『王様のブランチ』 圭君2時間生出演

8月30日のTBS『王様のブランチ』に午後から田中圭君がドラマ『魔王』の番宣でゲスト出演しました。 せいぜい10分程度の出演かと思っていたのですが、仕事から帰って録画したのをチェックしたら圭君は2時間ずっと出ずっぱりで、私は全部は見ていません。(汗)

ブランチ内に色々なコーナーがあるのですが、紹介される映像の右上に小さく、モニターを見ている圭君の顔が時々映ります。
とても詳しくはレポできませんので、圭君の主なトーク場面だけザーッとレポします。
いつものように圭君がトークしている時はかなりの身振り付き。
※『魔王』の多少のネタバレもあります。

◆  ◆  ◆
圭君は優香さんと斉藤慶太君の間に座っています。
圭君が、慶太君の言う事に軽く突っ込んだりする場面もあり、けっこう二人は打ち解けている感じでした。

圭君は薄青のストライプシャツの上にパーカー(鮮やかな青色、上部はグレー)を着ています。
※圭君と言えばパーカーですね♪ 

優香さんから『魔王』で葛西均を演じていらっしゃいます、田中圭くんでーす!と紹介され、
自分も拍手をして頭を下げながら「よろしくお願いしまーすっっ!!」といつものように元気いっぱいに挨拶する圭君。

谷原「ブランチのスタジオ、久しぶりですよね?」
圭「はい!」
(はい!に続くコメントを期待してたのに? “はい!”だけで終わったので谷原さん達から笑いが。)
圭君は多少笑顔を浮かべちょっといたずらっぽいような顔つき?
優香「ブランチにはかなり縁がありまして、7回目のご出演なんですよ。」
圭「そんなに出させて頂いているんだー!・・・みたいな。」←軽く何度も頷きながら。
谷原「(ビデオ出演ではなく)生で来て頂いたのは3回目か4回目なんですね。」
優香「そうなんですよねー。」
圭「よろしくお願いします!」←あちこちに向かって頭を下げながら。

◆  ◆  ◆
『魔王』の次回放送のダイジェスト映像が流れます。バックには嵐が歌う主題歌「truth」が流れている為、シリアスな場面が続くのに、曲に合わせて体をリズミカルに左右に軽く振る圭君の映像が右上に。
不倫相手の麻里さん(吉瀬美智子さん)が夫の典良(劇団ひとりさん)に頬を強くひっぱたかれるシーンだけは、圭君は口を開けて(ちょっと変顔?)“わおー、痛そー、お気の毒に・・・”みたいな表情をしております。

*  *  *
次回のダイジェスト版を見終えて、
おおーっ! と感動したようにうれしそうな表情で拍手し続ける圭君。
谷原・優香「魔王、おもしろーい!」
谷原「どうなってくるんですか?」
圭「そうすねー、10話・・・次の回では、先週の放送でついに同級生・・・忍成君が演じている宗田って男がついに殺されてしまって、それを巡って、自分が演じる葛西と、葛西の会社の周りにいる石坂さん(石坂浩二さん)や劇団ひとりさんらを巻き込んで話が展開されていくのが次の回なんですけど、なんと言っても次の回は成瀬弁護士(大野智君)が石坂さんに自ら告白をするシーンがあるんですよ。」
谷原「おおー!言っちゃうんですかー。」
圭「ついに、あるすごい事を急にドーン!!と言っちゃうんですけど、僕、台本読んでて“ここで言うのかーーー!!”(←すごい力を込めて、目を見開いて)と思って・・・」
谷原・優香「ええー?!」
圭「けっこう、これから・・残り2話か・・・すごいですよ。」
優香「楽しみですねー。」
谷原「はいそれではこれから2時間よろしくお願いします。」優香「お願いします。」
圭君、ペコリ。

◆  ◆  ◆
女王様のお買いもののコーナー。 はしのえみさんが毎回お姫様の格好でお買い物をするのですが、今回は柔道家の井上康生さん(シドニーオリンピック金メダリスト)と結婚したばかりの、東原亜希さんと一緒にお買い物。その映像の紹介の前に

はしの「現在24才の田中圭さんは、ちなみに結婚願望とかは?」
圭「自分は結婚願望というのは特に考えてないんですけど、つい最近友達から急に、来月結婚するっていう電話がきて、僕、友達で初めてなんですよ、結婚する友達が。だからなんか、あ、そうなっちゃってきたの?みたいな。」(そろそろそういう年頃になってきたっていう意味でしょうね。)
優香「友達が結婚すると(自分も)したくなったりとか?」
圭君ちょっと首を傾げるようにして「・・・今の所ないですけど・・・はい。」

*  *  *
ラフォーレ原宿内のお店で姫様(はしのさん)は自分のセクシーポーズ画像(笑)をプリントしたTシャツを作ってもらって《姫様セクシーTシャツ》、それをスタジオで公開したのですが
はしの「今日は特別にですね、このセクシーTシャツを田中圭さんにプレゼントでーす!」(笑)
圭君、ありがた迷惑なんじゃないかぁー?
困ったような笑顔で?ありがとうございます、と受けとってTシャツを広げながら
圭君、斉藤君に向かって「いつ着ようかな~。」(笑)
斉藤「現場に着ていって。」
圭君、Tシャツを体にあてて「現場に着て行きます。」
※姫様の胸の部分から上(もちろん、姫様の扮装)のアップの大きな画像がプリントされてて、セクシーに?人差し指を半開きの唇にあてて軽く噛んでいます。
圭君、「いいですよねー。」「ありがとうございます。」とか言ってるけどこのTシャツを着ていくのはかなり勇気がいるだろうな。なんか罰ゲームみたいで可哀想。←こらこら。

◆  ◆  ◆
北京オリンピック・フェンシングで銀メダルを獲った太田雄貴さんに斉藤祥太・慶太君が挑戦するコーナーが始まる前。

谷原「田中君はもしオリンピック選手と対決出来るとしたらどんな・・・」
圭「僕はあれですね、ボルト選手!」
(※北京オリンピック・陸上男子100メートルで9秒69の世界新記録で優勝)
谷原「ボルト選手?(笑)」
圭「対決って言うか、勝てっこないんですけど(笑) ちょっと比べたいですよね。」
谷原「走ってみたいね。」
圭「走ってみたいですね、すごかったですもんね。」←ちょっとコーフンしたように。

◆  ◆  ◆
デートMASTERのコーナーでは英玲奈ちゃんが大槻ケンヂさんとデートしたのですが、映像を見る前に

谷原「圭君も以前デートで参加してくれましたねえ?」
圭「はい、英玲奈さんと・・・」
英玲奈「ありがとうございます。」お互いに頭を下げる二人。
圭「いや、もう、ステキな時間をありがとうございました。」←真面目な顔つきで深く頭を下げる圭君
(※以前の二人のデートはレポしていますので、よかったら読んでみてください。)

◆  ◆  ◆
番組の最後。
プレゼントクイズの問題は
はしの「本日、午後の2時間お付き合いして下さったゲストはどなただったでしょうか?」
1 田中圭(ケイ)さん 2 田中L(エル)さん 3 田中M(エム)さん
圭君、「田中Lさん」で(んんっ?)という顔になり笑い出し、「田中Mさん」で顔をクシャクシにしています。

谷原「2時間お付き合い頂いていかがでしたか?」
圭「ああ、もう楽しかったです、ありがとうございます。」
谷原「この秋には実は、演劇・・・舞台の方を・・・」
圭「ああー、そうなんです、はい。」
※ここで、「偶然の音楽」のポスターが映ります。 前方に仲村トオルさんが立ち、後方に足を大きく開いてイスに座っている圭君が。

圭「“偶然の音楽”という舞台が世田谷のパブリックシアターであるので、」
優香「どんなお話なんですか?」
圭「なんか、男と男が偶然出会った事によって運命が変わっていく、その偶然は必然なのか、必然は偶然なのか、みたいな感じです。」←少し力を入れて語っています。
谷原「頑張って下さい。」
圭「ありがとうございます。」←皆に頭を下げながら。
優香「魔王もあります。」
圭「魔王ー!!」←力を入れて。
優香「ありがとうございます。」
圭君のアップで終了。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇
『魔王』の話 その4

第1話から葛西と麻里は既に不倫の関係にあったので、どういういきさつで二人がそういう関係になったのかわからず、
葛西が大きなリスクを冒してまで麻里と不倫するはずがない、もしも葛西の方から麻里に近づいたとしたら、葛西にも何かしら芹沢家に対する恨みなどがあって、その為に麻里を利用しようとしているのかとも思っていました。
まさか、葛西があれほどまでに麻里を愛していたとは・・・

車の中の二人の別れのシーンでの、葛西が言った「おやすみなさい、“奥様。”」のセリフには、思わず目頭が熱くなってしまいました。

そしてラストの、麻里をかばって「あの人を巻き込まないで・・・犯人は俺だ・・・」と、すがりついた直人の体から泣きながら崩れ落ちていく葛西の姿には涙・・・。
これから葛西はどうなるのでしょう。

それにしても、留置場にいる場面の憔悴している圭君はとてもカッコよく見えました。
『魔王』での圭君のスーツにメガネ姿はとっても気に入ってたんですが、たまにメガネを外すと新鮮でいいですねー。(^^)

『魔王』の話 その3 (チャンネルロックと、はなまるカフェの生田君+圭君)

昨日、TBSの「チャンネルロック」に生田斗真君が『魔王』の番宣絡みでゲストで出演したのですが、田中圭君の話がちょこっとだけ出ていました。

チャン☆ロク プロファイルの時間で、
TBSの蓮見孝之アナウンサーが斗真君に質問。 その中で、
蓮見「魔王で、特に仲の良い共演者というと?」
生田「田中圭君とは同い年なんで、割と一緒にいる事が多いですかねぇ。」
生田「圭も割と男っぽいというか・・・甘いフェイスとは裏腹に、男っぽい性格なので・・・」
蓮見「あ、そうなんですか。」
生田「“ゴルフやろうよ”みたいな話をしてて・・・」
蓮見「シブイですねえ!(生田君の年は)にじゅう・・・?」
生田「23です。」
蓮見「シブイですねえ・・・!(笑)」←若いのにって意味だと思います。

*  *
そういや、前に斗真君が7月18日に「はなまるカフェ」にゲストで出た時も、圭君からゴルフに行こうよと誘われてるという話をしてたけど、忙しすぎてまだ行ってないのかな。(笑)
※生田君がはなまるカフェで
TBSの緑山スタジオの前に打ちっぱなしのゴルフ練習場があって、圭君と「いつかここでゴルフをやりたいね。」と言っていると話していました。

*  *
ちなみに、その時のはなまるカフェには圭君と、ドラマの中の不倫相手の麻里役、吉瀬美智子さんがビデオメッセージで出ていました。

葛西の格好(メガネにスーツ)の圭君、右手に帽子を持ってその陰で吉瀬さんと「チュッチュッチュッチュッチュと、音を立てて激しいキス・・・を、してる振り。
でも、二人の顔が離れているので、お互いに帽子にキスしてるようにしか見えないんですけどー。
生田「何してる・・・(笑)」

カメラに気づいて、「わああ~っ!!」とわざとらしく驚き焦る圭君。
圭「はなまるマーケットをご覧の皆様、おはようございます、田中圭です。」
吉瀬「吉瀬美智子です。」
二人で手を振りながら
圭「斗真、おはよー。 ごめんね、朝から。」←爽やかっぽく?

(画面が切り替わって)
Q 撮影現場での生田斗真さんは・・・
吉瀬「(斗真君とは)そんなに絡みがあるわけじゃないんですけど、現場ですごい話をする事があって、話してないと寂しいのかなと思うくらい・・・」
圭「その気はありますね、“寂しがり屋”みたいな。」
(画面が切り替わって)
圭君、最初に持っていたキャップをカメラに見せて、(キャップの正面には大きく Ⅶ とデザインされてます。)
圭「これ実は斗真からの誕生日プレゼントなんですっ!!」
圭君、吉瀬さんに「これ渡すとき斗真が僕に言った一言が、“圭、これ俺と色違い、お揃いだけど”って。」
吉瀬さん、吹いてます。
吉瀬「えっ、本当!優しいね。」
圭「めちゃめちゃ優しいじゃないですか。」

Q 生田斗真さんに聞きたいことが・・・
圭「斗真と一緒にいてたまに“おや?”と思うときがあって、」
吉瀬「何?」
圭「前室とか現場でみんなで話している時からたまに険しい顔する時があるんですよ。」
(笑う吉瀬さん。画面切り替わって)
メガネを外した状態で、眉を上下に動かし、険しい顔というか生田君の真似してカッコつけた表情(?)をして、
圭「“何、圭?”みたいな。」 
ウケる吉瀬さん。
圭「役を意識してなのか、単純にちょっと格好つけてるのか・・・どっちなんだい、斗真君っっ!みたいな。」

※斗真君は、格好つけてます、と言ってました。(笑)

◆ ◆ ◆

ちょっとここで、『魔王』共演者の鈴虫的プロフィールを。

★石坂浩二さん 今もかっこいいけど、(若い人は知らないかもだけど)昔はすごく格好よかったんですよー! ファンになるほどではないけど、私が若い頃は好きな役者さんの一人でした。圭君と大スター石坂浩二さんの絡みのシーンはドキドキして見ています。

★生田斗真君 私は「天才てれびくん」のてれび戦士の頃から知っているので、(当時小学生だったかな?)大人になったもんだなあーと感慨深く思っています。 ちなみに、ジャニーズに疎い私は、生田君はジャニーズJr.のどこかのグループに属しているのかと思っていたけど、ピン芸人ならぬピンジャニーズ?なんですね。

★大野智君
大野君ってこんな美形でしたっけ? 24~25才位かなと思っていたら今年28才なんですね、びっくりしました。 ドラマで見る限り若く見える!! なんか彼って、『魔王』では口紅を塗ったみたいにいつも唇がツヤツヤしているように見えるんだけど・・・
今まで彼の演技を見た事がないんだけど、上手いですね。大野君も、葛西と同じくずっとスーツ姿ですね。暑い中大変だろうなあ。

★小林涼子ちゃん 圭君も出演している裁判員制度広報用映画『審理』の試写会の舞台挨拶で見たのですが、人の顔が小さいとか大きいとかあんまり意識しない私ですが、小林涼子ちゃんの顔の小ささには驚愕しました。 小林涼子ちゃんほど顔が小さい人を今まで見た事がありません! ついでに、生・小林涼子ちゃんはとても可愛かったです。

★吉瀬美智子さん 圭君とは、ドラマ『THE SPIDERS FROM MARS AND GLAMOROUS ANGEL』(火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル)で共演していますが、 まさか、『魔王』でこの二人が不倫関係になるとは・・・

★脇知弘さん 圭君がゲストで出演した『ごくせん』10話で、少しだけど二人の絡みがあります。
このドラマでの、圭君の怯える表情は良かったなあ。

★忍成修吾さん 彼を初めて知ったのは映画『リリィ・シュシュのすべて』かな? この映画の彼の役柄は強烈な印象を私に残しました。
この映画が、私にとって衝撃的だった事もあるからよけいかな。洋画の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』と同じく、二度と観たくない映画の1つです。(もちろん、“つまらないから”という意味ではありません。)

★劇団ひとりさん NHKの朝の連続ドラマ小説「純情きらり」に劇団ひとりさんが出演すると知った時、てっきりお笑い担当かと思っていたのですが、ひとりさんは宮崎あおいちゃんが演じる主人公の桜子の初恋の人の役で、素朴で誠実な青年の役を好演していました。このドラマで、ひとりさんに対する好感度がずいぶんアップしました。

◆ ◆ ◆

今週の『魔王』もドキドキの展開でした。
宗田(忍成君)と葛西の二人のシーンの緊迫感がもう・・・
そして、葛西と宗田と芹沢(生田君)のシーンも凄かった。

今まで宗田は単にイヤなヤツとしか思えなかったのだけど、彼もずっと苦しみを抱えてきたんだなあと思うとなんだか憎めなくなってしまいました。
葛西君も、今までは同情できないと思っていたけど、脅されて苦しむ葛西を見たら可哀想になってきて。
8話の最後の方ではなんだか髪もボサボサになっていたような。葛西の心労は相当なものだったんだろうなあ。
来週、葛西はついに?! あー、金曜日までが長いです。(^^A;)

『魔王』の話 その2

いやー、第7話の葛西(田中圭君)と宗田(忍成修吾君)のシーンは凄かったです。
葛西、怖い! 圭君の迫真の演技素晴らしいー。

バラエティで見る忍成君はちょっとシャイで可愛い感じなのに、宗田役の時は憎たらしい演技がとてもよくて、見てて本当にイラっときてしまいます(笑)
※実は私、以前は忍成君と塚本高史君の区別がついていませんでした、すみません(汗)

前回も書いたけど葛西のスーツにメガネ姿、すごくかっこよくて気に入っています。
圭君がほとんどスーツ姿で登場した作品は映画『バックダンサーズ!』がありますが、この時は(少しだけど)スーツではない時もありました。
『魔王』では最後までずっとスーツ姿なのかな?

私が初めて圭君のスーツ姿を見たのは、DVDドラマ『Spring Story』。スーツ姿の時は圭君は24歳位の設定だったと思うけど、実際には19歳だったし、まだまだ学生服姿がピッタリくる年頃だったので、圭君のスーツ姿は就活している学生みたいで、可愛かったけどあんまりしっくりとしていない感じもありました。
24歳になった今はスーツ姿がよく似合いますね。 
でも、学生服姿もまだまだいけるぞ、圭君。『ホームレス中学生』の時の学ラン姿も全然違和感なかったし。

『魔王』ではほとんど圭君の笑顔が見れなくて、圭君の笑った顔が好きなファンはちょっと残念に思っているかもしれませんね。
でも、ドラマ『ウォーターボーイズ』の安田君役で圭君のファンになった私は、圭君の素のままの元気で笑顔いっぱいの役より、実は『魔王』のようにシリアスな役の圭君の方が好きなのです。
圭君のファンサイトで何度も語ってきましたが、私は最初は圭君ではなくて“安田君”のファンでしたから。

比較的新しく圭君のファンになった方は、イケメンの多いボーイズの中でかなり地味なので圭君だとわからないかもしれません。←こらこら。
安田君は本当に気弱で優柔不断で、でも、なんか母性本能をくすぐられるし、癒されるし・・・私は第3話までで安田君のファンになったのですが、第3話まではあまり安田君の笑顔は見られませんでした。 (それには理由があったのですが。)

安田君が弱々しい子だったので、安田を演じた「田中圭」という子もおとなしい、物静かな子なのかなと思っていたのですが、 当時発売された雑誌のウォーターボーイズの32人のインタビュー記事を読んだ時、
インタビュー時19歳になったばかりだった圭君は、自分の事を「思った事をズバズバ言うタイプ。」とか「先頭に立って行くタイプ」というような事を言ってて、自分が勝手に思いこんでいたイメージと違うので軽くショックを受けました。
今から思うと、安田君は気弱だけど素の自分は違う、という事を強調したくて圭君はそう言ったのかもしれません。
何かで読みましたが、圭君がオーディションに合格し、安田役に選ばれた時は意外に思ったそうです。「(本当は違うのに、審査員の人からは)おとなしく見えたのかな。」と語っていました。

素の圭君は元気な男の子なのに、自分と正反対の性格の安田君に成りきっていて、さすが圭君!って感じです。 

最初は安田君のファンだった私ですが、バラエティや雑誌の取材などを見て、だんだん圭君がファンを大切にするし、とっても性格の良い子だという事がわかってきて、徐々に圭君のファンになっていきました。

・・・気づけば、『魔王』の話あんまりしてないじゃん!!
で、『魔王』の話に戻りますが、(^^A;)
今の流れだと、いずれ葛西が殺人を犯してしまうのだろうか!? 
今まで圭君が出演した作品には殺人を犯した役も、殺人事件の被害者の役もありますが今回はどうなんでしょう。 
※間接的に被害者になった役もあります。圭君公式には載ってないけどドラマ『旅行添乗員椿晴子 ごもっともでございます』。 圭君が演じた吾妻春樹の回想シーンと、仏壇に置かれた遺影のシーンがありました。

私は、暗く重い話はどちらかというと苦手であまり見ないのですが、復讐劇はけっこう好きな方かもしれません。ドキドキハラハラ感がいいのかな?
第8話はかなり話が動きそうですし、ますます楽しみです♪

お知らせと、『魔王』の話。

~お知らせ~
コメントで教えてもらって(※ありがとうございます!)修正したマツケンレシピの圭君レポを、リンクしてある鈴虫ルームの方にアップしました。 圭君が『ごきげんよう』で堺正章さんの自宅について語った部分と、『グータンヌーボ』での“寒い”発言の所を参考までに追加してあります。


◆◆◆『魔王』の話◆◆◆
7月4日に始まった圭君出演のドラマ『魔王』が、早くも物語の後半に差し掛かろうとしていますね。
私は最初それほどは期待していなかったのですが、始まってみると実に面白くて、放送が終わると次の金曜日が待ち遠しいです。 
特に毎回ラスト近く、ストーリーが怒涛の展開になるのでドキドキ。
けっこう伏線が張られているし、気が抜けません。 
音楽もいいですね。オープニングの映像も好きだし、嵐の主題歌も気に入ってます。

圭君が演じる葛西均・・・
私はメガネフェチではないのですが、今回のメガネにスーツ姿の知的な圭君はすっごく気に入っています。
圭君は連続ドラマでは素朴な好青年の役が多いんだけど、たまには、好青年とは言えない今回のような役も見たかったので満足してます♪
今の所、葛西は復讐されてもあまり同情できないし、彼に共感できないんだけど、葛西にもこれから明らかになる過去とか出てくるのかな? 葛西も何か複雑な事情を抱えていそうな・・・。
4話で、不倫がばれたらオシマイだと言って不安がる麻里を抱きしめた時の葛西の表情が気になっています。

それにしても、生田斗真君。
ちょっと前に放送されていた『ハチミツとクローバー』の時の、ほわ~んとした感じの青年とは大違い!
短髪で男っぽく、斗真君ってこんなにカッコよかったんだ!と驚きました。
余談ですが、ハチクロの真山役の向井理君が、メガネを掛けていると圭君にそっくりで、向井君が圭君にしか見えない時もありました。(笑)

ドキドキハラハラの『魔王』ですが、個人的には3話目位からの、葛西と麻里の不倫がばれるのではないかというシーンが一番スリルがあったりします。(^^A;)
葛西は復讐のターゲットのうちの一人だろうけど、なんとか最終回まで生き延びて欲しいなあ。
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード