思い入れがある、雑誌の圭君記事

私は、田中圭君が載っている雑誌をあまりチェックしない方で、圭君公式の雑誌情報すら見ない事が多々あります。
(私は圭君の熱狂的なファンではないし、ドラマなどで演技をしている圭君を見るのが一番好きだという事もあるからかも。)

当然私が持っている、圭君が載っている雑誌は少ないです。
今まで鈴虫ルームで、お気に入りの圭君記事が載っている雑誌については詳しく話した事がないと思うので、
今回は、私の特に思い入れのある記事の話をしてみたいと思います。^^
記事の内容を詳しく書く訳にはいかないので、そこはサラッと。

◆   ◆   ◆   ◆
ピクトアップ 25号 2003年10月発売ピクトアップ(表紙は岡田准一君)
「輝けるチラリ」 
古くからの圭君ファンならご存知であろう、ツルさんのインタビュー記事です。
ツルさん自身も、圭君のプチファン(?)という事もあり、いつもファンが知りたい事を圭君に訊いてくれました。
ツルさんが圭君にインタビューした記事が載っているピクトアップは、全部買っていると思いますし、全部思い入れがあります。

25号の、「輝けるチラリ」の圭君の記事は白黒で1ページの3分の1強かな?
だけど、圭君ファンにとって、とても濃い内容でした。
『ウォーターボーイズ』放送後、圭君の初めての単独のインタビュー記事かも?

『ウォーターボーイズ』影の主役!安田くん というタイトルも気に入っています。
この記事の中で、ツルさんがウォーターボーイズ公式BBSの「安田孝」スレッドに触れ、(安田くんスレッドは)大盛況だった、主演の5人以外でスレッドが立つのは人気があった証拠だと書いてくれていたのが嬉しかったです。
実は私も最後の方で安田君スレッドに参加しました。それがきっかけで、今の鈴虫ルームがあるのです。

若い人の中に混じって書き込みするのは勇気が入りましたが、『ウォーターボーイズ』放送終了が近づくにつれて公式BBSが閉鎖される時期も近づいて、毎日楽しみに読ませてもらった安田クンスレッドに勇気を出して書き込みました。
※追記:その時に、ハンドルネームを何にするか考えました。(それまで使っていたハンドルネームとは違う名前にしたかった。)
なかなか名前が思いつかずにいたのですが、たまたまその時に、我が家で飼っていた鈴虫が鳴いたので、「鈴虫」にしました。

カキコしたら皆様が温かく迎えてくれて・・・。ロムだけにするつもりだったけど、思い切って書き込んで良かったと心から思いました。

そして、スレッド参加者の一人が、圭君のファンサイトを作ろうと思っているので遊びに来て下さいね♪と書き込みをして。
公式BBSの閉鎖を寂しく思っていた私は嬉しくて、圭君のファンサイトが開設されたら是非遊びに行こうと思ったのです。

そして、検索してなんとか圭君(と、ウォーターボーイズ)のファンサイトにたどり着きました。
それが、「KEI.COM」。 このサイトで、ウォーターボーイズ公式BBSで安田クンスレッドを立てたお友達とも再会。
最初、KEI.COMに書き込みをしていたのは私を含めて4~5人ほど。でも、毎日圭君やウォーターボーイズの話が出来るのが嬉しかったです。
このサイトで圭君のレポをし始めたのが元で、現在の鈴虫ルームがあります。
『ウォーターボーイズ』が、圭君の俳優としての原点だとしたら、フジテレビ『ウォーターボーイズ』の公式BBSが、圭君ファンとしての鈴虫の原点であります。(^^ゞ

いや~、圭君の記事とは逸れた話で長くなりました。

Dear 2号 2004年11月発売アポロ出版 (表紙は大沢たかおさん)
白黒の1ページの記事。
しかし、圭君の赤ちゃんの時の写真や幼少時の写真が5点載っていて(小さな写真ですが。)とても貴重です。
生まれてから1ヶ月と8日の沐浴中の赤ちゃん圭君とか、家の中で、当時飼っていたワンちゃん(マルチーズ)と一緒の圭君とか、かなり際どいセクシーショットの圭君とか。(笑)
とっても可愛い圭君です。
この頃の圭君と、手をつないでお散歩したり、子守唄を歌って寝かしつけたりしたい。(笑) 
圭君の子どもの頃の写真がまたどこかの雑誌の記事に載るといいな~。

わんわん共和国 2006年9月号(株)わんわん共和国 通巻35号(表紙は圭君とちょこちゃん)
もちろん、主役は圭君の愛犬・ヨークシャーテリアのちょこちゃんなんですが、圭君ファンにはたまらない!
表紙を除いて、圭君&ちょこちゃんの記事はカラー11ページ!!
どれもこれも圭君&ちょこちゃんが良い表情をしてるんです。

個人的には、ちょこちゃんを抱いて眠っているポーズの圭君と、ちょこちゃんも圭君も、ちょっと寂しげな表情のアップの写真が気にいっています。
夏の撮影で、暑いからか体の毛を刈られてスリムになったちょこちゃんがすっごく可愛いです。

act.mini 2008年2号 株式会社ワニブックス(表紙は生田斗真君と大野智君)
2008年夏ドラマの『魔王』特集です。
このドラマにはハマりました。圭君が演じた葛西均にもハマりました。

圭君の記事はカラー4ページ。
最初のページの、葛西の扮装のままでメガネを取った圭君の、憂いに満ちた表情のドアップにやられてしまい、“即買い”でした。次のページの、スーツ姿でメガネをかけて、ズボンのポケットに両手を入れて佇む圭君も実によいです。
インタビューの内容も、『魔王』の葛西ファンにとっては中身の濃いものでした。

求人情報誌 an 2008年12月~2009年1月 4週にわたって4回発行。(表紙は圭君。一言メッセージと圭君のサイン付き。)
なんてたって、値段は100円、安い!
首都圏版と、かながわ版(神奈川・町田版)では圭君のポーズが違います。
これは、地方では売ってないので首都圏に住む娘に買ってきてもらいました。

どの圭君も良いのですが、
中でも獅子頭を担いで、白い和服姿の正月バージョンの圭君。
圭君の和服姿を見たのはこの時が最初だったと思いますが、和服姿も似合うなあ、いいなあ~。と思いました。
クリスマスツリーの飾り付けをしている、かながわ版のいたずらっぽい表情の圭君も可愛いかったです。

◆    ◆    ◆    ◆
上に挙げた雑誌は、今は手に入らないものばかりかもしれません。
(え~!!取り寄せて、見たくなっちゃじゃん~。)と思った方、ごめんなさい~。

番外編?として。
圭君の載っている記事のページだけ切り取ったので、どの雑誌かわからないのですが、
圭君が「心のひとつ」に出演した時の、TV誌に載っていた小さな小さな番組案内の記事。
まだチラリだった圭君がテレビ誌に載っている事が嬉しくて、そのTV雑誌を買いました。

他に、圭君が『汚れた舌』で初めて連続ドラマのレギュラーになった時。
テレビ誌の相関図に圭君が載っている事が嬉しくて、いくつかのテレビ雑誌を買いました。

圭君がチラリだった頃は、圭君が雑誌に載る事は本当に少なくて、載っても1ページの3分の1とか半分とかいう事が多かったのですが、当時は圭君が載っている雑誌をしっかりチェックしていたように思います。
あの頃は圭君の露出が極端に少なく、圭君情報に飢えてましたからね。(^^)
プロフィール

鈴虫

Author:鈴虫
俳優の田中圭君のファンです。
2003年夏のドラマ、『ウォーターボーイズ』の安田君役で田中圭君のファンになり、圭君のファンサイトで2003年秋頃から圭君を中心としたレポを書かせてもらっていました。

リンクしてある、旧・「鈴虫さんのお部屋」では、ウォーターボーイズ関連のレポや、他の方から提供して頂いたレポも読む事が出来ます。
よかったら覗いてみて下さい。

コメント・ブログ拍手・拍手コメントを下さった方、とても嬉しいし、励みになります。 ありがとうございます!!

◆DVDなどのダビング・貸し出し等の依頼はお断りしておりますので宜しくお願いします◆

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード