顔で。
原田「困ったら“ヤネス”って言いな。」(爆笑)

第1問 病院・学校・郵便局・駅・工場 5つすべて英語で答えろ
中田「ポストオフィス」⇒紗希「スクール」⇒小出「ファクトリー」⇒恵梨香「ステーション」⇒圭君、余裕で「ホスピタル!」 クリア!
第2問の、3番目に答える小出君が正解した時点で、牛に願いをチームの勝利が決まります。

第2問 女性だけのお笑いグループ 3組答えろ
中田「森三中さん」⇒紗希「オセロさん」⇒小出君が思いつかず、メンバーから「こいちゃん、こいちゃん。」と声を掛けられ、ギリギリで「ハリセンボン!!」 
牛に願いをチーム勝利! ハイタッチで喜びあうメンバー。

ネプチューンチーム220ポイント、牛に願いをチーム230ポイントでボーナスステージ進出決定。

★トロッコアドベンチャー
常識2択問題を5人一致で回答 5問連続回答すれば賞金100万円!
トロッコに乗って2択問題の正しい道を5人で見極め、1人でも意見が分かれたり、間違った道を選んだら転落。賞金はナシ。

ゲーム開始の前に・・・
圭「ここまで来たらみんなでね、100万円獲ってね、みんなにね、美味しいモノでもね。」←美味しいモノでもね、の言い方というか、声の感じが安田君っぽくて好きです (マニアック。)
中田「食事に行きたいと思いまーす。」
紗希「焼き肉!
皆が同意し、 その後、一瞬の沈黙・・・
恵梨香「牛?
圭君と恵梨香ちゃんが顔を見合わせて爆笑。
伊藤アナウンサー「ホントに焼き肉でいいんですか?」(爆笑)
中田「牛・・・牛マズイよね?」
圭「そうなんだよ!」
紗希「ダメだね・・・(笑)」
小出「じゃ・・・」
中田「じゃあ、サラダバー行きます!皆で。」(爆笑) 
小出「はい。」

↑この流れが実に面白かったです。
面白そうに見ているネプチューンチーム。「たのしそー。」

第1問が出される前から「右だ!右だ!」と叫ぶ圭君。
第1問  寒いの反対語は?
左・暑い 右・熱い ⇒ 左で正解。

第2問 (写真が出て)まる子は?
左・ミルコ(格闘家) 右・ちびまる子ちゃん ⇒右で正解。

第3問  重いのは?
左・1グラム 右・10カラット ⇒1グラムの方を選んでしまい転落、ゲームオーバー。
正解は10カラット。(※1グラム 1000㎎ 10カラット2000㎎ だそうです。)


圭「どうしよう、このテンション。」  圭君なカンジ。
紗希「落ちちゃったねー。」
中田「俺が自腹で焼き肉おごりますよ。」←さすが、キャプテン。
喜ぶ4人。
恵梨香「あっちゃん、かっこいい!」
中田「カッキーン!」 ←ジェスチャー付きで。


仲が良さそうだけど、ゲーム中はイマイチ5人の息が合ってない所が逆に面白かったです。
例えば、中田君の掛け声にワンテンポ遅れて恵梨香ちゃんだけが反応したり。

「氈鹿」を読めるなど、小出君もすごかったけど、圭君もさすがでした。
圭君はTBSのオールスター大感謝祭に2~3回(←忘れてしまって、圭君の出場回数がわからなくなっている鈴虫・・・)出場していますが、いつも圭君はミニマラソンに出場して、途中クイズに回答出来てないのに成績が良くて、幅広い知識を持っているんだなあと感心しております。
(話は逸れますが、最後にミニマラソンに出た時、圭君は中田君と仲良く2人で走って、沿道のファンにハイタッチしてたりしたなあ。)

「まっすぐな男」チームの成績はどうかな? トークも面白そうだし、楽しみです♪
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。